雑記

今週のアニメマシテのMC当番はるーりぃとふーりんコンビ。クロスインタビューがゲームばかりでいかにもるーりぃらしくて嬉しくなる。ぼんちゃん、えーでちゃんや先週の赤﨑さん田村さんといいアニメマシテスタッフはなんて分かり手なんだ。

けものフレンズが朝の帯枠で再放送することに連動して遂にテレビせとうちでも放送してくれるようだ。何でこの英断をリゼロのときにやらないのか…。でもまだ待ってるリゼロの放送を。

プリンセス・プリンシパル #1 / BS11

anime(122007).jpg

先週見忘れてた。原作ものかと思ったがオリジナルアニメだったか。可愛い小柄な女の子たちとハードボイルドなアクションの組み合わせが格好よくて冒頭から魅せる。可愛い女の子たちによるスパイ大作戦になるんだろうか。シリアスな人間模様も色々ありそうだ。重厚で雰囲気に溢れた背景グラフィックも見応えあった。

プリンセス・プリンシパル #2 / BS11

anime(122008).jpg

アンジェがプリセスと出会うときの過去語り回のようだ。今回はCase.1、第一話がCase.13…多分そう単純な時系列弄りじゃないんだろうな。いろいろな思惑が錯綜して計画が上手くいくかどうかの緊張感が堪らない。プリンセスが意外と鋭くて駆け引き上手でしかも野心家な悪い女ってのが面白い。ま、もちろん訳ありな野心なんだろう。最後お互いが取り引きに応じるか否かの展開は手に汗握って見入った。そしてふたりは十年ぶりの出会い。1話にあった「離れ離れは寂しいじゃない」というプリンセスのセリフはこれへの意味合いもあるのかな。中々気に入ってきた作品。キャラでは食えない女のプリンセスとロリロリしいベアトが可愛い。

ようこそ実力至上主義の教室へ #1 / BS11

席を譲らせようとしたり自己紹介させようとしたりこうゆう世界は息苦しい。コンクリな教室が無機的でいかにも管理社会。毎月の生活費は10万ポイント。ノートPCに8万使った奴がいたがポイントの他に生活費に使えるお金はシャットアウトされてるのなら計画性皆無のアホなのかと。櫛田は学校の全員と仲良く…一番嫌がられるタイプだな。押しの強さがエロマンガ先生のめぐみんみたいだ。無気力な冴えない男なのに可愛い女の子ふたりと接しられてるんだから主人公特権だなぁ。ポイントは評価によって査定されて振込額が変動。教師の初顔合わせのとき説明しなかったのはわざと隠して人間性を図ってたのか。EDクレジットにみんなの残りポイントが表示されるのは面白い趣向。それにしても主人公のCVは無気力系キャラだから敢えてだとしても違和感ある演技だなぁとクレジット見たらなんと月がきれいの安曇くんじゃないか…。月がきれいのときは演技に問題なかったんだけどなぁ。キャラを掴みきれてないというか。もしかしてプレスコに慣れすぎたか?w そもそもキャスティングに問題ありそうで浅沼さんとかが合いそうだ(東京ザナドゥのコウのイメージ)。あと茜ちゃんも出演されててこの辺は岸監督だからってことなのかな。

メイドインアビス #2 / BS11

anime(122002).jpg

富田美憂ちゃんのハスキーな歌声良いな。イラストカットインで分かりやすく中村亮介さんのOP。アビスの探索は帰路が大変。吐き気と頭痛までなら高山病ってとこだが人間性の喪失はヤバイな。レグは奈落の至宝オーバード?17歳の美憂ちゃんが「ちんちん」言ってしまうとは親御さんの心境はいかに。でも自分は見てないけどギャル子ちゃんってアニメで色々シモネタ言わせてたみたいだから耐性あるかな。リコのお仕置きシーンが意外にもエロかったり上層負荷の描写が残酷だったりとデフォルメキャラでも攻める。リコの目はアビスの呪い、行方不明な白笛のライザが潜っていたときに生まれたという真実。特級遺物より自分の子どもを守ったというわけか。あの時諦めたアンハードベルって遺物が鍵を握りそうでもあるが。奈落の底で待つ…ってのはよくあるパターンだと罠だが本当に母親なのかどうか。

捏造トラップ-NTR- #2 / BS11

相変わらずゆきんことくまちゃんのイチャイチャが堪らない。そのうち行為に至るのも時間の問題だな。そんな中で小野Dはふたりのガチレズに勘付いてるっぽくて愚直そうな逢坂くんと果たしてどうなるか。男同士は男同士でホモホモしくなったらカオスだなw

ひなろじ~from Luck & Logic~ #3 / BS11

anime(121995).jpg

ミサイルに乗るとかシンフォギアかな?意外とデンジャラスな世界観。力也さんも出るんだなぁ。まぁあんな可愛い娘を持てば親バカになるのもやむなし。攻撃払うためにロケットぶっ飛ばして以降が文字通りぶっ飛んだ展開で笑う。しかし元々はニーナが子グマをすぐ放せばよかった問題だったような。母グマはただ取り戻そうとしてるだけなのにアッパー喰らって可哀想な気も。

Re:CREATORS #15 / BS11

anime(121996).jpg

ギャルゲ(元エロゲ)のキャラからしたら今までが全部おおっ広げだったわけで女心からしたらまさに心中お察ししますだな。というかそうなるとまさゆき君と既に(ゲフンゲフン いやでも元エロゲのギャルゲってことはよくあるPCから全年齢のコンシューマ版のゲームってことだろうからせいぜいキス止まりか。その星河ひかゆの原作者はただのオタクでこちらも心中お察し。でもまぁ自分が作ったキャラは自分の理想の女なわけで抱き付きたくなる気持ちも十分分かる。元がエロゲなら尚さらだろう。まさに夢の世界じゃないか。ひかゆはただの萌えポジで終わるかと思ったがファンディスクで彼女も力を得るようであの原作者に掛かると本人がイヤイヤ~って言いそうなぐらいすごい設定盛り込まれそうで楽しみだw 例の総集編を除いてここ最近は視聴意欲が下がり気味だったがひかゆちゃんのお陰でまた面白くなってきた。ちゃんとテコ入れ策考えてるのはさすが。

セントールの悩み #2 / BS11

人馬型でも姫乃は可愛いけど南極蛇人は上級者向け過ぎるな。からかい好きな朱池も可愛い。希も羌子も可愛らしさが分かってきたし特異な世界観に馴染んできた。水人高校の人魚もみんな可愛いしデカいしで楽しそうだ。初めてここの世界観も良いなと思えた。特にCV瀬戸ちゃんの大人っぽい人魚さんの静浦は色気があって可愛かった。幼馴染、美人、巨乳…こんな娘をお姫様抱っこしたいものだ。しかし当然人魚も人魚で暮らしが大変。歩行補助機械か。ある意味啓蒙的でもあるな。

賭ケグルイ #3 / BS11

anime(121997).jpg

みにゃみも段々荒んだ演技が小慣れてきた。早乙女は毎回負け犬の遠吠え吠えるポジになるんだろうか。夢子は無類のギャンブル好きだが人間としてはまともな考えを持ってるんだな。ギャンブルやイカサマのことはともかく相手に印籠を渡すところの夢子が今作の最大の見どころのようだ。今回もキチった夢子とはやみんの迫真の演技が最高。そしてラスボスはあの会長か。しかし夢子がミケに落ちるなんて思わなかったが「にゃんにゃん、ギャンブル中毒の負け猫だにゃん~」が可愛いけど怖い。冗談でやってるように見えて目は笑ってない。夢子も悔しさでいっぱいなんだろうか。

天使の3P! #2 / BSフジ

ロリコンじゃないから関心なく見てたが後半4Pに雪崩込むかのような脱がせっぷりはちょっとよかった。ブルマの下からパンツが見えるってのが良いんだよね。旧スク水ってのも分かり手だ。

恋と嘘 #3 / BS11

anime(121998).jpg anime(121999).jpg

いきなりハーレムだが当人の立場からしたら勝手に話が進んであんな状況に出くわしたら堪ったものではないなw 好きになれないとか影薄いとか存在感ないとかボロカス過ぎていたたまれない。莉々奈は面白がったり意地悪してるとかじゃなく本当に純真な気持ちからなんだろうな。しかし女の子の前で女の子とキスとかこれは興奮どころじゃないシチュでまるでAVだがこれも莉々奈からしたら変な意味もないんだろうけど。そうして莉々奈は嫉妬して段々根島への恋心に気付きそれを認めたくないから美咲へのキスを焚き付けるんだろう。そして美咲は改めて根島が好きになるがでも自分にはもしかしていきなり莉々奈に処女だなと言われた仁坂が通知相手なんだろうか。仁坂の「そうだよな、普通は…」ってのが意味深。そして壁はどこだー!くそぅ!一日一回どころかねっとりと三回もじゃねーか。案の定仁坂がじっー。地味メンの根島がイチャラブしてるってのは面白い。そしてまさかの驚天動地な展開に思わず椅子から滑り落ちた。ホモアニメでもあったのか…。まさか美咲が怒ってたのはホモだからか、仁坂のあの態度も根島と仲がいいから嫉妬したのか。いやぁ今回も面白すぎるな。

魔法陣グルグル #2 / TSC

今回もテンポ良くてどのシーンもいちいち楽しい。お尻になったククリちゃんも可愛い。茜ちゃんなククリも可愛すぎて堪らない。ずっと聴いていたい声だ。ん~大体いつものグルグルって感じだから逆にあまり書くことがないな。

はじめてのギャル #1 / BS11

隠し方が開き直って演出のひとつにしてるは彗眼だな。のっけからエロス全開だからこれはどうかと思ったが予想外に面白かった。主人公が変態なのとCVが浅沼さんなのが功を奏したな。

アホガール #3 / BS11

anime(122000).jpg anime(122001).jpg

女の本性は下着を見れば分かる…なんかすごい名言っぽいw しかしさやかちゃん可愛いからぬーげぬーげな展開は嬉しいけど残念ながらさやかちゃんのパンツは見れなかった。ま、この作品の唯一の良心だからこれでよかった。その分よしこのパンモロでサービスさせてるが何故か全く嬉しくないという。乗れる犬にまさかの浪川さん。子どもにゆかちやしーたむ呼んだり声優陣が豪華。最後も佐藤さんのバナナのために巻き込まれるさやかちゃんマジ可哀想で天使。地味にさやかちゃんのあっくんさん呼びが他人行儀で笑う。

徒然チルドレン #3 / BS11

こんな可愛い娘をコント扱いして無下にするとか爆ぜろ!六畳間で知った鬼頭明里ちゃんは最近きてるね。次のパートはは浪川さんだがりえしょんの綺麗な飛び蹴りだ。3本目はくまちゃんと下野さんだがやっぱりくまちゃんの声はエロいなぁ。こんな娘に声掛けられるだけで幸せだぁ。最後はいのりんと界人くんでやっぱり高野ちゃんは朴訥としてて可愛いなぁ。こんな三者三様なみんなだけど最終回にはどんなゴールにたどり着けるか見届けたい気分になってきた。

ナイツ&マジック #3 / BS11

エルネスティのためだけのシルエットナイト作りへ。0から自分のロボを作るのはまさに男のロマン。欲望に正直だと認められる世界ってのは良い。エルネスティの言うシステムはよく分からないが相変わらずシルエットナイトのメカメカしい汚れたディテールは素晴らしい。親友ふたりはお目付け役では終わらず硬くて大きくて冷たいシルエットギアに搭乗。ディートリヒは退場かと思ったが意外と良い奴になりそうだ。しかしアデルに抱きつかれたときのエルネスティの嫌そうな顔w こうゆうサクセスものって妨害とか挫折とかがありそうだがみんなエルネスティに素直に従うのが優しい世界。ま、もちろん今後エルネスティが苦難する波乱が起こるんだろうけど。

NEW GAME!! #2 / BS11

anime(122003).jpg anime(122004).jpg anime(122005).jpg

やはりOPが素晴らしい。DKレースかと思われたコンペだが青葉の勝利。でもそれは自分の憧れと夢と現実の狭間。そうして苦悩したのが夢を諦めていたゆんだったのかもしれないな。そして迷っていたコウを導いたのはりんでマジ夫婦。最後は仲良く共作。しずくはこうした化学反応を期待してたのかもしれないな。そんな波乱といい話だった今回だが妄想膨らます青葉やダンディでバツが悪いはじめとか可愛かった。そして恒例のフェチカットも健在で眼福。

月刊ブシロードTV with 戸山姉妹 / BSフジ

同郷だからずっと応援してるひーちゃん回。バンドリグループだから楽器が出来るってわけじゃないんだな。Aftergrow…これまたメンツがヤバイな。思いがけず人気出てしまった尾崎由香ちゃんだが妹役に据えてしまったばかりにメンバーに出来なくなったからブシロード的に歯がゆいのかもしれない。

サクラクエスト #16 / BS11

真希ちゃんおでん探偵のメイン役かと思ったらちくわぶ業者役でしか出てないのに笑った。50年前の黒歴史。あの婆さんあんなロックな曲作って歌ってたんだな。というかひよっちだと思いっきり澪でけいおん彷彿だなw そして会長は若気の至りで大暴れでなんとまぁロックな人生。過去語りでそれぞれ英語読みしてビフ、オリーヴ、ポイズンなのが中二だw でも間野山で活動したいという会長というかビフの熱い想いはよく分かる。昔から気骨に溢れてて格好いいじゃないか。オリーヴも凛々ちゃんの想いを汲んでくれて理解ある。将来はUMA研究家として世界各地へ飛びそうだな。そしてみんなが帰ってくる場所ということでお祭り復興が終盤の目的になるみたいだがここでまさかのクエスト要素発生w

ゲーマーズ! #2 / BS11

anime(122006).jpg

実在のゲームがそのまんま出てきて驚いた。この手のゲーム系アニメで一番気になる問題を本当のゲーム引っ張り出して解決とは力技だ。不良と思われた上原は雨野に昔の自分を重ねてイライラしてたみたいだが最後は自分も言い聞かせるかのように雨野と熱いぶつかり合い。上原が主人公と親交深めててまるでヒロイン。天童は今のポンコツヒロインポジのままのほうが光ってそうだなw もうひとりのヒロイン格の亜玖璃は黒歴史時代の上原が好きでしかも上原に合わせて自分も高校デビューしちゃうとは上原は罪深い奴だ…。仮に上原がオタクのままだったとしてもモテてたってわけでなんて羨ましい。

機動戦士ガンダム サンダーボルト #1-4 / 配信

音楽でテンション上げるというと実写映画だがアイアンイーグル思い出す。サンライズ&メカ&音楽という組み合わせだとカウボーイビバップも彷彿。話はおふざけや息抜きもなくシリアス一直線で男同士のハードボイルドな戦いで毎回身が引き締まる。てっきり1話冒頭にもあったイオがドラムの叩き振りしながらご機嫌なナンバーに乗せて痛快に戦っていくエンタメ志向が強い作品かと思ってたが人は死にまくるし狂いまくるし殺伐しかない。声優陣は豪華、そして手描きのメカ作画はやはり良い。お話といい作画といい雰囲気といいやっと見たいガンダムのアニメが見られて大満足。セカンドシーズンもあるみたいだがここまでで十分満足だなぁ。

関連記事
  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks