雑記

今期アニメは大体どれもボーダーラインの3話まで出揃った。今のところ気に入ったのはプリンセス・プリンシパル、メイドインアビス、賭ケグルイ、恋と嘘、魔法陣グルグル、アホガール、NEW GAME!!、ってところかな。特にプリプリことプリンセス・プリンシパルが面白い。終末のイゼッタといい幼女戦記といいこの系統が大好物みたいだ。他にも見てるアニメはあるけど多すぎなので絞ってる。ここに書いてないアニメも見てたりするが(シンフォギア、チアフルーツなど)。

ようこそ実力至上主義の教室へ #2 / BS11

2話目にしていきなり水着回。尻の食い込み直しはもはやテンプレか。個人間のポイント競争じゃなくクラス間のポイント競争もあるらしくて団体責任でもあるんだな。綾小路を仲介して堀北と櫛田の確執でモメる電話とメール合戦は面白い。個人的にどうも櫛田は苦手だ。ま、堀北も我が強過ぎて苦手だが。そして堀北と生徒会長の薄い本。珍しく女々しい堀北でブラコンとかだったり。この兄さんはプールを覗き見してた野郎だな。全て50に揃える綾小路、偶然という名の才能なのか、それとも全てにおいて中途半端という意味合いなのか。Dクラスのテスト結果は全て高得点。つまり実力を隠してる風変わりな奴ばかりが集められたクラスなんだろうか。綾小路の演技の拙さは初回よりは改善して違和感は減ってきたな。

メイドインアビス #3 / BS11

anime(122009).jpg

ライザは真綾ちゃんか。相変わらず良い作品に出る。ライザをじっと観察してるのが明らかにレグっぽいしそれを匂わせてるが真実はアビスの底。記憶を失ってるのかもしれないな。レグとリコとで赤い糸ならぬ白い鼻水で繋がってるのが微笑ましい。よっぽど一人で行くのが寂しかったのかな。最新の奈落見取り図を見ながらの解説と話し合いはとても興味深くてワクワクさせられる。こうゆうの大好き。ナットのリコへのあの態度は男ならよ~く分かる。男は素直になれない年頃なんだよな。そして最初の4人だけの旅立ちはワクワクと寂しさ。「もう着いちまった」ってのが切ない。二度と会えなくてもアビスと繋がってる…さよならにはグッとくるな…。というかリーダーにはなんて言って誤魔化すんだろ。ま、もう把握済みなんだろうけど。

喫茶安元 / BS12

めったに見ないBS12のテレビ欄見たらふとこんな番組が、しかも第一話からとはタイミングいい。やっぱマッフィーとしこりんの交友絡みの番組は楽しいね。馴染みないアナログゲームだけどルールが分かってきたら面白かった。

捏造トラップ-NTR- #3 / BS11

グチョグチョ音やボディシャンプーの液の隠喩もあったがこのアニメの場合ふたりの声がエロいから逆に見えないほうがエロいな。そして遂に小野Dに勘付かれてしまったがあてつけで逢坂くんとあっちもやり合うかどうか。どうでもいいけど由真ちゃんがやまちゃんに聴こえてしまうw 

Re:CREATORS サマー特番 ~被造女子たちと過ごすひと時~

anime(122010).jpg

この3人が集まると大体わちゃわちゃとなる。ひよっちもみかこしも多分「禿げ」と答えてNGになったんだろうなw いのりん「なんだその反応は~」が可愛くて言われたいものだ。次回特番の温泉はネタかと思ったら本当に放送するみたいでいつの間にレクリエイターズは声優番組になったんだw ま、もちろんすぐにロケなんて出来るわけがなく予め決められたシリーズ構成。

セントールの悩み #3 / BS11

人馬型が連れそうといずれアニメ化するウマ娘のアニメはこうゆう感じになるんだなとか。チューしたがる3人ロリっ子はともかくやはり人馬型のプロポーションはシュール。とはいえ女の子どうしでチューする百合百合な絵は心休まる。後半は翼人の御魂真奈美がメイン。落ち着いた声も相まって人魚の娘と同様にこの娘が見た目一番好み。シャツとプリーツスカートな制服姿がこれまたそそられるんだよね。ただ合理主義な性格はちょっとついていけない。ED見るとこの子が裏の主人公ってとこなのか。

賭ケグルイ #4 / BS11

家畜になったから人生すらも計画されてしまう。ま、借金で路頭に迷うよりは。夢子は薄い本展開でぐへへってなるがあそこで美化委員が乗り込まなかったらどうなるんだ。夢子なら起死回生の秘策がありそう。そして今回もヤベェ奴が出てきてトイレであれをするシーンは狂気が勝っててそうエロくはないけどTVアニメだというのに攻めるなぁ。夢子と芽亜里はミケ同士としてすっかり仲良くなっててこうゆうコミカルなシーンが束の間の癒やし。木渡は雑魚かと思ったら意外と頭がキレる。ここから芽亜里の逆転劇が始まるのか、それとも人生最高潮のときなのか。ゆかちCVだった娘は可愛い感じだが多分相当な食わせ者っぽい。

天使の3P! #3 / BSフジ

anime(122012).jpg

アバンから事案。ここまでくると様式美だ。前回から貫井はトラウマがあったがなるほど。でもあれは周りが才能に嫉妬してるって感じで実にいけ好かないな。ま、学生だったら素直に捉えず茶かしちゃうんだろうけど。そのせいで貫井は事案するように育っちゃって…。そしてくるみの学年でもまたイジメ的な。事案してる場合かw 色々キャラの事情も分かってきてあの3人も見守って行きたくなってきた。

恋と嘘 #4 / BS11

anime(122011).jpg

やはりキスを焚き付けて自分を確かめてたんだろう。行為自体には動揺せずとも本人からその言葉を聞くと動揺を隠せず。政府通知による科学の赤い糸。学業も将来の相手決めに使われてるんだな。容姿によって左右されない…容姿では恋をしない…う~む案外良い法案な気もする…。莉々奈とせっk…頑張れるなら頑張りたいなぁ。根島と美咲のために応援してくれるなんていい娘だ。これも好きだから傷つけたくないというジレンマなんだろう。そして美咲と仁坂は通知同士だからって牽制しあってるってとこか。美咲は厚労省は来てないと嘘ついてふたりは似合ってると言い自分に言い聞かせてるがでも「根島くんだけは特別」は本心。今回は自発的にしちゃった…。もう完全に相思相愛だなぁ。最後に出てきた銀髪の娘は友人か姉妹か。で、仁坂は勘違いしてふたりだけのキャンプを断るとはホモじゃなかったのか。

魔法陣グルグル #3 / TSC

今回も安定して面白い。何が飛び出すか分からない楽しさがあるなぁ。今回は大西ちゃんCVのルンルン登場。ニケじゃないけどああゆう顔立ちは大好物。そりゃ報酬スルーして付いていっちゃう。

アホガール #4 / BS11

anime(122014).jpg

今回もシッチャカメッチャカな展開でいつものアホだった。戦隊ショーを恥ずかしがる男の子ふたりと楽しむ女の子、この世界の女子は純真だ。そして今回もさやさやが苦労人過ぎて可哀想で可愛いし妹のフォローもなしw

徒然チルドレン #4 / BS11

のっけからあかりんこと鬼頭明里ちゃんと山下誠一郎くんのイチャラブで壁がいくらあっても足りない。そしてあやねるも花澤さんも可愛い。トリはいのりんの高野ちゃんと界人くんのもどかしい恋。高野ちゃんって性格含めていのりんみたいだな。もしかしてそろそろ恋心に気付き始めて一歩前進…はしないんかいw

プリンセス・プリンシパル #3 / BS11

anime(122016).jpg

なるほどアンジェはコントロールを騙しプリンセスと駆け落ちする二重スパイだったのか。女王にして欲しいというのは幼少時代の約束?プリンセスを女王にさせるってのは額面通りの話しかな。世界もアンジェ自身も騙す…ってのはどうゆう意味になるか。今回は本当に前回からの続き。スパイの部活動。姫様は安全装置を外せるほど実は心得があるってことだっだち。ベアトの喉はなんと機械。変声は単なるスパイ道具の一つ程度と軽く見てたがそんな重い事実があったなんて…。姫様姫様と連呼してるベアトが悲痛だ…。暗い過去を救ってくれたからそして人間不信から姫様に尽くしてたんだなぁ…。ベアトは少々お節介過ぎだなと思ってたが180℃見方が変わった。そうして火花が散るアンジェとベアトとの潜入作戦はハラハラドキドキ。二人が似てるってのは実は姉妹とか?アンジェのアクションシーンは銃弾が当たってるとしか思えないがw、ダイナミックで見応えあった。最後生きるか死ぬか、ベアトが捕まったら姫様が…というベアトの忠誠心が行かせる動機になってるのが上手い。最後のパラシュートシーンは「私は姫様が好きー」ってベアトの正直な本音の絶叫とアンジェの「大嫌いー!」には色々な感情が込められてそうだ。

ナイツ&マジック #4 / BS11

しかし冷静に見るとシルエットギアは少し見た目ダサいなw 「エルくん成分が足りないよぉ」とアデルは嘆くが多分アデルにはずっと足りないままなんだろうなぁ。公爵が何か悪どいのかと思ったらエルネスティのペースだと調子狂わされるなw 彼の知的好奇心の前には誰しも無力だ。

NEW GAME!! #3 / BS11

anime(122019).jpg anime(122020).jpg

OPの美少女満漢全席感が素晴らしい。「おーはーよーおー」「ふーわーりーかろやかにー」ってところが好き。OP最後のはじめのポーズはどこかで見た記憶があるんだが何かのパロかな。3Dについてはまだまだトーシロな青葉。自分がデザインしたのに何も言えないのは歯がゆい。でも自分のデザインを使ってくれてるのは事実だし3Dの経験がないんだから何も言えないのは当たり前。とにかく勉強あるのみだな。そしてフォローは気遣いのひふみん。というか食べてるご飯のゴージャスっぷりに目を引いたんだがまぁ給料は良さそうな会社ではある。そうしてねねっちですら勉強して自分の力で1からゲーム作れてるし大学にも通ってるのに俺らときたら…。ひふみんの手料理、肉じゃが食べたいものだなぁ。コウはふたりに罪深し。今回も眼福。

anime(122013).jpg

月刊ブシロードTV with 戸山姉妹 / BSフジ

最終週は尾崎由香ちゃんピックアップ…じゃなかった。由香ちゃんはお洒落さんだからクローゼットに住んでるんだなぁ。今回はもえしピックアップだがアニゲラのもえしゲスト回は楽しかった。基本オタクだから杉田さんやマッフィーたちと話が合ってトークが弾む。というかもえしがガルパ超絶ガチ勢過ぎて若干ドン引きするわw

サクラクエスト #17 / BS11

文字通りのサクラ”クエスト”の始まり。しおりに正直おじさんの癖が移っちゃてるw 今回もおじいさんたちが目立つ。そしてチョーさんも目立つw しかしこうゆう高齢化社会の町村が今後の日本の課題でもあるなぁ。それをみんなで祭具集めと一緒に解決しようとしてるんだからみんなすごいものだ。ま、あの偏屈な元教授の意地悪というか試しでもあるんだろうけど。今回はお話もよく出来ていて爆笑しつつも色々考えされられた良い回だった。やはりサクラクエストは面白い。

ゲーマーズ! #3 / BS11

anime(122015).jpg

OPの歌詞で「もうNEW GAMEには戻れない、お願いリセットして~♪」ってのが偶々なんだろうけど同時期にやってるから挑戦的に聴こえてしまうなw 天童と千載一遇の好機があるというのに鈍感系主人公だった。天童さんは雨野と会ってしまったばかりに残念系ヒロインになってしまって…。次に主人公が落とす相手は星ノ守。同じ想いだからこそすぐ共感してしまうという、哀れ天童さん…。でも萌えを巡る戦い勃発。しかし萌えも和ゲーの個性だからあれでいいと思うんだけどね。そうして遅れた高校デビュー。これはヒロインの器、哀れ天童さん…。灰になって主人公に踏まれるヒロインとか後にも先にもこの作品だけだろうw しかし雨野も椏久里のことを取り持つ時は感が鋭いんだな。そして痴情のもつれで関係性がどんどんカオスになってきて当人たちには悪いが面白くなってきた。どんどんゲーム関係なくなってきてるけどw

関連記事
  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks