遂にあの魔法のカード、PT3 を買ってしまいました。nasne も快適だったけどね、やっぱりチューナーがシングルだから裏番組を撮れないのが大いに不満だった。nasne をもう一台買うことも考えたが 1TB モデルで 2 万円という価格設定はどう考えても割高。かといって 500GB モデルは既に生産中止。それに 500GB じゃ全然足りないってことは今まで使ってきてよく分かってる。PS4 が発売されてもしかして価格改定とか新モデルとか新しい動きがあるかと思ったけど特に何もなく。我慢できず遂に買ってしまった。

pt3_004.jpg

何も印刷されてない小さな箱の中身は PT3 本体とロープロファイル用ブランケットのみという潔さ。説明書とかドライバー CD とかは甘え。

pt3_002.jpg

カード裏には 2012-4-24 というリビジョン表記。

pt3_014.jpg

カードは小さくて薄い。マザーボードのスロット位置的に他のカードと干渉しないか不安だったが隙間は十分ありそうで安心。

▼埃で醜くて申し訳ないw
pt3_012.jpg

既に有名な PT3 なので今更自分が色々レビューしても仕方ないだろうからここからはインストールしててつまずいたところを書いていこう。導入が難しいとか言われてるけど思ったより全然簡単だったよ、と書きたかったが甘かったw 大体半日ぐらいは目論見通り動くまでに掛かったなぁ。

まず用意したものはご存知 PT3 Rev.3。



B-CAS カードをデコードする為のカードリーダー「 SCR3310-NTTCom 」。PT3 と組み合わせるのに定番商品だしどれを選ぶか全く迷わなかった。



以上これだけ。そして現在の PC 環境はこのようになってる。

  • CPU:Core i5 2400
  • メモリ:W3U1333Q-4G x 4
  • マザーボード:GA-H67A-D3H-B3
  • ビデオカード:R7850-2GD5/OC
  • オーディオカード:Xonar Essence STX
  • 電源:KRPW-P630W/85+


厄介な B-CAS カード は nasne 付属の赤色のカードを使った。他の機器と使い回し出来るのはいいよね。再発行費用 2000 円なんか払いたくない。

ドライバをインストール。3月末に Amazon で買った PT3 は既に最新 Ver の FPGA( 0x04 )だったので更新ツールは実行する必要はなかった。

TVTest.exe( Ver.7.23 ) を起動。でも「 DirectShow の初期化ができません」というエラー。デコーダでデフォルト以外の何かを指定しなければならない。この種のデコーダで有名な ffdshow をインストールしてみたが何故か TVTest の設定画面に反映されず。ffdshow のビデオデコーダー設定で mpeg2 を libavcodec に変えても駄目。それならというわけで他のデコーダを試す。「 Dscaler MPEG Filters( Ver.0.0.8 ) 」をインストールしてみたら無事解決。

pt3_006.jpg

その後は TVTest で実際にテレビを見るまでは簡単にいった。ただ縞々のインターレースが見えてる感じだったからレンダラを EVR にしてみたら綺麗に見えるようになった。画質は nasne 経由で見てるのと変わらないかな。

▼TVTest に TvtPlay を導入済み。
pt3_008.jpg

画質の良い EVR や VMR9 Renderless のレンダラ使ってると何故か静止画キャプチャーが出来ない。仕方なく全画面にして PrintScreen で撮ってみた。静止画キャプチャーの画質は nasne というかアマレコTV の方が断然優れてるな。画質最優先で撮るには AviUtl とかでやるしかなさそう。

pt3_009.jpg

もう1個 TVTest.exe を起動させて地デジと BS の同時視聴も出来た。CPU 負荷は 5% 前後と問題なし。ただ BS と BS、地デジと地デジの同時視聴が出来ない。「 BonDriver の初期化ができません 」というエラーダイアログが出てしまう。これは結構悩んだ。TVTest を導入し直したりとあれこれ試行錯誤した。これが出来なければ nasne に替えて PT3 を買った意味がない。で、解決手段はこう。困ったら再起動。これ大事。今までの苦労は何だったんだってぐらい呆気無く BS 同士、地デジ同士で同時視聴出来るようになった。

参考までに TVTest のファイル構成はこうなってる。

pt3_005.jpg

同時視聴用に BS 用 の BonDriver_PT3-S.dll を複製、地デジ用の BonDriver_PT3-Tも複製して末尾を連番。これも詰まった箇所だが各 BonDriver につき一局のみ割り当てになるので計 4ch 分増やす必要があった。こんなアナログな手段でいいんだろうかと思ってしまったがちゃんと目論見通り正常動作した。

TVTest を 4 個起動させると CPU 使用率は大体 30% ~ 40% ぐらい。さすがに少し高めになるけどそれでも問題なく 4 局同時視聴出来るようになった。ここから更に 4 局全て録画可能。いざ実際やってみると圧巻。これじゃ HDD がいくらあっても足りないなw

pt3_007.jpg

視聴と録画は TVTest により上手くいった。あとは予約をする EpgDataCap_Bon( 10.66 ) の導入。これが出来ないと深夜ずっと起きてないといけない羽目になる。で、やはりここでもつまずいた。予約して録画が開始するところまでは上手くいった。が、再生しても録画した映像が流れない。エラーログをみると Scramble の値が異常に増えててどうもこれはスクランブル解除できてないなと確信。EMM 処理を行う設定にしたり再度 EpgDataCap_Bon を導入し直したりあれこれ試したが解決せず。ググって何かないかと探してたらもしかして解除用の *.DLL がいるのではと。てっきり本物の B-CAS カードとリーダーがあるから要らないとばかり思ってた。スクランブル解除する為のツール、Multi2Dec のフォルダにある B25Decoder.dll をコピーして EpgDataCap_Bon のフォルダへ。これでもう一度予約録画してみたら無事映像が再生された。

いやぁここまで結構難儀した。デコーダー、同時視聴、スクランブル解除、といったトラブルがあったが何とか解決して当初の目論見通りフレキシブルな視聴や録画が楽しめるようになった。TVTest や EpgDataCap_Bon の操作感は良好。torne アプリと較べて快適さが劣っているかなと心配してたけどむしろより快適になったんじゃないかと思う。これも各ツールの製作者の方々のお陰。ありがとうございます。そして PT3 のレビューや Tips など残していってくれたググった先の諸先輩方様にも感謝。

pt3_013.jpg

これで今期だと「未完成で進行形」と「スペース☆ダンディ」、「とある飛空士への恋歌」と「中二病でも恋がしたい!戀」で散々悩まされた被りの問題から開放された。来期も「メカクシティアクターズ」とか「エスカ&ロジーのアトリエ」とかで色々被ってるからなぁ。アニメファンにとってダブルチューナーはもはや必須であるな。

PT3 Rev.APT3 Rev.A

アースソフト

商品詳細を見る
関連記事
  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

  1. 名無しさん | -

    自分も録画した映像が流れなかったけど
    B25Decoder.dllを教えてもらったおかげで、
    無事に映像が再生されました。

    ありがとうございます。

    ( 22:42 )

  2. 管理人 | -

    いえいえ、こんな拙い記事ですがお役に立てたようで何よりです。

    ( 07:15 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks