第12章 聖府首都エデンへ。ゲームも遂に終盤だ。

ff13_2nd_193.jpg

ここから目まぐるしい展開。あれは市民たちがレースをやっててライトたちが偶々居合わせて騒ぎを起こして利用したってことなんだろうか。陽動作戦?シーンが二転三転して把握しづらい。ただ「やばっ!」って言ってるヴァニラは可愛かった。

ff13_2nd_194.jpg

その後、守護騎アナヴァタプタという敵とある意味イベント戦なんだが・・・これが上手く戦えなくて参ったw 最初はオーディンに乗って優勢に攻撃していけるんだけどオーバードライブが時間切れになって斬鉄剣を発動させてもろくにダメージ与えられてない。仕方なくブレイク目指すが中々一向にブレイクしてくれなくて疲れるw 止む無くリトライ。今度はトライディザスターをオプティマ編集で作って再戦。今回もまたオーディンであまりダメージ与えられなかった。これって本当にオーディンのオーバードライブのみでやっぱり普通に戦い終えられるんだろうか?通常のバトルになったらトライディザスターでなんとかブレイクを目指すが・・・。敵の攻撃が苛烈で時々回復織り交ぜつつ何とかブレイク。やっとと思ったら速攻終わった。ブレイクさせたら弱すぎw

ff13_2nd_195.jpg

目標タイムが1分かよw なんで~。あとで気付いたけどTPが5もあるんだからもう一度オーディン召喚すればよかったなw 自分はどうもTP使うことはライブラしか頭にないw

ff13_2nd_196.jpg

エデン全域にグラン=パルスのあの巨大な魔物が転送されていって一帯は地獄絵図。まさに戦争になってきた。今の聖府代表はバルトアンデルスの傀儡シド・レインズ。世の動きに任せるまま何もやることはなかった。それをリグティに撃たれてしまいレインズは夢敗れる・・・。かつての盟友に落胆されて殺されてしまうという悲しい最後だったな。

ff13_2nd_197.jpg

クリスタリウムがレベル9まで開放されたのでそれぞれ強化。遂にヴァニラのジャマーロールにデスが!これが一番嬉しい。

う~ん素晴らしい未来風景。これぞッて感じでわくわくするな。

ff13_2nd_198.jpg

コクーン流ならぬライト流で敵陣へ斬り込んでいく。キングヘビーモスも大地斬繰り出されても十分耐えられるようになってきたな。ただやっぱりオボロンは苦手。突きまくられて全滅。そういえばどれかのキャラが出してきたビーコン、すっかりライブラ使うの忘れてた。まぁいいか。

ff13_2nd_199.jpg

サッズ曰くまさに最悪だ!――いやこれ以上余裕で悪くなるんだけどねw

ff13_2nd_200.jpg

ボス戦はあのロッシュが繰り出すプラウド・クラッド。イベントが始まって気付いたけどロッシュと因縁のスノウをパーティに入れておけばよかったなぁ。ビームでチョンチョンってちまちま攻撃してきたり一旦ブレイクさせてしまうと報復攻撃で大ダメージ喰らうなどやりづらい相手。ただこちらはサッズのエンハンサーで強化しまくったので何とか凌げて一発勝利。3分台の5つ星勝利となった。

ff13_2nd_201.jpg

未だ怯える市民だがコクーンを滅亡せんとするファルシ、人間同士の対立を煽るバルトアンデルスという真実を突きつければ何とかなる。人間らしくやってやる。破滅なんて認めない。ろくでもない世界でもここは故郷なんだ。

さて遂にあの馬鹿でかいアダマンケリスと戦う時。流石に攻撃力がハンパない。特にクエイク喰らうとやばいやばい。ただそんなに強いって感じでもなかったな。時間は掛かったが最後は勇戦の凱歌で十分倒せた。

ff13_2nd_202.jpg

あぁヘビーモス系ではフンババ嫌いなんだよなぁ。立ち上がると妨害魔法が全てかき消されてしまう嫌らしさ。初戦では全滅してしまった。攻撃を優先させるあまり回復させるタイミングがついつい遅れてしまう。

フンババと聖府軍が小競り合いしてるとこは必ず奇襲が成功するな。以前グラン=パルスでキングヘビーモスとメギストテリウムが争ってるところもそうだった。こうゆうところはCP稼ぎ出来ればありがたいんだがここは稼ぎが出来ず残念。

ff13_2nd_203.jpg

初回プレイ時はアダマンケリスからは強制バトル以降逃げて逃げまくりだったが今回は余裕があるので戦っていく。こちらがジャマ―で状態異常にさせてエンハンサーで強化していくとうまい具合に短時間で終えられるようになった。

ff13_2nd_204.jpg

聖府親衛コマンドとオボロン、両方とも強化しまくりなので極悪。この組み合わせは鬼だな。防衛騎スヴェリンとタイラントが争ってる。勿論奇襲成功。片方のHPをあらかた削ったらもう片方を攻撃して上手く敵のHPバランスを見つつうまい具合にこちらはほぼ無傷で撃破出来た。ノスフェラトゥは相変わらずエアロガがうざい上に何体も同時に出てくるし自身を強化しまくるオボロンも嫌過ぎる。セイレーン公園内は敵がわんさかでいくら戦っていってもキリがない。

ff13_2nd_205.jpg

おおっ久々にノラのメンバーが!ガドーとスノウもそしてホープもすっかりわだかまりなくなったなぁ。俺たちノラはファルシより強い!

ff13_2nd_206.jpg

フンババ2体同時はキツい。こいつら相手に何度もフェニックスの尾を使ってしまう羽目に。これだけ厄介なのに貰えるCP少ないから嫌になってしまう。反面ジャガーノートやタイラントはもう雑魚だな。

ff13_2nd_207.jpg

神に数百万の命を捧げる為に人間同士争わせ騎兵隊にはオーファンを破壊させようとするバルトアンデルス。いまだ手のひらの上で踊っているだけなのか。

ff13_2nd_208.jpg

聖府親衛特火兵、特化兵と名のつく敵はバズーカが怖い。こいつらと戦う時は常にヒーラーで回復させつつ戦わないと舐めてたらすぐHPが底だ。

ff13_2nd_209.jpg

セントラルガーデンへ入る直前にある2つのトレジャー。これ1個だけでも取るともう片方がこの後出現するアダマンタイマイのせいで二度と取れなくなるんだよね。ただアダマンタイマイを事前に倒しておけば2つとも取れる。でも現状の戦力で果たして倒せるかどうか。アダマンケリスとは桁が違うだろうからなぁ。ラスダン行ったあとにここには戻れる筈だし後回しにしておこうか。

ff13_2nd_210.jpg

コクーンの中心エデンへ到着。プラウド・クラッド戦を見越してメンバーチェンジ。久々にスノウ操作でサッズとホープの3人にして男臭いパーティにしてみたw 騎兵隊がシ骸化したサクリファイスはラスダンでよく見た記憶がある。デス使いまくるし状態異常魔法も使いまくる厄介な奴だからよく覚えてる。ただブレイクはさせやすいから攻撃さえ凌げれば倒すのは比較的容易い。

実際男パーティで戦ってみると意外と戦いやすい。やはりスノウはHPが高いだけ合って安定感あるしアタッカーとして攻撃力も高い。ブラスターも使えるのでホープとサッズでBLA×3のトライディザスターも使える。食わず嫌いせずもっと使っていけばよかったなぁ。

ff13_2nd_211.jpg

プラウド・クラッド第2戦目。今回はちゃんとスノウと戦わせてあげた。基本は第1戦目と同じでブレイク後の報復攻撃が苛烈なのでそこさえ耐えられればあとは何とかなる。ただ第2戦目のみリミッター解除してきてそこでHPが全回復するもんだからちょっと心が折れるw そうゆうこともあって時間は掛かったが何とか5つ星勝利。

ff13_2nd_212.jpg

ロッシュは敵ながら己の信念を持ったナイスガイだったな。格好いい散り方だった。結局スノウとの絡みはあまりなかったのは残念だったかな。

ff13_2nd_213.jpg
関連記事
  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks