帰りにローソンで無事受け取り。CEROはCなんだな。これは表現的に期待できそうだ。初回限定KISEKI BOXなので色々入ってるがフルカラーアートブックはクリアするまで見ない。これはイースVIIIの教訓だなw ミニサントラは曲だけ聴いてもネタバレにならないし今回の作風が気になるから後々で聴いていこう。ミニカレンダーは設置方法がたくさんあるのが素晴らしい。でも横置きはカレンダー機能が終わってからじゃないと意味なさそう。

sen3_0001.jpg sen3_0002.jpg

早速PS4にディスク挿入してプレイするぞー!ってところでなんとアップデート1.02だと!?いくらなんでも早くない?(プレイ時は29日)しかもサイズが922.2MBって…。そのせいで20分近くもお預け…。もしかして初回特典用のDLCアップデートなら安心だが公式サイト見ると…オウフ…。発売後2日であのアップデート内容はこの先のプレイが不安ではある…。PS4版イースVIIIはVita版の下地があったとはいえクリア後にやっと1.01が出たぐらい優秀だったというのになぁ。


ジングルが多分OP曲アレンジになってて嬉しい。イースVIIIはデフォルトのジングルで寂しいものだった。タイトル画面はさながら雲に霞むエレボニア帝国だろうか。今後を暗示めいてるな。メニュー画面はリィンひとりぼっち。今作も章に合わせて変化するかな?難易度はもちろんNORMAL。閃IIみたいにPRESTORYとして章毎のあらすじが読めるのがありがたい。相変わらずあらすじに合わせた絵の演出もあって手が込んでてこれ作るだけでも結構大変そう。公式サイトでも同じものがストーリーダイジェストとして見れるとは太っ腹でありがたいね。

sen3_0002title.jpg

一応過去シリーズ2作は大体覚えてるけど東亰ザナドゥ脳から閃の軌跡脳への切り替えで暫くは混乱しそうではあるw


旧貴族連合軍拠点《ジュノー海上要塞》にてこの盛り上がる音楽といかにも意気揚々と戦う図は閃の軌跡の同じプロローグを彷彿。敢えて反復させてるんだろう。最初に名前ありで出てくるのはCV久川さんのアリアンロードか。ゾーラCVデュバリィもちゃっかり居る。「試し」というのは旧校舎で行われたあれだな。

sen3_0003.jpg

メッセージが自動で流れて追いつけないなと東亰ザナドゥeX+の感覚で上の十字キー押したら…なんとメッセージログがあるじゃん!もちろんアクティブボイスだけとかイースVIIIみたいなケチくさい仕様じゃなくちゃんと会話のログでこれは嬉しい。ありがとうファルコム、アップデートに時間取らされた不満はこれでチャラだw ログ機能が付くかどうかは今作の懸案事項のひとつだからこれで安心してプレイできるな。

味方陣はまだ灰色の騎士様抜きの状況のようだ。ピンク髪のCVは声のトーンから東山奈央ちゃんじゃないかな。銀髪は紛れもなくいのすけこといのりんだな。ミント髪の娘は分からないなぁ。男連中はいいや。ユウナは灰色の騎士に不満があるらしく自分たちの力を見せつけようとしてる。みんなのあーだこーだ言ってる会話からして彼を取り巻く状況は以前とあんまり変わらない感じがあるなw というかメニュー画面で名前が分かるじゃないか。ピンク髪はユウナ、ユーシス二世はクルト、緑髪はミュゼ、ランディ二世はアッシュ、銀髪はアルティナ…アルティナ!?そうか種ちゃんは今は復帰したけど収録時はまだ静養中なんだったな。いのりん声だと見た目通り思いっきりロリっぽくなっててアルティナのミステリアスな雰囲気が全然違う印象があってまだ慣れない…と思ったけどもうあの頃のアルティナの声を忘れてるからすぐに慣れると思うw

カメラ上下はリバースへ変更。東亰ザナドゥはデフォルトでリバースだったのに。カメラ仰角自動戻りも見づらくなるのでオフ。振動も東亰ザナドゥeX+同様にいちいち震えて鬱陶しいしバッテリー喰いになるからいらない。歩くのはちょっと重い印象があるので常時走る設定もあればいいんだが。

戦闘はこれまで通り。いちいちメニューから選ばなくてもワンボタンでアクション出来るのは便利になった。相変わらず何も操作しなかったらカメラが自動で回転するのが煩わしいけど。ラッシュや止めの一撃があったり間違いなくゲーム中盤以降の戦力で思う存分楽しめる。この時系列を弄るプロローグの構成は一番最初に自由にやれる戦いを味合わせてプレイヤーの興味を掴む意味合いもあるんだろうな。どうでもいいけど戦闘後にユウナがぞいポーズしてるのが気になるw 音楽は戦闘中も切り替わらず熱い勇壮な曲が鳴り響いてて曲調からして園田さんの曲だろう。Iの[Atrocious Raid]に相当する曲だな。

キャラではやはりユウナが可愛い。見た目は可愛くナイスふとももだしそそられるが性格はアリサみたいなツンツンタイプでまだクロスベルとエレボニアの対立みたいに壁がある。

暫く進んでスレイプニルF1との中ボス戦は水系アーツメインに攻めて軽く楽勝。このテクノ調の音楽は宇仁菅さんかな?次に出てきた鉄騎体の女二人はさすがに強くてもしかして負けイベントかと思ったがSクラフト連発していって勝機。ミュゼのSクラフト使ったけど妖艶な台詞言ってきて誰かを彷彿するなと思ったらシャロンだ。戦闘曲はあの独特のバスドラドコドコっぷりから紛れもなくアレンジは真我さんではなかろうか。やはり今作も参加なされていた。デュバリィの横やりが入ったがポンコツなところは広く知れ渡ってるようだなw

プロローグは基本Iの反復で後々後半の章でこの海上要塞に来たときは感慨深くなるんだろう。予想付いてたとはいえ我らがリィンたちが駆けつけるのはベタだけど熱い演出。リィンはやたら大人びたイケメン度がヤバいな。これは落ちる女性陣が多いのではってぐらい男でも惚れるイケメンぶり。サラ教官はこれにはニッコリかもしれないがサラは以前より胸がデカくなってないかw ここで流れてる音楽も真我さんのアレンジ曲。今回は大分ガッツリ関わってそうだな。

sen3_0005.jpg sen3_0006.jpg

そしてアバンOP。おっやはりユウナはなおぼうで自分の声優音感も捨てたもんじゃないな。というかなおぼうはまたピンク髪のRPGヒロインかw ミュゼはあみっけこと小清水さんとは意外なキャスティング。しかもクレアとのダブルキャストとは…。前作からの続投キャラではエリオットがやたらデカくなってるような。フィーは髪伸びてる。エリゼも成長しちゃったなぁ。アルフィンはデカくなった(何がとは言わんが)。なんとランディとティオも出るのか?!リベールから年の差カップルが出て来るのは知ってたが…。あと知らないキャラはローゼリアぐらいだがCV水橋さんってのはただの兼役なのかティオ繋がりで何か意味があるのか…。ここで流れてる曲は宇仁菅さんの曲だな。東亰ザナドゥのテイストが色濃い。従来までアバンOPは園田さんなオケ調な曲だったがガラッと変えてきた。


シーンは3ヶ月前に遡りやはりそうゆう展開をなぞる。列車上の会話劇も今作らしい。ここで流れてるのはいかにも園田さんらしい音楽でどことなく『交易町ケルディック』と『黒銀の鋼都ルーレ』を合わせたような雰囲気。ヴァリマールも健在で嬉しいがさらにはここで空の軌跡からの事案カップル登場。ティータの声はこんな感じだったかな。もう大分忘れてる。やっぱりティータは成長しても可愛いな。やはりというかふとももあたりが堪らない。次は声付きのモブでも出てきたのかと思ったらなんとパトリックw ボイス付きになるとは出世したものだなぁ。そうかあれからリィンのよき友のままでいてくれたんだな。相変わらずエリゼのことを狙っているしリィンもシスコンは治っていないようだw

序章:春、ふたたび

4月1日・入学式

帝都西の《近郊都市リーヴズ》がトリスタに代わる今作の拠点になるようだ。21歳のトワ姉は以前よりさらに可愛くなってるけどでも胸のほうは…。リィンはトールズ士官学校を無事卒業してトワ姉と共にこのトールズ第II分校の教官への道を選んだんだな。てっきりIIIでも生徒のまま先輩としてかと思ってた。

sen3_0008.jpg

他の教官にはトヴァル…じゃなくて杉田さんCVのちょっといけ好かない雰囲気の鉄道憲兵隊ミハイル少佐とそして零・碧の軌跡からあのランディも出てきたとは驚き。アガットだけじゃなくまさかもう一人の赤髪も出揃うとは…。帝国軍・クロスベル方面隊という肩書が感慨深い。さらには強烈な人間って宰相でも出て来る大番狂わせかと身構えたがまさかのオーレリア将軍の分校長就任。てっきりリィンたちと雌雄を決する相手になるかと思ってたが戦わなくて済みそうでひとまず安堵。シュミット博士は前作では面倒なマッドサイエンティストとしか思わなかったがさすがCV大塚芳忠さん効果は絶大で印象が見違えた。

『トールズ士官学院・第II分校新入生』の入学式…なるほど閃の軌跡開始当初のサラ教官のポジションがリィンに当てはまるようだな。サラも当時こうゆう気分を味わっていたんだろうか。新入生たちはこれまたメインキャラ以外も可愛らしい女の子ばかり。特に黒髪のオカッパが気になる。ティータはもじもじと汗かいてて可愛い。ここら辺りの2曲も園田さんらしい感じの曲。オーレリア分校長が言うにはつまりトールズ本校へ行かせるには問題あるはみ出しものをこの分校でしごくってわけだろうか。「若者よ、世の礎たれ!」ドライケルス帝の言葉をまさかオーレリア将軍から聴くとは。

VIII組戦術科とIX組主計科、そしてリィン率いるのが『VII組特務科』。入学オリエンテーションという名の実力テストも閃Iを反復ってわけだ。《アインヘル小要塞》…実は旧校舎みたいな秘密は…さすがになさそうかな。ユウナはお決まりの反抗キャラだが軍警学校…つまり道を違えばノエルポジションにもなったわけか。アガットは「あいつの入学の見届け」らしくやっぱり親御さん気分のロリコンじゃないかw 皇族の紹介ってのはアルフィン皇女だろうかな。遊撃士ってのは変わりないみたいだがアガットもこうゆうポジションになるとはなぁ。

sen3_0009.jpg

お馴染みのシーンもありつつアインヘル小要塞で旧校舎の反復。しかしユウナはクロスベルを併合した帝国出身のリィン教官と帝国ヘイムダル出身のクルト、さらに情報局所属”でした”のアルティナに挟まれ入学早々大変な境遇。ユウナはここでもまた揉まれてしまうとは酷ではある。今のところさすがにリィンにはデレたりしなさそうだしクルトにもアリサと同じラッキースケベ発動させるもデレたりはせずまだまだ壁は厚い。壁なのはアルティナだけどね。クルトはリィンポジになるかと思ったがあの時のリィンより潔くて男らしくて好感。カップリングがあるとすればユウナの将来的な相手はクルトになるのかな。

sen3_0010.jpg sen3_0011.jpg

sen3_0012.jpg sen3_0013.jpg

チュートリアル兼用ダンジョンなので特に問題なく。ユウナの武器はガンブレイカーだからロイドの女の子版でもあるんだな。止めの一撃アビリティも引き続きあって最初から使えるのは助かる。新要素はこれまでの範囲攻撃タイプをモードチェンジとして組み込んだわけか。ストライカーモードとの使い分けが重要そうだな。もちろんユウナ以外も独自のモードチェンジがありそう。ブレイブオーダーはクラフトやアーツからそういった要素を抜き出した感じか。要塞内のフィールド曲と戦闘曲もアレンジやメロディからして作曲は宇仁菅さんかな。要塞内曲は東ザナテイスト濃いめで100%そうだろう。

倒したと思われた敵の奇襲で咄嗟に動いてユウナとクルトを庇いSクラフトで一撃で葬る…。自分の判断ミスだからと言い教官としての素質をみんなに問う…この殊勝な態度に意固地なユウナも早いうちに落ちそう。クルトには同期だからか「クルト君」って呼び名は可愛らしくていいな。アリサはこんな呼び方してくれなかったというのに。

sen3_0014.jpg sen3_0015.jpg

まさかまた魔焔兵と出てくるとは。でも『ダイアウルフ』はブレイブオーダー使わずとも勝てたかもしれない弱さだった。戦闘曲は臨場感溢れるオーケストレーションで神藤さんのアレンジだろう。やはり今作もコンポーザーメンバーは従来通りのようで安心した。音楽は自分にとって最重要だからね。戦闘後ペタンと小休止するアルティナが可愛い。その後3人に対するリィン教官の訓示…こうゆうことを言ってくれるからリィンが好きなんだよね。ああいった国の関係があるからユウナは嫌っていたがちゃんと人間性を見ていてくれて自分の考えを変える柔軟さもありつつ負けん気も強い良い娘だ。クルトは強い意志がなく単純に戦う機会が多いからと言うが自分のヴァンダールという家柄に強い誇りを持っていてこれは八葉流のリィンにとって違う意味の火種になりそうかな。アルティナはあれから1年もリィンをサポートしていたいわば通じ合ってる仲というわけか。そりゃそれならそれがリィン教官のクラスにいる根拠になるな。VII組への興味というのは結構人間的な考えで以前のアルティナなら想像つかなかったな。そうして自分自身で自分の道を決めてこれでひとまず一致団結。タイトル画面の曲が流れるってことはそうゆことになる。

sen3_0016.jpg

それを上から見守るオーレリア分校長率いる教官たちの図というのも面白い。何よりランディがいるってのがワクワクさせられるじゃないか。

一方のティータとアガットだがすっかりイチャイチャしやがって…。ティータはシュミット博士の弟子&新入生というポジにはなるようだな。この先パーティメンバーになったらいいなぁ。

sen3_0017.jpg

そして宰相とアイアンブリードたちも登場。やはりクレアはCVあみっけだがアルティナとは違ってほぼ違和感ないのはさすがといったところ。まぁそもそもアルティナいのりんは似た声を考えず0からキャスティングした感じだが。やはり第II分校は皇子が作ったものでまた板挟みの大変なポジにいるみたいだな。果たして宰相がやろうとしている主の計画とは。

変なSEが鳴り響いてると思ったらARCUS通信でかつての仲間たちが楽しげに会話していてこれは嬉しい演出。もしかして今後こうゆうかたちで通信上だけの登場だったりして。ま、それはそれで粋ではある。

この段階でやっとお出ましのオープニングは近年のファルコムゲームらしくちゃんとしたアニメーション。でもこれまでと少しキャラデザインが違うような?東亰ザナドゥやイースVIIIは今だと『プリンセス・プリンシパル』の秋谷さんのキャラデザインだったけど今作は絵柄から判断して違うっぽい。やはり時期的に秋谷さんがプリプリが忙しいから起用出来なかったのかも。OP曲は何となくそうなるだろうなと思ってたがコテカナからチェンジの佐坂めぐみちゃんとバックコーラスはリアルSPiKAのメンバーかな。曲はこの歯切れの良いサウンドとバスドラドコドコは紛れもなく真我さんアレンジだな。どことなく東亰ザナドゥOP『Seize the day』を彷彿。

さてここまでで序章お終い。踏み込んだ感想はまだ序章の段階なので控えたいが取り敢えず今回も期待を裏切らない面白さで大満足。この段階で五つ星だ。

関連記事
  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

  1. ナイ | SFo5/nok

    プレイ開始おめでとうございます(^-^)

    お久しぶりです。自分も閃の軌跡3プレイ始めました、ちょうど記事の内容のところまで進めてます。
    パトリック良い感じでしたね(笑)
    女の子の髪がふわふわと細かいモデリング?になっていて嬉しかったです。
    メッセージログには私もおおー!?ってなりました。管理人さんの希望が叶って何よりです。

    つづきの感想記事は自分がクリアし終ってから再度訪問&Part1からまた読まさせていただくつもりです(^-^)
    では失礼しました。

    ( 16:56 [Edit] )

  2. 管理人 | mQop/nM.

    まさかのCV付きパトリックには度肝を抜かれましたが嬉しいサプライズでしたね~。続編ならではの今作ということで今後も学院のみんなやVII組のみんながどんなかたちで再登場するかがほんと楽しみですよ。
    3Dの向上といい待望のメッセージログといい縦マルチなら実現しなかったかもなのでほんとPS4オンリーの発売は英断でしたね。今後も益々ファルコムゲーから目が離せなくて昔から知ってる身としては嬉しい限りです。
    クリアはのんびりプレイヤーなので下手したら来年になるやもですが気長にお待ちくださいw
    ナイさんも良き軌跡ライフを^^

    ( 21:00 [Edit] )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks