今になって気付いたがセーブスロット16個かよ。てっきり99個ぐらいあるかと・・・。仕方ないのでメモステ内のセーブフォルダをPCにバックアップしてメモステ上のセーブを上書きしていく。

前回手に入れた『マホガニーの頭脳』と『馬のチンチン』のアイテム界へ早速行く。うへぇ~流石にレベル17以上は厳しいな。5階ぐらいを過ぎると敵のHPが1000近くなって一体倒すのも難儀。とはいえ気を抜いたらすぐ死んでしまうこのハラハラ感は楽しいかな。

悩んだ末3種のレアアイテム装備はマホガニーをティアル、ヘラクレスボディをクルチェ、馬のチンチンをアイシュにした。ラハールさんはそのままでも十分強いから弟子に譲ったよw。

第8話 月渡しの雪原

「赤い月~赤い月~」・・・歌が始まった時は一体何事かと。物々しい雰囲気からして夜逃じゃない事は確かだなw。ラハールさんもキツイ事言いながらもプリニー達探してあげるなんて優しいとこあるじゃないか。しかしこの回の雰囲気ではただでは済まない展開になりそうだ。

f:id:ukaz:20101001174053j:image

■死の景色

寂寥感漂うBGMが良いなぁ。ちょっと怖いかも。

敵強化3倍が嫌らしい。早速多段タワーで飛ばしに飛ばしまくって・・・ってマスが足りんw。幸いラハールさんの魔王玉で消し飛ばせたから良かった。2体のサイクロプスは動かないのかな。結構耐久力があったけどそんなに要注意な敵というわけでもなく。

■零下の箱庭

なんだこの疲れた中年夫婦みたいな会話はw。魔王たるもの愛も必要か。先代クリチェフスコイはあったのかな。

f:id:ukaz:20101001174122j:image

広い!ただ敵が何体かで固まってるので倒しやすくはある。しかし雪原マップだというのにこいつら火属性が弱点で統一されてないんだよなぁ。ちょっと面倒。スター魔法を育てていてよかった。ティアルがマホガニーの頭脳装備してる事もあってフロンより多用する事が多くなったな。

■氷ゆく魂

ラハールさんの愛嫌いは母上の影響なのかね。なるほど悪魔と人間とのハーフとして生まれてきたのか。過去に母上の死という悲しい出来事があったから今の屈折した心があるというわけかな。思いのほか重い話だ。

敵強化3倍と攻撃回数+1のシンボルがある右隅を速攻で排除。最後はラハールさんの魔王玉で決めた。『灼熱の風』マップでみんなレベルを40ぐらいに上げてきたから大分余裕はあるな。

■月下の雪鏡

罪を償い終えて生まれ変わる為浄化されていくプリニー達。ラハールさんはプリニー達と離れてしまうのが寂しいのかなぁ。

f:id:ukaz:20101001175734j:image

f:id:ukaz:20101001175757j:image

なんだかラスボス戦ってわけじゃないけど特別な戦いって雰囲気で身が引き締まる。この手の魔法使いタイプは囲まれると広範囲に延々と攻撃喰らって厄介そうなので各個撃破していく。少しずつジリジリ味方の駒を進めて余り敵が寄ってこない様に攻撃。一番奥にいる赤い魔法使いが少し厳しいかったか。

本当にプリニー達を大切に思うなら・・・って事だな。しかしまさかラハールさんの母君だったとは・・・何たる運命。こんな形で再会してサヨナラなんて悲しすぎる。姉御・・・ほんと息子思いで良いお母さんだ。ラハールさんは幸せものだな。プリニー達の魂が抜けて空になったところでグッとくるものが・・・。ラハールさんは余り喋らなかったが言葉に詰まってたんだろうか。少しは救われたのかな。「赤い月~赤い月~・・・」で終わった。

f:id:ukaz:20101001175934j:image

関連記事
  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加