スタート後息つく暇もない展開でまさに映画を見てるかのよう。

ff13-2(3).jpg

なるほど、13-2ではムービー中にプレイヤーが攻撃指示できるようになったのか。ムービーゲーと揶揄された事への回答かw

ff13-2(4).jpg

「グラビティマイン」がSEといいちょっと格好よかった。ここら辺り板野サーカス的な曲芸シーンが見応えあったなぁ。

CGのクオリティは13より上がってるんだろうけど13でも十分凄かったから差が分からんねw 何となく13-2は絵の雰囲気からしてほの暗い中世がイメージテーマな気がした。

ff13-2(5).jpg

戦闘だけでなく会話でも選択肢が現れるようになって良くも悪くも普通のRPGになった感。選んだ会話で展開が変わるとか凝った仕掛けはないよね?w

ff13-2(6).jpg

今回13-2の主人公はライトニングの妹「セラ」。あれから色々なとこ成長してすっかりエロ(ry

ff13-2(9).jpg

男主人公の「ノエル」は今のところあまりいけ好かないなぁ。岸尾だいすけさん声でいかにも軟派なイケメンオーラが眩しい。

ff13-2(8).jpg

そういえば13にはFFシリーズのマスコット「モーグリ」って出てこなかったよね?すっかり忘れてたw

ff13-2(7).jpg

エンカウントはシンボル形式ではなく13-2独特のランダム性と時間制限性とシンボルの3つを兼ね備えた斬新なシステムになった。最初はとっつきにくいけど慣れたら「GREAT」で攻撃仕掛けて有利に戦うのが楽しい。ただ敵が現れた場合どこに居るのかわからずぐるぐるカメラ回してしまうからそこら辺りはちょっとストレスだな。

ff13-2(12).jpg

初のボス戦。やたらデカいというか不気味な敵だったけどパラダイム切り替えを適切にやってれば普通に楽勝。

ff13-2(11).jpg

滅んだ未来とかライトニングの行方とか色々先行き不透明だなぁ。

ff13-2(10).jpg

今更気付いたけど「ネオ・ボーダム」での今の状況はRPGにおけるタウンマップ探索だな。人との会話もボタン形式で画面切り替わるタイプに変わってるし。で、てっきりセーブは地点形式かと思ったら任意でできたのかw セーブ出来るのはまだかなとずっと進めてたよw 地点形式の方が今日はここまでっていう区切りが付けやすいからいいんだけどなぁ。

取り敢えずここまでの雑感としては・・・

  • ○戦闘・フィールド行動・会話などやれる事が増えていわゆるRPGとしての体裁になった。
  • ○セラがかなり可愛い。
  • ×会話時にカメラ位置がおかしくなる時がある。
  • ×エンカウント時の敵位置の分かりにくさ。
  • △地点セーブではなく任意セーブになった。
  • △音楽が少し軽い印象。

会話時のカメラは移動やズームとか出来れば不自然さがなくなるんだけどなぁ。

関連記事
  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks