久々に物欲記事です。今回はハードディスク買いました。


WD Blue 3.5inch 7,200rpm 1.0TB 64MBキャッシュ SATA3.0 WD10EZEX/N 【フラストレーションフリーパッケージ(FFP)】WD Blue 3.5inch 7,200rpm 1.0TB 64MBキャッシュ SATA3.0 WD10EZEX/N 【フラストレーションフリーパッケージ(FFP)】

WESTERNDIGITAL

商品詳細を見る

目的はWindows7をインストールしてあるシステムHDDのリプレースと高速化。今は「WD10EZRX」をシステムとして使っているんだけど速さがちょっと不満。耐久性はまだ不安なく快調なんだけどね。「CrystalDiskMark」でチェックしてみたらこんな感じ。

SnapCrab_CrystalDiskMark 302 Shizuku Edition x64_2013-1-29_2

どちらかというとデータ用の緑キャビアなんだしまぁ早いとはいえないよねw 更にググってレビューみたら評判もよろしくないみたいw 買った当初は緑と青の区別がついてなかった情弱さんでしたw

で、SSDにするかHDDにするかずーと迷ってたんだけど「WD Caviar Blue」という通称青キャビアなら一般のHDDよりもかなり速度が出るというレビューを見てコスパに優れたHDDの購入を決意。

そして初のAmazonでのHDD購入。正直不安さはあったんだけど恐らく大丈夫であろうと思われる梱包だった。因みに「フラストレーション・フリー」ではなく通常梱包の方を選びました。

■まぁソフマップやツクモなら四方を緩衝材で包んでるんだけどねw

DSCF2025.jpg

■バルクではなくリテイルパッケージで安心。

DSCF2031.jpg

■こうゆう感じで箱の中で更にプチプチに包まれてる。

DSCF2033.jpg

■そしてご対面~。

DSCF2034.jpg

接続してフォーマット作業に掛かる。新しく買ったHDDはクイックではなく通常フォーマットでエラーチェックしていかないとね。1テラバイトのフォーマット時間は大体2時間ぐらいだったかな。

■「CrystalDiskMark」で新しいHDDをベンチマークチェック!

SnapCrab_CrystalDiskMark 302 Shizuku Edition x64_2013-1-25_1

大体価格コムやconecoのレビューで掲載されてるベンチマーク通りになったように思う。これでOSの挙動がキビキビに・・・はならず実はまだ再インストールしていないというw その辺りの使用感はまだ後日にでも。

関連記事
  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks