第13話 WAR OF THE MAKAI(後編)

大天使との会話・・・あれっ?この声って・・・まさか・・・。

ジェニファーの捕まった先は戦艦ガルガンチュア。いざゆかん、というわけだな。

■α-IIIポイント

たった一人に翻弄されていく地球防衛軍。まぁ戦う前から勝負は見えていたな。ラハールさんは相変わらずお優しいw。

f:id:ukaz:20101201210758j:image

アストロ砲台は無視しろとのゴードンの通告だがラハールさん達なら戦わないわけがないよね。というわけで正攻法の全滅戦を仕掛ける。が、アストロ砲台は確かにやばかった。レベルが100だなんてきいてないわw。それが2基もあるんだから結構シビアな戦いを強いられたよ。

f:id:ukaz:20101201210759j:image

■第1メイン通路

どうやらカーチスは何やら訳ありの過去があるみたいで。ジェニファーへの人体改造を阻止する為前進していく。あんな姿になられたら流石に勝てそうにないw。

f:id:ukaz:20101201210800j:image

ラハールさんとアイリの飛天無双斬でサクッと撃破。コーホーコーホー達は大したことないな~。

■第2メイン通路

なるほど。今回の侵攻は人類繁栄という根本的な問題解決の為だったのね。確かにカーターの言ってる事も分からないでもないが問題を作ってしまったのも人間のエゴからだし結局今回のこれも人間のエゴだよなぁ。人間とはなんて浅はかで愚かな生き物か。ラハールさんの一刀両断が気持ちいい。

f:id:ukaz:20101201210801j:image

前列に並ぶ敵はスター魔法で一網打尽。後方の敵は飛天無双斬で一掃。飛天無双斬は便利過ぎるなw。

f:id:ukaz:20101201210802j:image

■第3メイン通路

エリア名考えるの面倒になったかなw。

カーチスの身の上話がってラハールさん達今が攻撃のチャンス・・・じゃないw。5年前のテロにより全てを失ってしまったというカーチス。愛する者を救えなくて何が地球勇者だという。確かに気持ちも分かるが激情に動かされた行動程危険なものはないよなぁ。ゴードンが珍しく全うな正論。その熱き魂でカーチスの目を覚ませる事が出来るか。

f:id:ukaz:20101201210803j:image

敵強化150%が厄介過ぎるのでそれをもたらす3つのジオシンボルを魔法使い3人で撃破。やはり3人育てて良かった。その後はラハールさんとアイリの飛天無双斬。クルシェの獅子王波という広範囲系の特殊技で殲滅していった。最後は勿論ゴードンフィニッシュ。

f:id:ukaz:20101201210804j:image

f:id:ukaz:20101201210805j:image

負けを認めるの早っ、改心早っ、そして仲間になるの早っ。それでいいのかカーチスw。まぁサイボーグだからそういったわだかまりはないのかもしれない。

f:id:ukaz:20101201210806j:image

■総司令室

改造ジェニファー期待するおまえら楽しみ過ぎw。そして舞台は司令室に移り遂にカーター総司令との対決へ。

f:id:ukaz:20101201210807j:image

奥には洗脳されたジェニファーも。ゴードン、さっきまで格好良かったのになんてザマだw。そしてカーチスが颯爽と登場!この熱い展開は泣かせるじゃないかカーチス。ラハールさんもほんと変わったなぁ。

f:id:ukaz:20101201210810j:image

ここで出てきた敵は天使兵。遂にというわけか。さて如何ほどの強さかなと思ったがそんなでもなかった。ただ弓矢と魔法も使ってくるから油断は出来んな。

f:id:ukaz:20101201210808j:image

カーターは結局倒せず終い。と思ったらまさかここで中ボスが。なるほど単なる賑やかしキャラじゃなくストーリーの根幹に関わるキャラだったのね。こんな真面目な台詞吐くとはw。フロンは天界に戻るらしい・・・なんか嫌な予感が。

f:id:ukaz:20101201210809j:image

関連記事
  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加