今回のアイキャッチ画像はこの画像以上相応しいものはないだろう。ようやく色々と整理されてきて今後の見通しが立ってきた。間違いなくもうそろそろ終盤に差し掛かってきたかな。

sen3_0299t.jpg

第四章:赫奕たるヘイムダル

7月15日・演習1日目

クエスト

ヴェスタ地区アパルトメントのバーナードから息子のチャッキーくんが行方不明になってるらしくそれは一大事。早速クエスト『大切な家族の創作』に取り掛かるが…高いところと水遊びが好き?それは随分やんちゃ坊主だな…ってインコかよw ま、もちろんペットも大切な家族のひとり。最初にサンクト地区で見つけたが直情径行なユウナの行動でパー。こうなるとファルコムゲーム恒例の追いかけっこ展開。単に!マーク追いかければいいだけだから楽だけどもう少しゲーム性があればいいんだけどね。チャッキーは逃走したら飼い主のバーナードから美味しいエサ貰えると味をしめなければいいがw

次は帝國博物館からで帝国北部から状態が良すぎるアーティファクトが見つかったらしい。アーティファクトには生死の区別があって普通は超常的な機能が働いていない状態だが稀に動く状態もあってそうゆうのは七耀教会に届ける決まりがあるという。で、本当にこのアーティファクトが死んでいる状態かどうか野外でチェックして欲しいとのことでこれもよくあるテスト系のクエスト『出土品の危険性調査』スタート。『常魔のカンテラ』とは物騒だが天候が曇るだけならまだしも戦闘中に上位三属性が働いたりするアクセは御免被りたいね。結局こういったアーティファクトは今の人類の手に余るシロモノ。唯一知ってるかもしれないオーブメント発明者でありシュミット博士の師でもあるエプスタイン博士は50年前既に死んでるので真相は闇の中。

某騎士さん

《西オスティア街道》へ。ここも南オスティア街道と同じ曲。ここをずっと行くとリーヴスに行けるみたいでなんだかちょっと戻りたくなる望郷の念にかられる気分。おや、バス停にサブリナって女性がいるがリーザに親身になってあげてた女性か。保険屋さんしてたんだな。

進むと予想通りまたムーントリュフゲット。あと1個。奥へ行くと妙に間の抜けた声がするなと思ったらトマス教官じゃないか。魔獣に襲われてるけど絶対倒せるだろw とはいえ相手は手配魔獣クエスト『デュアルヘッドダイノ』。実はうっかり!マークの前でセーブするの忘れてて少し焦るも雑魚だった。これでリィンはLv50一番乗り。さて…正直絡みたくないぐらいイラッとする喋りのトマス教官なんだがw 文字でもわざと煽ってないかw あれからロジーヌと密に連絡を取り合う仲らしく羨ま…じゃなくて以前のロジーヌの胸騒ぎといいいよいよ七耀教会側もってことなのか。

家族団らん

お昼はトワ姉のハーシェル雑貨店の叔父さん叔母さんたちとランチ。あ、カイってのはトワ姉の弟くんか。というか声が明らかに水橋さんだなw 叔母さんはアンゼリカCVの進藤さんかな?アルティナは意外にもむしろ太りたいとか言ってたがまぁ彼女のことだ、多分戦うためのウェイトを増やすためとかではありそう。ミュゼも結構気にするタイプのようでその辺は普通の女の子。

トワ姉が学問の世界じゃなくトールズ士官学校を選んだのは現実から目を背けないため、暴力に立ち向かうため…。小さいのにいつも一生懸命な彼女だけどあの芯の強さはそこから来ていたんだろうな。飛行船の事故…もしかしてそうゆうことがあったからこの道に邁進したのかもしれない。トワ姉の部屋には何故かあのステージでのギリギリ衣装の写真がわざわざ飾ってあってあんなに恥ずかしがってたのに意外と好きなのかなw さらにトワ姉とアンゼリカやジョルジュ、そしてクロウとの大切な思い出の写真も…。トワ姉にとってもそしてリィンにとっても同じクラスメイトとの楽しいひとときはかけがえのないもの。だからよりみんなを大切に想うその気持ちは当然だ。だから今のVII組メンバーとこっそり会うからって新VII組のみんなもやっかまないでくれよw でもいつか今のVII組たちとも欠けることのない写真を撮りたいね。

sen3_0300.jpg sen3_0301.jpg

何故かフレッド叔父さんとVM勝負。同じウィッチのマスターカード使ってきたがもちろん楽々勝利。娘さんは貰ったよ。報酬はネプトジュノーのカードで敵一体に2ダメと左右2枚のカード護衛というギュネ・フォスとパ・ランセルの上位互換。

シモーヌのお家がウェインの実家だったのか。妹さんはアストライア女学院に入ってるらしく結構順風満帆な家庭のようだ。アパルトメントに待望の『トマトニオ伝記・下巻』があった。意外なカラスのドラマがあったりしつつも最後は一応のハッピーエンド?になったようでめでたしめでたし…なのか?w でもこうゆう話を子どもにしてあげたらトマトが嫌いになったりしないのかもしれない。

あ~しまった…ライカ地区最初の訪問時にベーカリー『ラフィット』に入り忘れてた…。クロスベルにいたあのオスカーが営業してたのに。これだけ行かないといけないとこがあるとどうしてもうっかり抜けちゃうのはどうしようもないな…。ただせめて初回訪問時にまだ訪れてないところがあったらミニマップの色分けかメッセージとかで知らせるシステムがあってもいいのかもしれない。

エミリーの実家訪問

《ドライケルス通り》へ。バルフレイム宮を護っているのが以前話を聴いた百式軍刀術を使える領邦軍からの近衛兵に代わり正規軍精鋭から選抜された衛士隊というわけか。クルトからも苦渋のお墨付き…。ここでも憎き本校I組と火花バチバチ。あいつらもあいつらで子どもみたいなみみっちい言いようだな。でも自分たちの市民サービスはヌルいが意味はなくないって言ってくれるアッシュが嬉しいね。

sen3_0318.jpg

ここになぜなにルナちゃんがクインズ卿と来ていて相変わらず子どもの素朴な疑問は尽きることがない。ルナちゃんの将来は学者さんかな。おっケネスとアナベルが仲良く釣り針垂らしていた。例の釣公師団との交流試合に血気盛ん。これでアナベルもフレンドコンプってあれ?1が埋まってないな。これはアンゼリカみたいなあとで埋まるパターンか。

《ヴァンクール通り》ではクロスベルのベネットがオスカー追いかけてた。デパートではクインズ卿のメイドのエクレアがこれまでの買い物でヘレナ夫人の趣向は分かったのか先読みしてピックアップしていた。将来のセレスタンか。アルフィン殿下の写真集が出てるようで言い値で買おう。2Fにいるデパントがまた「帝国のお陰でクロスベルは~」とナチュラルにユウナを煽っていたがこれが一般的な認識とは悲しきかな、でも仕方あるまい。

《ライカ地区》の民家に入ると…娘のエミリーは正規軍!?あっここにエミリーのお母さんカミーユがいた!IIでも言ってたがやはり飛行艦隊でパイロットしてるらしくてなるほどなぁ。艦内じゃなく飛行機のパイロットとは凄い。2Fにいるレヴィンが弟くんか。どうやらテレジアも仲良く正規軍入りしたようで何より。この部屋がエミリーの部屋かな?隣はご両親の寝室みたいだが。あ、でも自分の部屋を弟にあげたのかもしれないな。エミリーの実家はこじんまりとしながらも結構良い雰囲気だったな。あとは本人に会うだけだ。

リーヴェルト社にはモーガンというクレアから経営権を譲渡された社長さん。まだ人となりは分からないが受付のカリンカの話によると信頼出来るしっかりした人のようだ。レイクロード社で創業主のI世の話を聴けたが無人島で半年間サバイバルしたあと自作の筏で生還したとかとんでもなくタフガイみたいだな。ある意味イースVIIIの冒険を彷彿させられるw

《サンクト地区》のホテルでヒューゴとフェリスが商談してたが…やはりヒューゴはなんだか利益だけを追い求めるかのような感じがあるなぁ。

釣りガール

sen3_0302.jpg

今の段階で演習地にも行けることを知り行ってみたら…会話変わってるじゃん!もしかして今までも見逃していた会話があったかもしれないなぁ…。いや行ってたかもしれないから分からないな。如何せん会話量が多くて忘れてしまう。タチアナに書物ノート見せて『魔の雫』を貰う。相変わらずオーレリア分校長が生徒たちを震い上がらせてるようでご愁傷様。フレディから18種類以上の釣果を上げた報酬として『拡張スプールG』ってのを貰った。そしてこれでもう一人前の釣り師だからこれ以上の報酬はないとのことでまぁこれだけ釣具が揃えば十分だし既に楽々なのでこれ以上はいらないな。因みに今はロッドレベル10になっていてこれが最大かな。そして見事に釣りは女性陣だけw この世界の釣りは乙女の嗜みだ。

不穏なクエスト

導力通信にノイズが混じる不具合が起こってるらしくその原因を探ることとなってこれがクエスト『導力波ノイズの調査』。いつも通り”!”マークがあるのかと思ったら虱潰しに調査。ただ数字が目安になるので大して手間は掛からずだが197レベルのところでどこ探してもイベントが進まず右往左往。他にもあるのかと武器商会前でもチェックしたらようやくイベントが進行。これちょっと分かりづらいな。なんと帝国時報社内に盗聴器があってそれが原因だった。やっぱりかの国の工作員の仕業か。

競馬ゲーム

クロウとアンゼリカの思い出でもある《帝都競馬場》へ。相変わらずアッシュはすぐ遊ぼうとしたりミュゼのぶれない不埒ネタが入りつつ場内へ。内部で流れてる爽やかで心地いい音楽はオルディスでも流れた夏至祭の曲だな。何故かユウナもミュゼもアルティナまで馬券に興味津々で結局合法なリィンが1枚だけ買うことになったがこの流れはやはり実際にどの馬が勝つか当てるミニゲーム仕立てか…。どうやらランバープリッツってのが一番人気。ただその馬に賭けるんじゃ面白くないので幼女が好きなランドアレスターって馬にしよう。馬と騎手が同郷で固い絆で結ばれてるってのが気に入った。リィンが賭ける馬にも相応しい。

sen3_0320.jpg sen3_0321.jpg

そうしてレーススタート。閃[走れマッハ号!]みたいなテイストの曲が流れるのかと思いサントラ公式サイトからして曲順的にも曲名的にもそれが[ゲートイン]になるのかなと思ったら…あれ?この曲って演習地に最初にやってきて設備を展開する時に流れる自分が神藤さんの曲と判斷した曲じゃないか。まさかこれが[ゲートイン]?確かに演習地でも演習に向けてゲートインという感じでもある。レース自体はというと優勝は老馬のライノブルームだった。ま、さすがにこれはAPに関係ないとは思うが。

おまえも来て賭けてたんかいのレクターも登場。例の工作員についてああいった立場だからミュゼが関心高いのか質問してきたがどうやら3:7で破壊工作より今は情報収集の割合が高いらしい。

その後の競馬場は悲喜こもごも。ブラックナイツのアルベールとミシュラン卿たちはご愁傷様。ランドアレスター推しの幼女は純粋にレース自体を楽しんでいたようで微笑ましい。コースでは係員がホウキで掃いていて妙に細かい描写。唐突な競馬展開といい拘りのあるレースやコース描写といいスタッフに競馬ファンでもいるんだろうか。

暗黒時代の残香

さて貴賓室にてクエスト『帝都競馬場からの依頼』へ。ここから見る競馬場のコースってのもまたおつだな。依頼内容は競馬場地下区画から不気味な魔獣の咆哮がするから調べて欲しいという。あ、章の冒頭にあったあの場所か。あそこはジオフロントほどじゃないが帝都にはそういった地下道が広がっていて暗黒時代の遺構だという。このタイミングでミリアムから通信。どうやら例の約束の実行場所はヴェスタ通りのあの遊撃士支部になるようでギルド再開と合わせてめでたいね。そして間の悪いタイミングになったわけで案の定みんなの視線が痛いが別にやましいことするわけじゃないからいいだろw

帝都地下は章の冒頭でも流れた閃[地下に眠る遺構]の低弦のフレーズが入っている園田さんらしき曲。途中で明らかにヤバげなオボロゲナガケとかいう霊体もいてさらに上位三属性のおまけ。うっかりCP LOSEの餌食に…。あの緑色の文字とSEは嫌い。『黒の史書1』を見つけるも地下なのでロジーヌに報告出来ず。途中で『パープルヘア・ミュゼ』ゲットでブラウンヘアよりは似合う。いつかの2周目は帽子無し&パープルヘアにチェンジしようかな。さらにギミック仕立ての場所ではサンディから頼まれてた『ムーントリュフ』も発見。これで所望されてた3つが揃い安堵。期間はまだ中だから演習地に戻らなくていいか。

sen3_0304.jpg

ここでも釣りが出来て場所柄的にやはりというか『ファントムシャーク』というのを初ゲット。最奥では例の緋いプレロマ草、そうなるとボスのお出ましというわけで相手は『重魔焔兵ヘヴィゴラム』で音楽は例のオーケストラ戦闘曲。BOを有用に使い攻撃を喰らったのは戦闘開始時に先制された時のみという雑魚っぷり。これにてここでの探索は早くもお終い。とはいえ反対側にいかにもあとで何かあります的なスペースがあるので後々また訪れたりもするんだろう…と思ったら早速。やはり共和国側の特殊部隊『ハーキュリーズ』。奴らの言ってた”Xデー”ってのはもしかして共和国への侵攻日とか?もちろん戦うわけで流れてきた曲は例の[チープ・トラップ]だが奴ら容易く凍結や封技に悪夢とかしてくれて全く口ほどにもない。クルト評の”鉄機隊隊士に匹敵”は買いかぶり過ぎだろう。戦術リンクもしてくる?もしかしてそれを発動させる前に状態異常漬けにしたんだろうかw 奴らのアークスIIに相当する第五世代戦術オーブメントは『RAMDA』。逃げる奴らだが予想通り意味深なスペースでイベントでなんとあのロリババ…じゃなくてミズハスCVのロゼ登場。やはりクロチルダやエマに類する魔女ということなのか。

ここから逃げるハーキュリーズを追いかけっこする展開で画面上にカウントが出て焦るが…これ何か意味あったんだろうか。最後は思いっきり追い付いちゃって仲良く一緒に走ってて笑ったw ただ脇道に宝箱マークがあったからアホらしいことに戻ったけど今は進むことが出来ず結局あとでまた来られるってわけか。地上に出たところはあの《ヒンメル霊園》だったが…なんと既にあの本校I組の連中が囚えてた…。まんまとリィンたちは利用され全部手柄はあいつらのもの。とんだ茶番だな。みんなは取り敢えず良しと納得したようだがこちらは全く釈然としない。セドリックに思いっきりヘイトが集まるかたちで多分後々打ち解け合うだろうに大丈夫なんだろうかと心配になるレベル。でも黒髪ショートの娘はちょっと好み。

sen3_0305.jpg sen3_0306.jpg

謎めく霊園

それはともかくここにはあの蒼の騎士が眠るところ…。ここで簡単にクロウの経緯回想で初見組にも優し…くはないか。ここで流れる切ない音楽も大好きなんだけどもしかしてこれが[風よりも駿く]なのかな。何となくあっていそうではあるが。――そうか…旧VII組みんながそれぞれの道へ進んだあとあの約束の日がその結果を示し合う日でもあるんだな。それがみんなの決めた覚悟と信念。いつか今のVII組もそんな在り方を模索する日が来る…その時までに全員欠けることなく共にありたいものだ。

そして予想通りこの場所だとあの件に結びつく展開になってしまう。ま、アンゼリカの落とし物からってのは杜撰ではあるが。墓守に頼みすぐ掘り返したようでオーレリアの死臭がしないという指摘は戦場に生きていた彼女ならでは。そして埋葬した遺体そのものがダミーという可能性。やはり聖女、猟兵王、その次に彼が肩を並べてしまうのか…。その件は取り敢えず保留。今は目前に攻まる特殊部隊ハーキュリーズの方が一大事。明日までに特殊部隊を無力化しなければ第四機甲師団さえも投入という宰相の辣腕。明日の特務活動は激化していきそうだ…。もしかしてその瀬戸際の展開がクライマックスの見せ場になるかもしれないな。これ幸いとオーレリアも遂に立ち上がる。博士からは通信波増幅器…あのジョルジュの思い出のひとつでもあったなぁ…。

約束の地へ

一方リィンは例の時間。アッシュから冷やかされつつもゆっくり過ごしてこいと言われて優しいとこもある。競馬懸賞…そうかあいつが手を出していたやつだったなぁ。ある意味受け継がれてるというべきか。茶道部の3人は寛いでいて色々あったがマヤも含め落ち着ける時が出来てよかった。シドニーがクルトの母親にも関心持っていておまえは美人なら誰でもいいのかよw サンディ、ヴァレリー、タチアナと帝都に詳しくない3人グループで見て回るようでその微笑ましい光景も見てみたいものだ。ゼシカはアンゼリカを気にかけていてとにかく信じるしかないな…。スタークはさらに居ても立ってもいられない気持ちだろう。ユウナは相変わらずひとことチクリと言わないと気がすまないw アルティナは懐かしむという気持ちがまだ分からないみたい。でも今みんなと絆を深めあったアルティナならそのうちその気持も分かるさ。

sen3_0307.jpg sen3_0322.jpg

帝都ヴェスタ地区へ行こうとしたら…何だかんだ言われつつも見送ってくれてほんとかけがえのない生徒たち。守っていきたいこの絆。そして急き立てるかのようにあの瑞々しく清涼感のある音楽に乗せてバイクで約束の場所へ向けてノーヘルでひた走る。

sen3_0316.jpg

さてまだ待ち合わせ時間までまだある。ヴェスタ地区だけ見回りしていくがベネットがオスカーとフィリーって女の子とで仲良くしてる場面を見てしまっててご愁傷様。フィリーがそんなこともつゆ知らず外にいるベネットを気にかけていてあとで修羅場かな。ウェインが実家に帰っていてなるほどウェイン・ブライト…あの隊長さんの息子だったんだな。あ、マイカが妹さんか。そういや以前そそっかしいとこ見せてたが案の定今回も。正直ガタイがいいウェインの妹だからさぞ…と思ったけど小柄で可愛らしい娘じゃないか。ウェインは相当手を焼いてそうだがw 女学院で先輩にあんな事があったってのは何だ?

そういやコツコツと買い求めていた『携帯格言集シリーズ』が風林火山全て揃ったのでハーシェル雑貨店で『携帯格言集・玄』ってのに交換。STR・DEF・ATS・ADF+75、SPD+7は優秀。さらに『~ウォッチシリーズ』も揃ったので『クリスタルウォッチ』と交換。STR・ATS+100、遅延無効化も悪くない。あと『ヘヴィシリーズ』も揃ったので『ホーリーガントレット』に交換。STR・DEF+100、SPD+10も優秀。まだあってZCFゴーグル、ミニレンチ、RFライト、シルバーメジャーといういわば技術者向けアクセシリーズも揃ったので『マイスターグローブ』に交換。DEF・ADF+100、必殺率+10%と悪くない。続々と優れた装備アクセが揃ってきて万全を期してきた。

VII組同窓会

sen3_0323.jpg

[あの日の約束]が流れる中で遂に揃うVII組メンバー。みんなの賑やかな会話やツッコミが心地いい。それぞれ置かれてる状況が変わっただけであの頃から何も変わりない…それが嬉しいね。みんなが抱擁し合ったりしてる姿見てるとほんとここまで見届けられてよかった。リィンとアリサは思いが溢れて抱きしめ合うのかと期待してたがw そうか…リィンの遅れての卒業祝いでもあるんだな。みんな何かと忙しい状況だけどこうして集まれて暖かく祝われたんだからこれもリィンの主人公たる人徳、そしてみんなを導いていけた強い意志の賜物だろう。その後は思い思いに昔話に花を咲かせる。ここで流れてる暖かみのある音楽も大好き。今までも使われた場面がそうだったし人と人との結びつきのテーマ曲という感じもある。

sen3_0308.jpg sen3_0309.jpg

大方針

約束ってのは単に同窓会を開いてワイワイしようってだけじゃない。帝国の行く末を見極めてVII組としてどう動けばいいかを話し合うため。渦中の人はやはりオズボーンとルーファス。このふたりが帝国をどうゆう方向へ舵を取ろうとしているのか。結社から奪った幻焔計画とは。帝国は八大都市構想を理由に資金を集めそれは全て軍事費へ。新型列車砲に新型の飛行戦艦とぞくぞくと軍拡。やはり以前Xデーがどうとか言ってたあの特殊部隊はカルバードへの侵攻を指していたか。章のあたまで宰相とユーゲントIII世の話し合いはこの件だな。第四機甲師団投入も開戦を見据えた動きなのかもしれない。

黒の工房絡みはその裏の話。正体は魔女の対なる存在の地精。今は結社と手を切り宰相個人と結びつきさらにルトガーや蒼のジークフリートも雇いそれに付随する騎神めいた影。エマからは250年前の獅子戦役に匹敵する霊脈の活性化が見られるらしく幻獣や魔焔兵、プレロマ草もその影響で出現していてやはりその時の再現となるのか。全ての真実を知るのは宰相と結社、黒の工房、そしてクロチルダ。

ミリアムは渦中の黒の工房で造られたガーちゃんことアガートラムとリンク出来る以外は遺伝子レベルは人と大差ないらしいがでも成長は既にストップし寿命も先行き不透明…。ミリアムは自分よりアルティナの事を気にかけているらしく辛いけど嬉しいね…。地精が何を企んでるのか知らないしそれとは抜きにしてもこのふたりを悩み苦しませてしまっているのだけは許すことはできない。そして先ほどのヒンメル霊園の件は当然驚愕をもって受け止められたが地精でも人を生き返らせることは難しく試みられたケースの産物はあのローエングリン城でもボスとして出てきたノスフェラトゥがなれの果て…。地精が何か別のやり方で生き返らせたのか…。

謎が多すぎてこんがらがってくるがVII組としてどう動いていけばいいかは明快。まず表の世界では帝国の共和国への侵攻を食い止め裏の世界では進行しつつある災厄も食い止める。表と裏、それぞれの道で活躍してるVII組ならではだ。無理難題かもしれないがひたむきに前へ突き進んだVII組なら必ず成し得られるはず。そしてこのメンバーで唯一立場が危ういミリアムだが自分が自分であるためにそしてVII組の仲間であるために自分自身を知りたい…もうホムンクルスなんかじゃなく普通の人間だ。やはりVII組の絆が彼女を変えてくれた。前シリーズからある意味ミリアムの成長物語でもあったな。いつかアルティナもミリアムみたいな物語を紡いでくれる、いや既にしてくれてる。

これにて解散だが元教官のサラが殆ど口出しすることがなかったのがVII組の成長をあらわしてるな。もうひとつ気になるのがガイウスの件だがまたしてもお預けで焦らす。でもあの様子だとまずいことでもないようだし楽しみにしていよう。例の金髪ロリ幼女の件だがエマの口ぶりからして例の大婆様だなw なるほどだからリィンを影から世話してくれてたんだろう。

暗躍

また”禁止区画に入ったため~”ってのが出たけど相変わらずスクショは可能。蒼のジークフリートと共にいるのは太っちょのあの男…。やはり物語の根幹のネタバレになるから禁止にしたんだな。『銅のゲオルグ』…そんなネーミングがあったら戦ってしまうのではと不安になるじゃないか…。でも何か未練があるような感じではある。

そして地下では相変わらず工作員ハーキュリーズが潜伏しているがあのノスフェラトゥに喰われていて身の毛もよだつ叫び。手助けしようにも出遅れたあの金髪ロリのロゼ。放蕩娘ってのはクロチルダのことか。どうやら彼女なりに今回の事態解決に向けて動いてるとみていいのかな。リアンヌの言っていた日?200年前のケリ?まだまだ不透明。

これにて長い長い演習1日目のお終い。

sen3_0310.jpg

関連記事
  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks