エピソード11まで進んだ。Wikiによると(今回攻略は一切見ない予定w)全21エピらしいから丁度折り返し地点か。

2013-08-27-223925.jpg

キトゥンって容姿からして最初は獣系かと思ったんだよねw 実際ストーリー進めて掘り下げられてくると思ったより全然可愛い。ほんと等身大な今どきの10代の女の子って感じ。ツッコミとかも結構容赦なくてノリがいいw

2013-09-05-160243.jpg

そしてキトゥンの女子高生コス!益々ガングロギャルっぽくなってしまうw あ、因みにミニスカだけどパンツは見えないよw 見えないというか見えようがないかあれは。途中から自由に着替えれるようになったけどまだデフォのコスとこの女子高生コスの2着のみ。着替えスペースが半分以上空いてるし他のコスのお目見えが楽しみ。というか後はDLCアイテムだったりしないよね?w

▼キトゥンが動いてるしVita本体を傾けるとカメラも傾くという嬉しい細かさw
2013-09-03-204616.jpg

DAZEの舞台って最初は中世のファンタジーかと思ったけど全体としてはスチームパンクな世界観なのかな。鉄道や工場や飛行船とかあったりして産業は進んでる。街並みで特にお気に入りなのは工業地区のインダストリエ。工場が軒並みそびえ立った景観が荒涼としてて堪らない。いわゆる廃墟萌えってやつw グラはほんと素晴らしくてブルームで光が滲んだりする効果も良い感じ。ジャギー感さえなければ携帯機ってのを忘れるぐらいだ。このレベルのグラフィックを携帯機でプレイ出来るなんて昔ゲームボーイ持ってた身としては科学技術ってほんと進化したなぁって感慨深くなる。やっぱクオリティ高いグラフィックもゲームの楽しさのうちだと思うな。

▼この画像ではそんなでもないけどもっとごちゃっとしてる。
2013-09-04-223324.jpg

難易度は重力下の戦闘や移動を抜きにしたら比較的容易い方でサクサク進む。次に行くところや会う人、敵の位置など大体はポインタで示されるから迷うことはない親切設計。謎解きも明確なヒントが出るから今のところ詰まる要素はなさそう。

▼タッチでスクロールやピンチイン/アウトもできる自在なマップ。
2013-09-02-142551.jpg

問題は重力を制御しての移動と戦闘。特にエピ8はプレイ困難な人がいてもおかしくないぐらいの方向感覚の掴めなさ。特に初っ端ということもあって重力スライダーで進むとこは上下左右の方向感に慣れるまでかなり手こずったな。でも一旦慣れるとこの浮遊感が心地よくなる。なんていうか実際自分が重力を意のままに操ってる感があってすごく楽しい。

2013-09-04-013113.jpg
2013-09-05-162046.jpg
2013-09-05-165902.jpg

重力アクションのうち重力スライダーだけはどうにも難しい。曲がるのが一向に上手くいかないんだよね。Vitaを傾けるんじゃなくてハンドルのように回転させるといいらしくやってみるとなるほど確かに曲がれる。でもやっぱり難しくてあちこちにぶつかってしまう。もっとシューってスキーみたいに軽快に滑れないかな。

今のところのマイナス要素はロードの長さ。地区間の移動やミッションのあとで発生するけど1分近く待たされるから結構しびれを切らしてしまう。地区毎にデータを一括して読み込んでるからだろうか。頻繁に短いロードが発生するのがいいか時々長いロードを体験するのがいいか。難しいところだな。

ところでスクリーンショット撮ってる暇というか余裕って余りないねw PS3でHDキャプチャー環境でプレイしてる時は手が比較的自由だし体制も机に向かってだから気軽にスクショ撮れちちゃうけどVitaで遊んでる時は手が大概塞がってて一々PSボタンとSTARTボタン同時に押すとこまで指動かすのが面倒になるんだよね。体制も横になりながらとかだと余計に。まぁ気が向いた時やここぞという時に撮ればいいか。というわけでDAZEに限らずVitaゲームではあんまり見せ場があるスクショは載らないですw

2013-09-04-012211.jpg


GRAVITY DAZE 重力的眩暈:上層への帰還において,彼女の内宇宙に生じた摂動 PlayStation Vita the BestGRAVITY DAZE 重力的眩暈:上層への帰還において,彼女の内宇宙に生じた摂動 PlayStation Vita the Best
(2013/04/25)
PlayStation Vita

商品詳細を見る
関連記事
  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks