というわけでAmazonから到着したPS Vita。愛知県からの発送だった。ほんとに中身が入ってるのかなって思ってしまうダンボール箱の軽さ。開けたらこれまたびっくりするほどVitaの外箱が小さくて何より薄い!PSPの時より小さいと思う。あ、PSPはもう手元にないですw

vita_004.jpg

一緒に買ったのは専用メモリカード8GBとAmazonレビューで評判の良かったray-out製高光沢防指紋保護フィルムの2枚入り版。経験則(Nexus 7とPSP)から初物機器の保護フィルムは2枚あった方が安心。

vita_002.jpg

中身もコンパクトに詰まってた。プチプチや発泡スチロールとかもなく結構簡素。

vita_003.jpg
vita_005.jpg

電源ケーブルは太くて取り回ししにくいか。サードパーティ製で細くてもう少し長めのケーブルないかな。

vita_006.jpg

メモリカードはほんと小さいね。超薄いし軽い。持ってても認識出来ないレベル。これは普通に無くせるw

vita_007.jpg

Vita本体を白い袋から取り出す前に初めますよ、恐怖の保護フィルム貼り儀式を。今まで何度もやってきたけどほんと慣れないしイヤw メーカーも予めフィルムぐらい貼っててくれればいいのにね。それか絶対に傷つかない汚れないディスプレイを開発してもらいたい。といってもそうゆうのが出てきても念の為精神が働いて貼ってしまうんだろうけどねw

この作業は光が差して埃具合が分かりやすい日中にやるのがベスト。風呂場へ行き予めシャワーを浴びて脱衣場を湿気で満たしておく。というか自室から風呂場までVita持っていく時が結構怖いんだよねw あやうく滑らせて落としたらと思うとゾ~っとする。ブロワーで埃を飛ばしてクロスで軽く拭き取る。色々な角度から光にかざして埃がついてないか確認。その後保護フィルムの出番。フィルム自体を保護してるシールは3分割されてるので真ん中を剥がしディスプレイの中心にくるようにじわりじわりと位置合わせ。上手く本体と平行になったらそのままジトリとフィルムを吸着させる。ひとまずこの段階で埃は入らなかった。あとは3分割された左右の残り2枚のシールをじわりと剥がして貼り付ける。両端はボタンに沿って細かい曲線になってるので慎重に。この時既に貼り終えた右側のフィルムから埃らしきものが裏側に付いてるのを発見。急ぎセロハンテープを2枚用意。1枚でフィルムを半分だけ剥がしもう1枚で埃自体をテープでぺちんぺちんとくっつかせて取る。これで完璧。多分一切埃は残らなかった。まぁ若干角度が並行にならず歪んだけど気にならないレベル。評判良いのも頷ける納得の貼りやすさだったな。部屋へ戻ってVitaを置くとすぐにフィルムの上に埃が降りてた。この部屋でフィルム貼ってたら埃取りで拉致があかなかっただろうな。それこそ2枚じゃ足りなかった。やはり面倒でも埃が湿気で舞い上がらない風呂場でやるのが一番だと痛感。

高光沢防指紋保護フィルム(2枚組)高光沢防指紋保護フィルム(2枚組)
(2011/12/17)
PlayStation Vita

商品詳細を見る


vita_009.jpg

Vita本体の持った感触は普通。PSPと同じぐらいかな。ズシリとした重みもないしかといって軽くもない。重さは感覚的にNexus 7と同じぐらいかも。サイズは手頃で思ったより小さいかな。全体の作りは最初特にどうも感じなかったけど暫くすると精悍でシャープな外観がとても格好良く見えてきた。ブラックとシルバーのカラーリングも引き締まって見えていい。最初はホワイトにしようと思ったりやはりVitaのイメージカラーのブルーにしようと迷ったけど基本のブラックにして良かったみたいだ。PS3もnasneとの組み合わせ考えたらブラックにすればよかったなぁ。ま、こればっかりは仕方ないけど。ホワイトは埃が目立たないのはいいけど材質によってはちゃっちく見えちゃうからね。裏側の○×△□の記号模様って最初見た時はださく見えて萎えてたんだけど実際実物見たら全く気にならない。むしろ模様が付いてることすら分からないレベル。ブラックだからかな。ホワイトだったら結構目立ったかもしれない。

vita_012.jpg

しかし被写体が黒色だからか分からないけどカメラのピントが合わないw Vita自体をあまり接写してないけど勘弁ねw

さて、次はメモリカードを本体に差し込む。最初挿れる位置が分からなかったw 本体の右下にあるシリアルNOの側。結構開けにくいし挿れずらい。これは頻繁に差し替えは難しいかもね。挿れたらそのままの方が良さげでゲーム用、メディア用とかメモリカードを分けずひとつのカードで完結させた方がいいかな。だから動画や音楽とか色々楽しみたい人は最初から16か32GB買った方が幸せになると思う。だからカードの値段をだな・・・w 自分の場合は選択肢なかったから仕方ないしキャンペーン前は4GBで済ますか~とか考えてたぐらいだしw ただ出先では特に使う予定ないし家では幸いにもNASとしてメディアストレージに使えるnasneがあるのでこの辺りは上手くカバーしていけそう。こうなってくるとnasneの500GBじゃ全然足りない。外付けHDD増やすってのはあまりスマートじゃないしなぁ。

そして本体の左上にあるボタンを押して起動。結構感動はないものなんだよねw まぁこの辺りは特に書く事もなく。システムアップデートがあるから最初からPSNへのサインインは出来ないみたい。で、ここで引っ掛かった。3Gのプリペイドがもう有効になってるじゃんw Wi-Fiで繋げずいつの間に3G通信でスタートになってたっぽい?これで残りの使用期限は20時間&30日。あとで有効利用方が見つかったら3G使おうと思ったのに~w 起動前にSIMカード抜いておけばOKだったのかな。まぁ過ぎた事は仕方ないね。でも再契約すると事務手数料2.100円が発生しちゃうんだよね。一度契約したら無しにしてくれればいいのに。

2013-08-24-121836.jpg

上のようなスクリーンショットはSTARTボタンとPSボタンの同時押し。押し続けてとかはなくすぐに撮れるから楽ちん。ただ同時に押しきれなくてどちらかのボタンだけ先に反応してアプリ終了とかゲームで次シーン先送りとか結構あるw PS4にはシェアボタンが新たに追加されたけどVitaにもそうゆうボタンが今後付けばスクショとか撮りやすくなったりしないかな。

ひと通り操作していったけどPS3やPSPとは段違いの軽さ。ヌルヌルとまではいかないけど十分サクサク操作していける。Nexus7と同じようなレスポンスの良さを感じる。タッチの感度も良好だし保護フィルム貼っても綺麗さは多分変わってないと思う。ディスプレイの解像度はNexus7より小さいけど何故かNexus7より高精細に感じるしクリアさがあって見やすい。背面タッチパッドはどうだろう。今のところあってもなくてもいい気がするけどこれを上手く活かしたゲームやアプリがあるかだな。

ボタンは押しにくいかなぁ。慣れてないからとは思うけど両手で本体持った時のポジションから操作しやすいかというとそうでもない。右の4つのメインボタンは小さくて押しづらいしSTARTとSELECTボタンはかなり小さいし凸になってなくフラットというか僅かに埋まってるから爪の先で押してしまうぐらい。PSボタンもフラットだから同様だし端に寄り過ぎかな。スティックはPS3と同じデュアルショックに近い形状になったとはいえ流石に小さくておもちゃ的な感覚。まぁPSPの平たいスティックよりは遥かに操作感はいい。右上の音量ボタンもフラットに並んでるけどこれは位置的に結構押しやすく音量上げ下げしやすかった。左右のRLボタンは・・・。Rボタンは問題ないけどLボタンがグニャグニャって音なんだよね。しかも押した感触がRボタンと比べておかしい。もしかして不良?とググってみたら同じ症状の人が結構沢山居た。どうやら仕様っぽいね。なんでもネジを緩めたりしたら治るかもとかあったけど・・・。まぁそのうち気にならなくなるでしょ。で、まとめると操作性は微妙w う~んタッチがあるとはいえアナログな部分は超大事なところなんだからもう少し力を入れて欲しかった。

vita_010.jpg
vita_011.jpg

PlayStation Vita (プレイステーション ヴィータ) 3G/Wi-Fiモデル クリスタル・ブラック 限定版 (PCH-1100AB01)PlayStation Vita (プレイステーション ヴィータ) 3G/Wi-Fiモデル クリスタル・ブラック 限定版 (PCH-1100AB01)
(2013/02/28)
PlayStation Vita

商品詳細を見る


取り敢えず外観のファーストインプレッションはこんなところか。次回はアプリなどのレビューをしていこう。
関連記事
  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

  1. eruaru | -

    自分は買って約3ヶ月ですが、いまだにスタートとセレクトの押した感触に慣れませんねー
    スティックはPSPより動かしやすいけど、爪が当たってゴムの部分が削れないか不安になる時があります(笑
    でも買ってるゲームは面白いし、アプリも便利なのがあったりで買って良かったとは思ってますね。

    ( 03:42 )

  2. 管理人 | -

    見てくれ重視な結果ですかね、PSPみたいに画面下においても良かった気がしましたw
    そこら辺りの改善は次世代Vitaでしてくれると嬉しいんですけどねぇ~。

    ( 17:45 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks