土日でやろうと思ったんだが結局我慢出来ず一気に組み上げちゃったよ。お陰で眠い・・・。

流石にジサカー歴も10年以上はやってきたから万事上手くいって一発起動。ま、内心神に祈る気持ちでスイッチ押すんだけどねw。

詰まったというか手こずったところというと・・・。

  • CPUソケットレバーハンドルの固さ。
  • CPUにグリス塗らない事への不安感。
  • バックパネルとマザーボードのケースへの装着に四苦八苦。
  • 電源のSATAケーブルの取り回しにくさ。

ぐらいかな。

毎回CPUクーラーの取り付けには散々疲れさせられるんだけど今回は一発でポチットな。ただソケット横のあのレバーを引き上げる時の固さにはマザーボードを傷つけてしまいそうで手に汗握った。

DSCF1379.jpg

グリスはクーラーに熱で溶けるタイプのグリスが既に付けられてるらしい。あとでググって分かった。オーバークロックせず普通に使う分にはあのままでOKとの事だ。てゆうか説明書に書いてくれw。

バックパネルはケースにちゃんと上手く嵌ってなくてマザーのネジ穴が合わずにっちもさっちもいかなかったんだよね。15分ぐらい格闘してたような。嵌ってないことに気付いてネジ穴にネジ回せるようになったときはやっと謎が解けたって感じで無性に嬉しかったw。

DSCF1381.jpg

電源に付いてあるプラグイン式のSATAケーブルはかなりゴツくて硬いから取り回しにくくて2,3台のHDDにケーブルを付けられないんだよね。仕方ないから既に持ってたSATA延長ケーブルで何とか対処。見た目というかせっかくプラグイン式のスッキリさがなくなってしまうのがね。

DSCF1389.jpg

てゆうか↑ではケースのサイドカバーで閉められないんだよねw。これは困った・・・。

その他で気がついた点というと・・・。

HDDが軽い!これが1プラッタというものか・・・。SSD並とまではいかないまでも音も静かだしそれなりに早い。あとは耐久性だなぁ。

電源のプラグインケーブル専用のポーチが付いてた!玄人志向にしては粋じゃないかw。そしてプラグインに一旦なるともう普通の電源には戻れない。いらないケーブルよさらば!もうプラグイン以外の電源を買うことはないだろう。

DSCF1386.jpg

ま、プラグインでスッキリとかいいながらもうスパゲッティ状態なんだけどねw。

DSCF1390.jpg

ビデオカードのファンが意外と静か!デカいガワが付いたカードだからうるさそうだなと思ってたらこれはありがたい。やはりSAPPHIREというちゃんとしたメーカー選んで正解だった。にしてもほんとに回ってんのかって思うぐらいなんだがw。でも温度は負荷掛けずに35℃でちゃんと冷えてる。それまでのRadeon 5450ファンレスより10℃ぐらいは低いんだよね。

DSCF1385.jpg

クアッドコアの有難味が実感出来ない!なんかこれまでと余り体感的な速さは変わらんようなw。まぁ普通にブラウジングとかする分にはデュアルコアで十分ということだったんだな。真価発揮するのはエンコードや重量級のゲームやった時ぐらいだろう。

DSCF1392.jpg

というわけで次回はベンチマーク回してみます。

mypc_01.jpg
関連記事
  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加