というわけで遂に最終回。

またおまえか、というわけで3度めの「バルトアンデルス」戦。以前と違い付属品はなく叩くのは本体しかないから楽。状態異常も効いてくれるし全体攻撃はもう十分凌げるし普通に難なく勝てた。でも相変わらず威圧感はたっぷり。

ff13_60.jpg

その後当然真打ち「オーファン」が登場。かなり歪で不気味なデザイン。こうゆう嫌悪感抱かさせるデザインをよく思いつくなぁ。インパクトはかなり大きかった。

ff13_62.jpg ff13_61.jpg

・・・はい。開幕直後の凄まじい攻撃で敢え無くジ・エンドですよ。圧倒されて立て直せなかった。

ff13_63.jpg

イベント後のボス戦でリトライするとメニュー画面に戻るからそこからメンバーや装備とか変更出来るのがこのゲームの親切なところ。今度はオプティマを開幕フェニックスにして再度リトライ。これで何とかなった。

見た目ごついけど回復にさえ気を付ければ意外とそんなに強くはなかったなぁ。スロウといった状態異常が効いてくれるのが助かった。普通ラスボスには効かないものだけどw 苦戦するかと思ったが結局リトライは初回のみで済んだ。

ff13_64.jpg

それでも12分掛かったしランク見るともっと早く倒せて当然な相手だったらしいw

ff13_65.jpg

さぁここからイミフな展開へ。ぶっちゃけ言うともう話にはついていけてないw 自分の理解力不足ってのもあるし攻略期間が長すぎて展開をあまり覚えてないんだよねw FF13はまさに映画のように一気にプレイした方がいいタイプだと思った。

ff13_66.jpg

結局はヴァニラとファングがメインな今回の話だったのかな~。

ff13_67.jpg

そしてやはり「オーファン」第2形態との勝負。

ff13_68.jpg

いきなり「死の宣告」を浴びてたじろぐ。つまりこれまでの召喚獣戦同様に戦闘のタイムリミットがあるから焦る焦る。しかも攻撃がガードされて通らない?!ブレイクさせないとダメージ与えられないし更にブレイクさせるまで時間掛かり過ぎるとブレイクゲージが帳消しになるという。なんて嫌らしいんだ・・・。

ff13_70.jpg

やっとブレイクさせることが出来たけどオプティマ切り替えての回復に手間取り満足に攻撃出来ず。迫るブレイクゲージのリミット。すかさずギリギリなタイミングで召喚獣「オーディン」を呼び出して即ドライブモードへ移行。ギリギリなタイミングで何とか一撃加えられた。この攻撃が功を奏っしたのか「死の宣告」のタイムリミットに何とか間に合って倒すことが出来た。危ない危ない。

とはいえ一旦ブレイクさせるとやたらHPがガクンと減っていった印象。気付いた時には終わってた感じだ。

ff13_71.jpg

目標タイムが2:30秒ってw マジですか・・・。

ff13_72.jpg

時間は掛かったけどぶっちゃけ「オーファン」は弱かった気がするw その前の第1形態もそんなに苦労しなかったしその前の「バルトアンデルス」戦も厳しさは感じなかった。むしろラスダンにたむろする雑魚の方が厄介だったよw

この後みんなどうなったんだろう。話は全然頭に入らなかったけどヴァニラとファングのシーンは綺麗だった。

ff13_73.jpg ff13_74.jpg

ド迫力に押し寄せるハイクオリティなグラフィックは圧巻。プリレンダとはいえほんとゲームって進化したよなぁと感慨深くなった。

ff13_75.jpg

つまりヴァニラとファングが世界を救ったってこと?使命を果たしふたりは居なくなってしまったのか。悲しい・・・。

ff13_76.jpg ff13_77.jpg

ライトニングは死ぬってどっかでネタバレ食らった気がしてたんだけど全然生きてるじゃないか。見間違えでよかったw

ff13_78.jpg

生きてるといえばこのふたりも無事戻ってこられたんだなぁ。セラは確か続編の「13-2」の主人公だったからそりゃ居ないとねw

ff13_79.jpg

一瞬ライトニングとホープがくっつく展開かとw

ff13_80.jpg

ヴァニラとファングはああなっちゃったけど最後は希望を感じさせられる暗くない終わり方で安堵させられた。良かったなぁ。

ff13_81.jpg

なんか「イース・オリジン」のラストを思い出す切ないシーン。

ff13_82.jpg

ラスボス前までの最終ステータスはこんな感じ。50時間でクリアだから攻略期間が長かった割りには平均的に収まったかな。

ff13_84.jpg

武器の改造は全員分を★マークまで強化した。中盤までは改造してなかったんだけど「アルカキルティ大平原」以降は流石に敵の強さからせざるを得なかったなぁ。

ff13_85.jpg

長くなったのでまとめは次回に。

関連記事
  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks