メッセージログはセーブ&ロードしてももちろん章を超えても保持。ここまで膨大な会話量があってもまだ一番最初の台詞「う、うわああっ…!」が残っててこれは500件以上記録してくれそうで大盤振る舞い。東亰ザナドゥeX+と同じ仕様みたいだな。じゃあイースVIIIは何だったんだw こうなるとフィリスのアトリエでは50件のみ&会話時にログを見れない&ロードしたらログは消滅するアトリエシリーズも見習って欲しいものだと形勢逆転したなw

やはりタイトル画像は変化する仕様で嬉しい。従来は3Dだったけど今作は2Dイラストになったのも嬉しいね。

sen3_0018t.jpg

第一章:再会~白亜の旧都~

4月15日・放課後

ユウナとクルトの例のラッキースケベの解決もやはり同様に宿舎。ユウナは帝国自体が憎しでも人は人という割り切りが出来て謝ることも出来る素直な娘。写真見る限りご家族はパパさん以外は同じピンク髪なんだな。旅行先は多分ミシュラムワンダーランドっぽくて微笑ましい。一方クルトはまだ掴みきれない奴でリィンの八葉一刀流を舐めてる始末。アルティナも自分の秘密はガバガバでほんと明日はどうなるVII組特務科。

sen3_0019.jpg

この分校はある貴族が手放して別荘になるところを…ってのはあの皇子に無理やり分校作られたのではw VIII組戦術科の前野くんCVのアッシュは質の悪いユーシスとパトリックを混ぜ合わせたようないけ好かない奴。他にシャロンっぽいIX組主計科あみっけCVのミュゼも登場して顔が出揃ってきた。街並みのグラフィックは良い感じにディテールが緻密だし立体感もあるし被写体深度も効いてるしで良好。最近東亰ザナドゥeX+やってたけどワンランクもツーランクも上回るクオリティ。そうして恒例の授業風景。リィン教官の歴史学は見てみたかったが眼鏡姿なこともあって様になってる。前シリーズ知ってるとあのリィンが先生やることになるとは可笑しいものだなw 生徒たちの様子はアルティナは黙々、ユウナはちょろい、クルトは冷静、ティータは真面目、アッシュは舐めてる、ミュゼは授業よりリィン教官にうっとり、それぞれキャラがあらわれてるのが面白い。あの日の伝統ってのは自由行動日のことか。部活動、特別カリキュラム…なんだか実際に自分がこれからプログラムを受けるかのようでワクワクしちゃうな。一方の教官たちはまだ不透明。リィンとランディとであのロイドとの対決が壁になるとは想像しなかった。TMPのミハイルもいるしで教官たちも一枚岩じゃない。

sen3_0020.jpg sen3_0021.jpg


そうしてやっと自由に動かせる行動タイム。このお洒落でノリのいい音楽は間違いなく宇仁菅さんの曲じゃないかな。ここで人物メモも解放。従来作通り絆システムやキャライベントもあるようだ。というかクルトの”容姿にコンプレックス”とか舐めてるのか。帝国地図も見れてこれは壮観。もう眺めてるだけでワクワクが止まらん。こうゆうの大好き。リーヴズは帝都ヘイムダルを挟んでトリスタと丁度逆の位置になるんだな。トリスタだけでなくVita版で訪れたことがある場所にも行けたらいいなぁ。図書室にはたくさんの読める本だらけ。以前のシリーズで集めた『帝国時報』もあっていずれこの本の内容から問題が出されるだろうからじっくり読んでおきたいところだが。見た目がロシア系っぽい金髪お団子ヘアはタチアナというのか。シリーズ恒例というかファルコム恒例の本好きのキャラになるようだな。

あのオーレリア将軍がまさか捨石たる分校長に甘んじてるとは自分も驚きを禁じ得ない。というか前シリーズで噂や少し程度しか露出がないのにここまで大きい存在と感じちゃうってのもすごいものだが。オーレリアはどうやら己の未熟さを痛感して退いたらしい。そのまま婿探しして結婚するオーレリアさんの未来もあったとは益々驚きだがw ま、オーレリアがここの分校長に就いたのも本人が知らない何か別の思惑なんだろう。

他の生徒達にもちょこっとボイスが付いてるのは嬉しいね。あと施設やキャラに近づくと名前が白字で出るのも親切。トワ姉から懐かしの学生手帳手渡しイベント。それにしてもトワ姉はどこの世界のトワ姉でも可愛らしいなぁ。ほんと違う意味での天使だ。改めて服を見るとシワとかリアルで実に良い質感。ついつい顔ばかり目がいきがちだが下のパーツの3Dも進化してる。

カイリって男の子はショタっぽくてお姉さん受けしそう。屋上ではアルティナが部活動決めに悩み物憂い表情で実に可愛い。夕闇に染まるロリっ娘とか最高じゃないか。赤髪のサンディはアルスター出身のそばかすがチャームポイントの田舎っ娘。アルスターって何かで聴いたことあるけど確か台詞のみで以前のシリーズで語られただけのところだっけ。この子は問題起こさなさそうな従順ぶりで助かる。プール・訓練所には…おっあの黒いおかっぱ娘はマヤというのか。東方の文化に精通ってことは容姿からしてもカルバード共和国出身だろうな。クルトって誰かに似てると思ったらなるほどラウラの頑なさか。剣だけでなく他の見聞を広めて吸収することで得るものがある…ラウラの料理もそうだなw

sen3_0022.jpg sen3_0023.jpg

食堂のジーナはピンク髪の可愛らしい女性でこれまでがおばちゃんばかりだったから嬉しい。もちろんレシピ要素も解放。ユウナが同じ警察学校出のランディ先輩に部活の相談していて尊敬もしているんだろう。ランディもいつもの調子でユウ坊とか言っててキー坊を思い出す。他にファルコム恒例の水泳部も作る動きがあり当然水着イベントへの布石だなw

『帝国時報1号』を読むとあのセドリック皇太子がトールズ本校に入学したようだ。マキアス父のレーグニッツも知事として健在のようだな。

しかし第II分校はトールズ本校より入り組んでいて慣れてない最初だからってのもあるが構造を把握するまで混乱しがち。移動マップは東亰ザナドゥや前シリーズより分かりづらくなってないか。

格納庫には相変わらずドジっ子のティータ。あのティータがまさかPS4画質でリィンと一緒に顔を合わせるなんて誰が想像しただろうか。どうやらティータが今作のジョルジュポジになるみたいだな。デブからロリへ、お店屋さんメニュー画面もティータに文字が被らないようにしてて分かってるじゃないか。シュミット博士は権力を盾にティータに色々意地悪して遊んでるんじゃないか疑惑。まぁ分からんでもない。ヴァリマールが言うにはティータは大分コキ使われてるみたいであとひとりマイスター候補を補充しないと倒れてしまうという。そうなるとシュミット博士と馴染みのジョルジュ先輩が工房巡りの旅の途中で関わる可能性もありそうだ。

sen3_0024.jpg

宿舎に戻ろうというところで偉いガラが悪い声が聴こえてきたと思ったらなんだ君か。こいつは以前のパトリックを輪にかけて苛つかせるようなキャラだな。煽り屋からの助け舟はミュゼだがこの娘もこの娘でヤバそう。やっぱりシャロンがチラついてしまうが去り際のあの目線は只者ではないな…。まさかもしかしてファルコム恒例の実は…という正体キャラとか?ミュゼは普通の女学生と思わないほうがよさそうだ。


この段階で遂にメッセージログ一番最初の台詞「う、うわああっ…!」が消滅して上書きされるようになった。これだけストックされれば十分だな。

シリーズ恒例の夜這いタイム…ではなく『分校充実度』という新要素。分校をグレードアップさせられるみたいだがいざその時になってみないと分からないな。リィンが自室から出るところでやたらカクカクとフレームレートが下がってる感じが。トワ姉も同じ階にいてノックせずズカズカと入り込んでも「リィン君ならいつでも気にしてなくていいよ」ってどんだけ親密なんだw オーレリアはトールズの卒業生でもあったか。それなら志を共にする仲であり戦う展開は益々考えなくてもいいか。クルトはここでも八葉一刀流についてグサリ。ユウナからも夜這い呼ばわりでグサリ。でもユウナは気を遣ったりとやっぱりちょろいんじゃないかw XI組主計科ルイゼはなんだか独特の雰囲気の娘だな。いけ好かないアッシュは普通の水着グラビアを見ていてむしろ健全で好感上がったぞw ティータとサンディは料理研究会を作るみたいで微笑ましい。サンディは実家が宿酒場だから、ティータは親が留守だから自分で作ってたし何より赤毛の…っておい。ま、まぁこのふたりならマルガリータやミリアムの悪夢はないんじゃないか。アルティナは手帳の使い方が分からないほど自己を示すことを知らず。命令されてるだけのほうが楽だったなんて悲しい。これからは自分で選択をすることのほうが楽しいと思わせてやらないとね。思い出をいっぱい手帳に書き記しちゃおう。

風呂場があってただの回復要素かと思ったらまさかの男同士の裸の付き合い。リィンとランディの裸をこんな間近に見ることになろうとは…。ふたりとも曰く付きの傷があるという共通点で少し壁があったふたりだがわだかまり的なものがなくなるかな。風呂上がり後に体全体がホカホカと湯気が出てるのが細かい。まさに男同士で暖まりあったわけだな。

やっぱりアークスIIの着信音おかしくないかw 相手はすっかりショタ的な雰囲気から脱却してしまったエリオット。結構交流はしてたみたいだな。音楽院も無事卒業して演奏旅行とかもやるようになったんだなぁ。マキアスは政治学院卒業後にすぐ司法観察院というところで研修らしくマキアスらしいハードさだ。

4月16日・自由行動日

遂に始まったこの日。曲はメロディから判断して多分宇仁菅さんかな?宿舎にはまだマヤがいるが着付けというと共和国の伝統衣装的な?シドニーはちょっとパリピの匂いがしてちょっとあれだな。ファルコム恒例の釣り竿もゲット。アナベルさんは今作で会えるだろうか。ミュゼもいるが今作はトワ姉といいティータといい上目遣いが多いから堪らない。これもリィンがデカく成長してくれたお陰だなw ミュゼは東方風の茶道部を作るようでさっきのマヤもそしてショタ枠カイリも仲間になるらしい。カイリ裏山。本屋で新作カードゲームがどうこう言ってるが今作もブレードがあるのかそれに似たゲームがあるんだろう。正直ブレードは面白味がないので上手く進化させてくれてたらいいが。今作は『人でなしのエドガー』ってのが収拾本になるのかな。恒例の礼拝堂にも行くがロジーヌさんは元気にやってるかな。ブティックも定番。早速エリゼへのプレゼントを考えるとかさすがシスコンの鑑。フィーをさらに無感情に冷徹にしたようなヴァレリーは併合されたノーザンブリア出身だから一段と壁が厚い。本人は意外とあって壁じゃないのになぁ。店内にはまたおまえかのみっしぃやぽむやピッカードとツヴァイ2のペンギンもあった。宿酒場のマスターのバーニーが食堂のジーナのパパさんか。妹のデイジーも可愛いがこっちは結構イケイケな雰囲気だな。2階にはアナベル…はいなかった。

sen3_0025.jpg sen3_0026.jpg

困ってる配達員はなんとカプアの文字w これが初のクエスト『荷物の配達代行』だがやれやれ配達員がこれでは会社は大丈夫なのかね。―― そうして配達クエストも完了。カプア特急便…いつかまたあのメンツの顔が見れたりしないかな。

交換屋ナインヴァリというどこかで聞いた名前の店に入ると…ジンゴだと?零の軌跡にいたやたら危なっかしい単語連発のあの幼女がまさかの登場。というかCVクレジットは出てないけどこの声のトーンは小岩井ことりちゃんことこっこちゃんではなかろうか。やっぱ本店はクロスベルにあってここがその支店になるのか。まだ12歳なんだなぁ。まぁあの頃からそんなには経ってない年数か。お店屋さんのメニュー文字は相手が女の子の場合は顔と被らないようにしてるんだろうかw 『Sポムの雫』ってなんだろ。試しに買ったら次は10000ミラにも跳ね上がって商売上手め。猟犬ケロベロス…今後何かあるかもしれないな。民家に『トマトニオ伝記・上巻』があったけどトマト視点の出荷される物語なのか。内容的に”伝奇”というくくりが正しそう。ベーカリーカフェにはクルトがチェス部に入るかもになっててマキアス枠でもあったか。トリスタ名物のトリスタ放送局がリーヴズに移転したようだ。なんとこんなところであのムケムケボーイだったかムクムクボーイだったかそんなラジオネームでハガキ職人してたムンクがトリスタ放送局に入社してた。なんか典型的なディレクタースタイルになっちゃってるな。トリスタ方面は規制で大変なことになってるみたいでほんとどうなってるのやら。受付嬢からはムンクは散々な言われようでまぁあれでは無理もない。

リーヴズの川辺で釣り。今作の釣りは今までとシステムが変化していてボタンの押すタイミングで釣れる魚の大きさが変わる一工夫。さらに釣れたら単純にボタン押していけばいいだけじゃなく押す押さないのさじ加減も要求してきて難度が上がった。最初に釣った魚はタイミングよく大物にしてしまい釣れなかった。次は中型を狙ったがやはり無理…。これはちょっと難しいぞ…。イースVIIIの釣りは自分みたいなヌルゲーマーでも単純明快で楽しめ尚且つ歯応えもあるバランスのいい釣りシステムだったんだがなぁ。

サンディは料理研究会のほかに野菜作りもするみたいでイースVIIIみたいな種植え要素もあったりするのかな。会には戦術科のフレディも参加…あ、あのヤバい奴だ。これは結局前シリーズみたいに問題のある部になりそうだな…。ユウナはアリサ同様にグラウンドで汗かく部活動にしたようだ。ゼシカとはアリサの時みたいに色々壁がありそうだがユウナも人と交流していくことで価値観も変わっていっている。鉄道部設立に燃えてるパブロはティータにも声掛けていたが一足遅かったな。「落とす」って台詞で一瞬口説いてるのかとw

sen3_0027.jpg sen3_0028.jpg

思うんだがショートカット移動する際の確認ボタンっていらないよね。前シリーズにはなかったと思うし東亰ザナドゥにもなく一発で飛べたのに何故なのか。それだけ作れという要望がいったからなのかそれとも余計なお節介か。あと移動画面出したときに現在位置にフォーカスが移動せず必ず一番上にフォーカスが固定してあるのも不便。今のところ自分にとってここが要改善ポイントだなぁ。ちなみに学院から街への移動の際にロードは結構掛かって4秒ぐらいか。

素行が悪いアッシュがタチアナに事案…ではなく文芸部をタチアナが作ろうとしてたがなんとあのアッシュも入ろうとしてるようでそりゃ不安にもなるわ。しかしアッシュが文芸ね…。さっきみたいにグラビア見ることを文芸活動にするんじゃないだろうな。まぁ本心は分からないしタチアナもちょろいところがあるから先行き心配ではある。オーレリアがなんと芸術教養の担当に?ギャップ萌えってやつだが貴族なら嗜んでて当然か。ただ美術部や音楽部の話はまだないらしく第二のガイウス枠やエリオット枠はいないのか…。

sen3_0029.jpg sen3_0030.jpg

食堂のジーナから『香辛料の調達』といういわゆるたらい回しなお使いクエスト発生だがそこまでたらい回しにされず。


絆イベントだがカケラ2つに絆相手は3人。まずアルティナはあの流れからして絶対だろう。ただ確かに自分で決めるよう言ったのに手伝うのは筋が通ってないなw ま、あくまでもレールを敷いてあげるだけ。そこからどう列車を走らせるかはアルティナの役目だ。最終的にアルティナが興味を持ったのは帰宅部…ではなくなんと水泳部だと!?これはただ単にアルティナのスク水姿を披露したいだけじゃないかw ただこれは競泳用水着でそうじゃないんだよなぁ。まぁいかがわしさを軽減するために敢えて競泳用にしたのかもだが。アルティナは水の中にいる感覚が懐かしいと言うが「母体内にいた記憶はありませんが」はやはりああゆう出自だからか…。最後はちゃんと自分で入部を決めて晴れて水泳部へ。まさかの水泳部。ロリが入って男生徒どもはテンション上がるだろう。まだ部活迷ってる妙に怪しいデブのグスタフが待ってましたとばかり事案しなければいいが…。しかし絆イベント見なかったら次にアルティナに会ったときはまさに自分で水泳部入りを決めてるんだよね。本人にとってどちらがよかったのかどうか。

最後のカケラは例の目線の件で気になる存在のミュゼの茶道部旗揚げにしよう。マヤも絡んでそうだしで気になる。クルトはチェス部を迷ってるが男なんだし付き添ってやる必要もないだろうw ミュゼはリィンが師事したユン・カーフェイ老師まで知ってるのはラマール州伯爵家の出身だから。あそこはカイエン公の領地で貴族なら色々内戦を通じて知ってるというわけか。それなら今までの不穏さも少し納得するもそれでもまだ訝しさは残るが…。ま、ミスリードの可能性が高いけどね。手伝ってくれたお礼にいいものを見せてくれる…もちろんボロン…というわけはなく。マヤが言ってた着付けはほんとに着物だったようで和洋折衷という趣で実に良い。リィンは普段そういった女難が多いから先入観ですぐそうゆう方向に勘違いをするw マヤも着物姿になってくれてこちらは正統派の和服美人だな。お母様の形見の着物ということで彼女にとってもこの部活動に掛ける意気込みも伝わってくるというもの。あ、でもショタ好きの毛もありそうだなw あ、だからカイリが入ってるのか。

sen3_0031.jpg sen3_0032.jpg


ムンクが言う礼拝堂のサプライズってまさか放送局繋がりでミスティかと思ったら確かにまさかの…いや礼拝堂といったらそりゃシスターさんになるわな。嬉しい再登場のロジーヌさんだった。ボイスが付いてるがCVクレジットがないから誰かの兼役だろう。「学生時代に陰ながら見守らせてもらった」?えぇ?聖杯騎士の見習い!?トマス先生がああゆう正体なのはIIで知ってたけどロジーヌはそのライサンダー卿をサポートしてた従騎士?ちょっと待って本編でそんなイベントあったっけ?何らかのイベントをスルーしてた可能性が高いなぁ…。てっきりただの心優しく大人しいシスターさんとばかり思ってたのにまさかのリース枠。

あ~やっぱり出たか、カードゲームへの誘い。その名も『ヴァンテージマスター』…っておいw なるほど新規にミニゲーム作るのは諦め既存の自社ゲームをリメイクして組み入れたわけか…。強引な方法だが懸命だし賢いな。VMは名前だけしか知らなくてルールもよく分からずこれは無理かなと投げつつ戦っていったら段々ルールを把握。要領が分かってきて初戦は勝利。少なくともブレードよりは面白そうだ。レイチェルとも対戦してコツを掴んできた。思ったよりそこまで難しく奥深いわけはないかな。ただ時間が掛かるのがネックか。ゲーム中の音楽は当時の曲のアレンジかもしれないな。

sen3_0037.jpg sen3_0044.jpg


特別カリキュラムについてのブリーフィングだが…このあっけらかんな声はレクター少佐と…ここで登場のミリアムだったか。まぁプロローグで顔見てるとはいえ。ニシシも抱き付きタックルも久々。天真爛漫な可愛さも健在で嬉しい。ただああゆう背景のキャラのせいか背格好も悲しいかなあまり変わらない感じだなぁ。

さて特別カリキュラムとはなんと第II分校の生徒で不穏な動きを西部でしている猟兵団とあの身喰らう蛇へ対処しろというお達し。これも東のカルバード共和国と帝国が緊張関係にあるせいで情報局もTMPも駆り出されててそうなると帝国西武ががら空きになりそこを猟兵団や身喰らう蛇に襲われる脆さがあると…。あの鉄血宰相とユーシス兄のクロスベル総督ルーファスの立案という分かりやすい当てつけっぷりではある。ま、抑止力として使われるほど買われてる証ってことなのかね。その為にこうゆう教官メンツが揃えられたってことかもしれない。やれやれIIIともなると初っ端からアクセル全開だな。

sen3_0035.jpg


相変わらずミリアムも口がガバガバで同じ工房出身のアルティナといい秘密を守るということを知らない奔放さ。こうしてトワ姉とミリアム、リィンと揃うとあの頃を思い出す。立場は変わったがやっぱり仲間同士の絆を感じるひととき。ここから久々にミリアム操作で自由行動。この夕方で流れてる音楽は園田さんの曲だろうな。パリピ属性持ちシドニーはクルトとチェス部を旗揚げするようだ。やっぱり美人は全員チェックしてやがるようで。チェス部もVMもなんて不順な動機なんだ。よし懲らしめるためにVM対戦だ!と意気込むが負けたよ…。ショタ枠エリオット後継枠のカイリは見た目に似合わず男に飢えてるみたいで剣術を羨んでたが魔法だって格好いいだろ。水泳部は食堂で駄弁ってたがアルティナは部活が終わると速攻バックレたらしい。まぁいきなり馴染んで喋り始めたらそれはそれで嫌だが。ユウナはやはりルイゼとテニス部を始めるようだ。当然のようにミリアムに関心持つがミニアムもややこしい説明をさも当然のようにしないでくれないかw 夕方に絆のカケラが追加されたのでユウナに捧げよう。ユウナが頑張って汗水たらしてる裏でこっそりボール拾ってあげる…これはオチなくてどうオチルというのだw なるほど…ユウナはやはりロイドの薫陶を受けていたようだな。そして「必ず駆けつける、約束だ」というリィンの言葉をロイドと思い重ねてしまうという気の迷い。要はちょろいってことだなw これで絆がようやくひとつめの星マーク半分埋まってまだまだ絆を深めるには先が長い。

sen3_0036.jpg

街の方へ。やたら分校宿舎へのロードが4秒ぐらい掛かって重いな。サンディがミリアムですら食べたくないフレディのゲテモノ料理を食べていて意外といける口らしい。同じ穴のムジナだったか…。やはりミュゼは男色に興味があるようでタチアナも同好の士らしくどこの世でもそうゆう趣向は一部で受けてるようだなw ナインヴァリはランディの馴染みの店でもあったな。宿屋の主人から娘のジーナとデイジーを進められたがまぁさすがにこれ以上浮気は許されない。人生終わってたようなフランキーが婆ちゃん助けていて人生終わってないじゃないか。あいつはハドック町長の息子だったのか。これは後々クエストとかに発展しそう。

お風呂へミリアムと一緒に…ではなく意外と広いみたいで男女別だった。ミリアムはアルティナと一緒に入ることを夢見ていてるんだな、アルティナもこの分校で色々みんなと経験して心を開いてくれたらいつか入ってくれるようになるさ。

ロジーヌさんとミリアムと顔合わせ。確かにロジーヌは背もだがどことは言わないがあちらもデカくなったな。一応ミリアムもそちらへの嫉妬心があったのかw

アルティナは運動後の糖分補給と称してカフェでパンケーキ食べていて可愛い。このシーンを見てて気付いたけどいのりんCVでこの髪色と背格好とああゆう帽子被ってるとごちうさのチノちゃんまんまじゃねーかw というかそれを元にキャスティングしたんじゃないかってぐらいぴったりのハマりようなんだがw 自分も今になってそれに気付くとは不覚。いや全然それ関係なく偶々だったのかもしれないがでもこのシーン作ったってことはさすがにそんなわけはないよね。ま、そんなことはさておき同じ出身のふたりのパンケーキでひと悶着する束の間の微笑ましいひとときでほっこりした。

sen3_0038.jpg

パブロがまだ鉄道部諦めてなかったがオーレリア分校長に趣味を部活にするなと一蹴されたようでどんまい。ただビート繋がりで強引にロックというヒントを得て軽音部設立に向けて旗揚げ。そうだな、リミットも迫ってるし自分も手伝ってあげよう。これが『軽音部の立ち上げ』クエスト。リーヴズの広場で部活のあてがなく黄昏れていたヴァレリーだが見た目通りロックに興味があるようだ。北方系ロック…北欧メタルとかそんな感じか。ギターも弾けるのなら打ってつけじゃないか。一方学院側でパブロが誘ったのは水泳部に興味ありげで事案キャラかと思ってたデブのグスタフ。男ふたりは楽器経験なくヴァレリーに教わるかたちになりそうでヴァレリーの堅物な性格も少しは軟化してくれるかな。

ムンクはかつての仲間のよしみでリィンに演習先でもネタ提供をしてくれるよう懇願してきてディレクターならではの交渉上手になってきた。近々始まるショートドラマ…今後何か聴けたりするのかな。アーベントタイム的な要素もありそう。元々はあのマイケルの企画みたいで彼も元気でやってるのかな。


再びアインヘル小要塞へ行くが閃[旧校舎の謎]の位置づけになりそうなこの電子的な音が妙に耳に残る音楽。後半のメロディ的からして園田さんの曲かなとは思うが。それはさておきロリっ娘ふたりを事案…じゃなくて引き連れながら再び小要塞でのテストで今回はLv1。やはり旧校舎の探索を反復することになるようだな。今後も折を見てレベルが上がって行くんだろう。ふたりもブレイブオーダー解禁。ミリアムは『ホワイトデコレーション』って名前が彼女らしいw そしてリィンも『疾風』クラフト解禁。前シリーズで猛威をふるったが今作も一番稼働が多そうだ。通せんぼの柱が東亰ザナドゥまんまだ。フィールドはミリアムかアルティナ使いたいとこだがアタックはやはりリィンが一番使い勝手いい。ただアタック後に僅かにもたついてスムーズじゃないのは気になる。雑魚は弱くて歯応えがないぐらい。

暫く進むとふたりの会話で前シリーズのアルティナの絵が出てくるが全然違ってて笑った。3Dが改善されたからってのがあるとはいえここまで面影がないとやっぱりわざとチノちゃんに寄せてるとしかw ゲーム内世界で一体誰にこうゆうイメチェンをさせられたんだろうw (胸や背について)自分にはまだ成長の余地があると背伸びしたりする性格もチノちゃんっぽくみえてしまって駄目だw ま、かわいいは正義だし気にすることじゃないし可愛くなるのなら大歓迎。個人的にアルティナの困り顔が可愛いくてギュッてしてあげたくなる。改めて黒の工房で生み出されたホムンクルスというおさらいつつだが今作でその辺の謎についても分かってくるんだろうか。ただティオみたいに彼女ふたりには酷な運命が待ち受けてるようで怖いが…。

sen3_0039.jpg

途中で『イエローヘア・ミリアム』ってのをゲット。今作はこうゆうかたちでコスチュームアイテムも宝箱からゲット出来るようだ。う~む、金髪ミリアムも悪くないな。

このテスト内ではリィンやふたりのキャラクターをおさらいする意味合いもあるようだな。ミリアムがOz73でアルティナがOz74…このOzの意味…オズってそう単純なわけはないか。

そして最奥では当然のようにボスの『暴威の悪獣:ズオウ』戦。曲は暴れるドラムとエレキが生っぽいことから真我さんのアレンジ曲だろうな。というかボス戦曲どれだけあるんだ。早速アルティナのSクラフト解禁で使ってみたけど可愛さがずば抜けててむしろプレイヤー側がノックアウトw 頭の触覚みたいなのがウサミミにも見えて益々あざとい。ただ威力のほうは…演出が長い割には…。一方のミリアムのSクラフトはサクッとしていて威力も十分で使える。そうしてSクラフト喰らわせてもまだ奴は余裕で途中HP回復してミリアムやアルティナをボコ殴りでアルティナが戦闘不能になった時は万事休すかと思ったらアイテムでどうにか立て直し。一番酷いのが操作ミス。Xボタンでキャンセルしたつもりがそのまま移動をキャンセルする不手際で1ターン無駄にすることが2回も。これはワンクリックアクションの弊害だな…。

sen3_0040.jpg

さてお開き。やはりノルド方面ではガイウスが巻き込まれていそうだが彼なら逞しく生きているのは間違いない。アルティナはミリアムの奔放で自分の意思を示してる生き方に感慨深げ。彼女もやはり思うところあるのかもしれない。いつかきっと自分自身の道を見つけることが出来るさ。みんなと一緒なら。そしてレクターと共に行ってしまった。今度会うときは他のみんなとも一緒に…。また新たな約束だな。

sen3_0041.jpg


やっぱりアーベントタイムは健在でゆかりん…じゃなくてクロ…じゃなくてミスティも健在だった。この音楽も閃[アーベントタイム]そのまんまだけど少しアレンジが入ってるか。彼女はまさに魔法使いな手段でこの放送の収録とかを行っているらしく一体何を企んでるのかそれともただの戯れか。エマはセリーヌと帝国各地を転々としてるらしく関わってなさそう。不透明な懸案だがあいつと共にいてくれた彼女のことだ、この放送でどうこうしようという腹はないだろう。

関連記事
  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks