雑記

特に書くことはないな。最近はひーちゃんが主演で活躍しているみたいで同郷ということもありファンとしては嬉しい限り。

クジラの子らは砂上に歌う #1 / BS11

anime(122088).jpg

石見舞菜香ちゃん繋がりで見る決意。君嘘で繋がってるし君嘘の主演花江くんと監督もイシグロキョウヘイさんか。さすが君嘘は伊達じゃなく冒頭から一発で映像に力入ってる作品だと分かる。繊細で水彩画みたいな映像が美しい。話のほうはまだよく分からない泥クジラで暮らす短命なサイミアという能力者たちを中心とした波乱万丈の冒険といったところか。キャラでは最後に出てきた石見舞菜香ちゃんCVの褐色娘リコスはまだ不透明なのでひーちゃんCVサミが可愛くて好み。しかしサイミアを持つ者は三十路で寝たきり状態とか酷な世界だな。能力は使えなくていいから無印でいい。そうして泥舟ごっこは辞めてチャクロ、オウニ、リコス、と新たな世界を目指す旅へ。中々続きが気になる展開と世界観と設定だな。

宝石の国 #4 / BS11

anime(122087).jpg

ともよちゃんと斎藤千和さんとの掛け合い演技が楽しい。人妻となられてアニメで聴く機会は減ったがキレは相変わらずだ。金剛先生役中田譲治さんの堅物演技も楽しい。キャラの面白さも然ることながら声優陣の演技が見どころだな。そして3Dとは思えないコミカルな躍動感もあってほんとフォスと貝の王のコントのような掛け合いが楽しすぎるなw ダイアの次はこれまた癒される能登さんボイスのユークレースがお色気で魅力アップ。レッドベリルも快活で可愛い。死ぬ=いなくなる…どこにもいない…。生を価値あるものにする…。切なくも深い言葉だな。そしてフォスの体を張った王への労りとシンシャを想う気持ち…いい娘だな。そして豚さんみたいだった王はまさかの女王さまみたいな女性だった。人間が3種に分かれて生き残り肉が王の種族、骨は長い時を生き長らえる術を身に着け陸に戻った…それがフォスたち。そして魂があの月人で人間に戻りたいがため襲っている…なるほどなぁ。月人が野蛮なのはそういった人間の部分が出てるからか。そして王は守るものがあるため月人と手を組んでいてまたしてもフォスが痛い目にあう展開で可哀想にw

妹さえいればいい。 #3 / BS11

anime(122089).jpg

相変わらず那由多との噛み合うようで噛み合ってない会話が楽しい。ほんとひーちゃんの那由多の声がツボ過ぎる。「わたしが子どもだからですかー?」とかあっけらかんと告白したり「SEXしましょ」とか「即ハボOK!」なシーン何度も見て聴いてしまう。「アイラブユー」のとこ可愛すぎ。「つめたいですっ」ってとこも可愛いし正直このアニメ見てる理由はひーちゃんの演技目当てといっても過言ではないw

僕の彼女がマジメ過ぎるしょびっちな件 #2 / BS11

どことなく謎の彼女Xとかデンキ街の本屋さんを思い出す。奏多はひと昔前ならあやねるがやってそうなじゃじゃ馬っぷりなキャラだな。秘部ドアップでド直球な表現とか攻めてるなぁ。料理でも何故か尽くシモネタになって逆に関心するw それでいてお下劣にならないのはこのふたりのキャラとふたりの声優陣の賜物なんだろう。

ブレンド・S #3 / BS11

ふとももで膝枕の破壊力が素晴らしかった。細すぎず太すぎないあの身長で丁度いいバランス感が良い。

関連記事
  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks