3年目7月~9月までのの王国依頼11回目がスタート。エスティさんからの最後のお願いは品質80以上の煌びやかな薄衣を納品すればいいだけ。なんかのボス戦でドロップした太陽のクロークを武器屋で分解して調合して納品した。

rorona_2nd_129.jpg

ロロナがしたエスティさんの誤解はどんな内容だったか本人の口から聞いてみたかったなw そんな慌てふためくロロナの顔がエスティさんのアストリッドからの報酬。アストリッドは逆に悔しかったみたいだがw そしてロロナは王国依頼ももうそろそろ終わるからここには来られなくなる・・・。アストリッドがロロナの今後をどうするか悩んでるみたいだ。この辺りは初回プレイ時はエスティさんのお願いを途中ですっぽかした関係で全く見れてなかったイベントかな。これがあるとないとでは全然違うな。

rorona_2nd_130.jpg

というわけで最後の衣装チェンジは受付嬢の特別衣装。今回もセコく引換券0枚の裏ワザ使わせて頂きましたw ロロナのワイルドサマーはちょっと似合わないかな?くーちゃんのエレガントライフはすごいイイ!これこれ、こうゆう服を着させたかった。小物のメガネも合わせると少し頭の良さ気な可愛い田舎娘って趣きにw ステルクのライジングサンは小物のアールズ軍帽を合わせるとどこかエレベーターボーイとかホテルの出迎えて荷物運ぶ人みたいなそんな感じで案外悪くないなw

rorona_2nd_131.jpg

任意依頼にもあるエリキシル剤を調合。一級品の品質100。だけど状態異常回復の特性は付けられず残念。ま、これでもHP回復・超と継続回復・大なのでかなり有用。もちろん雑貨屋に登録しておく。しかしティファナさんとこの雑貨屋は登録出来るアイテムが多すぎてすぐ溢れてしまうからやりくりが大変。せめてあともう5種類ぐらい登録出来る余地があれば助かるんだが・・・。

rorona_2nd_132.jpg

それでは任意依頼の討伐クエストへ。まずはアーランド固有鉱山での紅の悪魔。う~ん雑魚すぎるなw

rorona_2nd_133.jpg

次はシュテル高地でのフレスヴェルグ。こいつも雑魚すぎw ロロナらが強すぎるのかこいつらが現時点にしては弱すぎるのかもうちょっと歯応えが欲しいなと強がりw ま、ノーリスクで高い経験値や高品質な戦利品をゲット出来るのでありがたい。

rorona_2nd_134.jpg

リオネラを雇用したらあのイベントを経ての会話に変わってたのかな。普段は固定メッセージだけどこうゆう変化があらわれるのはいいよね。しかしなんかもうリオネラはロロナにそうゆう気があるとしか思えないけどw

rorona_2nd_135.jpg

フロントクエストにあのモンブランが!今度は紛らわしくイクセルの依頼じゃなくてちゃんと金額10000円!嬉しい!やったー!これで3周目の回避は確定だw

rorona_2nd_136.jpg

この前の記事でも書いたけどもう高額クエストの時期は終わったのかと戦々恐々としてて他のイベントを進めても心あらずって感じで気になって気になって仕方なかったんだよね。ようやく安心して先へ進められるよw 7月に入ってもモンブランの高額クエストはまだまだ大丈夫みたいだ。

高額クエストイベントの顛末はどうなったかというとあまりに報酬が高すぎて周りから妬まれそれにロロナが耐えきれずエスティさんの口からその理由を聞くことに。くーちゃんはロロナのアトリエが上手くいくように本人なりに考えた案だったんだろうな。でもそれが逆に今回災いをもたらしてしまった。友情の証の結晶石も割れてしまった。ロロナとくーちゃんの喧嘩の遠因を作ってしまったエスティさんは気苦労が多くなるなw

rorona_2nd_137.jpg

任意依頼の討伐クエの続きはネーベル湖畔のバザルトドラゴン戦。今回も雑魚過ぎ・・・でもなかったw ステルクがピンチになったりリオネラが倒されたり結構苦戦したなぁ。敵のHPが高いし攻撃力も高いしでおまけに2回攻撃してくるわで舐めて掛かったからやばかった。

rorona_2nd_138.jpg

そういえば引換券で交換出来るアイテムにロロナの最強武器7つの星の杖があったなと思い試しに交換して装備してみた。今までは1周目の延長戦の任意依頼の報酬でゲットした7つの星の杖だったんだけどこっちの方が断然強いな。各属性でダメージを与えるに留まらず状態異常まで与えるのがえげつない。しかし延長戦より本編で得られる7つの星の杖の方が性能高いとはw 

rorona_2nd_139.jpg

アストリッドとリオネラで黒ドラゴン狩りへ行くと出発前イベント。アストリッドがリオネラに臆病というのは力を封じてしまうこと、そんな調子ではロロナを守れないぞと諭される。これは前回のリオネラエンドのイベントと関係してるんだろうか。これを受けてリオネラはもっと思い切ってみる、頑張ってみると息巻くが。でも実際はステータスがアップするってわけじゃなく今までと変わらないんだけどねw

rorona_2nd_140.jpg

それにしてもロロナが引換券交換で手にした7つの星の杖が強すぎて惚れ惚れしてしまう。各属性ダメージは以前の7つの星の杖より3倍ぐらいアップしてるしその上呪いや眠りや毒や暗闇の状態異常も上手くいくといっぺんに引き起こしてくれるからかなり嫌らしく恐ろしい武器になってるんじゃなかろうか。そんなのをロロナが手にしてるんだからそりゃアーランドいちの怪力娘と言われるわなw

この戦力だともう黒ドラゴンは雑魚だ。HPは誰もピンチになることはなく楽々倒していけるまでになった。といっても2回リオネラのアラーニャヒールにお世話になったけどね。それでも最低限ヒーリングベルさえあれば特に困ることもないだろう。

rorona_2nd_141.jpg

ロロナはくーちゃんとの喧嘩でかなり意気消沈してるみたいで全くロロナらしさがない・・・。一方くーちゃんは気が気じゃなくてロロナが気になって仕方ない様子。アストリッドは冗談で昨日の夜からロロナの窓にへばり付いてたとかからかってたけど今のくーちゃんなら実際やりかねないな。壊れてしまったロロナとの友情の証の結晶石。直す方法はアストリッドでもないらしい。無理やりくっつけてもまた離れてしまう、そうまるで今のロロナとくーちゃんみたいに。ただアストリッドの言う少女趣味なやり方で恥ずかしいが何とか出来るらしいが果たして・・・。そしてロロナの方はもう気まずい一直線でやりきれない。見兼ねたハゲルさんが体を張ってロロナへ元気づけたが・・・。これは泣けるな色々な意味で。

rorona_2nd_142.jpg

さてオルトガラクセンへ。今度はアストリッドとタントリスとで会話イベント。この2人はたぶらかしたり色目を使うという点では似たもの同士だし犬猿の仲になるわなw オルトガラクセンへ入るとまさかのジオの登場。イベントアイコンにジオのアイコンがあって一体何かなと不思議だったがこうゆうことか。国王は民の誰よりも強くあるべしということでひとり黙々と特訓してるらしい。ロロナと闘技場で戦って負けたあの時のことをよっぽど悔いてるとみえるw ロロナはそれを聞いて説得力あるって言ってるけどもうあのことは忘れたのかw

rorona_2nd_143.jpg

オルトガラクセンは何度も言うように面倒くさいね。見た目代わり映えしないし長い距離進まないといけないし。耳ぷにはタントリスとアストリッドで一撃で仕留められないから余計面倒。後半になってくるとさすがに面倒くさくなってひたすら逃げることにしたんだが後ろにズラ~っと耳ぷにが追いかけてくる絵は異様だw

rorona_2nd_144.jpg

第8階層へ来ると遠巻きにドラゴンが・・・。やべぇよやべぇよ・・・。単にドラゴンって直球な名前だがさながら赤ドラゴンといったところか。強さの程はさっぱり分からず手さぐりで戦っていったが・・・よわっw 黒ドラゴンより遥かに弱い。全くピンチにならず余裕で勝てたな。身構える必要性は全くなかった。

rorona_2nd_145.jpg

戦利品でようやくアストリッドの武器を初期の法力の指輪から輪廻の指輪に変えてパワーアップ。これで耳ぷにも一撃では・・・倒せない~w 最強武器にするにはハルモニウムが要るから延長戦でだな。

rorona_2nd_146.jpg

しかし何故かタントリスだけやたらレベルアップしてしまいもう44。前回のタントリスイベントで好感抱いたといってもそんなに使いたいキャラってわけじゃないからそう強くならなくてもってねw まぁタントリスの場合イベントトリガーは交友値80以上要するから必然的に連れまわす機会が増えてこうなるのはやむなし。

それにしても・・・オルトガラクセンはもう飽きたw エメラルド板を14階層目でゲットしたからすぐアトリエへ帰還。ほんとオルトガラクセンのマップデザインは何とかならなかったのか。いや単に自分が飽き性なだけってのもあるがw

rorona_2nd_147.jpg

アトリエでは再びロロナとくーちゃんとのイベント。ごめんねを言いたくて仕方なかったんだね。くーちゃん照れ屋だからなぁw ロロナも付き合い長いんだろうから察してあげようw そうした2人の友情の証は失敗から生まれた結晶石。ちょっとギスギスした時間が長かったけどやっぱり2人はこう仲睦まじくないとね。よかったよかった。これにてくーちゃんエンド完遂。

rorona_2nd_148.jpg
rorona_2nd_149.jpg

カゴには友情のペンダントが。早速これはくーちゃんに装備させてあげた。打たれ弱いくーちゃんに軽減・大の効果はうってつけ。アシストゲージ上昇率向上の友情の印効果もあるしこれがあるなら益々くーちゃんをパーティから外すわけにはいかなくなったな。

rorona_2nd_152.jpg

早速広場でパーティに誘うと以前より一層ツンデレな会話になってるんじゃないかw

rorona_2nd_151.jpg

そしてすぐにアストリッドとイベント。もしやアストリッドとのエンドフラグ?全キャラ攻略出来ると自動的にアストリッドともエンディングを迎えられることになるわけでやったー!と喜んでたら・・・なんだ例のハゲルイベントの続きかいw でも全キャラ攻略出来たのは事実だろうから多分アストリッドエンドも大丈夫と思う。

そういえばハゲルさんのカツラの件はアストリッドが預かってるんだったなぁ。嫌な予感しかしないと思ったら予想の斜め上だったw ヘルメットなんかでどうせいっちゅうねんw そして参考書のカツラの世界を手に入れたけど題名からして嫌過ぎるw

rorona_2nd_150.jpg

調合してみたけどもうまんまアフロじゃないかw これどうみてもアカンやつだw どうやら最初からアフロというわけじゃなくロロナの錬金ミスでこうなってしまったらしい。じゃあアストリッドの指定通りに出来てたらどんなのが出来たんだろうw しかし勝手に増毛とかそんな主特性だと延々に増えて毛の化け物みたいになってしまわないかなw

rorona_2nd_153.jpg

我先に駆けつけるハゲルの喜びよう。今までカツラって言葉自体ご法度だったのに嬉しいあまり大声でかつらかつら連呼するものだから可笑しくて仕方ないw

rorona_2nd_154.jpg

妙に似合うぞ?!w なんかどっかで見たことあるようなキャラになったなぁw 堪らずロロナも遂に吹き出してしまって笑った。顔に出しすぎだw 「予想以上に・・・」、滑稽だったとか似合ってないとかだったんだろうか?w プレイしてて今までで一番大爆笑してしまったかもしれんw

rorona_2nd_155.jpg
rorona_2nd_156.jpg

だが幸せは続かずカツラの重みでハゲルさんの首がゴキッて。そりゃ50キロなんだからそうなるわなw 珍しくアストリッドが真面目にちゃんと責任取るって言ってるけどそれでも不安だw

さてオルトガラクセン踏破の続きへ。15階層目でドラゴン系のフラン・プファイルって奴とバトル。前回のドラゴンの件があるから舐めて掛かったけどやっぱり弱かったw スキルは殆ど使わず通常攻撃のみで押していけたなぁ。

rorona_2nd_157.jpg

ようやくオルトガラクセンは本編最下層の16階層目へ到達。いやぁほんと長くて面倒臭かったw

rorona_2nd_158.jpg

これで任意依頼の全踏破は完遂なわけでもう風乗りの羽根ですぐ帰還してもいいんだけどでも先へ行っちゃうんだよねぇ。先で待つのはどうやら本編最強の敵らしい鉄巨人。勝てるかどうかかなり微妙なところだったけど仮に負けても風乗りの羽根を使わずアトリエへHP1で帰還したと思えばいいか、とイチかバチかで戦ってみた。・・・で、案の定ダメだよねw 攻撃力が凄まじくてくーちゃんは即リタイア。ステルクでも耐え切れない。かろうじてロロナは踏ん張るもさすがにひとりじゃ鉄巨人相手は厳しすぎる。ただ戦果はあった。手持ちのアイテムでエリキシル剤を持ってきてたんだがHPがヤバくなると自動的に発動して回復してくれるんだよね。だから回復アイテムを使うターン分を攻撃や立て直しに専念出来るのがいい。このエリキシル剤に戦闘不能回復特性も付けられていたらもっと優位に戦えていたかもしれないのに悔いが残る。

rorona_2nd_159.jpg

たまたまスクショを撮るタイミングがよくてロロナのパンツが見えたw やっぱ白色だなぁ。多分普通にやってても見えないよね。ほんとナイスタイミングだったなw

rorona_2nd_160.jpg

ハゲルさんのカツラ騒動後日談。アフロヘルメットを被って街を闊歩するハゲルさん・・・。なんか裸の王様みたいな滑稽な話しになってきたけどw しかしやっぱりアストリッドは責任取るどころか反省してないじゃないかw

賢者の石を調合。登録して材料としても使うから特性はどうしようか迷ったがとりあえず適当に。調合後にイベントが。あれ?初回プレイ時でもこんなのあったかな。アストリッドが珍しくロロナのペースに巻き込まれてレベルの低い会話を延々としてしまうというw

rorona_2nd_161.jpg

エンゼルチャーム調合用にコメートも作り直す。国宝とまで出たがどんだけインフレしていくんだw 錬金レベルは40に到達するかどうか不安だったがこの調子だと問題なさそうだな。

rorona_2nd_162.jpg

パイイベント続き。パイ作り過ぎてすっかりロロナの数少ない趣味のひとつになってしまったらしいw 今回作ったのはドンケルハイトを材料にしたからドンケルパイトw 前々からこのネーミングは如何なものかと思ったら・・・このセンスは誰から受け継いだんだろうかw なんとなくパパさんな気がするw

rorona_2nd_163.jpg
rorona_2nd_164.jpg

次はエリキシル剤を材料に使ったエリクパイ。どうやらマズいらしいw そりゃあこのカビたような色合いなら確かにマズいだろうなw

rorona_2nd_165.jpg

そして残す最後のキャライベントがやっときたー。そのキャラはコオルくん。先のハゲルさん同様エンディングに関係ないイベントだけどやはりあるものは見ておきたいからね。イベントトリガー引ける交友値80に上げるのに時間掛かってしまった。今回コオルくんの親父さんが具合悪くしたから何かないかとのこと。後日ネクタルを渡しておいた。ティファナさんの時と同じパターンだな。ただまだ年端のいかない少年。こんな歳で行商の仕事でお金稼がないといけない境遇なんだから色々察してしまう。でもこれまでのロロナとの絡みで分かる通りキモは座ってる立派な商売人だからこの先も大丈夫だろう。でもロロナは人の不幸は放っておけない性格。どうなるだろうか。

rorona_2nd_166.jpg

エンゼルチャームは初回プレイ時に既に作ってて今の今までロロナだけに装備させていたんだが特性が祝福されし行い止まりでいまいち真価発揮してなかったんだよね。今回は武器屋に登録出来ることもあって万全の性能にしておきたかったので調合し直した。全員に装備させられたらもうヒーリングベルとかはいらなくなる。今後のボス戦、特に鉄巨人戦で痛いほど思い知ったが自動的に回復してくれる装備が絶対に欲しいところだ。品質120の風乗りの羽根があるので今回は神の祝福付き特性で作れた。勿論状態異常耐性、一撃死耐性付き。これでもうHP回復に関しては万全かな。あとは自動戦闘不能回復を何とか用意したいところだが。

rorona_2nd_167.jpg

早速ロロナに装備。特性も良い感じになってるのでより心強くなった。その後武器屋に登録してステルクとくーちゃんにも装備させてあげた。

rorona_2nd_167a.jpg

その後パイイベント。ロロナはもうパイのことで頭が一杯のようだw 半ばヤケクソ気味に捲し立てるロロナの喋りが可笑しくて仕方ないw 門脇舞以さんも半笑い気味に演技してるんじゃないかこれw そして完全に壊れてしまったロロナは更にパイの道を極めたいと決意。えーと、これ何のゲームだっけ?w

rorona_2nd_168.jpg

次に作る暗黒パイの為に材料の暗黒水を調合。カオスな毒とか三重苦とか硫酸とか傷口を広げるとかもう特性がおっとろしくてロロナも可愛い顔して随分ヤバいもの作るようになったなw

rorona_2nd_168a.jpg

初回プレイ時の第11回王国依頼は1つ星でステルクに落胆されてしまったが当然今回は三つ星合格。ステルクの反応が暖かくてホッとするw あと1回の王国依頼で本編はお終い。それまでに何とかパイイベントとくーちゃんのレベル50と100万コール稼ぎを頑張らなくては。

rorona_2nd_169.jpg

新・ロロナのアトリエ はじまりの物語 ~アーランドの錬金術士~新・ロロナのアトリエ はじまりの物語 ~アーランドの錬金術士~
(2013/11/21)
PlayStation Vita

商品詳細を見る

関連記事
  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks