このページでの記事一覧

(全3ページ)
平原で前より倍以上敵が湧いて出てきてるんだけどw ちょっと多すぎてしんどい。槍は突きとか威力あるし取り回しが軽いから片手剣より使い勝手はいいけど一直線に攻撃し過ぎるきらいがあるな。使いこなせるようしなくては。やっぱ棒立ちでもいいからカイネがいてくれたら・・・。

再び洋館へ行き今度の舞台は地下施設。一転してディアブロみたいな斜めからの見下ろしになるクォータービューになるのが楽しい。キャラや敵がちっこくなって可愛いしねw ただその分攻撃が当てづらくなったり建物の死角ができて見えづらくなって戦いにくくはなった。いつの間にかダメージ相当喰らってたり結構ピンチになってたり。エミールの石化は有用だけどこちらの経験値やアイテムドロップにはならないだろうから頼りっぱなしというわけにもいかないからなぁ。とにかく囲まれてボコられたら立て直す隙が中々ない。

nier(62).jpeg

プレイアビリティとして上手くいってるかは兎も角飽きさせない面白さがあって良いよね。しかし何か色々な形態のゲームが詰め込んでる感じだなぁw 

nier(63).jpeg

エヴァのアダムだっけ。杭を打ち付けられてる姿でそいつを思い出した。

nier(64).jpeg

物理攻撃は効かないけどむしろ魔法のみの方がやりやすい。黒の手をメインにして攻撃。奴が壁によじ登ったら黒の槍で攻撃。衝撃波が厄介だったけどそれ以外の弾幕とかはガードでかわしつつで比較的楽に勝てたな。

nier(65).jpeg

エミールが・・・。これは中々に衝撃的な展開。自分がこうなったら耐えられそうもないな・・・。

nier(66).jpeg

そして再び頭だけの蛇みたいな奴と対戦するもサクッと片付いた。やっぱり弱いじゃないかw

遂に各街へ船着場からショートカット出来るようになった。RPGで中盤ぐらいになると出来るようになるお約束のあれだな。ま、このゲームの場合各街へはそんなに距離ないから歩き(走り)でも苦じゃないけどね。

石の神殿でまたまたパズル。今度は倉庫番かw ま、これは比較的楽にクリアできたかな。道中の雑魚は黒の手無双。ここではカイネやエミールが結構力になってる。

nier(67).jpeg

ボスは一番最初に戦った奴?遠目からチクチクと黒の槍で攻撃していけばいいし突っ込んできたらヒラリと回避しつつそのままなぶり倒せばいいからこいつは楽な勝負だったな。しかしカイネが刺されたというのにあんまり驚いてなかったニーアw そしてまたお約束の仲間とのバトル。カイネが繰り出す凄まじいまでの弾幕の雨に笑った。これ3D版東方かw まぁ弾幕はこけおどしに過ぎないしそこまで苦労はせず。段々ボスが弱く感じるようになってきたなぁ。

nier(68).jpeg

今更な感想だけどアタックゲージ撃破後のフィニッシュを決めるイベントへの移行に間があるからなんかテンポ悪く感じてしまう。もう少しスムーズにラグなく移ったら気持ちがいいんだけどね。
  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2-3-1で大井っちがまた出たw あれだけ一向に出なかったというのに一度出たら何度も出るw まぁ得てしてそうゆうものなんだよね。川内さんもそうだった。

2-4へ再びトライするも今度は普通に負けてしまった~。最良の戦績とコースでこれはクリア出来る!という手応えがあったんだけどね。レベルは足りてると思うしあとはやはり運に左右されるのかな。

kancolle_131020(24).png

開発は資源節約でずっとALL10でデイリーのみ回してたんだけど2-4で勝てないこともあって流石にこれではダメだと痛感。意志的に数値変えて試みた。Wikiに載ってる艦載機王道レシピで意外と容易く烈風、彗星、流星改、紫電改二が出て歓喜w 秘書艦娘はレベル52の龍驤ちゃんにしてたし司令官レベルも高くなったしで序盤の頃に比べて結構良い装備が出るようになったんだな。これで航空戦力が少しは底上げされればいいけど。

そういえば「第六駆逐隊」出撃せよ!の任務がまた出たw これ有名なバグみたいで自分もその目にあってしまったというわけか。でもまぁまた燃料と高速修復剤貰えるからいいかなw

kancolle_131020(28).png

まとめブログで紹介されてたこれ(http://swsort.web.fc2.com/kancolle.html)やった。2人提示されるからどっちが好みか選んだり引き分けしたりしてどんどんフルイに掛けていくシステム。結構選別に時間は掛かる。で、出た答えは・・・。

kancolle_131020(26).png

1・・・比叡
2・・・北上
3・・・大井

ドンピシャリとストレートに自分の好みに合致してくれて嬉しいw

最近の部屋はこんな感じ。新しい家具の「真っ白なフワフワ絨毯」いいわぁ~。そして何故か布団があるのが意味深w

kancolle_131020(27).png

そうそう、やっと大きな進展があった。うちの海域には金剛ちゃんは配備されてないのかな~といじけてたんだけど遂に出たw 2-2のボス戦Sクリアのドロップ。最初に榛名が出て次に霧島が出て比叡も出てで結構すいすいと金剛型は揃うのかなと思ってたらいやぁほんと長かったw 惜しむらくは普段音声・BGMもオフにしてたから最初の一声が聞けなかったってことか。

kancolle_131020(25).png

これで第四艦隊も開放!第一艦隊は演習相手用にレベルが高い艦を単独にして第二艦隊をメインで使っていこうかな。第三、第四は遠征オンライン用にしてっと。こうして不自由なく使えるのが嬉しいなぁw 最初から全艦隊使えてたらやりくりの楽しさや艦隊枠のありがたみは分からなかっただろうな。
  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前回のファーストインプレッションからの続き。

そういえばシリアルナンバーは外箱にも書いてあったw 本体のナンバーとも一致して本物確認。ま、Q701 の偽物はないみたいだけど一応。

q701_05.jpg

質感はプラスチック製だけあって値段不相応。というか実際触って誰もこれが 26,000 円ぐらいの品だと思わないと思うw ただまぁ質を上げていくと重くなるだろうし致し方なしか。あとじっくり見てて気付いたけど両サイドに黒色の細いケーブルが2本走ってるんだよね。これ切れちゃいそうで耐久性がすごい不安。落としたり無理な力入れたりしなければ大丈夫だろうけどこうゆう精細な箇所は見てしまうと精神的に悪いからフレーム内に隠して欲しいなw ヘッドバンドに繋がってる透明なプラスチックも付近にあるけどこれも安っぽい。イヤパッドはベロア生地なこともあって触り心地はいい。でも埃とかで汚れちゃいそう。これはどのヘッドホンでもそうだけどね。全体的に見て耐久性はあまりなさそうかなぁ。AD500 は何回も落としたけど Q701 は大事に大事に使っていかないとw

q701_08.jpg

q701_10.jpg

ケーブルは細めで頼りなく乱雑に扱ったらすぐ断線しそうに思えるほど。AD500 の方が若干太めでしっかりしてる。ただ Q701 の場合断線しても着脱式だから気軽に替えられるメリットがあるからそこは安心。付属品として 6m のケーブルもあるからもしもの時はこれ使えばいいしね。ヘッドホンケーブルって意外と高いから予備としてもう 1 本付けてくれたのはそうゆう用途じゃないにしてもありがたい。

▼元から付いてたみたいだけどグリーン色だと黒い汚れが目立ってしまう。

q701_06.jpg

さてエージングが大体15時間経ったので早速聴いてみた。因みにエージングはピンクノイズとか使わず普段聴いてる音楽を垂れ流し。寝てる間やってたら音漏れが激しすぎて寝られなかったw

最初に聴いたのはドヴォルザーク:交響曲第9番「新世界より」をドホナーニ指揮クリーヴランド管弦楽団で。新たなヘッドホンを聴くにあたり新世界という曲想がふさわしいかなと。そしてDECCAによる超優秀デジタル録音でもありこれが気持よく鳴らせないようではね。


Symphony 9Symphony 9
(1987/07/07)
Dvorak、Dohnanyi 他

商品詳細を見る

まずは音場の広さにびっくり。まるでコンサートホールが眼前に広がってるみたいだ。そしてベールが 1 枚も 2 枚も剥がれて今まで聴いていた音の雰囲気が変わった。音の粒が立ったというかエッジが効いて生々しくもなった。高音域が華やかで綺羅びやかでスッと伸びていく感じ。AD500 で感じた音の詰まりがなくなった。少し高音が刺さる感じだけどそれがまた気持ちいい。低音は出ないって言われてたけど十分出てるし纏まった音になった。やはり高音、中音重視な鳴りだけど低音もバランスよくなってくれてフラットだけど過不足ない。あと解像度が倍ぐらいに上がった。今まで聴いたことのない音が聴こえて爽快。上手く言い表せないけど確かな事は AD500 にはもう戻れないw Q701 のこのレベルが自分の標準になってしまい今後ランクが下のヘッドホンには戻れなくなったなぁ。ただ AD500 はいかに聴き心地良く調整されてたかも分かった。一般的には AD500 の方が聴きやすいだろうな。あ、戻れないといっても音楽に限ってのことでテレビやゲームやラジオなど音質を求めないソースはこれまで通り AD500 を使い続けるよ。今後は音楽用 Q701 とで2種類使い分けていくことになるだろうなぁ。

次に聴いたのはもう 100 回ぐらいは聴いてるかもしれない自分的同曲 No.1 のカラヤン指揮によるブラームス:交響曲第1番の 63 年録音盤。こうゆう古いアナログ録音でも Q701 に掛かるとリフレッシュ。今まで仄暗い印象だったけど埃が取れて真新しいデジタル録音になったかのよう。あれだけ聴いてたにも関わらず今まで聴こえてなかった旋律も浮かび上がって新鮮。


Brahms, Schumann: Symphony No. 1 / Karajan, Berlin Philharmonic OrchestraBrahms, Schumann: Symphony No. 1 / Karajan, Berlin Philharmonic Orchestra
(1995/02/20)
Johannes Brahms、 他

商品詳細を見る

Xonar DG で鳴らしきれるか不安だったけど暫く聴いてみても特に不満なところはみつからない。150Ωまで対応してるヘッドホンアンプなんでカタログ上は問題なかったけど実際も多分大丈夫だろうと思う。でもその道の知ってる人からしたら「 Q701 でこれ?は?」な組み合わせなんだろうなぁw まぁ本人が音に満足してるからいいw

装着感は暫く付けていると頭頂部がじんわりと痛い。う~んこれが世に言うコブの痛みか。痛まない人も居るから自分も大丈夫だろうと思ってたんだけどなw でもまだ使い初めたばかりだしじきに慣れてくると思う。側圧も結構押さえられてる感じがあって耳の周囲が少し痛くなるかな。これも最初のうちだけだろう…と思いたいw 重さは殆ど感じない。AD500 より 25g ぐらい軽いからね。頭をぐるんぐるんしてもずれ落ちたりすることはない。ケーブルも特に邪魔な位置にもならないな。AD500 はヘッドバンドのウイングサポートで髪が押し付けられると横側だけ凹んだ感じになってちょっと嫌だったんだけど Q701 は均等に押さえられるんでそうゆう型はつかないかな。コブの型は頭に付いてはいないと思うけどw

q701_09.jpg

高いヘッドホンだから管理にも気を付けたい。今はフックに吊り下げる感じで使ってない時は置いてるけど意志的にやらないとイヤパッドがズレて合わさってしまうのが気になるんだよね。オーテクとかの間に仕切りがあるヘッドホンスタンドが欲しいな。

▼後ろが汚くてすまんw 手前には AD500。

q701_07.jpg

取り敢えず付けて聴いてのセカンドインプレッションはこんな感じ。また気になるところが出てきたら追ってレビューしたい。


【国内正規品】 AKG オープンエアーヘッドホン Q701 ホワイト Q701WHT【国内正規品】 AKG オープンエアーヘッドホン Q701 ホワイト Q701WHT
(2010/10/25)
AKG

商品詳細を見る
  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あれから SSD の「 S6T256NHG5Q 」はトラブルもなく快調。PC の電源入れて 20 秒程度でデスクトップ画面が現れてすぐ使えるようになるのはほんと快適。これなら今まで億劫だった再起動とかも躊躇なく出来るしスリーブじゃなく電源切ってから外出とか寝たりも出来るな。

ssd_20.jpg

ブラウザも新しいタブでページを開くのが早くなったしファイルの DL も気持ち早くなった気がする。SSD 黎明期によくトラブルとして言われてたプチフリは全く無し。それ以外のおかしな挙動も全くない。C300 はそうゆうのがあって悩まされたんだけどね。まぁあれからマシンはマザー含めて変わってるし一概には比較できないけど。

「 SpeedFan 」で温度図ると室温 25℃ で HDD は 36℃ だけど SSD は 30℃ だった。少し前の夏の暑さが残る日は室温 34℃ で 38℃ ぐらいだったかな。HDD よりはやはり低め。しばらく使ったあと SSD 本体へ触ったらほんのり暖かい程度だった。来年また今年みたいな酷暑でも大丈夫そうかな。

Steam からゲームを何本かインストール。取り敢えずは「 Euro Truck Simulator 2 」から。最初のファイルを準備中のダイアログの処理からしてもう早い。起動もクレジットが流れる画面まであっという間。1 秒掛かるか掛からないかってレベル。マップのロードはさすがに少し時間掛かるけどそれでも 3 秒程度かな。そういえば ETS2 のバージョンが 1.6.1s に上がってた。暫く遠ざかってたから WoT とかさっぱりだw またゲーム熱が盛り上がってきたらやろう。

そういえば外箱の裏側を見たら「 Made in Philippines 」だった。選択肢項目に「 Made in Japan 」もあるけどこれを引き当てた幸運な方が羨ましいw まぁ大した違いはないだろうけどね。

ssd_21.jpg

というわけで PC 買い換える(自作 PC のパーツ替え)ならまずは目に見えて効果が大きい SSD からにしたほうがいい事を再実感した購入してからの顛末でした。次回レビューする時は壊れた時になるかなw


シー・エフ・デー販売 TOSHIBA製SSD採用 2.5inch 内蔵型 SATA6Gbps 256GB CSSD-S6T256NHG5Qシー・エフ・デー販売 TOSHIBA製SSD採用 2.5inch 内蔵型 SATA6Gbps 256GB CSSD-S6T256NHG5Q
(2013/04/13)
シー・エフ・デー販売

商品詳細を見る
  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は海岸の街に行くときに気になってた施設の洋館へ。これまたホラー系のサウンドノベルみたいな雰囲気がw 色彩もグレーだしカメラが固定視点になるとそんな雰囲気倍増。絵画のところでカメラがパン2回してて何か意味深だったけどあれは何だったんだろ。あと絵が変わって何か意味合いあるのかと思ったけど。

nier(54).jpeg

エミールって少年が石化魔法で助太刀してくれて助かる。ここは場所柄狭いからいつの間にかダメージ結構喰らってたとかあるんだよね。ここで対したボスは本のページを撒き散らすやつだけどこれまでと比べたら容易い。

nier(55).jpeg

村へ戻るとよくある展開で敵の襲来が。奥から敵が湧いて攻撃してて臨場感がある。そしてここでのボスがやたら馬鹿でかい。ほんとニーアに出てくるボスは規格外にデカいから困るw

nier(56).jpeg

ボスの周囲で無限湧きする雑魚がとてつもなく鬱陶しかったな。傷薬とかのアイテム落としてくれるから助かるけどそれにしても沸きすぎ。丸っこいやつも放っとくと致命傷になるし結構戦いに慣れるまで最初の方は厳しかった。ただ安全地帯から撃てば比較的楽?平原に出てカイネも参戦してからは何とか善戦。自分の場合遠いところからチクチク攻撃ってのが好きなんだけど今回の場合は時間制限があるんでその方法だとゲームオーバーになってしまった。果敢に攻めていかないとダメだな。

nier(57).jpeg

そして図書館内部で第2ラウンド。一休みさせてくれ~w と思ったら長々とイベントシーンで一段落。正直長すぎてテンションが切れてしまうんだけどw 魔法が使えない状況下での雑魚戦では珍しくほとんどノーダメでクリア。さすがに捌くのが上手くなってきたんじゃないか。そしてようやくの本体へは黒の手ゴリ押しゴリ押しw 大神の例のボス戦みたいに段階を踏んでニーヤ自身に魔法が戻ってくるんだけどそれが間に合わないぐらいの押しまくりw 一旦攻撃がハマると弱いw 更にまだ段階があったけど突進さえ気をつければなんてことはなかった。とはいえ避けきれず結構ギリギリな戦いにまたしてもなってしまったけど。これだから傷薬をフルで持っておけば余裕ある戦いができたというのにね。

nier(58).jpeg

カイネはまさかの。まぁあのまま終わるわけはないから起死回生な展開に期待しよう。

nier(59).jpeg

そして時は5年が過ぎる・・・。ニーヤはすっかり逞しくなり中の人も変わり・・・。なんかニヒルな感じになった?w

nier(60).jpeg

新たな武装の槍は軽いから攻撃する感覚が気持ちいいけどちょっと敵に当てづらいな。慣れないと結構難しいかも。両手剣は重いw これなら軽い槍を選ぶなぁ。とはいえ十字キーですぐに武器スタイルが切り替えられるからその都度良さげなの試していけばいいか。

こちらが一区切りした現段階でのステータス。サブクエは殆どこなしていないからお金が~。まぁ大丈夫だろw

nier(61).jpeg
  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

遂に買ってしまいました!昔から憧れの AKG のヘッドホン。

q701_01.jpg

別に澪ホン(けいおんブームでの K701 )に影響されてではなくねw いつから憧れてたか覚えてないけど取り敢えず良い音のヘッドホンといえば AKG という先入観が昔からあったんだよね。特にクラシック音楽向けには AKG って。正直ヘッドホンに2万以上もの大金は自分にはキツかったんだけど清水の舞台から飛び降りるつもりで買ってしまった。寸前まで Sennheiser の HD598 にするか迷ってて多分自分みたいなライト層には HD598 の方が絶対合ってるんだろうけど買ったらどうせ Q701 が欲しくて比べてしまう、それならいっそ無理して買っちゃえってなったw

因みに今までは audio-technica の ATH-AD500 を使ってた。低価格帯のオープンエア型ヘッドホンとしては多分銘器だと思う。どんな機器、ソースでも綺麗に鳴らしてくれた。ただ高音域のシャリ感と伸びのなさが気になっててね。あとビビリ音が左側からしてきて劣化感も出てきた。で、この機会にもうワンランク上のヘッドホンが欲しくなったというわけ。順当にいけば新しい ATH-ADx00X シリーズのどれかにしたんだろうけどどのモデルもデザインが同じってのが気に入らなかったw

というわけで Q701 開封。じゃ~ん。堂々たる外箱の美しさ。箱にデカデカと写ってるのはクインシー・ジョーンズ氏。コラボモデル買っておきながら氏は全然知らなかったんだけどねw なんでもマイケル・ジャクソンのあの名曲「スリラー」のプロデューサーらしい。それだったらもう超が付く大物なんだろう。

q701_02.jpg

箱から取り出す方法が分からずちょっと苦労。こう高いと外箱も傷つけたくないから細心の注意を払って恐る恐るって感じ。箱の透明窓から中を見て気付いたけどドライバ横の文字にはなんと「 Made in Austria 」が!!事前に調べた情報から Q701 は最初こそ生産はオーストリアだったけど今はもう中国に切り替わったって聞いてたから「 Made in China 」とばかり思ってたんだよね。まさかのオーストリア製。これはほんと嬉しい。別に中国をディスってるわけじゃないし質も心配はしてなかったけどやはりオーストリア製というブランドには敵わない。音楽聴いてるとこれがオーストリアで作られたって思うと全然気持ちが違ってくるだろうしね。

q701_04.jpg

内容物はヘッドホン本体と鮮やかなグリーン色のヘッドホンケーブル、3m と 6m の2本。あと多分日本では役に立たない紙切れ2枚。ヘッドホンの色はブラックとホワイトとグリーンから選べたんだけどグリーンはさすがにサイケ過ぎて目が痛いw ホワイトは清潔感あっていいけど時間経てば色褪せしそうだしなんかちゃちい気がした。で、残るはブラックだけど無難なカラーリングだよなぁと思ってたけど写真で見れば見るほど精悍で美しいスマートなデザインに見えてきたからこれに決めた。Q701 選んだ意味が少しばかり薄いけどまぁその分ケーブルのグリーンで個性出してるしw

q701_03.jpg

あ、そういえばシリアルナンバーがヘッドホン裏側にシールとして貼ってあった。190xx 番。どれだけ出回ってるのか把握してないから多いのか少ないのか分からないけどでも全世界でこれだけしか所有してなくて何番目というのが分かるのってすごい所有感満たされて嬉しい。因みにキリがいい数字なんで覚えやすいのもいいw

着脱式ケーブルをヘッドホンへ繋げてもう片方を PC 側「 Asus Xonar DG 」へ接続。一応ヘッドホンアンプは搭載してるサウンドカードだけどインピーダンスは大丈夫かなと心配だった。チラッと聴いた限りではちゃんと音量とれていたから問題なさそうかな。少なくとも蚊が鳴くような音ではなくジャーン!と盛大に気持ちよく鳴ってくれてる。Xonar DG のコンパネ設定「 HP Advance Setting 」はインピーダンス 64Ω 以上のゲインに設定。もしやはり鳴らしきれてないようなら新たな散財を考えなくてはw

さてまずはエージング。100 時間とか流石にそこまで長時間は必要ないと思うけど最低限 10 時間程度慣らすのは意味あることだと思う。早速慣らし始めたけど何このスピーカーw 同じオープンエア型でも AD500 の倍ぐらい音が盛大に漏れてるんだけどw 部屋で一人っきりで使うにしても部屋の外へも漏れそうな勢いだから深夜使うのはちょっと躊躇っちゃうなw なんか本末転倒な気がするけどw


【国内正規品】 AKG オープンエアーヘッドホン Q701 ホワイト Q701WHT【国内正規品】 AKG オープンエアーヘッドホン Q701 ホワイト Q701WHT
(2010/10/25)
AKG

商品詳細を見る


というわけでまずはファーストインプレッションでした。エージング後暫く聴いてまたレビューしよう。
Part.2
  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加