さすが閃の軌跡…第一章からハンパないボリュームで記事が区切れないんだがw 早い人ではもう中盤か終盤ぐらいかもしれないなぁ。もしかしてもうクリアしてる人もいそう。ま、自分は自分のペースでプレイしていこう。一週間に一章のペースなら余裕で12月21日には間に合いそうだしね。

sen3_0041t.jpg

第一章:再会~白亜の旧都~

4月17日・機甲兵教練

待望の機甲兵タイム。ユウナは皮肉にも自分の国を壊したものに乗ることになったが意外と上手いのはやはり軍警察学校でノエルの血をひいたからか。早速ユウナとクルトは模擬戦だがアルティナは「おふたりともファイトです!」と随分人間臭くなってきたw 騎神戦音楽もプロローグで流れてた神我さんのアレンジ曲か。システムもIIと同様のようだ。この一手一手攻防していく感覚はIIのあの激闘を思い出して懐かしくてしびれる。やっぱり騎神戦は面白い。今シリーズの醍醐味のひとつだね。メカの3Dも当たり前だが前シリーズより向上しててシャープでメタリックな雰囲気が格好いい。次はあのアッシュがタイマン仕掛けてきたがいきなり連続して攻撃とかズルない?と思ったが口ほどにもなかった。その後《南部サザーラント州旧都セントアーク》への演習を知らされる生徒たちは何も知らない無垢な反応で申し訳無さが残る…。

ここで途中経過の『リザルト画面』。閃の軌跡もこのタイミングだったな。総AP20でランクは『G+』と順調かな。リスト見る限り抜けがあるかどうかは分からんけど。以前店で買ったエリゼへのお土産『ホワイトシルク』は自動的に送られることになるようだ。離れた場所から絆ポイントを上げるとはこれもシスコンパワーの成せる技。でも絆は五つ星じゃなく三ツ星程度なのかw

sen3_0043.jpg

4月21日・演習地出発

『第II分校専用列車デアフリンガー号』も光沢のあるメタリックな外観が格好いい。列車での移動もIを反復だな。そして列車といえばTMPというわけでここでクレア少佐登場。相変わらず可愛らしくもお美しい。あみっけCVだとちょっと暖かみが増した感じがあるがIIを経てだとむしろその方が相応しいか。ユウナが妙な反応してると思ったら軍警察学校で臨時教官もしていたのか。やれやれユウナはロイドにランディにクレアに募る人が多いから絡むのが厄介だなw 演習先には生徒の自主性というわけで放り出し。旅立ちのシーンで流れてる勇壮なマーチ風の曲は園田さんっぽい曲で果たしてこう威勢よく歩けるとは思えない前途多難なところだろうな。

夜の列車内でも見回りと見回り大好きリィン。人の痛みが分かるぐらい優しいクレアは何故あんな宰相についているのか。彼が恩人だからと言うが額面通り受け取ればいいのかそれとも何か他の意味合いか。取り敢えず『アイス=メイデン』はもう恥ずかしいから辞めたいというのはそりゃごもっともw 二つ名ってどうやって撤回して貰えるんだろ、ってところでミハイル少佐の横やり。エミル…それがIIでリィンを抱きしめた理由なんだろうか…。よくある面影を重ねてとか。

sen3_0044_1.jpg

メガネっ娘ルイゼは通信、ショタ枠カイリは医療、本好きタチアナは通信班で会計士か。これは今後あるかもしれない生徒だけのカレイジャス運用への布石かな。ユウナは帝国憎しだが人を見る目はあるしレッテルで人を判断しないまともないい娘。クレアがもしかしてこの道の後押しをしてくれたのかもしれないな。おっユウナともVM対戦。ここらで小娘の鼻を明かしてやろう。――操作ミスで焦ったりもしたがどうにか勝利。これ遠距離攻撃出来るプリックスをブレイズで強化していけばどうにかなるんじゃないか。

ミュゼはクリアの容姿とスペックを羨んでいたがそれをお前が言うか。リィン曰く(言ってない)愛があれば年齢は関係ない…それは妹のことを言っているのかな?w そして相変わらずミュゼもジト目が堪らない。ユウナといいアルティナといいジト目スキーには堪らないな。そもそもファルコムゲームはジト目が多い印象で好きなスタッフでもいるんだろうかw アルティナが機甲兵を上手く乗りこなせないことにうなだれているけどまぁこの背格好で操縦桿握ってロボ動かすイメージじゃないな。でもうなだれるという感情は今までのアルティナなら感じなかったはず。やはり彼女も少しずつ変化していっているんだろう。

4月22日・演習1日目

到着する一行を影からこっそり出迎えはOPで髪が伸びていたフィー。というかうっすらパンツが見えてないかw VII組特務科の任務は広域哨戒と現地貢献といういかにもなミッションだがこれこそがVII組たりえる理由というわけ。やっと街道で思う存分戦闘が出来る段階になってくれてここまで長かった。しかも嬉しいことにクレア少佐も同行してくれるとは頼もしい。クルトは自分以外みんなクレアを知ってるから疎外感かなw どうやら演習先では各生徒がIIの時のカレイジャス機能を受け持ってくれるようだ。こうゆう各生徒たちで運用していく展開は大好き。しかもお店屋さんの時にボイスで喋ってくれるのも心憎いじゃないか。やっぱり前シリーズと比べてボイスがあるとないとでは生徒への印象も見違えて感情移入度合いが違う。

おっエリゼからホワイトシルクのハンカチのお礼メール。他愛ない内容だが字面だけでもエリゼの健在ぶりが分かって嬉しいのは何よりもリィンだろうw

sen3_0046.jpg

フレディが釣公師団のメンバーになったようでこれはよかったのかどうか…。そしてクエストも依頼してきてこれが『野生のレシピ』。フレディの声はどことなくしこりんこと岡本信彦くんのだんまちでみせたような声が似合う印象があるな。サンディから予想通り種集め要素。ランディは集団での行動にあの頃を思い出してるが自分もクォータービューでみんなを動かしてた頃が懐かしい。アッシュは相変わらず何か嫌味言わないと気がすまない性格みたいだがあの感じからして実は色々考えてる思慮深い奴なんだろうな。アルティナは以前TMPと共同任務してたと言ったりとここでもガバガバ漏洩。

セントアークに続く《南サザーラント街道》へ。瑞々しい音楽が流れてるがヴァイオリンは生録っぽくない。この叙情感は園田さんの曲だな。街道での初戦闘だがもはやただの雑魚に成り果てたポム相手でもさすがクレアは強い。IIでも無類の強さを誇ったし今回も使い勝手よさそうだ。ユウナやクルツも上々。ユウナの「トドメ―!」のなおぼうの声が格好いい。あと「いくわよー!」も好き。チェインバトルも前シリーズより機能してるみたいだな。戦闘もテンポ快適でストレスフリー。ライノサイダーってデカブツも倒すのも楽しい。お金がなくて生徒たちから装備は何も買わなかったがデフォルトのままで問題ないようだな。通常戦闘曲は既に宇仁菅さんと判断したが特にサビの部分がイースVIII[OVERCOME THE ROCKY PATH]に少しテイストが似てるな。あれも宇仁菅さんのはず。

sen3_0064.jpg

釣りはリィン以外も釣りをさせられるのは嬉しい。ただ釣りは難しいんだが今になって気付いた。これ○ボタンを連打じゃなくて長押しすればよかったのか。どうりでサイズ小でも難しいなと思ってたよw でもいまだ釣れず…。


そうしてこの章のメイン舞台《白亜の旧都セントアーク》に到着。帝国の五大都市のひとつで一番小さいが歴史がある都市らしい。雰囲気的にバリアハートみたいなところだな。この清楚な音楽は園田さんの曲だろう。ハイアームズ侯爵…息子のパトリックとは似ても似つかぬ立派そうな方。といってもIIからの数ヶ月を知らないから大分殊勝な性格になったようだが。セレスタン?あぁ…例のアーツでトラウマになったあの執事か…。さすがにもう戦うことはないだろうけど。早速セントアークでのクエストもスタート。最重要なのは金属音のする謎の魔獣でこれは紛れもなく機甲兵的な存在だろう。

そうして3人でどうするかワイワイとやってる光景をリィンもつい最近までVII組のみんなとやってたんだよなぁ。今は教官としてみんなを引率する立場になろうとは感慨深い。回想であの頃がスチルとして出て来るが思い出が蘇る以前にほんと3Dは改善してくれたなという気持ちでいっぱい。イースVIII同様に今作も3Dモデルには何も違和感なし。セレスタンも懐かしんでいたがこっちはトラウマな記憶なのでVMで勝利して一矢報いてやったw マスターカードのレンジャーはファイターより遠距離攻撃出来るから有用だな。

アストライア女学院ではエリゼが会長やってるとは驚き…はしないか。でも生徒の様子からしていい会長さんやってるみたい。アルトハイム伯爵…そうだったあのメアリー教官の実家か。本校でまだ美術担当してるんだな。マカロフ教官とは上手くいってるんだろうかw ホテルには東亰ザナドゥのなぜなにカナちゃんみたいなルナちゃんという幼女。こんな可愛かったらそりゃ母親も娘のために色々買ってしまうだろうw

sen3_0050.jpg sen3_0065.jpg

ムンクから依頼のラジオネタだが怪盗Bにも勝るとも劣らない怪盗に優しい変な支配人の話を早速ネタ投稿。なんでリィンがハガキ職人みたいなことしてムンクがボイス付きで何度も喋るんだかw 他にもロジーヌへは黒の史書?う~ん聖杯騎士として振る舞っているロジーヌさんは違和感あるな。まぁリースをもっと淑やかにしたキャラと思えばいいんだが。

ん?こんなピンクのロン毛の女の子は誰だっけ?と思ったらなんとあのヴィヴィ!?これは嬉しい再会。すっかりOTONAのいい女になっちゃって。しかも帝国時報書くぐらいの記者になったとは驚き。ま、社交的な性格だから向いてはいるな。ただリンデの件で脆い面を見ていたから色々な事件に揉まれる記者が務まるか不安ではあるが。正真正銘記者を目指していたレックスも健在のようでどう変わってるか会うのが楽しみだ。シリーズが続くとこうゆう同窓会的な雰囲気があるから楽しい。

幼女のためにフェリクスという『迷い猫の捜索』クエストも発生。旅に猫を連れて行くのは逃げてくださいって言ってるようなものだろ。他愛ないたらい回し系かと思ったがこんなところであやちCVのあの赤毛の彼女と遭遇してしまうのは何の因果か…。そういや碧の軌跡でも何気ない遭遇から始まったんだったかなぁ。リィンは情報として知ってるのかそれとも戦士としての勘か。次に会うときは悲劇的な場面じゃないことを願いたいが無理だろうな。今回は猫との再会時にゲームオーバー曲は流れなかった。報酬として『にゃんにゃんセット・白』?まさかと思いコスチューム設定でユウナにセッティングしたら…おおっこれは可愛い!とはいえこうゆうのはいつかの2周目でだな。

sen3_0051.jpg

ラムゼン大司教から頼まれた『薬草の採取代行』のために《西サザーラント街道》へ。流れてる音楽は小刻みなパーカスやモダンなアレンジ、メロディの希薄感から宇仁菅さんの曲だろう。木々が生い茂る街道の雰囲気と曲の木質な雰囲気が実にマッチしていて清涼感あって心地いい。ヴィヴィからアークス通信が入るが…ようは自分がやりたくない仕事を押し付けたってだけじゃねーかw この辺の奔放さは変わらないなぁ…。内容はオススメの風景写真撮影という零の軌跡でもあったあれだ。

ヒュプノストードや爆弾草との戦いでは暗闇状態異常が厄介。ユウナが戦闘不能になったりする不手際があったもののどうにか。今作はブレイブオーダーなどで別口の起死回生策があるからピンチでも面白いけどBPには余裕あるのにいつもブレイブオーダーを使うの忘れてしまう。


そうして《イストミア大森林》へ。この清涼感溢れる音楽も間違いなく宇仁菅さんだ。イースVIIIの[ERODED VALLEY]系だろう。そしてお出ましの上位属性要素。DEATHやVANISHが厄介だが案の定誰得の『CP LOSE』は今作も健在。ここらで一旦セントアークに戻ってやっと初期装備から更新。防具を全員ホワイトコート、エーデルシルクへ。足防具は金欠気味になるのでリィンとユウナだけホワイトレザーとエーデルブーツにして臨んだが…まさかのアジルタランとデッディーガガとの戦いでゲームオーバー…。舐めてたよ…。ま、でもゲームオーバー音楽が前シリーズと同じ[赤点です...]だったことが分かっただけでも収穫。悔しいのでロードし直して今度はケチらず全員分の足防具を揃えて西サザーラント街道の雑魚で全員レベル10以上になるまでレベル上げしてからようやく。でもそうした苦労はするものの戦闘はテンポいいし痛快に倒していけるから楽しい。フィールドも風光明媚で見惚れる美しさだし音楽も美しい。ここらでひとつめの風景写真パシャリ。

クエスト『お祝いのご馳走』だが今作の釣りシステムは難しくて一度も釣れないんだけど…。でもやっとやっと釣れた。ちっちゃいカンジェーロって魚だけど今作もイースVIIIみたいな釣り上げ後のどやぁカットがあって超嬉しい!あとは上手くなればだけど…。次はアルティナで釣り上げて今度はGREATランクのスノーシュラブ釣り上げてコツ掴めてきたかな。今度はユウナでスカイギル。いい調子になってきた。男性陣は今回も釣りには興味なしってことにしておこうw

sen3_0066.jpg

最奥に『エリンの花』だがもちろんそうはい神崎。花の香りであのミスティ彷彿?霊的な場所な故か何か関係あるんだろう。中ボスはアジルタラン3体だが無情にもバックアタック。アルティナとリィンのSクラフトも動員したりCP LOSEが回る痛恨があったがどうにか。これでレベルはリィン15、その他は13。あ、今回もポリシーとしてSブレイクは封印してる。だから痛恨のAT順になっても耐え忍ぶのみ…。

採取が終わったら持病の癪が…アルティナが困り顔で真っ先にリィンに駆け寄るのが可愛い。そうして[聖女のアリア(原曲:聖女の城)]の音楽と共に出現したのは…アバンOPで見たミズハスCVのロリっ娘。さっきの花の香りはこれの布石だったか。そうなるとクロチルダ関連の魔女のようだが「因果が再び回り始めた」…東亰ザナドゥに続きまた因果か。それにしてもアルティナの懇親的な態度にはグッとくるものがあるな。前シリーズのアルティナとはどう考えてもキャラが違うだろとは思うがw リィン曰くロリっ娘に「嫌な感じがしない」というのは口づけをされたから…ではなく。ま、あの様子だと戦うキャラじゃなく多分またクロチルダみたいに上から監視…ある意味東亰ザナドゥのレムちゃんみたいな存在になりそうだな。そうしてロリパワーで何故か新たなブレイブオーダー『絶唱陣・神楽』習得。

sen3_0054.jpg

聖堂広場へ戻ると…おや美しいヴァイオリンの音色。これって空の軌跡であったコテカナの歌アレンジじゃないか。迂闊にも思い出す前に曲が終わる場面に行ってしまったが…。ケルディックにいたフィドル弾きのアンドレが来てるのかと思ったらなんとエリオットだった。てっきり次はフィーとばかり。白石さんも成長に合わせて少し声のトーンを低くしてる感じだな。やっぱりあの世界でもアルティナは以前よりかなり雰囲気は違って見えるようであの時は敵だったからという言い分は無理あるイメチェンぶりだろw エリオットは以前の通信であったとおり巡業で演奏旅行してるらしくセントアークにも暫く居てくれるらしい。本人はラッキーなタイミングと言うがきっとフィーが色々と根回ししてくれたんだろうな。

今さら気付いた。防具は新調したけど肝心の武器がデフォルトのままだった…。どおりで雑魚戦が少したるいなと思ってたら。あとHPやEP回復はマップから回復装置がある場所、例えばイストミア大森林入り口とかへ即ワープ出来るから便利。ホテルはこれで形骸化だな。そもそも前シリーズでも利用したことは滅多にないが。


メインストーリー進めるために《北サザーラント街道》へ。ここは南サザーラント街道曲と同じか。早速アルティナと事案…じゃなくてユウナはいちいち如何わしいと突っかかってくるなw そうして予想通り身喰らう蛇関連で人形兵器のお出まし。『ファランクスJ9』って前シリーズでも出てきた記憶がある。サクッと倒したが人形兵器だからといってまだ身喰らう蛇とは断定出来ないと言うが十中八九そうなんだろう。突然あらわれたのはいつの間にかやって来ていたシュミット博士…じゃなかった大塚芳忠さんの兼役か。大男は狩人と名乗るが人形兵器の無数の残骸といい胡散臭いな。でも悪人ではなさそうな。何か強い信念があってやってる感じがある。

セントアークに戻るがユウナ操作で走らせてる時に気付いてしまった…。ユウナちゃん黄色だったよw イメージ的に白とかかと思ってた。じゃあアルティナはというと黒パンストのせいか見えず残念。何がとは言わんが。それにしても前シリーズは鉄壁だったと思うが今作は調整ミスなのかそれとも敢えての呼び水か。

案の定列車のトラブルで徒歩でパルムへ。知ってた。幼女のルナちゃんは今度は小鳥になぜなにしていて爺さんが意地悪しちゃうのも無理ない。アルトハイム伯爵邸にて話を聞くとメアリーとマカロフは休日お茶をしているようで初々しい純愛だなw パトリックは海都オルディスで熱心に頑張ってるようであれでも引っ張りだこにされるぐらい優秀のようだ。アパルトメントのエルマから『ろくでなしエドガー2巻目』を貰う。訳ありの部屋らしいが。子供に手を焼いていたスタンリー卿のメイドさんか。夏至賞の話題…本当ならあいつも目を輝かせてたのにな…。

《南サザーラント街道》でセレスタンが懐かしのノルドの馬を手配。案の定このペアで乗るかで揉めてたがユウナは分かりやすいしクルトはテンプレ通りの朴念仁。一方リィンは幼女を後ろに乗せていたw

じゃなくて!このまま進んだらレッドパーチ釣りクエストが失効してしまうw 取り敢えず《南サザーラント街道》の釣り場でセーブ&ロードしつつ粘ったが釣れず…。多分こんな手近な釣り場じゃない気がする。それなら《イストミア大森林》の釣り場が怪しい。そこで大物狙いでトライしてみたら…ふぅ~やっと安堵。15分程度のロスタイムで済んでよかった。ただエサが足りなかったのでUマテリアル4つの代償があったが…。依頼人イジーに渡してもまともに調理してくれるか不安しかないが一応香しい匂いはしているようだ。

sen3_0056.jpg


拠点となる《演習地》へ。他の生徒もそれぞれ上手く活動しているようだ。サンディとフレディの食事で一喜一憂しててご愁傷様w 逆にミュゼは喜んでるようにも。タチアナはまだアッシュに構ってるようで実は…とか?w リィンの指揮する特務化は順風だがでも調子に乗りすぎなよと3人を咎めたらユウナとアルティナの反応が可愛い。このふたりはイジメがいがあるw クルトはVII組特務科=遊撃士協会の活動と思い当たり鋭い。さらに提唱者はオリヴァルト皇子と見抜くがなるほどクルトはヴァンダール家だからミュラー繋がりで察することが出来るか。遊撃士の活動は今の帝国にあっては無力でしかない、ただの自己満足。でもそんな特務科を色々な方面が認めてくれて支援してくれているのは確か。それなら自己の満足ではないわけだ。例え駒でも得るものはある。これにはクルトも感じ入ることがあったみたいで渋々納得。これでようやくSクラフト『ラグナストライク』を習得。あとはユウナのSクラフトだけだな。

ミュゼとタチアナふたり揃うとやっぱりショタ話なのねw タチアナに書物ノートを見せるとかいう要素もそういや…ん?あったっけ?ボイス聴くと予想外に幼くてロリっぽい声のトーンで可愛い。どうしても見た目冷たいイメージがあったから。ルイズにも人物ノートを見せて分校充実度がアップ。報酬の『~の雫』はステータスアップアイテムか。今作もイースVIII同様に使わないようにしよう。これでSブレイク禁止&ステータスパワーアップアイテム禁止の縛り…ってほどでもないか。

なんと列車内にも生徒たちがいた…最初の出発時に話しかけてない生徒が絶対いるなぁ…。さっきの書物や人物ノートとかも多分その時の会話だ。失敗した…。でもあれ絶対見過ごすよなぁ…。フレディから釣りの成果を認められ『ダブルフック』『アミノジェル』という釣り竿を貰った。これでもう少し判定が緩くなるかな。一方サンディはティータとイチャイチャ…ではなく仲良く微笑ましい。『ハーブの苗』…そういや何かでゲットしてたな。サンディに渡せる種だったようだ。

例の列車脱線事故現場へ。概ねただの自然崩落による事故らしいが…。人形兵器の事もあるしクレア少佐が通信入れてきたがあの宰相の帰投命令…情報局が動いてるようでなんだか不穏。技師の車で強引に取材に来てたヴィヴィだが頼まれてた風景写真はどれぐらい撮る必要があるんだろ。もしかして終盤までとか。そういやこれもイースVIIIのロケーションポイント探しみたいなものだな。

一連の光景を影で見るのは…デュバリィと赤髪のあの娘。あやちも碧の軌跡から演技経験を得てキャラに相応しい凄みも出てきたな…と思ったら平常運転だったか。竹達さんの地が出てますなぁこれはw 赤らめて恥ずかしがるデュバリィも可愛いがその後まるで犯されたあとかのような表情のデュバリィも良いw ほんと今作の3Dモデルの目はいい働きをしてくれる。

sen3_0057.jpg

《南サザーラント街道2》も順風満帆で痛快に楽しくバトル。ただネオマンティスという宝箱防衛ボス戦で最悪的に大ピンチに陥って焦ったが。あのカマキリは仲間を執拗に呼ぶから厄介だし即死攻撃までしてくる凶悪さ。今作は宝箱魔獣はフィールドで防衛してるかたちになるっぽいな。


そうして午後2時にようやく帝国最南端《紡績町パルム》到着。出迎えた音楽はメロディからして分かりやすいぐらいに園田さんの曲だな。そうか閃IでVII組B班のメンバーが最初に訪れた町もケルディックみたいな雰囲気だったんだな。こうゆう田舎な町で10歳までながらクルトが住んでいたとは意外な感じ。でも町のみんなから愛されてるみたいで子供たちにも慕われてるのがその証拠だな。やっぱり良い奴だ。町の景観は木の香りがしてきそうな長閑で素朴な雰囲気が心地いい。日光の差し加減も美しくていつまでも眺めていたいぐらい。ほんとPS4オンリーで出てくれてよかったと思える瞬間だ。

見習い技師が居候してる繊維工房の話ですぐ想像ついたがやはりIIで導力戦車を魔改造するなど並々ならぬ才覚を示しつつもドジっ娘してたミントとの嬉しい再会。戦乱に揉まれてすっかり学院の頃のミントと違って逞しく生きてるようだなぁ…とはいえドジは相変わらずのようで町の人には申し訳ないがそのままのミントでいてくれて安心したw

sen3_0058.jpg sen3_0059.jpg

クローバーという幼女とVM対戦。行動封じや新たなカードなど手間取ったがどうにか勝利でザミルペンx3枚貰った。こちらも行動封じのカードゲットで戦略の幅が生まれたな。前シリーズのブレードは全くつまらなかったんだが(勝てないからw)VMはさすが土壌が違うせいか自分みたいなヌルゲーマーでも楽しめる難易度で嬉しい。

忘れそうだった『染料の原料調達』クエスト。ロジーはこちらの世界では染料の職人やってるようだなw アルティナは染め上げに興味ありげでこの辺は女の子だなぁ。報酬は『ゴールドヘア・ユウナ』で金髪なユウナも悪くないな。もちろんこれもいつかの2周目で。

sen3_0060.jpg

さて《アグリア旧道》へ。ここも西サザーラント街道の曲と同じだな。特に困ることはなく。ヤマタノオロチ型の敵はIIでもいたなぁ。相変わらず釣りが下手くそでよくレッドパーチ釣れたなと思えるレベル。精霊信仰の石碑か。IIでもあったし今後の鍵になりそうなネタだな。そうして当然出て来る人形兵器はゼフィランサス2体。封技とSTRダウンが鬱陶しい。敵にHP回復ボーナスが2度も渡ったりして窮地だったがノワールクレストやアルティナのSクラフトなどでどうにか切り抜けられた。アルティナが漏洩してユウナとクルトで呆れながら突っ込む図はもはやお馴染みの光景になってきたなw ――ただミントのタレコミによれば全部で3体いるはず…となると不意打ち!?ここで遂にリィンの界王拳…じゃなくて鬼の力。ここでもアルティナの懇親的な佇まいが可愛い。

《パルム街道》へ。ココらへんの街道曲は全部西サザーラント街道曲と同じか。ここでも釣りしたがGOODのほうが釣りやすい気がする。あと釣り後はロードが入るからか周辺の雑魚が復活するんだがw あと戦闘フィールドってその時エンカウントしたロケーションに合わせて逐一変化するみたいでよくある固定フィールドじゃないのは嬉しいね。

進むと…釣りしてる女性と行ったらもうあの人しかいないw これもまた嬉しい再会だなぁ。ほんと同窓会みたいで楽しい。しかしほんとリィンの交友関係広すぎだろうw アナベルは釣皇倶楽部正式メンバーとなりプロアングラーとして帝国一周サバイバル釣り行脚してるようでやっぱりケネス繋がりで倶楽部に入ったらしいw ただケネスとは特に何もないようでまぁそうだろうな。

ここでもまた人形兵器の手掛かり。コンテナで塞がれた道はアルティナがブリューナクで豪快に滅却w 見るからに怪しげな場所だがここでもまた人形兵器の襲撃。このからくり人形みたいにウネウネとしてるのは前シリーズでも見たなぁ。『バランシングクラウン』とかいう特殊機のようだ。麻痺攻撃してくるものの順調に攻撃していけたが3000も回復しやがる鬱陶しさ…。とはいえBPが溜まりやすくノワールクレストを何度も発動出来たので思ったより呆気なかった。リィンはLv18、その他はLv17。戦闘後も緩まずキリッとしてる3人が微笑ましい。その後も多くの人形兵器が襲来してくるもこうなるとイベント。さて誰が来るかなと思ったら…パルムで道場の師範代をって話でもしやと思ったんだよね。これまた嬉しいラウラとの再会だ。ここで特務科のみなさんの軌跡シリーズ恒例のパクパク芸w それにしても真我さんのアレンジ曲は園田さんや宇仁菅さんとアレンジの毛色が違い過ぎてちょっと夕暮れ時のこの場では浮いてるかなぁ。そしてふたりは熱い抱擁を交わして…ってそんなに関係深まってたっけw このシーンでアルティナがずっとジト目なのがどうしてなのか気になるw ラウラは見た目あまり変わってない感じだがCV伊勢さんのはさらにイケメン度増してる感じだなぁ。

sen3_0061.jpg

ラウラは免許皆伝したあとアルゼイド子爵に頼まれ師範代として各地を回ってたようだ。ラウラも多分フィーによって知らされてたんだろう。日々の全てが修行…聞いてるか?クルト。パルムはリベールの動乱に巻き込まれて導力製品が使えなかったときがあったが水車のお陰で難を逃れたらしい。これがムンクへの投稿ネタ。明日はあの日?ハーメル?翌日になれば分かるか。ラウラはミントとも仲いいようだな。道場以外でも外出…さっきふたり組の件を聞いた事といい自らデュバリィを探してたり?

演習地では各生徒がそれぞれ思い思いに。アルティナはレオノーラに何言われて困ってたんだろ。相変わらずミュゼは意味ありげな視線。タチアナはアッシュを気にしていてこれはやはり…。なんとユウナのシャワーシーンまで用意してくれるとは嬉しいが益々ラノベ的なRPG感が出てくるなw

ミハイル少佐は人形兵器出現してもこれ以上の警戒態勢は必要ないと言うがきっとあとあと慌てふためく展開になるんだろうなぁと思ってたら即フラグ回収。以前からリィンたちを追っていた赤毛の女とポンコツ女騎士登場。なんでまたランディがいるところに…。ここで流れてる音楽はミニサントラにも収録されてる[チープ・トラップ]だな。どことなくイースVIII[SMASH UP!]や[RED LINE -021-]をテクノ調にしたような感じだが。リィンとランディにとってそれぞれ顔合わせが初になるんだなぁ。まさかこのふたりが組むことになるとは。デュバリィはIIではマクバーンに翻弄され今度はシャーリィに翻弄されるとは可哀想な運命だことw

この後遊撃部隊として戦闘していくがゼフィランサスの封技、炎症が厄介過ぎて手に負えない…。やむなくパルムの最終セーブからやり直して対策アクセを買い足して再戦。それでもアルティナが戦闘不能になるなどかなりの大苦戦だった…。次のバランシングクラウンはメンテナンスビームで4000近い回復が超絶うざい!極悪過ぎんだろ…。どうにかじっくり粘って後半でメンテナンスビームをしないタイミングが何度も訪れてくれてほんとよかった。あのまま永遠に回復させられるとほんと無理。ツイてたな。

sen3_0067.jpg

おっティータが久々にあの図太い武器持ってるとこ見れた。やっぱ何故か似合うなw ミュゼも様になってて女性陣はまさに戦場の天使。さすがにこうなるとシャーリィが出てこようがイベント。この段階でやっとフィーも、さらにはてっきり戦いから足を洗ったとばかり思ってたエリオットも来てくれるとは嬉しい。そして最後は真打ちラウラ。フィーとはもっと和やかに再会したいところだったが…。デュバリィからは大人しく授業に励んでいたらもう手は出さない宣言とは優しい。

sen3_0063.jpg

ここでクエストリポート。ランクはFへ。学院グレードはまだ無名なんだなぁ。そしてムンクやヴィヴィからお礼のアイテム。ヴィヴィからはロジーヌのブロマイドとは彼女らしいw

sen3_0062.jpg

さっきまでがまだ1日目。ようやく2日目とかどんだけ大ボリュームなんだ…。

関連記事
  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks