このページでの記事一覧

(全2ページ)

今年の6月からプレイ開始して10月にクリアだから4ヶ月ぐらい掛かってしまったw なんでここまで時間掛かったかというとやはり「夏の暑さ」。うちは特に暑くなるところだから余計堪えてプレイが捗らなかったんだよねぇ。あと陰鬱なロケーションというか雰囲気もプレイさせる気に中々ならなかったw

というわけでまとめだけど既に散々語られてるゲームだしうちでは手短に総括。

良かったポイント

写実的でリアルなグラフィック。
まさに映画の中を動いてるかのよう。十分一線級のクオリティ。
格好いい戦闘曲、癒されるフィールド曲など多彩で印象深い音楽。
特に歌の入った「サンレス水郷」などは鳥肌モノ。浜渦サウンドを堪能出来る。
豪華声優陣によるフルボイス。
アイドル声優に頼らない外画系声優がメインで演技もしっかりしてるし声質も合ってる。
タクティカルで爽快感溢れるテンポ感良い戦闘システム。
緊張感のある駆け引きが要求されて雑魚戦でも最後まで飽きさせない。
補助系魔法の有用さ。
オプティマの切り替えが重要なこのゲームでは補助系魔法の使いこなしがカギ。
戦闘後のダメージ全回復によるストレスフリーなゲーム運び。
戦闘は戦闘のみ、フィールド移動は移動のみに集中出来る。
戦闘時のド迫力エフェクトと効果音。
ガ系魔法、特にルインガは痛快。巨大ボス戦も圧巻。
フィールドで声掛ける時いちいちボタン押さなくてもいい。
近づくとオートで声が流れる仕組みなので楽ちん。いい意味で聞き流しが出来る。
セーブデータのロード時のあらすじ表示。
プレイの間隔が空いても文字情報で思い出しやすい。

悪かったポイント

アクセサリのソートができない。
量が多くなるとアイテムを探すのに骨が折れる。
オプティマ切り替えのラグ
ラグではなく仕様なんだろうけどもう少しキビキビ切り替わってくれたらスピード感出てよかったと思う。
各ショップへのロードが遅い。
ワンテンポ遅れる感じがあって各店への移動がスムーズに出来ない。
視野角が狭くて移動がしづらい。
酔う人は酔いやすいと思われる。
序盤は操作メンバーの入れ替わりが激しくキャラに思い入れしづらい。
もう少し落ち着きが欲しい。

という感じです。

世間一般では色々叩かれたり賛否両論だったFF13だけど個人的には普通に楽しめた作品でしたよ。特に戦闘はマンネリがなくほんと面白かった。

ff13_86_20121030015658.jpg
ファイナルファンタジーXIIIファイナルファンタジーXIII
(2009/12/17)
PlayStation 3

商品詳細を見る
  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

というわけで遂に最終回。

またおまえか、というわけで3度めの「バルトアンデルス」戦。以前と違い付属品はなく叩くのは本体しかないから楽。状態異常も効いてくれるし全体攻撃はもう十分凌げるし普通に難なく勝てた。でも相変わらず威圧感はたっぷり。

ff13_60.jpg
[ 続きを読む ]
  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ようやく最終章。確か平均クリア時間は45時間前後って聞いてたから丁度かな。

ff13_49.jpg

いわゆるラスダン。構造がデザイン的で見た目美しいけど進むのが大変。というのも左右似た景色ばかりだから方向感覚が狂ってしまいどっち進んでるか分からなくなるんだよね。あと移動床分かりづらいw

ff13_50.jpg

しかも出てくる敵は硬くて面倒な攻撃ばかりしてくる奴ばかりだから困る。特に「サクリファイス」のデスやスロウやバイオや「ダゴン」の猛烈な物理攻撃やらで一つの戦闘での疲労度が高い。

ff13_52.jpg

因みに今まで訪れたフィールドへ戻れるみたいだけどとっととクリアしちゃいたいのでスルーw

ここでボス戦はウツボみたいな気持ち悪い奴。2体纏めてだったけど雑魚だったな。

ff13_51.jpg

「ダゴン」と「サクリファイス」or「突撃砲ティーガー」の組み合わせが凶悪過ぎてもう泣ける。特に「ダゴン」は打ち上げ攻撃してくるからその間動きが取れず回復に入れないから二進も三進もいかなくなるんだよね。一つの戦闘で何度かリトライしたりやたら時間掛かったり雑魚なのにボス戦並に厳しい。

打開策としてパーティはヴァニラに代えてエンハンサーが欲しいので回復も出来るホープへチェンジ、攻撃も回復も出来るオールラウンダーなライトニングはそのまま、ジャマーと攻撃避けのディフェンスが出来るファングにセッティングしたら比較的順調に戦えるようになった。エンハンサーってここ数章使ってなかったんだが「ヘイスト」による加速はここにきて重要になってきたな。

そしていかにも素早い攻撃仕掛けてくるって見た目のボスとの戦い。予想外に攻撃力もバカ高い。一撃でHP0になった時は唖然としたよ・・・。

ff13_53.jpg

でもこいつもジャマー・エンハンサー使いこなしつつ落ち着いてオプティマ切り替えていけば楽勝だった。

ff13_55.jpg

ここら辺りのソリッドなマップデザインとカラーリングが神秘的で格好いい。

ff13_54.jpg

これまでのボスが雑魚として出現とか聞いてない~。

そして更に立ちふさがるボス。ただこいつも一旦状態異常やこちらのエンハンサーが効けば楽勝。

ff13_56.jpg

この章のボス戦でのオプティマは開幕で(HLR・JAM・ENH)の「トリニティユニオン」にして敵弱体化・味方強化を図りその後の攻撃スタイルは(BLA・ATK・HLR)の「勇戦の凱歌」。やばくなったら(HLR・HLR・DEF)の「フェニックス」で立て直し。こういったオプティマの切り替えでやっていけてる。

ラストのマップへ移動。ちょっとポータルを彷彿させられる近未来的なデザイン。最後の決戦メンバーはライトニング、ファング、ホープだ。そりゃライトニングは欠かせないよねw 本当はヴァニラを入れたいところだけどエンハンサーの重要性でホープにした。同じエンハンサー持ちのサッズは・・・メンバー中一番起用回数低いかもw

ff13_57.jpg

いざ最後の決戦へ!

ff13_59.jpg
  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BIT.TRIP RUNNER

2012-10-10_00006_640.jpg

これは面白い!いわゆる障害物避けゲームだけどテンポと操作バランスとセンスが良くてプレイ感がすごい楽しい。特にBGMがピロピロなり始めた時のトリップ感は病みつきになる。だからミスしても何度でもプレイしたくなるんだよね。最初の地点からのやり直しが全く苦じゃないゲームだ。

このゲームを始めて知ったのはbamiさんのブログ。Minecraftも知ったのもこのブログだしほんと感謝さまさまですよw

Torchlight

2012-10-11_00001_640.jpg

2が出てるのに今更1やり始めたw Diabloライクなハスクラゲーム。マウスをカチカチやってるだけでサクサク進む(今のところは)ので簡単だし爽快感あるしより強いアイテム見つけて装備してマイキャラ強化していく過程が楽しい。

因みに上記2本は「The Humble Indie Bundle 6」という5本ゲームセットで1ドルの値段で買いましたw

Burnout Paradise The Ultimate Box

BurnoutParadise 2012-10-11 01-03-10-05_640

Paradise Cityという広大な町をかっ飛ばしてライバルをなぎ倒す痛快さが心地いい。グラフィックは最新のレースゲームより少し劣るけど常に暴走してるのであまり気にならない。色々な車のエンジン音や洋楽に耳を傾けながら単に車走らせてるだけでも楽しいな。

というわけで余裕でマイクラ中断中でござる。

  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ようやく第12章に突入。ここからジェットコースターみたいな目まぐるしい展開で基本見てるだけだなぁ。ムービーゲーの面目躍如かw

ff13_31.jpg

ライトニング単独戦闘もあったけど何も考えずボタン押してるだけでOKだ。

ff13_32.jpg

数分後にやっと操作タイム。高所恐怖症の人はこの場に居られないねw

ff13_33.jpg

基本的にキャプチャーはその場で随時静止画として撮ってるんだけどシーンの展開が早すぎて中々良い絵が撮れてなかった。でもこのライトニングさんはボケ気味ながら格好良い瞬間撮れてるな。

ff13_34.jpg

・・・見え

ff13_35.jpg

そういやこの世界の下着ってどんな感じなんだろ。

「キングヘビーモス」は中々タフでしたなぁ。ヘビーモス系はHP少なくなったら全快するのが嫌すぎる。

ff13_36.jpg

「オロポン」だったかな。くちばし攻撃を連打されるのがかなり手痛い。しかも4体ぐらい相手しないといけないから厄介。

そしてボス戦は「ブラウド・クラッド」。ジャマー効かないとかなんて面倒くさい奴w。

ff13_37.jpg

でもすんなり攻撃していけてるなと思いきやよくありがちな発狂ターイムでジ・エンド。流石にあれは耐えられんよね。

ff13_38.jpg

メンバーはライトニング、スノウ、ヴァニラ。発狂タイムになったらオプティマをフェニックスにしてとにかく耐えて耐えまくるしか戦法はないみたいだ。その後再びブレイクに向かってひたすら攻撃していく。時間は掛かったけど地道なこの方法で2度目のリトライで勝利。

FF13の戦闘ってタクティカルに攻めないといけない敵が多いから自分には結構疲労度高いw

ff13_39.jpg

でたぁ。デカすぎ・攻撃力高すぎワロタ・・・。

ff13_41.jpg

後ろから攻撃しかけても奇襲にならんのよねこいつは。クエイクとか土属性の強烈な攻撃してくるから回復が間に合わない事しばしば。とにかく硬いから倒すのが面倒くさい。

この辺りは敵同士で戦ってたりするんだよね~。お陰で助かるw こうゆうとこでバトル(ゲーム側)のバランス取ってるのかな。

ff13_42.jpg

ヘビーモス系「フンババ」の2体同時はマジで鬼畜だった・・・。同時に襲ってきた初戦では5回ぐらいリトライしてしまったw HP全快してウィークといったジャマー系魔法もかき消されてその後のエアロガが特にきつい。エアロガが重なると地獄。

ff13_43.jpg

折角大亀から逃げたのにやっぱり戦わないといけないのかと思ったらこのシーンは笑った。いや安堵したか・・・。

ff13_44.jpg

締めはまたまたの「ブラウド・クラッド」戦。前回同様ジャマーは効かず正攻法の戦法。当然更に攻撃は苛烈を極まりHPが耐えれないギリギリライン。奴のHPを半分以下にまで削ったのに全滅とかなったら最悪過ぎるから無我夢中に堪えていったなぁ。

ff13_46.jpg

ライトニングさんの召喚獣も出して総出ですよ。

ff13_45.jpg

12分も掛かっちゃったけどねw

ff13_47.jpg
  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今米Amazonで開催されてるセールで「The Storming, Burning, Reflecting, Flaming, Sabotaging Pack」を買いました。

Bulletstorm
10 GB  $14.84
Burnout Paradise: The Ultimate Box
2.9 GB  $19.95
Mercenaries 2: World In Flames
5.4 GB  $9.99
Mirror's Edge
5.83 GB  $14.72
The Saboteur
6600 MB  $15.17

この5本セットで9ドル!そしてクーポン使えば7ドル!500円で5本もメジャーゲーが買えちゃうんだからまさに価格破壊。Steamといい海外のセールはほんと太っ腹で心配になるぐらいだw

こうゆうので買っちゃうとPCゲーは日本の代理店経由価格で買うのがアホらしくなってしまうよなぁ。そりゃ勿論日本語化や日本語マニュアルやらプラスαがあるとはいえ。

因みにOriginへはMercenaries 2以外は全て登録可能。ただBulletstormは海外版でもOriginに登録すると規制版になっちゃうらしいからちょっとそのまま様子見。ま、そもそもプレイするのもいつになるやらって感じなんだけどねw

  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加