このページでの記事一覧

カテゴリ: Crysis (全2ページ)

f:id:ukaz:20090524063256j:image

マップの美しさではピカイチだったかな。陽で反射する木々の緑の美しさと木洩れ日の描写がまさに写実的で何度も見惚れさせられた。道と森と海がバランスよく配置してあったのも良い。美しく調和したマップだったな~。

ミッションは道なりに進み数カ所ある敵の拠点を次々制圧していくのみでゲームプレイとしては平凡か。ただロケランやミニガンなど持った兵士やナノスーツもどきを装備した兵士も居るんで気は抜けない。最後はハンビー上でこちらを狙ってる兵を狙撃してミッションコンプリート。ここから面白くなってきたところだったんでプレイ時間30分も満たないのは物足りないか。

↓どうやら飛行機が落ちて自分は遭難したようだ。武器がなくて焦るが開始地点左にある灯台に向かえばFY71があるしハンビーも。

f:id:ukaz:20090524063300j:image

↓ゲームと言わずに見せたら普通に実写と見紛いそうだ。

f:id:ukaz:20090524092510j:image

f:id:ukaz:20090524063257j:image

f:id:ukaz:20090524063259j:image

↓崖下から執拗に砲撃があるが敵拠点の奥にロケランがあるのでそれでKO。

f:id:ukaz:20090524063258j:image

短い点を除けばCryModでダウンロード数が高いのも納得の優れたマップだったな。


f:id:ukaz:20090524133149j:image

島に点在する敵を倒しボートで脱出するマップ。これも美しくグラフィックがデザインされててトリップ度が高い。南国を思わせるカラッとした晴天と緑の調和が美しかったな。

ゲームとしては前半は簡単だが後半が難しい。敵が四方八方に居る上攻撃がアグレッシブで火力の強い武器を持ってたり揮発性のドラム缶があちこち散在してたりと気が抜けない。拠点に居るナノスーツ兵を倒すと今度は攻撃ヘリのお出ましだがロケランを探すもどこにもなくてどうしようもない。やむなくマキシマムスピードで指示ポイントまで突っ走り数人の敵を駆逐し港に停泊してあるボートに乗り込み無事脱出。敵の攻撃が相当苛烈で何度も死にまくり文字通り命からがらの脱出劇だったな。

f:id:ukaz:20090524133150j:image

↓こうゆうオブジェクト一つあるだけで世界観の深みが出て良いね。

f:id:ukaz:20090524133151j:image

f:id:ukaz:20090524133152j:image

f:id:ukaz:20090524133153j:image


Crysis遊びはひとまずこれにて終了。またやるゲームもなくなり暇になったらユーザーマップに手を出そう。

  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は一風変わったマップをやってみた。

f:id:ukaz:20090523093024j:image

Strangeの名の通り摩訶不思議ワールド全開。明確なシナリオもなく指示に従ってポイントに進み現れる超常現象を鑑賞していく流れ。本編で出てきたキャラクター達が寝てたり死んでたり(笑)荒唐無稽な行動起こしたりエイリアンも出てきたりと本編をプレイしたなら思わずニヤリとする場面続出でファンのCrysisパロディー作品として十分楽しめる出来だったな。

↓突然ど派手に登場するサイコ。見せ場がある彼はやはり愛されてるな~。

f:id:ukaz:20090523001808j:image

f:id:ukaz:20090523001814j:image

f:id:ukaz:20090523001811j:image

f:id:ukaz:20090523001812j:image

f:id:ukaz:20090523003429j:image

↓フラグを進める為にはエイリアン迎撃戦で活躍した中佐の横のドラム缶を・・・。

f:id:ukaz:20090523001809j:image

↓最後はダイビング。ポイントも示されなくなってジエンド。

f:id:ukaz:20090523001810j:image

f:id:ukaz:20090523093025j:image

Crysisが夢の中に出てきたらこんな感じになりそうだな~。センスの良い優良マップだった。


f:id:ukaz:20090522221601j:image

イベント鑑賞の次は物理エンジン鑑賞だ。本編に出てきたありとあらゆるオブジェクト・人をおもちゃにして遊んでしまおうという趣向。いかにして遊ぶかというプレイヤーの遊び心が試されたマップだな。俺の場合は単純なんで銃やハンビーで爆発させたり落としたり倒したりぐらいしか出来なかったがプレイの数だけ遊びの形がありそうだ。

↓澄み切った青空の元でのこういった光景はシュール。

f:id:ukaz:20090523005809j:image

f:id:ukaz:20090523093026j:image

f:id:ukaz:20090523093027j:image

↓実験台にされる北朝鮮兵が哀れw

f:id:ukaz:20090523005808j:image

f:id:ukaz:20090523005810j:image

f:id:ukaz:20090523005812j:image

f:id:ukaz:20090523093028j:image

↓車でドミノ倒しw

f:id:ukaz:20090523005811j:image

  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回はこちらフィジーを舞台にしたマップ。

f:id:ukaz:20090522003853j:image

いきなり勇壮な音楽が鳴り響き興奮高まる。この音楽どっかの映画で聴いた事あるんだが思い出せんなぁ。ミッションは島に点在する北朝鮮兵の拠点を破壊しながら進めていくオーソドックスなタイプ。

ただ今回の自分の分身はナノスーツを装備しておらず普通の一般兵として自力での戦いを余儀なくされる。遂に待ったなしのガチンコ真剣勝負というわけだ。まぁ難易度ノーマルだしFarCryのChallengingレベルように胃が痛くなる程というわけではないんだがやスーツを封印する事で緊迫感は倍増して面白くなったことは確か。敵のAIもアグレッシブに動き人数も大量に沸いてくるし装甲車も居るしで結構死んだがやり応えはあったな。

マップデザインは目を見張る程出来が良いというわけではなかったがサイドに海が見える青空の下でのプレイは気持ちよかったし滝は美しかった。

f:id:ukaz:20090522010431j:image

f:id:ukaz:20090522010432j:image

↓マニアには堪らないディティールの作り込みに嬉しくなる。

f:id:ukaz:20090522200241j:image

↓海岸沿いをハンビーで飛沫あげながらかっ飛ばすのが気持ちいい。

f:id:ukaz:20090522010430j:image

ただ如何せん建物の色彩デザインが目に悪すぎる。わざとだとしてもセンスないよなぁ・・・。そこだけ異世界ぽくなってて興醒めする。

f:id:ukaz:20090522010429j:image

その点さえ目をつぶれば佳作といえるマップだったかな。

  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

恒例のクリア後のユーザーマッププレイ。Crysisまにあさんの一覧から評価が良いのを選んでみた。

f:id:ukaz:20090521173008j:image

FarCryから前半の一部マップをCrysisへ移植。やはりFarCryをプレイし死に物狂いでクリアした身としてはこれをやらざるを得ないだろう。

素晴らしい。とても良く出来てる。オリジナルの細かいところはもう忘れたが地形や雰囲気などの再現度はかなりのもの。グラフィックも美しく仕上がっておりFarCryが一部とはいえCrysisエンジン上で蘇った事に感慨深くなる。ただグライダーが無かったのは残念だったかなぁ。難易度としてはやはりナノスーツがあるから容易く基本道沿いに進めばいいので迷う事はないし変に詰まるところはなくスイスイ進めれた。フラグ不成立やバグなどもなかったな。

f:id:ukaz:20090521173009j:image

f:id:ukaz:20090521173010j:image

f:id:ukaz:20090521173011j:image

f:id:ukaz:20090521173015j:image

f:id:ukaz:20090521173012j:image

f:id:ukaz:20090521173014j:image

シナリオとしてはある島に潜入したノーマッドが基地や対空砲を破壊してチームと合流するってとこだろうか。初っぱなから優良マップに当たったのは幸運だったな。FarCryをプレイした方には是非ともプレイして欲しい。

因みにユーザーマップはランチャーを使うと楽。色々種類はあったがCryMod-Launcherってのが機能面でも使い勝手も良かった。

f:id:ukaz:20090521173007j:image

  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

遂に最終章「Reckoning」へ。

f:id:ukaz:20090518003517j:image

Reckoningとは精算という意味だそうで一体誰がどう落とし前付けるのか。

最後は空母上での戦いだ。マップは迂回路もなく一本道で指令も次はあっち行けこうしろという完全なリニア展開。今まで自由だった分普通のお使いFPSになってしまいやや面白味は薄まるものの差し迫る緊迫感は抜群だ。武器はSCARとガウスライフルをチョイス。SCARとかこの章にきてやっと使ったよw。結局ガウスもスナイパーもエイリアンMOACも今まで使わなかったからなぁ。基本はFY71とショットガン、ロケランだけで十分事足りる。

↓紅一点の博士。惜しいな~腰回りはヘソ出しでエロいのに。でもFarCryのヴァレリーよりは遥かに美女だ(笑

f:id:ukaz:20090519200520j:image

↓お約束の嫌味な司令官様登場。

f:id:ukaz:20090518003518j:image

↓まぁこれもB級映画に欠かせない展開だよね。

f:id:ukaz:20090518003519j:image

↓結局最後までパシリなノーマッド君なのであった。合掌。

f:id:ukaz:20090518003520j:image

あの司令官の生死はどうしようもなかったんだろうか。何度かやり直したんだがどうやっても無理だった。やっぱりイベントだろうか。まぁどのみちあんまり助けたくはない人だがな(笑。

最後は空母甲板上での激闘が待っていた。実はエイリアンよりも甲板上に散らばるガラクタが邪魔で思うように動きづらいのが一番の問題だったなぁ。あと炎上によるダメージもバカにならない。

↓あまりのエフェクトの美しさに息を飲むがそんな悠長に見ていられない激しさ。

f:id:ukaz:20090518182254j:image

↓ちょっとでも油断すると冷凍ビームで凍り付けにされて1分程度身動き取れなくなってしまう。その間に攻撃食らい死ぬ事10回ぐらい。あ~イライラ。

f:id:ukaz:20090518182255j:image

↓でかいのきたー。もう笑っちゃうしかないよね。最後までB級を貫き通してくれたよ。

f:id:ukaz:20090518182256j:image

最初に出てきたボスはロケランぶち込んでたら知らない間に倒せたな。冷凍ビームがうざかったがそんなに苦労はしなかった。やっとこれで終わったー!と喜んでたら真のラスボス登場とはやってくれるぜお約束展開(笑。こいつの倒し方分からんかったから一体何度やり直したか。ただでさえ攻撃が苛烈なのに特にこの場面はfps値がた落ちで所々コマ送りになったり処理落ちが酷かった・・・。結局最後までグダグダプレイだったなぁ。しかしTAC Cannonってここでか。それ以前に構えても撃てないからこれ使えね~と忘却の彼方だったよ。

↓壮絶な光景だがPCの負荷も壮絶だw。最後のとどめはミニガンだったな~。

f:id:ukaz:20090519001836j:image

↓俺たちの戦いはこれからだ!!・・・っておーい完結してないんですけど(笑

f:id:ukaz:20090519001838j:image

S.T.A.L.K.E.R.、F.E.A.R.と立て続けにすっきりしない終わらせ方だ。まぁ洋ゲーらしいといえばらしいがもう少しエンターテイメントとしてのシナリオを考えてくれと言いたい。

まとめ

映画のようなゲームという売り言葉でよく喧伝されるゲームがあるがまさにCrysisは映画そのものだったな。そう感じさせる途方もなく高いグラフィックス描写は未来永劫エポックメーキングな作として語り継がれるだろう。カットシーンなど実写と見紛うばかりだ。まさに真の意味でのゲーム映画だったな。シナリオはB級だったけどね。

↓特に人間の顔の質感が凄い。

f:id:ukaz:20090519200519j:image

ゲームとしてはややバランスが悪かったように思う。特に透明化出来るクロークは万能過ぎてある意味チート。他の能力のスピードやストリングやアーマーは程良い加減だったのでクロークをもう少し制限したら良かったように思う。AIも結局目を見張るような動きはそんなに無くFarCryより後退してる感じ。超絶高難易度のFarCryの系列なので詰みも覚悟してたけど比較的ヌルゲーだったのはやや肩すかしだったかな。

章構成はバリエーション豊かで飽きさせずマップデザインも行けないところはないんじゃないというぐらい行動制限が無くやり応え十分。眼前に広がる大地は全て俺のものだ!という支配感があるのが快感でアドレナリン漲る。後半は一本道だが分量はこれまでの半分以下なのでそれほど気にはならずシナリオ進行とのバランスは良かったように思う。

映像は名作。でもゲームとしては秀作止まり。後もう一歩というとこで細かいとこに粗があったのは残念だったかな。とはいえ深く考えなければ初心者からベテランまで過不足なく楽しめるゲームだったしエンターテイメントという言葉が相応しい良いゲームだったな。

f:id:ukaz:20090519210156j:image

  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日の日曜中にラストまでクリア。13日から始めたから大体4日間で計10時間ちょっとか。もっと掛かるかと思いきやCoD4並に短かったな。最後はやはりというか重さとの戦いだったなぁ。感想は順を追ってまた後で。


白銀の世界へようこそというわけで第8章「Paradise Lost」スタート。

f:id:ukaz:20090517154146j:image

これまでも色々なFPSで雪景色見てきたがCrysisの雪景色は紛う事なき実写だ。ゲームと知らなければほんとにそう見えると思う。ほんとに寒々しさが伝わってくるこの表現力は凄い。

因みに雪マップは方々で重い重いと言われてたけどうちのPCではそんなにFPSの落ち込みは体感出来なかったな。覚悟してたけどちょっと肩すかし?

ここでの敵はエイみたいな浮遊するエイリアン。先に出てきた奴同様近接での攻撃が有用だ。因みに倒した後数秒後に爆発するんで気が抜けない。一息ついた後だと滅茶苦茶びびるんだよなw。それにしてもやはりエイリアンだと戦いの魅力が薄まるなぁ。これがエイリアンでも知能を持つタイプだったら良かったんだが。

f:id:ukaz:20090517154147j:image

途中ブル顔の隊長が来てくれてエイリアンから援護してくれた!こうゆう人の繋がりがあるドラマがあると燃えるね~。とはいうものの隊長のスーツの暖房機能が壊れちゃったらしく今度はこちらが援護してあげる立場に。隊長が暖をとれる場所までえっこら誘導してあげるんだよ~。なんかCoD4のマクミランを担ぐミッション思い出した。


↓痺れる登場の仕方だぜ!隊長さん。

f:id:ukaz:20090517103911j:image

攻略としては隊長と随行せず自分は真っ先に火がある場所へ突っ走り隊長を待ちつつ敵を迎撃するスタイルが有用だったな。隊長を囮にするのは酷い話だがw。

f:id:ukaz:20090517103912j:image

無事窮地を脱出し仲間の元へ辿り着けたら第9章「Exodus」に雪崩れ込む。

エイリアン戦の混沌とした戦場にアップアップだが相手は的がでかい上に青光りしてるので見つけやすくヘッドショット決める必要もなく愚直に突っ込んでくるだけなので倒すのが容易いのが救いだな。ただ攻撃力は高いから死にやすいが。途中で対空砲使ってのエイリアン刈りは楽しい。結構撃ちっぱなしてもオーバーヒートしないし面白いように落ちて爆発していくエイリアンは見物だ。

↓機銃射手としてハンビーに乗り込む。まさに戦いの一翼を担うって責任感で燃えるぜ~!

f:id:ukaz:20090517161807j:image

f:id:ukaz:20090517161808j:image

f:id:ukaz:20090517220644j:image

↓後半になると巨大エイリアン登場。いくら銃弾ぶち込んでもまるで歯が立たない。ここは一端退散だ。

f:id:ukaz:20090517220645j:image

↓それ思いっきり死亡フラグだから!

f:id:ukaz:20090517220646j:image

↓なんというB級映画展開(笑

f:id:ukaz:20090517220647j:image

↓とはいえ一連の脱出劇は手に汗握ったな~。シナリオがB級でも演出が格好良いと様になるよね。

f:id:ukaz:20090517220648j:image

f:id:ukaz:20090517220649j:image

そうして盛り上がったところで第10章「Ascension」へ突入。

ここではノーマッドはVTOL機を操縦する。まぁこれもFPSではお馴染みだよね。アドレナリン漲るぜ!といったところだがこのVTOL機の操縦がこれまた難しい。操作自体は簡単だが動きの癖が強いんだよね。VTOLなんで当たり前だがキチッと停止出来ないから照準や方向合わせにくく相当ムキー状態に。確かにリアルなんだけどもう少し爽快感が欲しかったかもなぁ。そういうわけでトロトロやってるもんだからサブミッションの半分が失敗になってしまった。う~んまぁ一応メインはちゃんと進行してるんだから良しとしとくか。頭の回転悪いから続けざまにあれこれ指示されるとこんごらがってしまうのよ。

f:id:ukaz:20090518003341j:image

f:id:ukaz:20090518003342j:image

第8~10章はこれまでの半分以下のボリュームでサクサクなので自然とプレイ速度があがる。早く次にいけて助かる反面やや物足りなさも。

さて次回はいよいよクライマックスだ。因みにときちくさんのプレイ動画は第6章「Awakening」までしか見てないので果たしてどうなる事やら楽しみだ。

  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加