このページでの記事一覧

カテゴリ: ARK: Survival Evolved (全6ページ)

今日もアルゲンで雪原地方巡り。そろそろここいらの土地も大分把握してきた感がある。狼ということで個人的に好きなダイヤウルフもテイム対象だがLv200近い個体はいないかなと望遠鏡で見てたら唐突にアルゲンから振り下ろされてスタン。プルロヴィア、こいつはほんとになぁ…。久し振りに長槍で獲物を倒したような気もする。ARK嫌われ者ベスト3とかがあったらペゴマスタクスやイクチオルニス共々確実に入っていることだろう。

ダエオドンは回復能力があるので特にボス戦では居るのと居ないとでは相当違うという話。ダエオドンも探してたらLv120の個体を発見。アルゲンで掴んで以前作った近くの捕獲施設を再利用。撃ってる途中で赤いアラートが出たけどこれは回復能力を使ってるってことなんだろうか。ダエオドンはこの回復能力のせいで低レベルでもやたら硬い。無事気絶させられ肉詰め作業だがこいつ恐ろしいほどのスピードで食いまくっててびっくりするんだがw テイム後はもちろんパッシブ回復を無効に。再びアルゲンで掴んで拠点へ。

ARK_ 184

着いてダエオドンのインベントリ見たら詰めた肉が全部無くなってるんだけどw しかも物凄い勢いで食料値が減ってる…。拠点だから周囲に回復させる対象なんていないはずだが…。もちろんパッシブ回復になってないし回復をマニュアルでオンにもしていない。エサ箱の範囲内だがさらにダエオドンにも肉を詰めて人力で食わせてある程度回復させるけどきりがない。Wiki見るとダエオドンが見えない距離まで離れたら食べられる分だけ食べて食料値を回復してくれるらしい。しかしとんでもないものを招き入れた感がすごい。でもサドル付けて乗ってみたが意外と操作感は良いんだよね。走らせると結構早いし軽くジャンプも出来る。後ろから見たらお尻と尻尾フリフリしてる感じで愛嬌もある。でも唐突に「味方回復のため多くの食料を消費」とか赤字が出たり画面左でリムーブx432とか見えて怖いんだけどw でも付近に傷ついた味方いないしインベントリ見たら432もの肉は減ってないはずだしどうもバギーな気がしてならない。一応ボス戦のヒーラー役として期待してるけど期待出来るのかこれ。一度だけでも能力発揮してくれたら御の字って感じになるかな。

ARK_ 185

テラーバードもテイム効果プラスしてLv217ともなると特に重量を減らさなくても普通に走らせられるな。いやテラーバードは流石にボス戦には非力だろうから連れて行かないけど偶々職人見習い品質サドルがポッドから出たのと高レベル個体を見つけたからね。カラーリングも少し黄色っぽくてくすんだ色のチョコボっぽいw

ARK_ 186

マップ北東だけまだ開示出来ていないのと噂の肉食島を見てみたいのでレッドフォレストから北東へ向けて川沿いにアルゲンを飛ばしていたが中ほどの渓谷でティラノが2匹いた。しかも2匹ともLv75の雄雌メイトブースト。これはもう運命。2匹ともテイムしろという神の啓示にしか思えない。ティラノの同時テイムとか相当ハードで武者震いをしてしまうがただ幸い渓谷だから両サイドは崖、真ん中にはティラノが上がりづらそうな岩山もあるし厄介そうな外敵も居なくて格好のテイム場所。崖上の少し出っ張ったところからクロスボウ。とりあえず2匹それぞれに矢を撃っていくけどティラノが自分を攻撃したいがあまり崖下に埋まってしまったので反対側へ。そうしてるうちに2匹とも離れてもう1匹は別の場所へ行ったようだ。意外と薄情なこの2匹w

ARK_ 187

そうして一夜開け無事オスのほうが先に陥落。ティラノの場合気絶値回復が遅い、最強肉食恐竜なので周りから襲われないこともあってテイムは比較的楽なほう。逃げ足早く気絶回復も早いスピノのほうがよっぽど面倒。テイム効果でLv112として仲間になったのを確認したあと追従オフ、無抵抗にしてもう1匹のメスのテイムへ。ただこのメスティラノがオスよりもじゃじゃ馬で渓谷から森林地帯へ入ったりタゲを取ったかと思えば気が変わりテリジノとかトリケラに手当り次第周りの恐竜を攻撃したりと追撃が疲れる。ようやくタゲが完全にこっちに移り渓谷の真ん中にある岩山を中心に攻撃していったが意外と陥落は早かった。そうして雄雌メイトブーストでLv113のティラノサウルスを2匹も丸一日で手に入れることが出来た。なんという幸運。ツキが完全に向いてたな。

ARK_ 188

これでブルードマザー戦はメイトブーストのティラノサウルスx4、スピノサウルスx2、メガテリウムx2、ユウティラヌスx2とダエオドンという布陣で臨むことになるはず。ダエオドンもメイトブーストにしてもいいけど肉消費が激しすぎるのと確かダエオドンはメイトブーストにならないって噂も聞いていてそれなら1匹だけでいいかなと。確かに野生のダエオドンでハートマーク出てるのを見たことないような。ダエオドン自体も体力が1万ぐらいと高いから突っ込ませなければそうやられることもないだろう。

さてまだレベルが低い個体が多いから少しレベル上げしていこうか。ただ拠点周辺にあるレッドフォレスト内は閑散としてるし他の周辺もあまり恐竜がいない。そこまで狩ってはいないはずなんだが。DestroyWildDinosでリフレッシュしてもいいけどあまり気乗りしない。ちなみにブルードマザー以外のボス戦はやらない。というのも残り2体のボス戦への切符を得るための他の洞窟攻略が厳しそうだからね。特に強者の洞窟はソロプレイではほぼほぼ不可能だろう。ARKは基本的に多人数のマルチでトライブ作って遊ぶこと前提の設計だから。あとさすがにそろそろARKから開放されたいってのもある。飽きてはいないんだけどやりたいことがあり過ぎてやってたらきりがない。

  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アルゲンからの偵察でやっと見つけたオスの高レベルメガテリウムの捕獲作戦。少し離れた場所にユウティラとカルノ一行もいるが例の捕獲施設を急ぎ展開。メガテリにアルゲンでちょっかい出してスロープに駆け上がらせ無事すっぽり。このあとはユウティラの接近や周囲のダイアウルフやダエオドンに気を付けながら撃っていけばいいだけだが別にテリトリー型でも虫を食べたわけでもない他のメガテリが襲いかかってきたんだが?もしかしてトリケラトプス同様にリンクするタイプだったり?ひとまずアルゲンで空へ退避。攻撃してきたメガテリのほとぼりが冷め離れたのを確認して再び麻酔弾。今回は邪魔も入らずテイム完了。Lv112と既にいるメスメガテリLv240と倍ぐらいレベルが低いのはネックだが今後のレベル上げでもう半分ぐらいは差が縮まってくれるはず。とりあえずこれでボス戦の重要な戦力用の高レベルメガテリメイトブーストは出来た。

ARK_ 178

早速このメガテリx2を率いてレッドフォレスト内でレベル上げ。メガテリウムはほんとモフモフとしていて癒やされる。一旦虫食べたら別人のように豹変して凶悪になるけどw 座るとかいうどう考えても能力的に必要ないコマンドがあるのがこの生物の推しポイントを表しているよね。しかし昔は地獄の一丁目のように感じたレッドフォレストも洞窟を除き今やすっかり庭になった。

ARK_ 179

さてメスのユウティラヌスはLv192にまで上がった。あとはツガイとなるオスの高レベルを見つけたい。いつものようにアルゲン巡回をしてたらマップ北西、雪原地方に入るデコボコした場所でLv90だったかそれぐらいの高いオスユウティラを発見。もちろんカルノ数体を従えてるけどアルファカルノLv60もすぐ傍にいる。もちろんこの千載一遇の好機を逃がす手はないのでいつもの捕獲施設を大急ぎで組み立て。ユウティラだけを釣りたいのでまずは撃ってみたが距離があるからか中々当たらずしびれを切らす一方。少し経ちユウティラとアルファカルノが少し離れたので最終手段として自分自身の囮作戦。ユウティラに詰め寄り見つけさせ即座に反転、施設めがけてダッシュ。あと半分という距離でもう追いつかれ小突かれてしまうが構わずダッシュしてスロープ駆け上がってはい出来上がり。ただ案の定カルノたちも入っちゃったので石矢で始末。むしろ入ってくれたほうが手っ取り早いから助かる。

ARK_ 180

おまけでカルノの死体目当てなのかアルゲンもやってきたが捕獲されてるユウティラに返り討ちにあってた。木製スロープも全部破壊したり相当やんちゃなオスのユウティラ。かなり活きが良くてこれは是が非でも仲間にしたい。麻酔弾を何発も使ったがようやく撃沈。もしこの最中にダエオドンやダイアウルフやサーベルタイガーが襲撃してきたら相当ハードだが幸い付近は静か。麻酔弾打ち込み中は殆ど周囲を無警戒だったが運が良かった。ま、お供としてティラノx2、メガテリ、メスユウティラがいるからいざというときは大丈夫だけどテイム中は指示を無抵抗から変えるのはちょっと不安。最悪気絶してるユウティラを攻撃する可能性もあり得ない話ではない。考えられない理不尽さがあるのがARKだからね。

そうして待望の高レベルLv202のオスユウティラヌスが仲間になった!これでユウティラヌス、ティラノ、メガテリウム、スピノサウルスと対ブルードマザー戦主戦力が全員雄雌のメイトブースト付きになって盤石になったはず。これ以上恐竜は必要だろうか分からないけど多分大丈夫…とは思うがでももう少し万全を期しておくべきか。

ARK_ 181

早速付近にいるアルファカルノLv60の討伐へ。レベル高いから少し戦々恐々としてたが終わってみれば大したことなかった。アルファカルノと正面衝突した恐竜は10分の1程度しか体力削られてない。そりゃこの戦力ならそうなるか。でもこの戦力でアルファティラノに挑戦したらどうなるんだろ。アルゲンであれだけ空を飛び回ってるけどいまだアルファティラノは見たことないんだよね。ただマップ北東部分だけ未開なのでもしかして噂の肉食島にいるかもしれない。

ARK_ 182

これでユウティラヌスが計4匹になったw ほんとこれだけユウティラいてどうするんだって感じだがw でもユウティラは見た目格好いいし操作性も良いしもちろん強いしで好きなんだよね。敢えて難癖を付けるところも特にない。とりあえずボス戦に連れていくユウティラはLv223と198の雄雌メイトブーストコンビになる。以前間違えてテイムした名前すら付けてないLv16は野生に開放してもいいけどね。そういやカラーリングは大体毛は焦げ茶色に統一されていて背筋の毛の部分が少し違うぐらいか。他の恐竜よりはバリエーションはあまりないかな。

ARK_ 183

  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回も雪原地方の旅。アルゲンで捕獲施設セットを運んでいつでもユウティラヌスやメガテリウムを捕獲出来る準備をしつつ探索。北東側でLv80だったか忘れたが高レベルのユウティラヌスのメスを発見。付近にはダイヤウルフもダエオドンも居らず比較的開けた場所があったので急ぎセットを展開。アルゲンでユウティラヌス一行を釣って施設へ誘導。無我夢中で焦ってたからユウティラの咆哮デバフのこととか忘れてたけどどうにか見事捕獲施設にスッポリと入ってくれた。が、お供のカルノと一緒。恐竜たちの咆哮と足踏みで辺り一帯は阿鼻叫喚。

ARK_ 171

このまま目当てのユウティラにだけ麻酔弾撃って気絶させたら多分カルノがユウティラ攻撃して食べると思う。なのでまずカルノを全部倒してからユウティラに取り掛かることに。生憎普通の矢は持ち合わせていなかったので現地調達。クロスボウは名工品質なので威力十分。ユウティラに当てないよう気を付けながらカルノ3匹始末してようやくユウティラの気絶作業。今回はレベルの数字を間違えず。ただサドルがない。このままアルゲンと一緒に追従させて移動させるのは不安。ひとまずユウティラをこの捕獲施設に匿っておいて急ぎアルゲンで拠点へ戻りサドル作成。取って返して再びユウティラを待機させてる北に戻って無事サドルを装着させた。

乗り心地はとても快適。足音も無駄にうるさくないし小回りも効くし走らせると早い。いい感じに眺望もいい。ただスタミナの消費が早いのとスタミナ回復が遅めなのがネックか。付近の恐竜と戦わせるけど例のデバフ咆哮は効果てきめん。ユウティラヌスvsユウティラヌス&カルノタウルスの戦いもあったがさすがLv129のユウティラヌス。こっちもデバフ受けるも難なく蹴散らせられた。これは相当な戦力アップになるな。同じ毛むくじゃらってことでテリジノの肉食恐竜版って感じもある。そういや「メイ・イン」の調査書はアイランドでは初めて見た。雪国地方にしかないとか?中国語で書かれていてこれはどうゆう設定なんだろ。

このユウティラヌスをひとまず拠点に連れ帰りたいが付近にアルファカルノLv35がいてさすがに単独での進軍は怖い。ユウティラヌスは再び捕獲施設に入れて待機させていたアルゲンで拠点に戻り今度はティラノx2でユウティラを迎えに行くことにした。こうなるとツガイのユウティラオスを次は確保したいがそれに向けて紛らわしい低レベルユウティラを狩りながら進んでユウティラのところに戻った。これで鬼に金棒というわけでアルファカルノを駆逐。ユウティラのバフは咆哮の向きのみ。率先して戦闘に参加するよりは一歩後ろからティラノを支援するかたちが良さそうだな。だからボス戦では自分はユウティラヌスに騎乗して後ろからひたすらバフ咆哮をする係になるはず。

ARK_ 172

いやぁユウティラヌスとティラノの行軍は楽しい。まさにこの大陸の支配者になったかのような最強っぷり。よほどのことがない限り負ける気がしない。とはいえまだアルファティラノやギガノトサウルスに出くわしていないからこんな余裕ぶっこいていられるんだろうけどw

今度の雪国行軍は騎乗をメガテリウムに変えてティラノを従える。メガテリもまた快適。何が素晴らしいってスタミナ消費が遅いからかなりの時間走らせられる。同じ雑食のショートフェイスベアよりは遅いけどベアよりデコボコした地面への走破性能が高い。ベア並に積載量も多いし虫食べたあとのバフによる瞬間攻撃力はティラノ並。Lv200超えだから尚更強い。逆にこのメガテリと釣り合う高レベルツガイのオスを捕まえるのに難儀しそうだ。

北西の山岳部麓でLv90だったかそれぐらいのレベル高いユウティラのメスがいて急ぎ捕獲施設セットを組み立て。いや既にメスのユウティラは上で書いた通りいるのだけど元のレベルが高いユウティラがいるに越したことはない。20ぐらいのレベル差は大きいとみる。その最中にどんどんユウティラ&カルノ一行が接近してきて焦るが間一髪発見と同時に組み上がりが間に合った。一気にスロープへ駆け上がりユウティラの捕獲施設への誘導は上手くいったけど脇に溢れたお供のカルノに殺されてしまった。さすがに生身ではきつい。防具も着ず全裸のまま足が比較的早いスピノで死亡地点へ駆けつける。アルゲンで行ってもいいけど帰りが面倒なので。一番恐れているのは罠に入ったユウティラを仲間がボコ殴ってしまうこと。それをされると苦労がパーだがユウティラはちょこんと施設に収まったままで安堵。そうしていつものテイム作業を経てさらに高レベルののユウティラヌスLv172が仲間になった!

ARK_ 173

それにしてもこれでLv16、Lv145、Lv173とユウティラヌスを3匹も仲間にしてしまうとは。ただでさえカルノと群れてるせいでテイム難易度は高めだというのにおかしなものだw

ARK_ 174

アルゲンで雪原地方を偵察してたらLv100のカルノが崖から海に落ちて海中から崖に頭を突っ込んだまま身動き取れず。あのままだと酸素量が減って溺死あるのみだがメガロサウルスがチクチクと攻撃していて果たして体力のほうが先にくたばるか。可哀想だがさすがにあの位置はどうしようもない。他の場所では小さな窪みにダイヤウルフやカルノが落ちてそのまま身動きが取れず。Lv135のウルフだがやはり位置的に掴むのは難しい。どれも自然の厳しさだな。

ARK_ 175

アイランドマップ真北の山の頂からの眺めは最高。この見える景色全てに大冒険が詰まってる、多種多様な生態系もいっぱい詰まっている、地下には未知の洞窟もあるかと思うとワクワクが止まらない。

ARK_ 176

メスのユウティラヌスのツガイとなるオスの高レベル帯のユウティラをずっと探し回っているんだがメスのレベル高い個体は見つかるけどオスの高レベルがいない。ようやく見つけて例の捕獲施設を突貫工事でセッティングしたが建設途中で気付かれてしまいパーに。さすがに虎の子のティラノが出血状態になるまで追い込まれてしまったら無抵抗から攻撃指示にせざるを得ない。いい感じにLv85のオスユウティラだっただけにテイム出来なかったのは悔しい。

ARK_ 177

アイランド北東の川辺で単独で出歩いてるアロサウルスLv130を発見。アロサウルスは大体集団で行動してることが多いからこれ幸いと麻酔弾撃ってたがブロントサウルスと戦い合ってしまいその戦いで体力を大分減らしたらしい。結局麻酔弾がとどめを刺すことになってしまった。カルノのツガイの高レベルを見つけるのもいいけど個人的にはアロサウルスのほうが好きだから欲しい。でも中々アロサウルスって見ないんだよね。

  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

そういや夏頃に恐竜のリバランスがあるらしい。個人的にはカルノタウルスの足音を改善して欲しい。あのサイズにしては音がデカすぎて耳が痛い。いやそうゆう類のリバランスなのかどうかは分からんが。ブロントサウルスももう少し有名恐竜らしいスペックに上げて欲しいな。今のところただの置物に近い。あとレッドフォレストがガリミムスだらけになるのをもう少しなんとかしれくれないものか。まぁリバランスがある頃にはさすがにもうARKやめて別ゲーに嵌ってるんだろうけどね。一応次にやるゲームはコナンを予定してる。

引き続き雪国を攻めていく。Lv65と手頃なユウティラヌスを見つけたけどやっぱりどうしてもカルノを何匹も従えてたり付近にダイヤウルフまで群れてるとわちゃわちゃしちゃって結局倒しちゃうよね。単独で出歩いてるユウティラヌス見たことがない。ボスが殺られて子分が彷徨うという逆パターンはあるんだけどね。西海岸沿いを北上してると丁度いい感じに捕獲施設を作れて近くにユウティラヌスもいる。望遠鏡で見たらLv50とそう悪くない。急ぎ事前に作って持ってきた石造りパーツを組み立てて4マスの小部屋が完成。で、どうやってここまでおびき寄せればいいかだがとりあえずユウティラヌスに麻酔弾を撃ってみたらこっちに向かってきたけど思った以上に足が早くて小突かれながらも捕獲施設のスロープに駆け上がって誘導。目論見通りスッポリ入ってくれて万々歳。あとは追いかけて来たカルノをティラノに騎乗して蹴散らせばいい。これでもうユウティラヌスは仲間に出来たも同然で案外容易かった。

意外と早く気絶してくれてテイム時間も早くてあれ?と思ったらなんとLv7…。えぇ…。どうやらカルノが重なってたせいでLv5を50と見間違えるというアホなミスをやってたようだ…。このユウティラヌスがこのあと成長したとしても基礎がLv7では脆すぎてボス戦に連れていけない。とりあえずバフの掛け具合は確認出来たけどなんともいえない虚脱感…。

ARK_ 166

気を取り直して以前アルゲンで高レベルのメガテリウムを見つけた場所まで来た。麻酔弾を撃っていきどうにか気絶にまで持っていけた。まぁもちろんすんなりとはいかなかったが。気絶した場所は海でメガテリが浸かっちゃったからあわや溺死の危険があったが酸素量の減少は確認出来ず安堵。そうしてLv202という待望の高レベルメガテリウムを仲間に出来た。色合いもシルバー掛かっていて綺麗でいい感じ。レベルアップ時のポーズはこれまたケブカサイやショートフェイスベア同様に愛らしい。ちょっとUCポーズっぽいがw あとはツガイとなるオスの高レベル個体を見つければ対ボス用の強力な切り札となるはず。

ARK_ 167

急に戦闘BGMが鳴り始めたから何事かと辺りを見回したらなんと何もない崖からヌッとカルノ数匹とユウティラヌスが湧いてきてギョッとなった。いわゆる恐竜のスポーンをまさに目の当たりにしたというわけだがさすがにこれは反則過ぎる。ま、こっちのほうが強い陣容なので即返り討ちに出来たけど。世界のカラクリを見ちゃったような気分。

ARK_ 168

ティラノが地形に嵌って抜け出せなくなった。追従で360℃回転させても出られない、付近には壊せる岩はなく地面のみ、接近しても騎乗コマンドが出ない、ゲームを再起動しても駄目。以前賢者の洞窟前でバリオニクスが同じように地形に嵌った現象が今回ティラノに起きてしまった。バリオニクスのときはどうにか抜け出せたけど今回はマジでどうにもならない。リアルで1時間ぐらい格闘して途中猛吹雪で自分のHPがわずかになり慌てて少し南に下って焚き火したりしたほど粘った。このゲームで一番怖いのは地形に嵌って抜け出せなくなることだと思う…。

ARK_ 169

敵との戦いの弾みで抜け出せたりしないかなと付近にいるメガロケロスに攻撃指示してみたけど駄目。さすがにこんなかたちで虎の子のティラノを見殺しにするのは萎える。萎えるどことじゃない、ゲーム自体に呆れて見捨てるレベル。と、諦め半分でどうにかならないか思案してたら偶々通りかかったカリコテリウムとこのティラノで戦闘発生。カリコテリウムはテリトリー型だったな。でもこの戦いで奇跡。やっぱり弾みで嵌ってたティラノが抜け出せたようでズカズカと歩いてくれた。この瞬間を見たときはほんと胸を撫で下ろしたな。兎にも角にもカリコテリウム様様。ある意味自身の命と引換えにティラノを救ってくれたのかと思うと感謝してもし切れない。

ARK_ 170

そのあとも拠点へ帰ってる途中でスピノとティラノが行方不明になって半日近く探し回るトラブル。ようやく見つけたのは滝の裏側に向けて尻だけ出してぶっ刺さっていた。おまえらは滝に打たれて何かの修行でもしてたのか。さっきのティラノもそうだがほんとこのゲームは恐竜引き連れてのトラブル対処が大変。戦闘よりもテイムよりもこれに気を遣うまである。なるべく少数精鋭、恐竜が進むルート取りは慎重に選んでいかないといけない。そうはいっても防ぎようがない理不尽なトラブルは日常茶飯事だがそれもまたARK。

  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前回書いた通りボス戦を見据えてアイランド北の雪原地方でユウティラヌスやメガテリウムのテイムに向けてアルゲンで下見。まずは北西部を見ていったが初めてユウティラヌスを見つけられたはいいがお供としてカルノタウルスを何匹も従えてるし噂のデバフ・バフ効果の様子も見ることが出来た。おまけに付近にはアルファカルノタウルスもいる。というかカルノが流氷で上がれずスタックしてるんだがw Lv95のユウティラヌスもいて欲しいなぁ。他の場所では戦い傷ついていたユウティラヌスが遂に倒れその肉を直前までお供として仕えていた数匹のカルノが群がって食べていた…。まさに弱肉強食の世界…。

それにしても至るところでユウティラヌスの例の咆哮が飛び交ってるしカルノもわんさか居るしやたらアルファカルノも結構な数湧いているししょっちゅうマンモスとダイヤウルフやダエオドンがおしくらまんじゅうしてるし雪国はどこもかしこも戦国時代。こんなところでテイムは相当厳しいぞ…。ユウティラヌスはあっちこっちで他の恐竜に喧嘩売ってるから生き抜く個体より殺られてる個体のほうが多いんじゃないか。なんか同じく喧嘩売りまくるスピノみたいな血気盛んな奴だな。

ARK_ 160

マップ最北側でいい感じのLv135のメガテリウムを見つけた。早速麻酔弾を撃っていくけど付近をうろついてるダエオドンが邪魔で気絶させてもその後が危ない。アルゲンで攻撃してみたが一向に血を流さない。やはり自己回復をしてくるから埒が明かないようだ。アルゲンで掴んで離れた場所へポイ捨てしてもやたら執拗に追いかけてくる。掴み中も攻撃されるからそう遠くへは持って行きづらい。それにしてもこのメガテリウムは崖付近でスタックしたのか一向に動かない。それなら尚更チャンスなんだが。最接近してみたがカピバラみたいでとても可愛い。個人的にARK見た目可愛い癒やし恐竜TOP3はショートフェイスベア、ケブカサイ、そしてこのメガテリウムではないかな。ま、それはともかく周囲の安全を確保出来ないテイムは実を結ばないしメガテリウムも結局スタックしてなかったしで今度陸路で出直そう。

ARK_ 161

北端からそのまま海岸沿いを西へ進んで最北西に来た。ここでもユウティラヌスがほうぼうに喧嘩吹っかけててカルノも暴れてる。どこもまともに腰を落ち着ける場所がない。そんなユウティラヌスを上空から見ていたら突然画面が暗転。別にユウティラヌスに見つかって吠えられたわけじゃなさそうだが運悪くデバフ咆哮ゾーンに入ってしまったようだ。初めてこれ体験したけど怖いな。もしアルゲンのスタミナが切れかけだったり地面に着陸するコースだったりしたら落ちた場所の恐竜の陣容によっては相当ヤバい。もちろん陸路でこのデバフ受けても危険だろう。

ARK_ 162

大陸から少し離れた場所にはカイルクペンギンというペンギン種の島があった。つかの間の癒しのひととき。中にはちっこい少年期のカイルクペンギンもいて可愛い。ただこのカイルクペンギンを殺すと有機ポリマーが手に入りギリー装備の材料になるらしいが…まぁ出来ないよね。ギリー装備はポッドから手に入った分で当面大丈夫のはず。ギリーの靴装備だけないけど。

ARK_ 163

ペンギンランドから南下していくと崖付近でユウティラヌスがスタックしてる?格好の獲物なんだが麻酔弾撃つ際に自分が動けなくなる危険もあるし仮に気絶させられてテイムしてもここから脱出出来ない危険、周りにはカルノもいる、さらに岸の上にはアルファカルノも他のカルノ共々狩りをしていることから断念。ユウティラヌスは結局動いていたけど岸の上から他のカルノが落ちてきたりして寄ってたかって狩りをしてて恐竜たちの雄叫びで阿鼻叫喚。アルファカルノも少し離れた岸に落ちていて地獄絵図。

さて、今度は陸路で雪国地方を攻めていくことに。布陣はティラノx2とスピノ。あの雪国地方の修羅場からして相当強力な恐竜じゃないと危険。その行軍途中の川で以前から欲しかった高レベルスピノのオスを発見。予定変更してこのスピノの捕獲作戦へ。まぁ捕獲施設無しの人力テイムだと相当疲れるよね。囮役の仲間のスピノのHPがかなりヤバいぐらい減らされてタゲを変えるのに難儀したしあっちのHPが少なくなったら逃げ足速いから何度も見失った。そうして西の海岸付近の岸の上でようやく終止符。ただこのとき仲間のティラノが行方不明になって探し歩いていたが見つけたあとにスピノのステータス見て焦った。うっかり忘れていたがスピノは気絶値の回復が他よりかなり早いんだった。急いで周囲のナルコベリーを集めて食べさせていく。久々にナルコリレーをやった。気絶値残り114/5644にまで迫られて焦るが間一髪間に合った。これでLv142のスピノサウルスが仲間に。既にいるメスのスピノとメイトブーストが掛かるからメイトブースト済みティラノx2と合わせて相当最強な布陣になったはず。あと個人的に少し赤み掛かった色合いも精悍な印象があって好き。

ARK_ 164

実はスキューバーセットも持ってきていてこれは沖合いのシリカ真珠の採取用なんだが海岸沿いを北上してたら偶々イクチオサウルスの魚影が近くに見えてこれ幸いと手渡しテイム。レベルは20だけど意外なかたちで呆気なくイクチオをテイム出来たなとホクホクだったが名前をつけるダイアログの後ろにはメガロサウルス数匹の影…。慌てて名前も付けずダイアログを閉じて浅瀬に駆け上がる。自動的に追従設定になってるからイクチオも浅瀬付近に来てくれてこれで大丈夫かなと思ったらメガロサウルスの奴ら浅瀬にまで乗り上げてきた。もちろん仲間にしたばかりのスピノが狩ってくれたけど思った以上にメガロサウルスが群がってたようでどさくさの最中にイクチオは殺されてしまった…。まさかの1分程度の仲間…。もし自分がテイムしなかったら失わなかった命だろう…。自分が不甲斐ないばかりに申し訳ない…。スピノは弔い合戦の如く好き勝手暴れてそこらのメガロサウルスを手当り次第殺してくれたけどクリダリアという海の生物では危険極まりない電気クラゲが近づいてきたので即退散。クラゲ見る度に以前浅瀬で見たLv100のバシロサウルス確保しときゃよかったなと思う。

ARK_ 165

  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

沿岸部で原油採ってたらアルファメガロドンの襲撃。マンタや他のメガロドンまで来てしまい無理。自分はスキューバーのヒレのお陰でどうにか逃れられたけど仲間のメガロドンが殺られてしまった。このメガロドンは以前浜辺で打ち上がってるところを運良く楽にテイム出来た仲間だったけどまぁそうゆう恐竜は得てしてこうなるのか。

工業用グリルや発電機、化学作業台を設置して遂に我が拠点も工業時代へ。工業用グリルの何が素晴らしいってこれまで速攻腐るから持て余していた霜降り肉を一気に焼き上げられること、普通の肉も倍ぐらい早く焼いてくれること。個人的にはグリルの中で実際に肉が焼けてるビジュアルが欲しかったな。化学作業台もすりこぎの倍以上高速に作ってくれるしストレージもいっぱいあるのが嬉しい。どれも思ったより石油の消費がそんなに激しくないのが助かる。ちょっと海で原油掘りはアルファメガロドンのせいで当分行きたくないのでね。

ARK_ 151

さて今回はアイランドマップ南東にある大物の洞窟の攻略。お供の恐竜は悩んだがやはり安心と信頼のバリオニクスx2にした。ジャンプギミックがあるとのことで既に1匹いるベールゼブフォを考えたけどメイトブースト用の高レベルツガイが見つからない、攻撃範囲の狭さ、攻撃力と積載量の不安もあってやめた。テラーバードもどうも個人的に頼りない印象。ちなみに何度も書いてる通り電撃のゴローさんの恐竜王国シリーズを見ていたので洞窟内の大体の構造は把握済み。というか洞窟の入り口のテクスチャが閉じたり開いたりしてバグらないか激しく不安なんだがw

ARK_ 152

最初はオニコニクテリスがお出迎え、さらに冒険序盤で敵としてお世話になったディロフォサウルス、プルモノスコルピウス、アラネオモーフスがわんさか。特にオニコニクテリスがアホほど多くて厄介。一応バリオニクスに騎乗してライフル撃っていってるけど空中だから中々当たらないしリロード速度も遅いし量も多いから対処し切れない。結局長槍ぶん回しが手っ取り早い。オニコニクテリスは周りをぐるぐる回ってチクチクと攻撃してくるから当てづらくて結構時間掛かるけど。おまけにLv50以上だと倒すのにも手間取る。足元では地味にプルモノスコルピウスもチクチクと攻撃。でもこいつはそこまで鬱陶しくない。鬱陶しいのは目くらまし攻撃してくるディロフォサウルス。

ARK_ 153

最初の分岐は左を選択。当然どっちもオニコニクテリスが大量でうんざり。とはいえバリオニクスは殆どダメージ喰らわず。さすが百戦錬磨のバリオニクス。気絶値が僅かに上昇しているのはプルモノスコルピウスのせいか。その都度興奮剤を投与してリフレッシュ。そうしてS字の細い通路へ。崖の下にはマグマがあって落下=死。追従させると思わぬ行動することが予想されるので面倒でも追従解除して騎乗しながら1匹ずつS字を歩かせて通過させる。通過先にもオニコニクテリス、プルモノスコルピウス、アラネオモーフス、ディロフォサウルスの4点セット。敵の対処はどうにかなってるけど一番怖いのは騎乗していないほうのバリオニクスが必要以上に敵を追いかけて崖下に落ちてしまうこと。マグマに直行しなくても自分の身の危険がある場所だったら救出を諦めざるを得ない。

ARK_ 154

そうしてS字でもない普通のマグマ間のジャンプ地点へ。アーティファクトの歪んだ空間が見えていてゴールは近い。ジャンプ先の通路は細めになっていて敵が出てきて混戦すると不意のマグマダイブが危険なのでバリオニクス単独で進みもう1匹は待機してもらうことにした。騎乗するバリオニクスは一番高レベルのLv126。待機させるほうの場所は当分敵は湧かないから大丈夫だろう。まずダッシュ状態に入力しておいて助走付けながらのジャンプ…は一発成功。そもそもミスったら死ぬから二発目はないw いやしかし心臓バクバクもの。事前に何度かバリオニクスでジャンプする練習していたけどどのくらい飛ばないといけないか分かりづらいからほぼ運頼みだった。

ARK_ 155

その先でまたオニコニクテリスが邪魔してきたがあろうことかここでオニコニクテリスを媒介として狂犬病に掛かってしまった。既に対処法は知っているので落ち着いてまずはブリューを飲んでHP回復。狂犬病カウントが0になるまで待つ。そうして無事収束。体力ゲージは大体半分ぐらいまで減らされた程度でそう恐れるものでもなかったな。ま、もっと敵が大挙して押し寄せてるときに狂犬病に掛かったらやばかったかもしれないが。

ARK_ 156

メガロケロスの調査書をゲットしたあと問題のアーティファクトがある場所へ。アーティファクトの周りは大きくマグマで隔たれていてさすがにバリオニクスのジャンプでは死あるのみだろう。生身でのジャンプもアクロバティック過ぎる。というわけでここでグラップリングフックの出番。というかこれを作ってからこれまで一度も使ってなくてここでぶっつけ本番っていうね。さっきのジャンプといい行きあたりばったり過ぎるな。ただここまで来たらやらざるを得ないのでええいままよって感じでアーティファクト上の天井っぽいところにグラップリングフックを撃ってR2でロープを手繰り寄せる。そうして無事アーティファクトがある場所へ飛び移ることが出来た。人間追い込まれたらなんとかなるものだ。

ARK_ 157

安心するのはまだ早い。右側には数匹のオニコニクテリスが羽ばたいていて見つかったら袋のネズミ。うっかり忘れていた防虫剤を今さら使って急いで大物のアーティファクトをゲット。グラップリングフックを飛び移る直前で待機させていたバリオニクス頭上の天井っぽいところに撃ってジャンプ。問題なくいけるかと思ったらバリオニクスの頭上ではなかったようで飛び移る距離が足りない。でも慌てずフックを離した瞬間に地面にもう一度フックを撃ってそのまま手繰り寄せてマグマへの落下死を免れた。ぶっつけ本番なのに意外と使いこなしてる自分に驚いてるw

このあとはこの期に及んで湧いてきたプルモノスコルピウスを蹴散らしたあともと来た道を戻るだけ。ただもう1匹のバリオニクスを待たせてるところへのジャンプが実は最大の難所。行きは少し下り坂になってて勢いをつけやすかったけど帰りのときはちょっと上がる感じになってるから余計難しい。正直厳しいかもと覚悟して臨んだけどどうにか成功。飛距離はギリギリにならず少しばかり余裕もあった。ここが一番安堵した瞬間だったな。ここさえ突破出来ればあとはもう敵の再出現まで時間もあるしほぼもぬけの殻状態の洞窟を戻っていけばいいだけ。

ARK_ 158

というわけで大物のアーティファクトをゲットして大物の洞窟をクリア。緊張の連続で心臓に悪い洞窟だった。これまでの賢者、狩人より倍以上きつかったな。兎にも角にもクリア出来たのは2匹の高レベルメイトブーストバリオニクスのお陰。バリオニクスがいなかったらにっちもさっちもいかなかった。さて、これで3つのアーティファクトが揃い1匹目のボスに対する挑戦権を得ることが出来た。ただ現状の戦力だと多分無理のはず。今後の目標はさらなる強力な恐竜をたくさん仲間にしてもっと戦力を整えていくこと。予定としてはメガテリウムx2、ユウティラヌスx2、ツガイとなるメスのカルノタウルスとオスのスピノサウルス。もちろんどれもLv100以上が最低限のボーダー。結構手間がかかる相手ばかりだからボス戦までには相当時間掛かるだろうなぁ。

  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加