あれから SSD の「 S6T256NHG5Q 」はトラブルもなく快調。PC の電源入れて 20 秒程度でデスクトップ画面が現れてすぐ使えるようになるのはほんと快適。これなら今まで億劫だった再起動とかも躊躇なく出来るしスリーブじゃなく電源切ってから外出とか寝たりも出来るな。

ssd_20.jpg

ブラウザも新しいタブでページを開くのが早くなったしファイルの DL も気持ち早くなった気がする。SSD 黎明期によくトラブルとして言われてたプチフリは全く無し。それ以外のおかしな挙動も全くない。C300 はそうゆうのがあって悩まされたんだけどね。まぁあれからマシンはマザー含めて変わってるし一概には比較できないけど。

「 SpeedFan 」で温度図ると室温 25℃ で HDD は 36℃ だけど SSD は 30℃ だった。少し前の夏の暑さが残る日は室温 34℃ で 38℃ ぐらいだったかな。HDD よりはやはり低め。しばらく使ったあと SSD 本体へ触ったらほんのり暖かい程度だった。来年また今年みたいな酷暑でも大丈夫そうかな。

Steam からゲームを何本かインストール。取り敢えずは「 Euro Truck Simulator 2 」から。最初のファイルを準備中のダイアログの処理からしてもう早い。起動もクレジットが流れる画面まであっという間。1 秒掛かるか掛からないかってレベル。マップのロードはさすがに少し時間掛かるけどそれでも 3 秒程度かな。そういえば ETS2 のバージョンが 1.6.1s に上がってた。暫く遠ざかってたから WoT とかさっぱりだw またゲーム熱が盛り上がってきたらやろう。

そういえば外箱の裏側を見たら「 Made in Philippines 」だった。選択肢項目に「 Made in Japan 」もあるけどこれを引き当てた幸運な方が羨ましいw まぁ大した違いはないだろうけどね。

ssd_21.jpg

というわけで PC 買い換える(自作 PC のパーツ替え)ならまずは目に見えて効果が大きい SSD からにしたほうがいい事を再実感した購入してからの顛末でした。次回レビューする時は壊れた時になるかなw


シー・エフ・デー販売 TOSHIBA製SSD採用 2.5inch 内蔵型 SATA6Gbps 256GB CSSD-S6T256NHG5Qシー・エフ・デー販売 TOSHIBA製SSD採用 2.5inch 内蔵型 SATA6Gbps 256GB CSSD-S6T256NHG5Q
(2013/04/13)
シー・エフ・デー販売

商品詳細を見る
関連記事
  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks