遂に我が家のキーボードもワイヤレス化。買ったのはロジクールのキーボード”Wireless Keyboard K270”。これまでワイヤレスのキーボードは欲しい欲しいと思って物色してたがどうしてもこれだ!というのが現れず。最近になって発売されたK270がドンピシャリでこちらのニーズを満たしてくれた。

f:id:ukaz:20110712010131j:image

これまで使っていた”Classic Keyboard 200”との比較。K270の方が英文字のプリントがボールドになってて見やすいのがポイント高い。質感はどちらも元々値段相応だがK270の方が安っぽい感じは否めず。プラスチックにムラというか汚れもある感じ。まぁ仕方ないか。

f:id:ukaz:20110712010133j:image

乾電池はMade in Chinaの電池が2個装着済み。将来的にはこれをeneloopに変えようと思う。スタンドにはゴムがついてて滑りにくくなってるけどキーボードの位置を滑らせるように変えれなくてやや蛇足かな。

f:id:ukaz:20110712010132j:image

ドライバのインストールは必要なくレシーバーを装着すればすぐ使えた。レシーバーはPCケース裏のUSBポートでも電波は届いてて問題なく使えてる。既にSetPointドライバをマウスの”M518”用にインストールしてあったので設定画面に新たに出てきたキーボードタブから各種カスタマイズが可能。取り敢えずスタンバイボタンは大いに誤爆するのでオフにした。電池残量は当然フルだった。

数日間使ってみたけど取りこぼしや引っかかりや遅れとかもなく極めて良好。普通に今までの有線キーボードと変わらない感じで満足。ただHomeやPageUpキーがある部分は今まで使ってたキーボードと配置が違うので押し間違えが発生し易いかな。慣れれば問題なし。

f:id:ukaz:20110712010134j:image

やはりコードがないってのは見た目すっきりしてて気持ちがいい。あとはマウスをワイヤレス化しよう。

関連記事
  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加