かな~り今更ながら年始に見たTV感想でも。

まずは「ウィーン・フィル ニューイヤーコンサート2011」。

今年の指揮者は「フランツ・ウェルザー=メスト」。最初ウェルザー=メストがニューイヤーの指揮台に上がると聞いた時は余りのミスマッチさにマジでか?と驚いたけどなるほどウィーン国立歌劇場の新しい音楽総監督としてのお披露目でもあったか。オーストリア人としてウィーンも相当彼に期待してる表れだろう。

で、実際のコンサートはウェルザー=メストならこうなるであろうという予想通りの内容だったな。華やかさに欠け少し堅く真面目。コンサート中に頻繁にカメラ向けられてたアラブの成金ぽいオッサンは退屈そうにしてたが一般的にもそんな感じで地味なニューイヤーと思われただろうなw。

でもこれが正統派って感じで去年のグダグダなプレートルよりは遥かに聴き応えがあった。クライバーの指揮で有名な「パズマンのチャルダーシュ」はなるほどこれだ!と思わせられる説得力。とはいえリストの「メフィスト・ワルツ第1番」は場違いだったな。いくら生誕に合わせる必要だからといって無理にいれなくてもね。今年以外もそうだがニューイヤーはシュトラウス家で統一してもらいたいものだ。

あと「美しき青きドナウ」前の恒例の指揮者の挨拶。今年はあけましておめでとうだけの一言なのが良かった。やっぱああゆう華やかな場に政治や災害とか戦争とか持ち込まないで欲しいからね。ましてや配慮して「ラデツキー行進曲」を中止するとかもっての外。

というわけでまずまず楽しめたニューイヤーコンサートでした。来年は2度目の登場となる「マリス・ヤンソンス」。彼らしい明快なパフォーマンスに期待しよう。個人的にはそろそろティーレマンに振ってもらいたい、ラトルも興味あるが・・・アバドはもうやらんだろうなぁ。

  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BS朝日で見た。クラシックじゃないのにオケをわざわざ両翼配置してるのは金聖響さんの拘りなのかw。佐渡さんが全機種持ってる程ゲーム好きだったとは意外。聖響さんとはみんゴルでもやってんのかな。植松さんはほんといつもこの風貌で安心するw。チャイコフスキー好きってのはなるほどなぁ。メロ優先だから通じるものがあるかも。大御所すぎやまさんも登場。しかし司会がゲーム通だと安心して見ていられるな。DQは3からか。テーマばかりなんで激しい戦闘曲とかも聴きたかった。そしてすぎやん指揮で3のエンディング曲。流石指揮が様になってるな~。出来れば個人的に一番好きな5からも欲しかった。やはり尺不足。前後編とで分ければ良かったのにな。会場では他に何やったか気になる。

  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2番のようなアプローチだとやはり1番では成功する。荒削りな面のある曲調とヤンソンスの押し出しの強い指揮ぶりがぴったりとマッチ。これは名演。

オケも同じ暖色系ながらコンセルトヘボウよりはバイエルンの方が音にシャープさがあって適してる感じ。録音はこちらも素晴らしい。ヘボウホールとヘラクレスザールとの音響の違いのせいか音が生々しく明瞭。ヤンソンスの唸り声もはっきり聴きとれて臨場感抜群。

併録はブリテンの「青少年のための管弦楽入門」。表題に囚われない順音楽的表現が素晴らしい。ヤンソンスのナレーション入りも聴いてみたかった気がするがw。

ウェーベルンの「夏風の中で」は南欧の明るい夏ってイメージだな。明快でこれも良い演奏だ。

  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

f:id:ukaz:20100322192920j:image

コンセルトヘボウのシベリウスっていうとセルの録音以外は何故か殆どないんだよね。歴代首席指揮者がシベリウスを振らないというのもあるしオケの音色的にもあまり適さない感じがする。

で、現音楽監督のヤンソンスが振ったこの第2番。メリハリがあって快活でとても威勢がいい。まさにホットな演奏で温暖系のシベリウス。ヤンソンスはラトビア出身だが土地柄よりもヤンソンスの個性が際立ってるな。

個人的に2番にはピンと張り詰めた雄大さをイメージしてるのでヤンソンスの解釈はこちらのイメージとはちょっと違ったかな。全体的に性急で忙しない。第2楽章はもう少し深淵さが欲しいところ。終楽章コーダは高々に金管が鳴り響いて欲しいんだが・・・ちょっとふっ切れないか。会場からはブラボーの声。勿論ライブで聴いたら大興奮大絶賛なんだろうけど・・・。

録音は相変わらず素晴らしい。スピーカーからホールトーンに360℃包み込まれるようだ。

  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

4月30日までの期間限定で無料公開されてるので早速視聴してみた。ユーザー登録が要るのは面倒だったし全面Flashはモッサリしてるから鬱陶しかったけど動画自体はとても高画質で映像が美しい。ブロックノイズも殆どなくBSとなんら変わらないのは凄いな。ページの高級感も良い。う~んこれを見ると金払ってまで見たくなっちゃうよなぁ。しかし貧乏人に18500円は高すぎる。


演奏自体はラトルらしく溌剌としてとても愉悦感のあるハイドンだった。こんなハイレベルな演奏をベルリンでは毎週やってるんだよなぁ。羨ましい限りだ。

オケ団員では安永さんがコンマスだったのが嬉しい。パユは相変わらず楽しんでるなぁ。マイヤーとのコンビは絵になる。

f:id:ukaz:20100311000448j:image

ところでプログラム後半はブラ1だったみたいだが舞台上にある独奏用ピアノは何の為に置いてあるのかとても気になる。

f:id:ukaz:20100311000447j:image

舞台左上の席とか目立ち過ぎて聴くどころじゃないよねw。

  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Tchaikovsky: Symphony No. 5
Tchaikovsky: Symphony No. 5
posted with amazlet at 10.03.06

Sony (2006-06-13)
売り上げランキング: 68607

明晰で揺ぎ無い造形感の確かさ。余計な感傷とは無縁の純音楽的な演奏。流石セルとクリーヴランドのコンビと思わせられたが終楽章再現部でのクラリネットのミス、コーダのシンバルの一撃にズッコケたw。クラリネットは誰にでも分かる盛大な外しっぷりだがシンバルはやや控えめなのはセルも少し自重したんだろうか。そういえばケルン放送響との5番でも展開部をざっくりとカットしてたなぁ。他のチャイコフスキー録音だとロンドン響との4番があるけどこれが面白くない。セルの美点が尽く裏目に出てしまってる感じだった。5番といい悲愴も無い事といいセルにとってチャイコフスキーは相性悪いのかもなぁ。

  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加