今年の6月からプレイ開始して10月にクリアだから4ヶ月ぐらい掛かってしまったw なんでここまで時間掛かったかというとやはり「夏の暑さ」。うちは特に暑くなるところだから余計堪えてプレイが捗らなかったんだよねぇ。あと陰鬱なロケーションというか雰囲気もプレイさせる気に中々ならなかったw

というわけでまとめだけど既に散々語られてるゲームだしうちでは手短に総括。

良かったポイント

写実的でリアルなグラフィック。
まさに映画の中を動いてるかのよう。十分一線級のクオリティ。
格好いい戦闘曲、癒されるフィールド曲など多彩で印象深い音楽。
特に歌の入った「サンレス水郷」などは鳥肌モノ。浜渦サウンドを堪能出来る。
豪華声優陣によるフルボイス。
アイドル声優に頼らない外画系声優がメインで演技もしっかりしてるし声質も合ってる。
タクティカルで爽快感溢れるテンポ感良い戦闘システム。
緊張感のある駆け引きが要求されて雑魚戦でも最後まで飽きさせない。
補助系魔法の有用さ。
オプティマの切り替えが重要なこのゲームでは補助系魔法の使いこなしがカギ。
戦闘後のダメージ全回復によるストレスフリーなゲーム運び。
戦闘は戦闘のみ、フィールド移動は移動のみに集中出来る。
戦闘時のド迫力エフェクトと効果音。
ガ系魔法、特にルインガは痛快。巨大ボス戦も圧巻。
フィールドで声掛ける時いちいちボタン押さなくてもいい。
近づくとオートで声が流れる仕組みなので楽ちん。いい意味で聞き流しが出来る。
セーブデータのロード時のあらすじ表示。
プレイの間隔が空いても文字情報で思い出しやすい。

悪かったポイント

アクセサリのソートができない。
量が多くなるとアイテムを探すのに骨が折れる。
オプティマ切り替えのラグ
ラグではなく仕様なんだろうけどもう少しキビキビ切り替わってくれたらスピード感出てよかったと思う。
各ショップへのロードが遅い。
ワンテンポ遅れる感じがあって各店への移動がスムーズに出来ない。
視野角が狭くて移動がしづらい。
酔う人は酔いやすいと思われる。
序盤は操作メンバーの入れ替わりが激しくキャラに思い入れしづらい。
もう少し落ち着きが欲しい。

という感じです。

世間一般では色々叩かれたり賛否両論だったFF13だけど個人的には普通に楽しめた作品でしたよ。特に戦闘はマンネリがなくほんと面白かった。

ff13_86_20121030015658.jpg
ファイナルファンタジーXIIIファイナルファンタジーXIII
(2009/12/17)
PlayStation 3

商品詳細を見る
関連記事
  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks