banner_tov_09.jpg

ボーダーラピードを全クリするために望鏡の墓所の探索をもう少し進める。まずは対オーマ戦。只でさえレベルが80近いというのに更に強化アビシオンがあれば楽勝かと思ったら意外と苦戦。瞬殺してくる術技使ってくるみたいだ。オーマは常時浮いてるので攻撃も当てづらい。数分格闘した末何とか撃破。デューク第2戦目をちょこっと強くしたってとこだろうかな。

tov_170.jpg

クリアしてもまだスキットは発生するんだな。「ねえ、フレン」ってスキットが可笑しかった。あとやっとパティの若返りの件についてツッコミがあったが結局はぐらかされる。なんか開発陣の言葉を代弁してるかのようだなw。

tov_172.jpg

フレンの暴走シリーズ入手の為に更に潜り覇王層へ行く。レベル100の敵が出てきたり流石に一筋縄ではいかない。とはいえ強化魔装具があるからいざというときは問題なく。ただ属性には注意だな。

属性といえば光属性や闇属性の攻撃じゃないと開かない宝箱が出てきた。ユーリの攻撃じゃあビクともしない。こうゆうときはフレンやエステルの光属性の魔術かリタの闇属性の魔術使ったら壊れてくれてゲット出来た。階層を進むごとに攻略も厳しくなってきたな。

tov_173.jpg

無事暴走騎士を入手したのでボーダーラピードへ。コース2の逆パターンだが軽い軽い。難なく滑り抜けていく。ゴール前で敵にぶつかってあわやって場面があったが何とか目標タイムを切ってクリア出来たよ。貰ったコスはかなり格好いい。これはイケメン過ぎるなw。。

tov_171.jpg

因みにボーダーラピードの勝利へのコツはカーブで加速しない、曲がり過ぎない、アイテムを無理に取らない、最後まで諦めず完走する・・・かな。とにかくカーブの挙動が過敏過ぎるのでエンジンブレーキだけで慎重に曲がるようにするのが鉄則。

この時点でのグレードは8676。前回は8854だったからタイダル祭りで稼ぎもしてないのにこれだけ貯まったんだからよく頑張ったと自分を褒めたいw。とはいえもう少し貯めておかないといけないな。

以前書いたこの記事通りにタイダル設定をして数体の敵を巻き込んでタイダル祭りスタート。2時間ぐらい回しておけばいいかなと呑気に眺めてたら何故か1時間経たず祭りが途切れて敵に追いかけ回されてしまってた。それから何度かやったけどどうしても途切れてしまうなぁ。間違いはないはずなんだが。そうこうして何とか12863貯まった。ま、でもこれだけあれば十分か。グレードショップで確認してみたら大体足りてたな。

tov_174.jpg tov_175.jpg

アタッチメントや武器をゲットする為にもう少し望鏡の墓所を攻略していく。禽獣層は何とかついていけた。が、更に深い亡者層ともなるともうキツい・・・。雑魚でもレベル100以上が当たり前で150や180はざら。数回攻撃喰らっただけで戦闘不能。おまけに全属性耐性持ってたりするから頼みのアビシオンも効きづらい。そんな奴らが一体ならまだしも数体群れをなして襲ってくるんだぜ・・・。秘奥義使ってもビクともしない。ここにきて連戦オンリーという望鏡の墓所の恐ろしさを思い知る。まさにヒィヒィ言いながら何とか進むがありがたいことにレベルはガンガン上がって90後半まできた。もうこれならレベル100まで行ってしまうしかない。

tov_176.jpg

ところでパティのクリティカルモーメントのスキットって3回ぐらい見た記憶がw。気のせいかな。

で、負けました。亡者層4階で撃沈。強い・・・とても敵わん・・・。知っての通りクリア後は攻略Wiki解禁してるのでルート取りや戦闘のやり方には間違いはないんだけどそれでもキツいね。特に自分みたいなヘタレプレイヤーにはw。というわけでイージー解禁しちゃうw。いいんだよもう。ちゃんとしたノーマル攻略は色々自由度が増す2周目に委ねる。取り敢えず目先のアイテムだけ取ってずらかろう。

tov_177.jpg

そうこうして進んで亡者層最下層のボスと対戦。流石にボス戦はノーマルでやろうというわけで戦ったが・・・。ベラボウに強くてコテンパンにされるの巻・・・。あんなのが3体もいたら体いくつあっても足りんわw。更にまだまだ行かないといけない階層とボス戦があるわけだしこのレベルだとここまでなのかな。勿論頑張ったらやれんこともないんだろうけど・・・。

tov_179.jpg

墓所から引き上げついでに全員レベル100を目指す。亡者層を数回クリアしていけばレベルが面白いぐらいにガンガン上がってすぐに全員レベル100達成。最初は2周目になるかと思ったが呆気無く達成出来たな~。スキットも発生。

tov_180.jpg

というかパティの海賊王って称号はいいのかw。

tov_178.jpg
関連記事
  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加