この前書いたボタンのレビュー記事でLボタンに関して挙動がおかしいけど仕方ないね的に書いたけどやはりどうにも我慢ならない。明らかにボタンを押した感触がおかしいんだよね。「カチカチッ」と音は鳴らず「グニャグニャ」って鳴るし押した時ポジションが定まらず不安定。おまけに押したらボタンの周囲に引っ掛かって元に戻らない時もある。下の2枚の画像は上が正位置で下が引っ掛かった時。ググって色々見つけた同様と思われる症状より深刻なんだよなぁ。ボタンとして機能することはするんだがこのまま使い続けたら壊れると思うしそんな状態で使い続けても楽しくないしストレス溜まるだけだ。

vita_016.jpg
vita_015.jpg

というわけで意を決してAmazonに連絡して交換してもらうことにした。最初はソニーにと思ったけどお金発生したり遅かったりしそうだからサポートに定評のあるAmazonにしてみた。結果は正解。問い合わせフォームから申請したらすぐに交換品のVita送ってくれた。当然無料。たった65文字制限の中での不良報告ですぐ送ってくれるとかなんて気前がいいんだ・・・。しかも送信したのって深夜の2時半なのに1時間後の3時半にはもう自動返信じゃなくスタッフの署名入りメールが届いたんだよね。更にAmazonの注文履歴から交換品の発送時間見たら朝の8時にはもう出荷されてた。どんだけ迅速対応なんだw Amazonからしたら連絡を何度も交わす羽目になったり変に拗れるよりとっとと新品送りつけて即解決って方がいいんだろう。そりゃ日に何百とクレーム処理してるだろうから効率や損失考えたらそらこうなるわな。

翌日の8時過ぎにはもう届いた。最初のVitaは岐阜県だったけど今回は大阪からの発送だった。開封するまでの心境は裁判で死刑になるかならないかの判決を聞くかのようw もしこれでまた同じような症状のVitaだったらと思うと全くやったことが無意味になってしまうからなぁ。また交換したいってなったら流石のAmazonさんもすんなりとはいかないだろう。

vita_017.jpg

今回は前回と比べて高さのない薄めのダンボール。前回との発送地や梱包の違いはメモリカードがあるかないかなんだろうか。ドキドキしつつ外箱を開けてVitaの入った白い袋を取り出す・・・。Lボタンをカチカチッ・・・あっ、明らかに最初のVitaと感触が違う。ちゃんと音はRボタンと同じ音で鳴るし妙なグニャっとした押し心地ではないしボタンが引っ掛かって元の位置に戻らないこともない。はぁ~んよかった~。ほんと胸を撫で下ろした。やっぱり前のVitaは不具合品だったんだな。安心した。

vita_018.jpg

正直Rボタンと全く同じ挙動ということもなくて若干差異はある。アナログな部分だしそこまで厳密に商品検査してもないだろうし仕方ないんだろうね。けど十分許容範囲内。最初のVitaはプレイに支障が出るほどだったからこれなら安心してプレイ出来そうだ。今回交換騒動になったのはガッカリきたし面倒だったけど結果的に上手いこといったしAmazonでの交換手順も社会勉強になったからまぁいいかw

思いがけず2台揃ってしまったVita。いやぁまさかこんな事態になろうとは思わなかったなw しかしここにきて保護フィルムは2枚入りのやつを買っててほんと良かった。所謂こんな事もあろうかと・・・になっちゃったw

vita_019.jpg

高光沢防指紋保護フィルム(2枚組)高光沢防指紋保護フィルム(2枚組)
(2011/12/17)
PlayStation Vita

商品詳細を見る


というわけでAmazonさんマジ神対応でしたというわけです。あ、勿論最初のVitaは返品しますよ。30日以内に返せばいいので焦らなくてもいいけどね。因みに返品は専用の日本郵便の集荷サービスを利用することになるんだけど普通に郵便局からゆうパックでもOKとのこと。実は集荷だと都合がつかずどうしようかと思いサポートにチャットしたら郵便局からでもいいって返答。当然着払いでね。いやはやほんとAmazonさまさまですな。逆にソニーさんはもう少し製造しっかりしてくださいw

PlayStation Vita (プレイステーション ヴィータ) 3G/Wi-Fiモデル クリスタル・ブラック 限定版 (PCH-1100AB01)PlayStation Vita (プレイステーション ヴィータ) 3G/Wi-Fiモデル クリスタル・ブラック 限定版 (PCH-1100AB01)
(2013/02/28)
PlayStation Vita

商品詳細を見る
関連記事
  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks