雑記

最近好みな声優さんはサーバル役の尾崎由香ちゃんと最近シンデレラガールズの乙倉悠貴役に決まったしまゆきちゃんこと中島由貴ちゃん。あとガヴ役富田美憂ちゃんも気になるがまだJKなので踏み止まってる。われながらなんてミーハーな。もちろんこれまでも好みな声優さんは引き続き。というか多すぎて列挙し切れないな。

けものフレンズ #9 / GyaO

サーバルちゃんというか尾崎由香ちゃんの「つめたっ」ていうナチュラルな芝居がいいな。今回のゲストフレンズはギンギツネとキタキツネ。キタキツネは磁場を感じるから二人を見つけられ施設の原因の場所も分かるんだな。ギンギツネは獲物をジャンプして雪に突っ込むからカマクラにあたまを突っ込んだのか。面白いし勉強にもなるし良く出来てる。そしてけもフレでもあった定番のテコ入れ温泉回。服脱がずそのまんま入ったのは規制とかそもそも3Dモデル変えるのが手間だったかなと思ったがまさか服という概念がなかったとはw ただ「服を脱ぐとツルツル」ただのエロい台詞なだけかと思ったがつまり地肌には体毛がなくて服で毛を再現してるってことなのか?

今回新たな情報として、サンドスターに触れると動物やかつて動物だったものがフレンズ化、セルリアンに触れるとフレンズ化が解除されて元の姿に戻るってこと?最後はみんなセルリアンに襲われて元の動物になり実写の動物たちが出てきてお終いってなったりしてw しかし火山から発生するサンドスターはともかくセルリアンとは何から生まれたんだろう。あとボスから発せられるミライという人はその時の録音と思われるがどうゆう意図だろ。

セイレン #10 / BS-TBS

anime(121880).jpg

あんな下着やどんな下着での会話が妄想掻き立てられて良い。最後に残る今日子編ということでどんなおぞましい設定なのかと思ったが意外とまともに王道ヒロイン像。容姿的にも3人のヒロインでは一番今日子が好みだし可愛い。みゃーもりな木村珠莉さんの声も清楚で堪らない。最後は普通にラブコメで有終の美を飾る…わけはないんだろうなぁ。

亜人ちゃんは語りたい #9 / BS11

anime(121881).jpganime(121882).jpg

三角定規、三角の部分、あのポージングといいやはり佐藤先生は溜まってるんだろうなw 同様に高橋先生も溜まってるようだ。でも催淫されなくてもメガネ取って髪下ろした佐藤先生は大人の色気と可愛らしさが同居してて魅力的だな。後半は能力コントロール。雪もひかりと同じ顔芸するほど表情が柔らかく明るくなったしツッコミスキルが上がってきた。そしてまさか胸囲の格差社会で関係が冷え切るとはだれが想像しただろうかw

うらら迷路帖 #9 / BS-TBS

anime(121886).jpg

奔放な千矢に品位ある服装が似合わないなw 紺は狐と猫が小梅は分かるがノノは狸だったのか。新登場の能登さんキャラは紺のお母さん。そして突然理由なく死がノノを襲う!ドサクサに紛れてツチノコ見つけたり紺の謎な「弱気な心をもっぎりとれー♪」に笑った。しかし千矢の前に現れるあの黒いうさぎっぽい奴は神様じゃなく悪い奴だったかと思ったら実は9番うらへのドッキリ試験だった。ニナ先生のお惚けな迫真の演技はいつものこと過ぎてすっかり騙されたなw

ガヴリールドロップアウト #9 / BS11

anime(121883).jpganime(121884).jpg

季節感溢れるクリスマス&晦日回。今回も相変わらずサターニャが馬と鹿だしラフィーがドSなのでややこしくも面白い展開だがいつもにも増して殺伐しててぶっ飛んでて初めてヴィーネが悪魔に見えたよw 後半は初詣。ラフィーの違う神に参る背徳感に快感覚えるってのは宗派的に相当ヤバいなw 甘酒でガヴの可愛さテコ入れでこちらも初めてガヴが天使的に可愛いかった。さらに里帰りではこちらのガヴは偽りの可愛さだな。優等生の仮面とは裏腹な言動が可笑しかった。

この素晴らしい世界に祝福を!2 #8 / BS11

一升瓶持ちながら逝った目をするヒロインとは…。アクシズ教徒vsエリス教徒。最後に幼女が出てきたが子どもを使うのは常套手段だからすぐ本心が分かったけどあの大袈裟な演出には笑った。そんな幼女CVに南央美さんとは豪華過ぎてこれも大袈裟な演出のひとつだろうかw あと何故かさっきぃに亜李ちゃんに小倉唯ちゃんもモブやってて意味が分からないw

幼女戦記 #9 / BS11

はやみんキャラのヴィーシャは政宗くんと同様にこの作品でも食べ盛りなキャラなのかなw 無慈悲な司令に無慈悲な命令。ターニャは憤りをみせ実際避難してくれることを期待したのかな。でも無残に打ち砕かれ舌打ち。こうなると悪魔となり容赦しないがヴァイスは躊躇してミス。グランツと同じように憤ってた。そして戦争は憎悪と復讐の循環。グランツの慟哭が胸に迫る。中の人は小林ゆっけ氏だがリゼロの経験が生きた力演だった。今回は戦争について深く考えさせられたな。

小林さんちのメイドラゴン #9 / BS11

anime(121885).jpg

カンナの初めての運動会。相変わらずカンナは一挙手一投足が可愛い。「こばやし~来るの~」と駄々こねるところ可愛すぎ。そりゃそんな娘が自分の本心を押し殺しても遠慮してくれたんだから小林さんじゃなくても奮起しちゃうな。運動会は入場行進から描いてて細かい。ああゆうの懐かしい。才川は最近カンナへの耐性出来たのかなと思ったら駄目だったようだなw でも綱引きでは怪我の功名となったようだw リレーで才川の悔しさを感じ取るカンナの描写はグッとくる。あそこで何かしらの力を使わず自力で勝ったってのが良い。「みんなと一緒がいい」ってのはカンナと人間とで距離が縮まった証だな。そういやそれまでの競技でも力使わず人間に合わせてたのもやはりみんなと一緒がいいってことなんだろうな。

関連記事
  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks