9日目はデッド・デューン南駅のさらに南側の海岸線で終了。ここはまだ行ったことなかったから新鮮。日の出間近の朝焼けに染まる風景が美しい。

LRFF13_0152a.jpg

そういえばデッド・デューンでは全ての魔物が絶滅したんだよなぁ。最初はウィルダネスだけだったのにいつの間にかルクセリオもデッド・デューンも絶滅済みになったし結構順調にいくもんだ。あと残すはユスナーンのホプリタイとスカテネだけっぽいかな。

久々にメニューからリワード交換所をのぞいてみたらトロフィーリワードで無料で入手出来るデコレーションが追加されてた。何のトロフィー取ったからだろ?まぁ何にせよ嬉しい。

LRFF13_0154.jpg

箱舟へ帰るといきなりイベント。この姿はルミナじゃなく・・・セラ。過去の贖罪、無意味な旅だったのか、新しい世界でまたやり直したいとセラは言う。でも共に旅をした思い出を全て否定してほしくないライトニング。でもなかったことになればいいと尚もセラは言う・・・。このセラはほんとにセラなのか。偽物かもしれない。でも認めるのは怖い。ホープは何かが欠けていたと言う。人質の意味をなしていない偽物・・・。

LRFF13_0153.jpg

エリクサーを入手するトロフィー「神秘の霊薬」ってのがあるんだよね。その為にはソウルシードを100個集めて報酬アイテムとしてエリクサーを貰わないといけない。今の手持ちは49個だけど序盤のサイドクエスト「シードハンター」の時に確か10個ぐらい集めた段階で魔材屋に渡した記憶がある。だから多分あと40個ぐらい?この数をあと3日間で何とか集めきれるかどうか。今しがた魔材屋に渡したら報酬としてエーテル貰った。エーテルだと60個の報酬アイテムなので、ん~まぁやはりそのくらいの数は必要か。最後の難関かもしれない。

LRFF13_0155.jpg

ここでデッド・デューンの魔材屋のバックボーンが伺えた。単なるNPCキャラじゃなくてソウルシードを巡る色々複雑な事情があったんだな。

ソウルシードはどうやら大街道で集めるのが一番ベターみたい。あとシ海が出たら必ずソウルシードが出るってわけじゃなくある程度ゲーム時間が経過しないとソウルシードは出ないのでクロノスタシスは使わずリアルタイムで集めていくしかない。そうゆうこともあって残り日数と天秤に掛けると集めきれるか微妙なとこだなぁ。

▼この紫色の小さい光がソウルシード。
LRFF13_0156.jpg

それとラストワン狩り。あとスカテナとホプリタイを絶滅させればOKらしい。他にもまだ敵が出てくるけどアヌビスとプリン衛生兵、ガートルード、デズデモーナは無限湧きとのこと。メイオベントスは有限だけど以前も書いたとおり6万体ぐらい生息してるからラストワンは無理w

で、今はホプリタイとスカテナ狩りの為にデッド・デューン~ユスナーンへの大街道でソウルシード集めつつ工業地帯へ行きホプリタイ狩りに来たところ。ホプリタイ自体は激弱なんで楽々だし3体ぐらい纏めて出てくれる頻度が高いから助かる。

LRFF13_0160.jpg

ただこの工業地帯には鬱陶しいデズデモーナがホプリタイより多く出てくるんだよね。こいつの突進攻撃がうざくてうざくて。同種の敵でガートルードも嫌い。しかも2体同時出現率も高いから現れるものならそそくさと逃げるようにまでなった。こいつら狩っても何も美味しいことないんだよなぁ、と止む無くバトルしてたらアビリティのビートダウンをドロップ。このアビリティはレアらしく今まで持ってなかったんでこれはありがたい。どうやらデズデモーナをノックアウトさせたら高確率でドロップするらしい。まぁでもそれだけだなあ。ひと通りビートダウン集めたらあとはやっぱり鬱陶しいだけの存在だ。

LRFF13_0161.jpg

そうこうしてやっとラストワンのホプリタイが出現。が、弱い!弱すぎるw 可愛そうになるぐらいの呆気無いバトルだった。

LRFF13_0162.jpg

前も書いたがユスナーンの工業地帯の光景は大好き。工場萌えだよね。時間が許せばあとデズデモーナが出なかったらいつまでも佇んでいたい場所だ。緑豊かなウィルダネスより気分が落ち着く。

LRFF13_0157.jpg

LRFF13_0158.jpg

ホプリタイも終わり残すはあとスカテナ。ようやくデズデモーナからおさらばできるかと思いきやこいつどこにでも出てくるのなw スカテナの出現地帯、スノウの宮殿前や地上街や工業地帯前でもどこでも出てきて嫌になる。こいつを絶滅させたいわw

しかしスカテナってエンカウント率低いような。あまり出てきてくれないんだよなぁ。こんなことなら今までスカテナから逃げずに戦って狩り数稼いでおけばよかった。

LRFF13_0163.jpg

プリン衛生兵は複数でもバトル開始早々瞬殺出来るようになった。ファイラ一発放って終了w

▼この時のズギュンってSEが快感。
LRFF13_0164.jpg

ユスナーンの魔材屋からもソウルシードに纏わる曰くを聞いた。何気なく拾ってたけどやっぱあれってあれなんだよねぇ。

LRFF13_0165.jpg

引き続きスカテナ狩りとソウルソード集め。スカテナはエンカウントのコツというか一番出現率が高い場所つかんだかもしれない。ユスナーン地上街の階段が入り組んでるところから中央通りに差し掛かるところまで。あそこら辺がデズデモーナよりスカテナの出現率が高い気がした。

LRFF13_0166.jpg

スカテナは必ず1体のみで出現。デズデモーナは大体2体。右上のミニマップで敵を示す赤点が2点現れたら赤点が映らないところまで逃げて1点のみならほぼスカテナなので急ぎエンカウントしにいく。ここは狭い階段ということもあって結構エンカウントのコントロールがしやすかった。あと音で結構分かる。スカテナって独特の小さくガサガサッて羽を動かす音がするからね。BGM掛からず無音の中であの音がこだましてるとシュール。

LRFF13_0167.jpg

ここでようやくスカテナ絶滅。ラストワンはまぁあの延長線上の強さ。相変わらずかかと落としの威力がハンパない。

LRFF13_0168.jpg

よし!これで絶滅出来る敵は全てラストワン出現させて絶滅させたことになった。サイドクエスト「ラストワンを求めて」、請けた最初の頃は量的にしんどいから数体絶滅させて触りだけ楽しめばいいやと思ってたけどまさかのオール絶滅。一旦のめり込むと分からんものだな。

次はソウルシード集め。前回同様に大街道を順々に巡って集めていく。他の場所でもいいけど街道だと障害物があまりないから見つけやすいからね。紫に輝いてるけど地面の色に紛れると意外と見落としやすい。

LRFF13_0169.jpg

スカテナ同様にここにきてソウルシードの効率よい見つけ方が分かった気がする。大体シ海が出現すると1~3個ソウルシードが落ちてる。そしてゲーム時間で30分ぐらいは経たないと次のシ海が出現してもソウルシードは落ちてないみたいだ。だからソウルシードを拾えたシ海の次のシ海はスルーで次のその次のシ海でやっとソウルシードが拾える頻度。こうなると1時間に拾えるソウルシードはかなり限られてくる。

▼遠くの風車はウィルダネス、アリエス村。
LRFF13_0170.jpg

16時になったのでアヌビスが出るようになった。メイオベントスより遥かに戦いやすい相手なのでGP稼ぎに丁度いい。ゲーム序盤の頃はあの悪魔的な風貌と大振りな鎌振り下ろしに恐怖を覚えたものだがいまやそこらの敵よりも雑魚w

LRFF13_0171.jpg

ウィルダネスの魔材屋でもまたソウルシード話。ソウルシードで鍛えられて意思を持ち時空の彼方に消えた剣・・・。アルテマウェポンはそうゆう云われだったのか。

LRFF13_0172.jpg

ウィルダネスからルクセリオへ行くまでの街道で集まったソウルシード6個。ルクセリオの魔材屋に渡すとこれまでにない特別の報酬!遂にあのエリクサーを貰えた~!これでトロフィーも達成。

LRFF13_0173.jpg

残り時間的にどうかなと思ってたけど何とか達成出来た。意識的に集める前に結構マメに拾ってたのが功を奏っしたな。アウターワールド機能でエリクサーを持ってる人から購入ってのは邪道な気がしてやりたくなかったから自力で達成出来てよかった。

あとのやり残しは各大陸に行って情報屋から秘録を購入すること。これは最近の今までの攻略の合間にやってた。ゲーム最初のうちは必要性を感じず要らなさそうとか思ってスルーしてたけどどうやら秘録持ってるとアイテムのドロップ率が違ってくるらしい。ほんとならありがたいけど残念ながらもう魔物は尽く絶滅済みだから効果の程は分からないw

そして10日目が終わった。箱舟では何もイベントはなし。ワープから大陸へ戻った時にイベント。仲間もいらない、全て自分で背負い込む、今のままだとセラだけじゃなく誰も救えない、セラの魂が視えてない、人の力では倒すことの出来ないブーニベルゼと戦えるか、彷徨える魂を救う解放者だがライトニング自身が救われていない、自分のことが見えてない、自分で気付いて認める必要がある・・・。

LRFF13_0174.jpg

ライトニング リターンズ ファイナルファンタジーXIIIライトニング リターンズ ファイナルファンタジーXIII
(2013/11/21)
PlayStation 3

商品詳細を見る
関連記事
  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks