このページでの記事一覧

(全2ページ)
今期新番も折り返し地点になってきたので改めて総ざらい。まずは今期アニメで今も見てる作品を気に入ってる順から短評。

境界の彼方


京アニさん作品は面白いと思ってもさほど好きになったことはないんだけどこれは今までで一番好きかもしれない。キャラや雰囲気がすごい好みにあってるんだよね。話も最初はよくあるラノベアニメかなと思ったけど回を追う毎に特色が出てきて面白くなってきた。キャラでは最近デレた伊波桜ちゃんと8話での「お兄ちゃん!」が可愛かった美月が容姿も性格も好き。未来はメガネ外した方が断然可愛いよね派。7話だったかな、剣持ってミニスカ制服で太もも露わにしながら戦う姿堪らんかったです。ほんと1クールってことが惜しいなぁ。

京騒戯画


0話は面白そうな雰囲気ながらダイジェスト風な展開に全くついて行けず。1話始まってもワケワカメ。でもこのごった煮な世界観や背景が素晴らくて何度か見直してたら何となく話や設定やら分かってきてより好きになった。コトも可愛くて好きだ。あと椎名豪さんの音楽良いよね。サントラ欲しくなる。

ストライク・ザ・ブラッド


今期一番のいわゆるブヒアニメ?w プロデュースが中山さんや川瀬さんだけに「とあるシリーズ」ぽいというか第二の「とあるシリーズ」にしたそう。キャラでは雪菜がとにかく可愛い。ストライブ柄なパンツもw 古城も細谷さんの演技も相まって好きだな。しかし種田梨沙さん、境界の彼方の未来とストブラの雪菜と今期良い役取ったなぁ。2人とも「不愉快です!」「いやらしい…」という名台詞持ってるしねw

キルラキル


期待に答えるグレンラガンスタッフは流石。昭和な漫画テイストが最高。ああゆう古臭い味をデジタルで出すのって凄いと思う。3DCGの違和感ない馴染ませ方とかサンジゲンのレベルが高い。手描きとCGのセンスが光ってる。あと毎回マコ劇場が楽しみw 洲崎さんはたまこといいああゆうアホっぽいの演じさせると上手いw 小清水さんの流子もいいよなぁ。ドハマり。あみっけを前提にキャラ作ったのかって思うぐらい。

夜桜四重奏


原作ファンやヤスダさんファンからは不評みたいだけど自分的にはりょーちもさんの可愛くてプニッとしてる絵が大好物。世界設定は相変わらずよく分かってないんだけどね。アオも可愛いけどやっぱ福圓さんの演技がハマってるヒメが一番好きかも。しかしこうもパンチラアニメになろうとはw シリアスなシーンでもここぞとばかりパンチラがあって徹底ぶりに感心するw

ゴールデンタイム


1話はなんだこの90年代のトレンディドラマみたいなノリは?と即切りしようかと思ったけど2話の乱交パーティ(違)以降面白くなってきた。でもこの原作ってやっぱり実写ドラマ向けなんじゃないかって思う。

蒼き鋼のアルペジオ


艦これが流行ってなければメンタルモデルの設定で受け入れない人多かっただろうなぁ。これもサンジゲンの3DCGだけど最初全く3Dだと気が付かなかったw ほんと違和感なかったんだよね。3Dであそこまで芝居させれるようになったんだからほんと今の技術は凄くなったよなぁ。崩したギャグシーンとかも出来るしw 回を増す毎に面白くなってきて今は逆に艦これアニメのハードルがアルペジオのお陰で上がった気がするw

凪のあすから


マリー節全開w それがちょっと鼻につく時があるけど世界観の独創さとそこからくるセリフの言い回しの面白さがあったりするから今のところ楽しめてる。背景が美麗だからテレビの画面サイズで見たかったなぁ。

弱虫ペダル


王道で安心して見れる。寒咲幹ちゃん可愛いよね。

ダイヤのA


こちらも王道だから安心。沢村みたいな単純でまっすぐな奴は見てて気持ちがいい。これから先もへこたれて湿るような展開はいらない。

俺の脳内選択肢が学園ラブコメを全力で邪魔している


OPのキャラが次々に逆さまになるとこ良いよね。太もものラインとかスカートの捲り具合とか好き。

革命機ヴァルヴレイヴ


2期はシリアスメインだけどこっちの方が1期みたいな話題作り的展開より地に足が着いてて好きだ。そのせいかショーコは出番皆無で割を食ってるけどw

COPPELION


序盤は退屈だったけどキャラが立ってきた中盤以降は俄然楽しめるようになった。荊先輩のジャージブルマが最高すぎてw あの太ももに挟まれてた敵はご褒美だろう。美少女(自称)葵ちゃんも可愛い。ショートヘアな容姿が好み。花澤さんのナチュラルな演技もいいよね。

東京レイヴンズ


石浜さん演出のOP格好いい。これも花澤さん劇場か。

ガンダムビルドファイターズ


ガノタではないけど結構楽しめてる。しかしみかこしもこれでガンダム声優なんだなぁ。ジョーイの頃からすっかり少年声の演技も上手くなってこれなら将来安泰だ。

ガリレイドンナ


ありがたいことにOHKが数週遅れでネットしてくれたよw ただ話は微妙。始まる前はガンスリンガーガールみたいなのを想像してたけど思い切りSFだった。それはいいけどなんか底が浅いというかワクワク感がないんだよなぁ。足立さんのキャラデザインは素敵だというのに。

IS <インフィニット・ストラトス> 2


1期はブヒブヒ騒がれてたけど2期はさほどでもない感じ?ちょっと他の話題作に隠れて目立ってない気がする。個人的にいかにも萌えって感じなのが苦手で引いて見てる。
  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「西村艦隊」出撃せよ!の任務をやっと完了。最上、扶桑、山城、時雨、どの娘も育ててなかったので少し不安だったけど終わってみればボス戦は無傷の完全勝利S。Lv56の金剛、Lv60の準鷹を残り2隻で入れてたから戦力的には余裕だったか。まぁ4度ぐらい羅針盤に嫌われてイラッとはきたけどね。あ、最上と時雨は改にしてたけど任務に支障はなし。

kancolle_131117(33).png

ついでにバグで再び出現していた「第六駆逐隊」出撃せよ!もとっとと消化。いつの間にか電はLv25、他の雷、暁、響ともにLv20にまで上がってる。遠征させまくった甲斐があった。後々改にする予定。でも遠征組だと自己満以外の意味はないな。

北方海域攻略はすんなりモーレイ海哨戒をクリアしてお次はいよいよ目当ての3-2-1があるキス島撤退作戦。3-2-1って一番最初の海戦でいいんだよね。思ったよりガッポガッポというわけではないか。でも敵の編成が5隻の時もあったり陣容的にもそんなに手強くないので回しやすくはある。

沖ノ島海域で一か所潰せてないマスがまだあった。一番左上のマス。ここは多分一番羅針盤が向かなさそうな僻地な場所で何度もトライしたけど中々進まず。最近になってようやくここをクリアして沖ノ島海域のマス目は全部潰せた。開けてみれば資源マスだったけどひとつ潰せてないマスがあると凄い気になる性分だからやっとスッキリ。

そして比叡ちゃん改二が来てた。Lvは77だったからサクッと。

kancolle_131117(35).png

結構雰囲気がガラッと変わってボーイッシュになった。今までは女子高生って感じだったけど女子中学生になったみたい。何となく年齢も下がった印象を受ける。ただ耳が少し気になるか。でも実際このカッコ可愛さで戦ってるところはすごい頼もしいね。Lvは80を超えて我が艦隊で一番のエース。これからも頼りになりそうだ。

kancolle_131117(34).png
  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前回の見た目レビューの続きで今回は音と装着感のレビュー。

あれからエージングというかバーンインは 10 時間ぐらいはしたかな。慣らしとしてはこのぐらいで十分だろう。暫く聴いてたけどとにかく音がマイルド。Q701 がキラキラ系でクール系とすると HD598 はソフト系でウォーム系。高音域は突き刺さらずエッヂが取れて中低音域は包み込むように広がる。低音は Q701 のような締まりはないけどどっしりと前に出ててパンチがある。音域はフラットな傾向だけどやや低音が強いか。音場は Q701 よりやや高めに位置して狭くて凝縮してる感じ。Q701 の広大さはなく等身大。耳の側で鳴らしてくれる。解像度は甘め。例えると和紙を隔てて聴いてるかのよう。これは確かに聴き疲れすることなく永遠と聴いてられそう。世評でまったり系と言われてるのがよく分かった。ただ原音忠実性という点では違う気がする。Q701 は音源を包み隠さずそのままダイレクトに聴かせるけど HD598 は化粧をして粗を隠してから聴かせる感じがある。

オーケストラで例えると Q701 は オーストリア産なこともありウィーン・フィル、HD598 はドイツ産( Made in China だけど)なこともありバイエルン放送響というイメージ。暖かみのある音なので北ドイツのベルリン・フィルではないな。南ドイツだと思う。ドイツ以外だとコンセルトヘボウかもしれない。

音漏れは Q701 と同様に盛大。ハウジングの網の部分がもうスピーカーなんじゃないかってぐらい漏れまくってる。ま、これは開放型の宿命だけどそれにしても…。AD500 はここまで酷くはなかったけど品質が上がるにつれて漏れやすくなるもんなんだろうか。

装着感はすこぶる良好。AD500 もウイングサポートと側圧の緩さで快適だったけど HD598 は更にその上をいく快適さ。ヘッドホンを頭に付けているという違和感がほぼゼロに近い。まるでカジュアルに帽子を軽く被ってるよう。頭頂部も1時間以上付けてても痛くならず違和感は出ない。側圧は適度でイヤーパッドが耳の後ろを押さえつけないから痛くなることもない。メガネは Q701 だと位置が定まりずらいんだけど HD598 はしっかりとホールドしてくれてメガネの位置で苦心することもない。

【国内正規品】 ゼンハイザー オープン型ヘッドホン HD598【国内正規品】 ゼンハイザー オープン型ヘッドホン HD598
(2010/11/01)
ゼンハイザー

商品詳細を見る


う~ん、困った。どちらも一長一短でどれか一つに決めることは難しい…。HD598 の方が上流にそんなに気を使わなくてもいいし低インピーダンスだから AD500 や他のイヤホンとも併用し易いし交換用イヤーパッドも Q701 より安価でメンテもやりやすそうではある。・・・最初に HD598 と出会ってたならここまで悩まずに済んだかもなぁ。いややはり憧れの AKG が欲しくて余計悶々としてたかもしれないか…w 理想はクラシックは Q701、その他は HD598 という使い分けだけど一々コードを差し替えるのが面倒だしそもそも金欠気味だから合わない方どっちかを売る予定だったんだよねw ま、急いで決めても仕方ないんで気が晴れるまで悩んでみるつもり。ただ暫くは2万円分ゲームも買わず遊ばずで我慢しないとw 当面新たなゲームプレイ日記の更新はないかもねw

hd598_10.jpg

HD598 に浮気した後久々に Q701 で音楽聴くと綺羅びやかに広がっていくサウンドに恍惚…。まるで宝石箱をひっくり返したかのよう。あ~この音はやっぱ唯一無二だよなぁ。


で、2年後にはK712PROを買ってしまいましたとさ。(→HD598に続き AKG K712PRO を買ってしまいました | 妄想シンフォニー

【国内正規品】 AKG オープンエアーヘッドホン Q701 ホワイト Q701WHT【国内正規品】 AKG オープンエアーヘッドホン Q701 ホワイト Q701WHT
(2010/10/25)
AKG

商品詳細を見る

  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

AKG Q701 に次いでゼンハイザーの HD598 を買いました。ええ~、やっぱね。ヘッドホンで一番大切なのはフィット感だよねってことだw 本当なら店頭で視聴して買えばいいんだけど如何せんド田舎だからそんな環境はないんだよねぇ。ほんと東京や大阪に住んでる方が羨ましいw

hd598_01.jpg

Q701 と合わせて無駄に5万近い散財をしてしまったけど自己満足の為なんだから仕方ない。

hd598_02.jpg

今回は Amazon 販売の正規輸入品。ちゃんと保証受けられるから安心感がある。あと丁度ゼンハイザーでキャッシュバックキャンペーンが始まったから後々 2000 円引きで買えることになるわけで若干お得。といっても少し前に価格改定があって以前は更に数千円引きで売られてたからまぁあれだ…。

というかこの手の商品はなんで箱が開けにくいのかw 全面がマグネットでパカパカしてる扉はなんの意味があったんだろうねw やっと取り出してもコードをどこから取り出せばいいか迷った。

hd598_05.jpg

中身はヘッドホン本体と変換プラグ。コードのカラーは今回はグリーンじゃなくてブラックw 既にヘッドホンに装着してあった。当然予備のコードも無し。このコード、引っ張っても本体から抜けずどうやればいいか分からなかったけど少しプラグを回転させてから抜く仕組みになってたんだな。

で、保証書はどこだと暫く探してしまった。外箱の横に貼り付けてあったよ。これがないとキャッシュバックキャンペーンに応募出来ないから焦った。

hd598_03.jpg

箱にシリアルナンバーも記載。Made in は一々確認しなくても China。Austria じゃなくなったけど仕方なし。まぁ今の時代どこで作られようが同じ。気持ちの問題なだけだよね。

因みにOrd.Numberって数字があって504xxx。これはこの数字だけ製造したってことかな?数量的にそんな感じっぽい。

ファーストインプレッションは小さい!軽い!ハウジングはタマゴ型で Q701 の 3 分の 2 ぐらいの大きさしかない感じ。AD500 よりも小さい。かなりコンパクトな印象を受ける。果たしてこれで良い音響なんだろうかとちょっと不安になる。イヤーパッドは Q701 と同じベロア材質だけどこっちの方がより柔らかい。これなら側圧は大丈夫そう。ヘッドバンドはクッションみたいになっててこれも柔らかい。頭を優しく包み込んでくれそう。Q701 は頭皮がコブの形に変形するぐらい頭に厳しかったからねw

hd598_06.jpg
hd598_09.jpg

通称プリンと言われるだけあって HD598 は他のヘッドホンにはない独特のカラーリングが特徴。Q701 を知る前はこのデザインに一目惚れしたんだよね。世間一般ではどちらかと言うと否の声が多いみたいだけどw 白色じゃなくてベージュだから後々日焼けして色褪せてもそんなに気にならなさそう。あとこの色だと埃や毛くずが目立たないってのもいいよね。

hd598_08.jpg

壊れやすそうな箇所はヘッドバンドとハウジングの境目か。グラグラしててやや頼りない感じ。ヘッドバンドのクッションも使っているうちに破けて劣化しちゃいそう。イヤーパッドは交換出来るしコードも着脱式なので問題はなし。作りが華奢な Q701 よりは今のところ耐久性はありそうだ。

取り敢えず見た目のレビューはこんなところかな。色合い的なリッチ感よりは手に持った感じの可愛さがあって気に入った。精悍な印象の Q701 より愛着は湧きそう。

【国内正規品】 ゼンハイザー オープン型ヘッドホン HD598【国内正規品】 ゼンハイザー オープン型ヘッドホン HD598
(2010/11/01)
ゼンハイザー

商品詳細を見る

さて暫くはエージング仕掛けて聴く楽しみは明日ぐらいに。また追ってレビューしたい。

Q701に次いでHD598を買いました Part.2

  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ええ~、イベントまっただ中ですがスタートで躓いたこともありすっかり出遅れ気味w(過去の記事参照)まぁ楽しみ方は人それぞれだからね。僕はマターリといこう。

というわけで3隻目の正規空母「蒼龍」さんご到着。散々赤城さん以降出なかった空母がここにきて立て続けに出るとはw でも個人的には「飛龍」さんの方が好みかなぁ。でもこの娘は先の海域にしか出なくてしかも蒼龍さん以上にレアらしいんでまぁ気長に。しかし育てたい娘がまたまた出てしまいほんと攻略が一向に進まないw

2-4でひと月以上ものらりくらりしてるの自分ぐらいかw ほんと艦娘には無理をさせない超ホワイト鎮守府なんでw ま、それもあって今まで撃沈はゼロ。もし提督への好感度とかパラメータあったらMAX間違いなしw

そんなこんなな状況が続いてたけど今日やっと2-4クリアできたw まさかここまで時間超掛かるとはなぁ。恐るべし育成の魔の手と羅針盤。攻略メンバーは今いる艦娘で一番好きな娘で編成。本当は戦艦4隻、空母2隻がベターなんだろうけどそこは自分なりのこだわりでw 特に北上さまと大井っちは軽巡だけど外したくないんだよねぇ。あと加賀さんじゃなく龍驤ちゃんの方がいいんだけど流石に1隻のみで軽空母連れていくのは無理があるだろうなと断念。

kancolle_131115_190248_01.png

ボス撃破の決定的瞬間をパチリ。いやぁ爽快だw

kancolle_131115_190236_01.png

通ったルートは上側。下側のルートが今まで一番多かったんだけど今回は珍しく上から進んだ。上だとボス戦までの枝分かれでやきもきそんなにしなくていい。

kancolle_131115_190050_01.png

夜戦はボス戦で一度したのみ。今思うと以前の一番最初のチャレンジで弾切れ起こしたっぽいのは何だったんだろう。

kancolle_131115_190330_01.png

さて、次はどうやら稼ぎに有用らしい3-2-1を目指して頑張りますかな。合間にちょくちょくとイベントもやってみたりしつつ。イベント期間は延長されたっぽいし引き続きマイペースにいきますか。
  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

さてどうやら遂にエンディングが見えてきたらしい。サクッと終わらせよう。

nier(84).jpeg
[ 続きを読む ]
  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加