延々とプレイしているがようやく最終章にたどり着けた。ここまで半年も掛かっててよくまぁ飽きずにちんたらやってたものだ。さすがにここまでトロいのは自分以外にはおらんだろう。とにもかくにもあともう少しのはず。

sen4_0367t.jpg

[ 続きを読む ]
  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

雑記

こんな可愛い32歳がいるなんて。開幕パンティーラインって言ったり自分のおっぱいの無さを卑下したりセクシーなポーズになるとすぐにAVみたいって言ったりとフリーダムw なんだかもう32歳だから吹っ切れてる感があって伸び伸びしてるなぁ。

のっけから自分の名前を噛んだりグダグダだったがおさゆことさゆみんみんこと鈴代紗弓ちゃんがほんとポンコツ可愛い。しかしさすがに「画的」で「がてき」はどうかと…w コトブキ特番でも「金型」を「きんがた」と読んだり漢字読むの苦手なのかなw でもそんな抜けたところも含めて可愛い。可愛すぎる。コトブキの頃からも可愛かったがやはり露出が増えると女の子はどんどん可愛くなる。おはるも可愛いがおみゆも可愛いかった。美憂ちゃんも見る度にどんどん可愛くなっていく。それに朝日奈丸佳ちゃんのおまる呼び回避のために真っ先に制したりとイケメン。そのまるちゃんことおひなは腋…じゃなくて意外と頭が切れるところを見せた。しかし思いのほかStudyの活動が勢力的でANIPLEXも期待掛けてるなという印象でゆくゆくはイヤホンズみたいになるんだろうか。

以前まではAbemaでやってたけど今回はハブられてた。安定のともりるの可愛さだが久々に映像で見る石見舞菜香ちゃんも可愛かったし一挙手一投足なんでも可愛いから反則。ほんと見てるだけで和むしそしてあの癒やしボイス、天は二物を与えた。みんなに可愛いと言われて照れて水飲むとこも可愛かった。あの垢抜けなさが良い。ずっとあのまんまでいて欲しいな。あと鈴木亜理沙さんはあまり知らなかったけど絵しりとり見る限り結構やべぇ人なのではw

[ 続きを読む ]
  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ようやく終りが見えてきそうな今回。さて、たらし野郎は一体誰を選んだのか。

sen4_0356t.jpg

[ 続きを読む ]
  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

イースIXのコーナーになった途端中島ゆっきーからむさい野郎3人になるとは…。こないだの新情報を動画で振り返りつつ新情報取っ手だしな内容。各怪人の異能アクション動画は見てなかった。赤毛のアドルっぽい黒毛なアドル。アドル本人じゃないのだったらこれって例えば怪人とか誰かの変身だったりするんだろうか。その正体が実はヒロインキャラだったりして。ダーナに相当するキャラがまだ出ていないのが気になるんだよね。あの怪人たちの女性陣がヒロインっていうには歴代ヒロインと比べるとちょっと弱いし。

そういえばイースVIIIのヒロインは大西ちゃん、今作の一応暫定的なヒロイン格としては怪人にあやねるが入ってるのが声優オタ的には面白い”としたい”繋がり。となると気が早いがXでもアイムが幅を利かせるんだろうかw

ys_9_pre_02.jpg

とりあえずイースIXに向けてテンション高まった有意義な番組だった。電撃はイースに得意な人が揃ってるから話の掘り下げがマニアックで良いね。どうでもいいけど画像真ん中のジェンキさんがナイナイの岡村さんに似て見える。

そしてこの番組内でも初公開されたがファルコム公式からも公開された動画。0:37あたりの人形が白猫をしっーってするところの白猫のぴょこって動く耳が可愛い。見た目もそうだし挙動もこうゆう感じだと人気出そうだ。あいにゃCVの人形は糸目キャラだとどうかなと思ったが動いてるところ見ると思ったよりいい感じだ。0:58あたりの太ももが程よい太さでセクシー。

ys_9_pre_03.jpg ys_9_pre_04.jpg

ちなみに使われてるBGMは以前WebCM第1弾として出ていたサビだけの曲(PS4「イースⅨ-Monstrum NOX-」WebCM第1弾 - YouTube)。以前神藤氏の曲と予想したが長尺として聴いてもやはり宇仁菅さんではないように思う。結構派手めのアレンジになっていてもし宇仁菅さんならもっとまとまりのあるサウンドになってるはず。曲終わりのアレンジとかまず宇仁菅さんならやらないようなテイスト。左右のストリングスの響きも同様。この曲が使われそうな場面は多分フィールド曲か。おそらくYsVIII「NEXT STEP TOWARD THE UNKNOWN」みたいな位置づけかもしれない。それかOP曲か。YsVIIIがオケ調OPだったから今回はロックの可能性も。ちなみにこの曲ともメロディ、アレンジが似ていてサビで入る合いの手のシンセとか全く同じだ。あとこの手の特報動画で使われる場合訴求力重視のためケレン味のある外注曲になる場合が多い。これまでのサントラミニも同様に外注曲メインだしね。ただWebサイトで使われてるのは園田さんの曲だが逆に言うと今作の外注曲にはこの雰囲気に沿うようなミステリアスだったり静かな曲はないということも言えるのかもしれないな。

配信の圧縮音源じゃ100%確定は出来ないが少なくとも真我光生さんではない。いや以前WebCM第1弾時に曲の評判をTwitter検索してたらこの曲が真我さんだと喜んでる人がいたので。国内ではこうゆう視点の反応珍しいんだけどね。

  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PCエンジンは自分のゲームの原点なのでミニとして復活するのは嬉しいね。持ってたのは白エンジンだがさすがにもう捨てちゃってるだろうな。以前聞いた話では確か権利がNECからコナミとビッグローブに移ってると知ったときは絶望したが意外となんとかなったようだ。ラインナップは今のところ6タイトルだけだがこの中では「スーパースターソルジャー」だけプレイ済み。このゲームはシューティングとして単純明快に楽しかったから何十回もプレイしてたな。自分みたいな下手っぴでもそれなりに進められるバランスも優れていた。といっても確か6面ぐらいまでしか到達出来たなかったが。あとスコアアタックモードが熱くて何度も繰り返しプレイしてたな。音楽もまた良くてどの面も素晴らしい。特に1、2、3、4、5、6が好きって自分が聞き覚えのある曲は全部かw ボス曲も確か3面だったかサソリ型の敵のときの曲が特に好きだしタイムアタックモード時の曲もスルメ曲。

う~ん、あの頃はゲームひとつひとつに純粋な気持ちがあったなぁ。月刊PCエンジンを毎月食い入るように読んであれが欲しいこれが欲しいと品定めしていた頃が懐かしい。ゲームもそうだが雑誌も残しておけばよかったなぁ。

”収録タイトルは続々追加していく予定です。”とのことなので今後も期待しとこう。スーパーCD-ROM2もありなのなら定番だがやはり3周ぐらいはやった天外IIは欲しいしゲーム止めて音楽に聴き入っていた天使の詩I・IIもあってもいい。アクションだとビックリマンワールドやアトミックロボキッドもいいな。スーパーシュヴァルツシルトI・IIやバスティール、シャドウオブ・ザ・ビーストはさすがに渋いかw

イースI・IIもタイトルに含まれてた件で投稿時に書くのを忘れてたが自分の初ファルコムはドラゴンスレイヤー英雄伝説II。Iをすっ飛ばして何故かいきなりのIIw あの当時は続編とか分かってなかったからなぁ。しかも後半は延々と洞窟内の冒険が続いてたけどでも最後までクリアしたし結構楽しんでたな。魔法のシステムも斬新で面白かったしね。音楽も子供心ながら結構頭に残ってた。あれから自分のファルコム歴が今に至るまで続いたんだから感慨深い。

  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

雑記

あやっぺマンスリー。わっしーと組ませたら言わずもがなの安定の面白さ。人気女性声優が彼氏いた発言とかあやっぺだから許されるんだろうw

かやのんのラジオって何気に久々に聴く。やはりかやのんの声と喋りは落ち着く。自然にママ味ある。早く棒読みさゆみんみんの真実を知りたいw

なんだかんだで人気みたいで映画もあるとは知らなかった。松澤さんが司会だが向さんやわっしーと違いドッカーンって感じにはならず品よくまとまる。あとコメをよく拾う姿勢はいいね。

しーたむこんな動画番組やってたのか。今回偶々見たけどアース・スタードリームなんたら経由で以前から知ってたがゲストの高尾奏音ちゃんのハイスペックぶりに震える。しかも物怖じせず先輩とスラスラとトークも出来てる。これで高校2年…。未来のエースか…。

何故かみにゃみゲスト回を見逃していた。姫プレイを強要するも誰も接待しないのに笑う。このふたりをどう扱えばいいか分かってるプレイヤーたちだなw 途中からどんどん素が出て元ヤン…じゃなくてガラが悪くなるみにゃみの悲鳴w でもこの口の悪さもまたみにゃみの魅力なんだよね。

最近宣伝するゲームがないことから想像に難くなかったが6月いっぱいでおしまい。一時はとみたん所属クレイシス宣伝ラジオと化す勢いだったがそのとみたんはともかくまりんかは居場所を持て余し気味だったしね。


本放送はBSでもやってくれずニコ生で見るしかなかったがAbemaで一挙やってたので最後まで見た。が、見事にお花畑エンドだった。あれだけ凄惨な死に様描いておいて最後は笑顔で「あるふたりの女の子のお話!!」で片付けられてしまいヨシュアやイザナなど姫様のために戦って死んだ者たちは死んでも死にきれまいww ゆみりちゃんやはやみんとかどんな気持ちで最後演じていたんだろうなぁ。この作品好きな人には申し訳ないが数時間をドブに捨てた、まさにジカンノダイカだった。

続きの後半7話から最終話まで見た。ただ同じ環境で見たのに何故かプチプチと途切れまくってろくに落ち着いて見れず。先週はこんなことなかったんだけどなぁ。ただ途中から比較的まともに見られてちゃんまきの酔っ払った演技はたっぷり聴けた。ただそのあとも最後まで安定して見れず。で、見た感想だが得てして大物クリエイターが集うとお互い相反してしまうのか大概駄作か迷作か凡作になるパターンが多いが今回も同様だった。つまらなくはなく見どころはいっぱいあったがどうにも空回りして実を結ばなかった印象。特に主人公ひそねのキャラがエキセントリック過ぎて共感しづらかった。多分相当賛否両論別れるキャラだろうな。あと敢えて狙った古めかしい絵のタッチも単に古臭い見た目にしかならなかったのもある。結局鳴り物入りで始まるもそのあと特に話題にならなかったのが全てをあらわしてたなぁ。

[ 続きを読む ]
  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加