キャプチャー系機器は玉石混交でどれを選べばいいか分からない。以前(記事:DC-HC1に替えてRagnoGRABBERを購入)を持っていてPS3キャプチャーに一役買ってくれたのだけどPS4にはまともに対応していないこともあって既に手放し済み。キャプチャー機器は数年ブランクがあるので今どれが主流なのか人気なのか安定しているのかはさっぱり。Amazonは明らかな業者レビューが蔓延っているから見極めが大変。そうしてなんとか探し当てたのがRagnoGRABBERよりさらに前に使ってたメーカー(記事:PS3用にキャプチャーボード買ったよ)のDRECAP製1080P/60fps録画対応HDMIキャプチャーボード。同じPCI Express内蔵のボードタイプであり、レビューにはアマレコTVの文字もあり、玄人と思わしきレビューも多く、業者レビューは見たところなさそうだったのでこれにしてみました。今は外付けが主流みたいだがやはり自分には慣れたボードタイプが一番向いていそうだ。

drecap_capture2020_01.jpg

[ 続きを読む ]
  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ゼンハイザーHD598を買ったのがもうかれこれ5年前(Q701に次いでHD598を買いました)。今年になって遂にイヤーパッドの裏側の黒くなってる部分がボロボロと破れてしまいました。そこ以外はまだまだ現状維持。当初はむしろヘッドクッション部分がボロボロになることを危惧していたものだけどね。機構部分もガタがくることもなく頑丈。ケーブルも断線せず。やはり一番長く肌に触れる部分が真っ先にボロボロになるみたいだ。

hd598_old_01.jpg

[ 続きを読む ]
  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この間無事クリアしてトロコンも達成した『十三機兵防衛圏』。「CEDEC AWARDS 2020」にて「ゲームデザイン部門」「サウンド部門」の2部門で優秀賞受賞(最優秀賞ノミネート)という栄誉にも輝いた。早速オリジナルサウンドトラックも購入したので楽曲を振り返ってみよう。

13_ost_01.jpg

注)本文中にはストーリーのネタバレ要素はありません。

[ 続きを読む ]
  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自分としては珍しく10日間でクリアしちゃったイースIX。お蔭でサントラが発売されるまで一ヶ月半ぐらい待ちぼうけくらってしまったがようやくCD音質で聴ける喜びを味わえた。というわけで今回も簡単にサントラと曲の感想を書いていきます。

ys9_ost_1.jpg

[ 続きを読む ]
  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2003年8月リリースの『Parhelia Original Sound Track』という同人CDを買った。現実に存在しない仮想シューティングゲーム『Parhelia』のオリジナルサウンドトラックという”てい”のCD。プログラム以外、シナリオ、設定、音楽、PV的な映像をそれぞれが持ち寄って合作、いわゆる理系的な難しいことは抜きにして文系視点からSTGを作ったというわけだな。しかしこれまで自分も何枚か実際にプレイしていないゲームのサントラを買ってたけどいよいよ本当に存在さえもしていないゲームのサントラを買うとはねw

Parhelia_ost_1.jpg

[ 続きを読む ]
  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ダイナソア ~リザレクション~」という2002年発売リメイク版ゲームのほうのサントラを購入。実際にプレイしていないゲームのサントラ購入としてはVM JAPAN、ザナドゥ・ネクストに続いて3本目になるか。この時代のファルコムサウンドも好きだしさらに探求したいという興味もある。

dinosaur_01.jpg

[ 続きを読む ]
  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加