前回大団円でクリアしたが(PS4版イースVIII プレイ日記Part31(新たなる冒険への旅立ち))記事書きのためにデータをチェックしたくて最終セーブからロードしてワールドマップ見たらなんとまだ”?”マークがあった。なんであんな目立つのに見逃してたんだって話だがその後分かったがあれはクリア後に開放されるダンジョンだったんだな。そうゆうことならここからまたプレイしていこうかと思ったがそういやクリアデータをロードすると”引き継いで最初から始める”他に”ラスボス前から再開”することも出来るんだった。いわばクリアしてからまた延々とプレイ出来るわけだ。こうゆうのは今までのファルコムゲームには自分が知る限りなかった趣向なので嬉しいね。

ys_8_036573t.jpg

旧地下聖堂の冒険

何がキッカケに地下聖堂への隠し扉が開いたのか分からないがダーナ編同様に《第一層》へ。ムード溢れる曲『VANISHING TRAIL』が流れてきて気分に浸るもここの敵がやたら強くてそんな気分は一瞬にして消え去った。Lv71のヴァルクイラって中型がアホみたいに湧いてくるもんだから疲れる。単体ならともかく数が多いもんだから真ラスボス倒したパーティでもキツいな。普段雑魚相手にEXTRAスキル使うことは滅多にないけどこいつら相手には出し惜しみしてる場合じゃない。

ys_8_036579.jpg

ここに池があってやったー釣り出来るじゃんと喜んだらなんとグレインガンという暴魚。一体だけだというのにここの雑魚の数倍以上に倒すのに骨が折れた。他の場所でも釣りしたけどまたグレインガン。おまえはお呼びじゃない。旧地下聖堂はこいつしか釣れなさそうでゲンナリ…。

旧地下聖堂のメインギミックは解理石でのゲートオープン。石一個につきひとつしかゲートが開けないので先を考えると慎重になるがゲート見つけたら気になるから開けざるを得ない。

ys_8_036580.jpg

最奥ではダーナ編でも最初に戦ったボス『グラジオス』が出てきた。やはりこれはダーナ編の地下聖堂の冒険をアドルでも繰り返し冒険しようって趣向か。そうなるとこのダンジョンのボリューム的にゴールは当分長そうだ…。でもあの当時のボスの強さそのままなのか対して強くはなかったな。


《第二層》の解理石で開くゲートから入った先はゾックメタス地獄。こいつらの俊敏な動きといいカシャカシャしたSEといいこのちっこさで徒党を組む攻撃といいもうトラウマ。最奥で待つは王家の谷のボス『ドクサ・グリエル』。順番からしててっきりネブリティアかと思ったらアンデッド。HP0にしたのに倒れないから一瞬バグかと思ったよ。どうやら出てくるボスは同じってわけじゃなさそうでその辺は何が出てくるか分からない面白さはあるな。

ys_8_036581.jpg


《第三層》は冒険具がないと沈む。ただここは相当キツかった。上層と下層に分かれていてボリュームあるし暗くて見通しが悪いし通路は落ちそうで困難だし強い敵はバカスカ多いし通せんぼのハチの巣は多いしで疲れる。巣だらけなので虫除去剤たくさん持ってくればよかったと後悔。今後の層でも必要かと思うとおいそれと使えず上層の宝箱は殆ど取れず。じゃあ一旦村に帰って出直せばいいじゃんと思われるかもしれないがなんと旧地下聖堂には各階層に回復とワープ出来る水晶石がない。村に帰れるけどまたあのしんどい行程を再度行かなきゃならないかと考えるだけでゲンナリ。陰鬱なダンジョンの雰囲気に精神が飲まれてもう一刻も早くここを切り上げたかったから先へ進むしかない。解理石が上層の宝箱になくて助かった。ボスは侵食谷の『グルガンチュラ』。相変わらず毒吐きが厄介だった。相手はLv86ということもあり段々ボス戦も厳しくなってくる。


《第四層》に入るとすぐ遠めに首長竜型の古代種が見えてこの時点で目眩がしてきた…。ここでも冒険具が必要。旧地下聖堂はこれまでの様々なフィールドのおさらいでもあるな。今度は水に潜れるわけだが中はハイドロスケイラ地獄。上にはエルディロブロンディアってデカブツが何体もいるわでやっぱり地獄でしかない。とはいえエルディロブロンディアは台座みたいなところから降りれなくなってるかと思うと少し可哀想ではあるがw 周囲の宝箱を取っていこうとエルディロブロンディアを倒しつつ進むがHP回復させるために暫く休憩してたらなんと時間経過で倒した古代種全部が復活しまい絶望。最後の一個はジャンプで飛び乗りミスしやすい位置にあるし諦めざるを得ない。さらに進むとまたまたハイドロスケイラ地獄&ゾックメタス地獄。身動きが不自由な水中でハイドロスケイラに襲撃されながら探索していかなきゃでもーいや。ボスはアドル編大樹の寺院にいた『ブラキオン』。この辺はそれまでのダンジョンで精神力削られてたからどう戦ったのか記憶にない。

ys_8_036582.jpg


《第五層》は火炎地獄と化してるし上からビームみたいな攻撃で立ち止まる余裕もないわでもう酷いところ。実際はそこまで過酷ではなかったが。相変わらずゾックメタスも大量に湧いてくる。こいつらはあまりスタンしないしすばしっこいから鬱陶しい。ボスは幽霊船にいた『ピラティスアニマ』。本編では最弱かと思うほど余裕で勝てたからシメたと思ったが相手はLv90…。


そうしてやっと辿り着いた《最終層》はダーナ編と同様に短いから助かると思ったら敵が強すぎワロエナイ。ブライティソウルやディクティドエイデスとかも出てきて死ぬかと思ったが最後の場所に遂に遂に待望の水晶石!ほんと心の底から助かった…。まるで砂漠で彷徨っててオアシス見つけた時の心境だよもう…。はぁ~これで村に帰ったとしてもまた最終層に戻れるから安心だぁ…。

ys_8_036583.jpg


ボス戦:全てを狩り獲る者《メライドゥマ》

場所的に最後はイオ絡みのボスかと思ったらダーナ編の土偶シリーズボスの元締め的なLv99『メライドゥマ』。因みに戦闘曲はラスボスひとつ前の曲『ORIGINE DELLA VITA』。もーこいつが酷い攻撃っぷりで死ぬ。まさに破壊神でしかない。特に味方の一人を吸い込んで使えなくする技や回転斬り攻撃やビーム攻撃やとにかく全部の攻撃が嫌らしくて参った。それでもゲームオーバーにならず勝てたのはツイてた。いや料理食べまくったからだなw でも瓶系回復アイテムは使わず堪えた。そもそもドーピングせずSP量も初期のままのステータスで勝てたんだから自分にしては十分健闘した戦いだな。アクション下手っぴなのに我ながらよくやれたと思う。

ys_8_036584.jpg

これでトロフィー『全てを狩り獲りし者』というメライドゥマを倒した証をゲット。さすがにこいつのPSN全体取得率はレアで15.8%。

メライドゥマのモンスターデータを見たが”もはや何を守護していたかの記憶も失われ目に映る全てをひたすらに破壊する”、ってのが哀れ。ダーナ編の地下聖堂最奥ではイオと戦ったわけだけどもしかして本来そこにあるべきモンスターがこのメライドゥマだったんだろうか。その場所をずっと守ってきたがイオがダーナを試す戦いをするのに邪魔だからとどっかにどかしてそのままになってその結果記憶が失われた…と考えると深いなw


で、てっきりダーナとイオ絡みのイベントがあるものと思ってそれのために頑張ってたというのになんにもないんかい~~~!!!ダーナはここを見ても何も思わないんかい~~~!!例えば「イオちゃん、また戻ってきたよ…」とかボイスなしのモノローグセリフだけでもいいのに何もないんかい~~~!!どっと報われない疲労感…。まぁレベル上げとトロフィーゲットするために頑張ったと思えばいいか…。ま、どのみち何もなくても気になるから最後までクリアしていっただろうけどね。

ys_8_036585.jpg 「イオちゃ~ん、わたしだよ~」

戦利品は斬撃・射撃・打撃の各種メダルアイテム。これでパーティメンバー数の変更が出来るスグレモノ。いやこれが欲しかったから頑張ったんじゃない。

あとは旧地下聖堂で取り残しの宝箱回収だが…正直もうやる気ないなぁ。いかんせん敵が強すぎ&ロケーションが真っ暗闇過ぎてテンションが上がらない。なんというかここは雰囲気が鬱過ぎて精神力削られるんだよね。せめて暗がりじゃないところが最終層以外にもあったらよかったんだが。あったとしてもあのハイドロスケイラ&ゾックメタス地獄は嫌じゃ~。

極め

あとやりたいことはレベル99と全員のスキルレベル上げ。やっぱここまできたら頂点に達しておきたい。ゾックメタスを暴魚として初めてデータ登録出来た時に知ったが経験値が356572EXPと他の敵と比べて段違い。多分RPGに欠かせないレベル上げ要員の敵として用意したんだろう。早速こいつらを狩っていくために再び地下聖堂の第一層へ。

以前理晶石を使って入ったらゾックメタス地獄に恐れをなして逃げ帰った場所が狩りに最適。一度理晶石で封印解いたところは出ても解かれたままになるみたいで助かる。ここにゾックメタスが6体ぐらい湧いてくれるのでマップ切り替えラインを境に行ったり来たりを繰り返した。ゾックメタスは喰らうダメージ低いけど動きが俊敏で戦いづらいから厄介ではある。

そうして1時間ぐらいかかっただろうか。レベルもガンガン上がってそれに比例して段々倒すのが手早くなったりEXTRAスキルでなぎ倒せるようになっていったのが痛快だったな。そしてようやく全員のスキルレベル上げ完了。最後に残ったのはサハドとリコッタ。中でもサハドの地引網とか大衝角とかは今までもろくに使ってなかったから時間掛かる。リコッタもお手製トラップとか自分からはまず使わないしダイナソアスローは使いにくいから回数も低め。あとダーナの竜氣もろくに使ってなかったから手間取った。何はともあれこれでトロフィー『至高の技巧家』を無事ゲットだ。PSN全体取得率はやはり12.6%と低かった。

ys_8_036586.jpg

そうしてレベルの方も上がっていきアドルは遂にレベル99に一番乗り。それがアイキャッチ画像。でも特に何もトロフィーはなかった。まぁ気が済んだからいいか。

あとひとり島でふと思い立って釣りしたらまさかの暴魚のブロブロヴィアってのを釣った。これで暴魚はあと2種類残すのみだけど…。う~ん、やはりコンプは難しそうか。こっちもトロフィーなさそうだしなぁ。

再号泣

そのあとまたラスボス倒してエピローグを迎えた。そして真ラスボスもサクッと討伐。さすがにレベル99後半パーティだと朝飯前。いつもの自分ならもうラスボス戦はもー懲り懲り…となるけど今作はファルコムゲームのラスボスとしては嫌らしいギミックがないし力押しで倒せるから自分みたいな脳筋でも何度でも倒してやろうという気になれる。

ys_8_036587.jpg

そしてまたお別れのシーンで泣く…。あ~…切ない。でもいい笑顔だぁ…。だから尚さらやるせないなぁ…。でもこれでよかったんだよね…って思いを書いてたらキリがない。

まとめらしいまとめの感想は前回記事で散々書き連ねたが改めてここまで感動やワクワクが詰まったゲームも中々ないな。ほんと稀有なゲームを生み出してくれてほんとファルコムには感謝しかない。ただあまりに上手く出来過ぎててファルコムは自分で自分の首絞めてる気がしてならないw イースシリーズの次回作が逆にちょっと不安だw

最近は中々2周目をやるモチベが起こらないんだが今作はいずれまたプレイしていきたい。それなら閃III発売までにやればいいのではと思われるかもしれないがこの後すぐプレイしていかないと間に合わないタイトルがあるのでねw その件はまた後々の記事にて。あとイースVIIIのハイレゾ完全版サントラの感想記事も後ほど書いていこう。

関連記事
  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks