このページでの記事一覧

タグ:ビデオカード (全1ページ)
新しいビデオカード買ったよ。MSIの「R7850-2GD5/OC」というRADEON HD7850なカード。

radeon7850_001.jpg



RADEON HD7870から7850へランク下げてどうするw 事情でダウングレードさせる必要があって消費電力とカードサイズ、今の自分のスタイルに丁度あったのは7850かなぁと。もう少し安い7750や7770、7790とかも候補だったんだけどね。やはり最新の3D系ゲームをそれなりのクオリティでプレイするには最低でもバス幅256bitとビデオメモリ2GBは欲しい。ガッツリとゲームはやらなくなってもまたやりたいなと思った時に高いクオリティ設定でゲームができるという安心感は欲しかった。NVIDIAもGTX 650Ti辺りは良さそうかなと思ったけど性能と値段のコスパ考えたらどうしてもAMDになってしまう。

以前のSAPPHIRE製「RADEON HD7870 GHZ EDITION 2G GDDR5 PCI-E HDMI / DVI-I / DUAL MINI DP」と較べてカード長さは26から21センチ、補助電源は6ピン2本から1本、ファンは2つから1つへ変化。


SAPPHIRE Radeon ビデオカード HD7870 GHZ EDITION 2G GDDR5 PCI-E 日本正規代理店品 SAHD787-2GD5R001SAPPHIRE Radeon ビデオカード HD7870 GHZ EDITION 2G GDDR5 PCI-E 日本正規代理店品 SAHD787-2GD5R001
(2012/03/16)
SAPPHIRE

商品詳細を見る


開封の儀。中身は大概のビデオカードと同じ付属品の数々。実はゲームクーポンが入ってた!とかのサプライズがあったらよかったんだけどw

radeon7850_002.jpg
radeon7850_003.jpg

ファン周りのデザインは整然としてて中々に格好いい。見る機会は装着する時や外す時ぐらいだけど見た目も大事だよね。

radeon7850_005.jpg

各コネクタにはカバーが付いててちゃんと配慮があるのが好感触。

radeon7850_004.jpg

補助電源となる6ピン端子はビデオカードに直角に繋げるのではなくて後ろから並行して繋げるタイプ。ビデオカードの長さプラス5センチは余裕見たほうがいいな。ただこのコネクタにケーブルが中々嵌らなくて参った。異様に硬いんだよね。一瞬規格が違うのかと思うぐらい嵌めるのに苦労した。

▼合わさった位置からお察しの通りパチッと音がするまで嵌ってないw
radeon7850_006.jpg

無事起動。ファンの音は「HD7870 GHZ EDITION 2G GDDR5 PCI-E HDMI / DVI-I / DUAL MINI DP」と変わんないかな。CPUクーラー(リテイル)の音の方が煩くてビデオカードのファン音が聴こえないぐらい。

早速ベンチマークを回した。まずは基本の「Windows エクスペリエンス」。余裕で最高値の「7.9」を叩きだした。ディスクはSSDで強まったし今後の強化はCPUだな。

SnapCrab_パフォーマンスの情報とツール_2013-12-13_22-43-31_No-00

お次はやはり定番の「CrystalMark 2004R3」。以前の値は下記の記事参照されたし。GDIとD2Dは何故か微量に下がったけどOGLは倍近い値になった。それにしてもHDD項目はSSD効果さまさまだなw



SnapCrab_CrystalMark 2004R3 [09126452] _2013-12-14_8-56-24_No-00

そして既に定番ベンチマークソフトとなった感のある「ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア キャラクター編 ベンチマーク」。こちらも以前の数値は下記記事へ。8186から1000近く落ちちゃった…。これがHD7870とHD7850の差か…と痛感。まぁ実際は「非常に快適」レベルだから高望みなんだけどね。



SnapCrab_FINAL FANTASY XIV A Realm Reborn ベンチマーク キャラクター編_2013-12-14_12-10-18_No-00

最後に世界的に有名なベンチマークソフト「3DMark 11 」の結果。HD6850では3611、HD7850では6895、ときてHD7850は6178。まぁまぁ順当にこんなもんかな。



AMD Radeon HD 7850_3dmarks11_1

最新のベンチマークソフト「3DMARK」でも勿論計測。トータルスコアはないので以前のベンチマーク記事を見比べたし。PCでは「Fire Strike」が重要らしい。HD7850では4687だったけどHD7850では4088になった。これもスペック通りの数字ってとこかな。



AMD Radeon HD 7850_3dmarks_1

使用してから2日ぐらい経ったけど特に不具合やブルースクリーンを見たりすることなく安定。RADEONドライバ(Catalyst 13.9)も色々言われてるけど僕の環境ではこれまで問題起こったこともないし安定してる。

「Euro Truck Simulator 2」をプレイしてみたけどフルHD、画質は最高設定でHD7870と同じ感覚でプレイ出来た。FPS数値はFraps計測で大体60fps前後で全く問題なし。よほどこだわりのある人以外はこの重さ軽さで十分に満足出来るのでは。チップ温度はSpeedFan計測で室温19℃だと最高44℃ぐらい。これなら夏場はプラス20℃になっても耐えられそう。他の最新ゲームは未インストールだから分からないけど特に問題はなさそうかな。BF3も流石にHD7870でプレイしてた時同様とはいかないまでもあの時より少し重い程度でプレイに支障はなさそう。最新ゲームをバリバリにやらず合間にちょこちょこっとやる向きにはトータルでコスパのいい良い買い物だったな。


GIGABYTE グラフィックボード AMD Radeon HD7850 OC 2GB PCI-E GV-R785OC-2GDGIGABYTE グラフィックボード AMD Radeon HD7850 OC 2GB PCI-E GV-R785OC-2GD

日本ギガバイト

商品詳細を見る
  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前回は開封・換装編。そして今回は待望のベンチマーク編です。

改めて現在のPCスペックを簡単におさらい。

  • Core i5-2400
  • 16GB DDR3
  • WD10EZEX

これに新たにRadeon HD7870が加わったというわけ。では早速各種ベンチマークスタート。

FINAL FANTASY XIV: A Realm Reborn ベンチマーク ワールド編

■AMD Radeon HD6850

vga_06.jpg

■AMD Radeon HD7870

vga_07.jpg

6850でも実映像は滑らかだったけど倍近くスコアが上がった!「とても快適」・・・いや~いい響きだw これでいつでもFF14開始できますね(ニッコリ ま、こないだ募集してたβテスト外れてたんだけどね。

3DMark Vantage

以下の3つはFuturemark製3Dベンチマークテスト結果。当然無料の体験版で全てデフォルトで何もせずそのままテストしています。

■AMD Radeon HD6850

vga_10.jpg

■AMD Radeon HD7870

vga_11.jpg

DirectX10世代のベンチマークテスト。以前のVerはCPU TESTでPhysXが使われててnVidiaに有利なスコアが出たらしい。今の最新VerはPhysX無効がデフォルトに修正されて公平になったらしいので回してみた。CPUスコアはCPU変えてないので当然変化無しだけどグラフィックスコアはこちらも倍増!

3DMARK 11

■AMD Radeon HD6850

vga_08.jpg

■AMD Radeon HD7870

vga_09.jpg

で、こちらはDirectX11世代のベンチマークテスト。こちらも倍近くスコアがあがって狂喜乱舞w 実際映像見ててもGraphicTest3以降は体感してスムーズになってた。

あまり面白味のない映像のVantageと違って11は中々見応えある映像で楽しめた。

3DMARK

■AMD Radeon HD6850

vga_12.jpg

■AMD Radeon HD7870

vga_13.jpg

3DMarkの最新版はDirectX10、11の総合ベンチマークテスト。語尾に何もつけないのは最近流行ってるけど分かりにくいから辞めてほしいんだけどね。それはさておきこちらもスコアはCLOUD GATE以外は倍増してて安堵。FIRE STRIKEは目に見えて超弩級のヘビーなテストで6850だと文字通りカクカクだった。7870ではスムーズとまではいかないしカクつきはあるけど何とか見れるレベル。

FIRE STRIKEはPS4だとヌルヌル動くのかな。迫力のある格好いい映像だった。

因みにスカイリムをインストールして起動させたら「Ultra High」プリセットになった!他の設定項目みたら軒並み高い設定に自動的にセットされててこれは嬉しいw


SAPPHIRE Radeon ビデオカード HD7870 GHZ EDITION 2G GDDR5 PCI-E 日本正規代理店品 SAHD787-2GD5R001SAPPHIRE Radeon ビデオカード HD7870 GHZ EDITION 2G GDDR5 PCI-E 日本正規代理店品 SAHD787-2GD5R001
(2012/03/16)
SAPPHIRE

商品詳細を見る

というわけで買って大成功・大正解!なRadeon HD7870でした。これで壊れなければ2年間ぐらいは戦える筈w さて次の換装パーツはサウンドカードをクリエイティブの最新ボードに変えたいなぁ。

  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ベンチマーク編はこちらのPart.2へ。


えー、突然ですがビデオカードを新しく買い替えました。

今まで使ってたのは「AMD Radeon HD 6850」。これを「AMD Radeon HD 7870」へ換装してみた。メーカーは6850と同様にSAPPHIREをチョイス。なんというかここはビデオカードメーカーとして安心感があるんだよね。ま、単にAmazonで7870チップで検索したら一番安かったからなんだけどw


SAPPHIRE Radeon ビデオカード HD7870 GHZ EDITION 2G GDDR5 PCI-E 日本正規代理店品 SAHD787-2GD5R001SAPPHIRE Radeon ビデオカード HD7870 GHZ EDITION 2G GDDR5 PCI-E 日本正規代理店品 SAHD787-2GD5R001
(2012/03/16)
SAPPHIRE

商品詳細を見る

本当はAMDではなくnVidiaにしたかったんだけど手が届く価格帯のGTX660はメモリ帯域が192bitなんだよね。大してAMDの7870は256bit。この差は大きいんじゃないかと思った。660の方がレビューも多いし評判もいいしゲーマーとしてやはりnVidiaにしたかったっという葛藤もあったw やっぱゲームのOPクレジットで「エヌヴィディア!」って出るのにAMDのビデオカード使ってる矛盾ってのはねw あとIntel派っていうのもあるし。ま、長い目で見たらAMDにしてよかったな~ってなればいいなぁ。

箱は縦に長くて中を開けるとビデオカードのサイズ分だけコンパクトに梱包されてた。

vga_01.jpg vga_02.jpg

付属品は6ピン電源ケーブルやDVIとVGAの変換アダプタなど。付属CDのドライバは当然使わずAMD公式から最新CatalystドライバのV13.1をダウンロードして使う。

vga_03.jpg

今回はゲームとかのコード特典はなし。そういえばDmCのコードが付くキャンペーンやってたのは知ってたんだけどあれは価格が上乗せされるみたいだしそもそもDmCは興味ないからパスしてた。

というわけでHD7870とご対面~。どーんとファンが2連構えてるのが「お、おうっ」て感じだw カバー自体にはセロハンみたいなので保護されてたから剥がして使う。

vga_04.jpg

早速うちのKUROKOへ組み込む。ボード長さは26センチなのでKUROKOの許容ボード長さ28センチとギリギリだ。太い電源ケーブルが配線されてることも考えると正直不安はあった。けど何とか強引に入ったw

vga_05.jpg

ケーブルのごちゃごちゃした配線やあとファンのホコリとかかな~りお見苦しいw いずれケーブルを何とかしないとなぁ。電源はプラグインだってのにこれじゃ利点が。やはりケース自体をもう少し余裕あるサイズにするべきかなぁ。

で、もう一つ不安材料といえばPCの電源が足りるかどうか。7870は6ピン補助電源を2本使う事からして6850やGTX660以上にヘビーなわけでちょっと心配だった。でも無事起動したし取り敢えずはホッと安堵。

音は普通かな。6850よりはほんの僅かうるさいけどでも許容範囲内だと思う。少なくとも爆音ではないな。

Catalystは念のために一旦アンインストールしてから7870に入れ替えて13.1をインストールし直した。特に問題もなくそれまでどおり動作してくれた。アンインストールはコンパネの「プラグラムと機能」から「AMD Catalyst Install Manager」を使った。同じAMDだからクリーンアンインストールじゃなくていいよね。本当はOSから入れ直したい衝動があるけど面倒なんでそこは我慢w

発色は同じAMDということもあり変わらず。ビデオ再生も特に変化はなし。ただブラウジングとか全体的に少しばかりキビキビしてる気がする。ベンチマークも計測してみたけど長くなるので次回のPart2へ。

  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回はベンチマーク走らせて旧PCとの比較を測りますよ。

まずは定番のCrystalMark 2004R3から。

  • Intel Core 2 Duo 7300
  • Radeon HD5450 512M
CMR_before.jpg

  • Core i5 2400
  • Radeon HD6850 1G
CMR_after.jpg

ほぼスコアは倍になった。そりゃそうでないと困るわなw。ただHDDの転送速度だけはやはり落ちてしまった。まぁこれは折り込み済み。

次はグラフィック能力を試すというわけでこれも定番のベンチソフトの3DMark11を使う。

3dmark_before.jpg

3dmark_after.jpg

倍以上の桁が違う伸び!実際ベンチ画面見てると5450の絶望的な重さがなくなりややカクつくもののそれなりに見れる映像にはなってる。ああいった重いDirectX11使用の3Dグラフィックが動いているのには感動してしまう。5450より前に使ってた4830よりも更に上だろう。これなら一昔前の重量級ゲームだったCrysisやS.T.A.L.K.E.R.の最高設定でももう余裕だろう。・・・多分。

前回クアッドコアにしても有難味がないって書いたけどやはりブラウジングに差が出るな。特に重いページは体感でスクロールの軽さが違う。これまで見るのに躊躇ってたサイトさんとかこれからは頻繁に見れそうだw。って、すみません!

で、今回PC一式を刷新したのには老巧化以外にも理由があってまたPCゲームをやりたくなってきたからなんだよね。それも3Dで比較的重いゲームのSkyrimやBattlefield3。ま、この2つのゲームは最新スペックPCでも最高設定では重いゲームなので今現在のPCスペックでは役不足だろうけどそれでもCore2Duo・Radeon5450時代よりは遥かにやれる環境になってくれた。いやまだ買ってないから試してもないんだけどねw。とりあえずいずれやる予定だよ。

他に気になるタイトルはS.T.A.L.K.E.R.の完結編とCoD:MW2とCrysis2とF.E.A.R2かなぁ。やっぱそれまでのシリーズをやってきたからどういった内容か分かる安心感があるからね。

あ、勿論PS3ゲームも続けていきますよ。LBPは当然だしTOVもまだまだやり込みたいしマルチプラットフォームでPS3の方が有利というタイトルもあるしね。

  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今使ってる『MSI R4830-T2D512-OC』のファンから異音が発生するようになってきた。「グィーン」っていうとても部屋によく響く音。こりゃたまらんというわけで早急に対策しようとまずは問題のファンだけ変えようと思ったがGPUファンって結構な値がするし対応品買ったとしても今使ってるグラボにちゃんと合うかどうか不安だったのでパス。こうなるとグラボ自体を買い換えた方が手っ取り早い。

今回もATI・・・じゃなくてAMDのRADEONを選択。去年買ったPS3とPSPがあるしもう以前みたいにPCでゲームもしないだろうから安価に済ませる為チップセットは低価格帯の「HD5450」をチョイス。まぁそろそろHD6x台が出るんだろうけど急ぎだから仕方ない。で、ボード自体はファンレスでDDR3メモリ搭載で評価もまずまずな『SAPPHIRE HD5450 512M DDR3 PCI-E HDMI/DVI-I/VGA』をチョイスした。価格は3980円だから妥協できるギリギリ範囲内ってとこ。


届いてまずびっくり。箱が小さい!R4830-T2D512-OCが入ってた箱の半分ぐらいの小ささで前回買ったSDD同様ちゃんとモノが入ってるのか不安になるw。

f:id:ukaz:20110222201727j:image

f:id:ukaz:20110222201821j:image

サクッと取り付け。もう補助電源はいらないしボードの長さを心配しなくて済むのはありがたい。

f:id:ukaz:20110227080739j:image

iiyama B2409HDS-BとはDVI-Dで接続し表示自体も問題なく可動。やっぱファンの音がないってのはいいね~。逆にケースファンの音がよく聞こえるようになってしまった。次はケースファンのリプレースかな~と悩みつつヒートシンク触ってみたらめちゃくちゃ熱い!1秒以上触ると火傷しそうなぐらいの暑さ。これは夏場持つかね・・・。去年みたいな酷暑ならとても耐えられそうにないような・・・。幸いにもPCケースのKUROKOにはサイドパネルに12センチファンを取り付けられるのでもしもの場合はそれで対処するかな。


恒例のベンチマーク。R4830-T2D512-OCの時のベンチのSS画像撮り忘れてたのは痛恨。

  • Mark : 122239 → 115645
  • HDD : 14662 → 27417
  • GDI : 10326 → 10154
  • D2D : 4075 → 3058
  • OGL : 28635 → 10481

f:id:ukaz:20110227093452j:image

グラフィック周りは軒並み下がったけどそれでも動画再生自体には全く影響なかったからまぁいいかな。ようつべの1080pクラスのHD動画もカクつかずCPU使用率も前と変わらずだったしね。

  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加