今更ながら「Crysis 2」をプレイしてる。

Crysis2 2014-001

去年HumbleのOrigin Bundleで買ったやつね。海外からの購入だけどOriginへキー登録したら日本語版になった。嬉しいことに吹き替えも日本語。ありがたいことに今はこうゆうのが多い。

解像度はフルHDで画質は全てウルトラでDirectX11を選択。ブラーは低。これでFPSはFraps計測で30~60ぐらい。目立って重かったりカクつきもないしHD7850優秀。とある理由でハンデとしてPCIE16のx4作動だというのにw


GIGABYTE グラフィックボード AMD Radeon HD7850 OC 2GB PCI-E GV-R785OC-2GDGIGABYTE グラフィックボード AMD Radeon HD7850 OC 2GB PCI-E GV-R785OC-2GD

日本ギガバイト

商品詳細を見る


最初は普通にマウス+キーボードでやろうと思ったけどクライシス2は元々コンシューマに最適化されてるのでXbox360コントローラーの方がヴァイブレーションも有効になるし操作感も良い。あとはパッドで照準定めることに慣れさえすれば。

プロローグ的導入部は実写込み。外画的雰囲気あるな。知ってる声ではハガレン1期のロイ役大川透さんの声が認識できた。因みにテーマBGMは「ブラックホーク・ダウン」などで有名な大御所ハンス・ジマーが担当。聴き馴染みやすくスケール感あるカッコイイ曲。多分この一曲だけ?

操作出来るようになると実際のグラフィックは凄いけどまぁこんなもんかなという印象。さらに進んで途中のシーンでこのクオリティで動かせるのかと感嘆したがこれはプリレンダだった。

Crysis2 2014-002

▼Crysisのオープニングもこんなシーン出てきたなぁ。
Crysis2 2014-003

▼冷静にみるとこのスーツ姿あんまりカッコよくはない。
Crysis2 2014-011

とはいえ本編がスタートしたらグッとグラフィックへの印象は良くなっておおっと感嘆。これは素晴らしい。さすがCrytek。今までプレイしたゲームで一番のグラフィックだろうな。この画質で自由に動かせるようになるなんてすごい時代がきたもんだ。といってもこれ2011年春発売のゲームだけど。

Crysis2 2014-004

一戦交えたあと広いオフィス街に出て暫く立ち尽くす。遂にゲームの世界に入ることが出来たんだなぁって訳分からん感慨に耽ってたw それだけグラフィックが写実的ですごいということ。テクスチャとかもハイレゾなお陰で読めるしね。パーティクルの飛び散りとかもリアル。ただ舞っている葉っぱには少し違和感があった。

Crysis2 2014-008
Crysis2 2014-007

奥まったとこでの戦闘は思うように捌けて楽しかった。クロークで透明化、アーマーで耐久力向上、ナノスーツを把握していかねば。でも前作よりは簡易になってる気はする。敵のAIは…もっと頑張って欲しかったところかな。

Crysis2 2014-009

地下鉄の入り口を見つけろってミッションが最初の難関。ナノスーツに慣れてないこともあってか5回ぐらいリトライ。クローク使って建物の後方で待ち構えていた敵兵2人を近接格闘で倒したら打開できた。

Crysis2 2014-010

その後通路にある下水に落ちてしまい放射能?に汚染されててんやわんやだったが強化ジャンプがあったの忘れてた。間一髪セーフ。

FPSリハビリも兼ねてだしマターリとやってきますかね。


Crysis 2 Maximum Edition (日本語版) [ダウンロード]Crysis 2 Maximum Edition (日本語版) [ダウンロード]
(2012/06/08)
Windows

商品詳細を見る
関連記事
  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks