本編クリアして十分エンディングも堪能したので新・ロロナの目玉、延長戦へ。ここからも新規のイベントや途中経過、戦闘結果などのみ書き記していくけどイベント量的には2周目本編の時よりもかなり少ない文章になる筈。初回プレイ時は微妙な結果になってしまったので今度こそは悔いが残らないよう頑張りたい。

rorona_2nd_258.jpg

なるほど、延長戦ってのは今まで見てきた各エンディングの中のひとつのエンディングを実際プレイって考え方も出来るんだな。個人的には冒険者エンドをプレイしてみたかったがw アールズ王国からやってきたトトリとメルル。初回プレイが終わったあとドレスルームで2人の衣装チェンジさせてたままだから黒尽くめになってしまってるw なんか喪服みたいに見えてしまうなw あとで2周目で手に入れたコスに変えておこう。

ここがエンディングで噂になったアストリッドの部屋。みんな腫れ物を触るかのように言ってたけど実際はそんなに散らかってないし酷い有り様ってわけでもない。

rorona_2nd_259.jpg

あれ、初回プレイ時にイクセルのこんなイベントあったかな。イクセルの店が2号店出すから暫くこの食堂はイクセルが店長をやることになったらしい。不安がるイクセルをロロナは応援。どうやらあの食材対決からの2人のしこりは無くなったのかな。でもやっぱりライバル同士なんだねw そしてやっぱり交友値は50のままで悲しいw で、このイベントって一体何だったんだろ。単独のイベントか他の何かから繋がるイベントだったのかWiki見ても不明だった。

rorona_2nd_260.jpg

そういえば今回はアストリッドがアトリエでちゃんと不在だ。やはり初回プレイ時にこの時期アストリッドが居たのは不具合だったっぽいな。そしてロロナはお色直しでピュアピンキーコスへ。ピンク色でこの服の面積・・・これは水着というよりどう見てもアレにしか見えないw

rorona_2nd_261.jpg

時を超える叡智のレシピを頂いたのでまずは七星円環を調合。これが竜の砂時計の材料になるから重要なので最高級品質にしておいた。

rorona_2nd_262.jpg

アストリッドのイベントまでまだ日数があるので竜のつの稼ぎに夜の領域へ。最初の敵を倒したらロロナのレベルが一気に70に跳ね上がってびっくりしたw 目を疑ったが多分レベルがカンストして以降に戦った蓄積が一気に開放されたんだろう。しかし20もレベルが上がったらもう敵無しだな。鉄巨人も大分容易く倒せるようになりそう。

rorona_2nd_263.jpg

待望のメルルのレシピを頂いた。これがないと始まらない。自分的には竜の砂時計より重要w まずは延長戦のボス戦対策に目覚めの懐中時計を調合。付けれた特性もまぁまぁなんじゃなかろうか。そして当然これをティファナさんの店に登録して3人分複製して装備させる。これでエンゼルチャームの神の奇跡たる行い・状態異常耐性・一撃必殺耐性と今回の目覚めの懐中時計の戦闘不能自動回復とHP再生、これら2つを装備させればもう鬼に金棒で万全っぽい。

rorona_2nd_264.jpg

2月に入ったので早速マキナ領域・変異へ行く。深淵の古塔へも行けるけど無限の空気特性を付けたマリンナイザーを作ってからにしたい。というかまだ作ってなかったのかよw

rorona_2nd_265.jpg

初回プレイ時は最初にエンカウントした魔石の精という雑魚相手にどうしようもない絶望を味わったマキナ領域・変異。今回はロロナのレベル70の強さと最強武器、くーちゃんとステルクのレベル50という戦力だからまるで赤子の手をひねるかのように楽々勝ててしまうんじゃなかろうか。まずはお手並み拝見的にやはり魔石の精にエンカウント・・・え、何これ・・・全然敵のHP減ってくれないんだけど・・・。

rorona_2nd_266.jpg

ロロナの攻撃力が今までより半減するぐらい硬いしHPも多いし数も多いし回復もしてくるしで手に負えない。こんな筈では・・・。2周目のこの戦力でも勝つのが大変とかこの先一体どうなるんだよ・・・。

今更ながらくーちゃんの必殺技サーバントレイドのカットシーン見れた。カッコイイ!でもこの火力をもってしてもキツい戦いなんだからなぁ。

rorona_2nd_267.jpg

戦闘がこんなありさまなので当然このダンジョンからロロナの杖で先制アタックもしていく。今までは2周目の戦力ということもあり先制する必要がないぐらい楽に勝ててたけどさすがにここらの敵はそうはいかない。黒ずくめのダークホースや夜の魔獣といった敵もボス戦並の強さで歯が立たないな・・・。途中何度も目覚めの懐中時計のお世話になる始末。まさか雑魚戦で使うことになろうとは・・・。

rorona_2nd_268.jpg

第1層の終わりで戦うことになった獣王ギアム。これは酷い。全く同じ土俵に上がれる準備が足りてない。ろくな戦いも出来ずジ・エンド。鉄巨人に勝利したあの強さはどこへやら。こんなはずじゃなかった・・・。

rorona_2nd_269.jpg

ちょっとロロナ達の強さに過信してたなぁ。まさか延長戦ダンジョンの敵がここまで強いとは。いや初回プレイ時に強いってことは分かってたんだがあの時は瞬殺だから強さの程が分からなかったんだよね。今回がっつりと戦ったことでやっと戦力の違いを身に沁みて痛感した。

アトリエに強制帰還後ロードし直して戦力を整え直す。まずは戦闘不能回避策。いくら目覚めの懐中時計を装備していようとも今回のギアム戦のように3人とも同時にHP0になったら意味が無い。その為に消費アイテムのナントカの秘薬を作った。特性の緊急回避付与があればHP1で踏み止まりなんとかなるはず。ナントカだけに。このアイテムは味方単体しか効果ないので範囲をみんなに広げてHPがヤバくなると自動的に発動してくれる活きがいい特性も付けておいた。

rorona_2nd_270.jpg

あと今回思い知ったのは火力不足。特に魔石の精みたいな何体もの相手には攻撃の手数が足りない。今作れる最高の攻撃アイテムはメテオール。敵全体に無属性の物理ダメージを与えられるから属性攻撃より使い勝手がいい。これを武器屋に登録して量産だ。本編中でも作ったことは作ったんだが主特性がうにが降ってくるだったんだよね。流石に延長戦の敵にはうには通じないだろうと。

rorona_2nd_271.jpg

早速黒ドラゴン相手に試してみる。しかし特性の???が降ってくる効果って一体何だろうと思ってたが着ぐるみの頭みたいなのが空から降ってきてなんかシュールというか狂気を感じる絵面だw でもその後爆発した破壊力は凄まじい。普通に使っても300以上のダメージを3ターンぐらい与えられるしトトリのディプリケイトで使うと最初こそ150ぐらいしかダメージ与えられないけど次ターン以降は300、クリティカルすると400もダメージ叩きだすしこれは戦力としてかなり重宝しそう。火力的にパーティにもうひとりステルクが加わったようなものだ。今までも楽に黒ドラゴンは勝ててたけどこれで一層楽に勝てるようになったしこれならあの忌々しいマキナ領域の敵相手でもかなり優位に戦えるようになるんじゃなかろうか。

rorona_2nd_272.jpg

黒ドラゴン狩りで竜のつのも貯まってきたのでまずはトトリの武器を新調。トトリのネックだった火力不足と防御力をカバー出来るようになった。というか竜の”つめ”じゃなくて”つの”なんだな、今まで完全につめと勘違いしてたよw 絵柄は全然つめに見えないのにどうしてそう思い込んだんだろうか。プレイ日記でも前回まではそう書いちゃってるだろうからこれは恥ずかしいw

rorona_2nd_273.jpg

トトリでも黒ウォルフが一撃で倒せるようになりパーティの戦闘効率アップ。特にトトリは範囲攻撃だからありがたい。これで少なくとも夜の領域では雑魚戦はサクッと終われるようになったな。同じく範囲攻撃が出来るエスティさんはもうレベル差的に追い付かせるのはしんどいからなw 婚活で忙しくて戦いどころじゃないだろうしw

ステルクの最強武器も作ったけどなんか前の武器とそんなに変わらない感じになってしまいちょっとガックリ。でもライフギバー特性付けたからこれでエンゼルチャーム外して他の装備付けられるようになったのはメリットかも。

rorona_2nd_274.jpg

初回プレイ時から数えると3度目挑戦のマキナ領域・変異へ。こんなおっとろしいところへロロナを下着同然な格好で行かせるという酷さをお許しをw

rorona_2nd_275.jpg

使い切り強化特性もあってメテオール残り1回の威力が半端無い。敢えて1回分にすることでトトリのディプリケイトで使っても威力が元とそんなに落ちずに使えるからね。お陰で前回のマキナ領域の挑戦よりかなり楽になった。それでも毎回ディプリケイトメテオールに頼らないといけないし何ターンも倒すのに要するんだからしんどいよね。もう少しサクッと倒したいけどこんなもんなのかなぁ。

rorona_2nd_276.jpg

ここのダンジョンで採れるアイテムは高級品質で優れた特性持ちばかり。戦利品も上位のアイテムばかりだしまさにお宝ザクザク。苦労に見合う対価だな。

rorona_2nd_277.jpg

2度目のギアム戦へ。HPを半分ぐらいまで減らすもまたボーン・クラッシャーという強力過ぎる技で全滅・・・。アホなことにギアム戦までにナントカの秘薬を尽かしてしまったのが明らかな敗因。なんで2個しか買って持って行かなかったし・・・。

3度目の正直で次のギアム戦はようやく勝てた。やっぱりトトリ、ステルクが戦闘不能になっちゃうけどロロナだけ高いHPのお陰か踏み止まり起死回生出来たな。パーティ自体の火力は高いからあとは耐えることさえ出来れば何とかなる。

rorona_2nd_278.jpg

って、戦利品たったこれだけ?しかも今更感ある防具だし・・・。特性もどうってことないから別に分解もする意味ないしなぁ。偶々なんだろうけど今回は苦労に見合わない対価だった。

rorona_2nd_279.jpg

そんなこんなでようやく第2層へ進められた。相変わらず雑魚戦なのにボスと戦ってるかのような全力ぶりで疲れるw でも後もう少しで無限メテオールが作れるレシピが手に入るから踏ん張らねば。この階層でのボスは超人という人型の敵。なんか身も蓋もないようなネーミングだなw

rorona_2nd_280.jpg

えぇ~何だこいつは・・・まさかの200前後の攻撃力に唖然。いや階層ボスなんだからさっきのギアム並に強くても不思議じゃないんだけど人型なのにここまで強いから驚いた。周りが親分クラスの雑魚だからそんなに大したことないだろうと見くびっていたなぁ。今回もナントカの秘薬さま様。ギリギリのところを何度も救われた。ステルクの必殺技ブレイブサンダーは初めて繰り出せたけど威力十分。でもちょっとカットシーンが長いなw

rorona_2nd_281.jpg

今回は戦利品ガッポガッポ。ヴェルベティスまで手に入るんだからありがたい。

rorona_2nd_282.jpg

待望の無限錬金体系レシピを4層目のお宝でゲット。これで無限メテオールが作れてトトリのディプリケイトの世話にならずに済むかも。しかし無限錬金って永久機関的な匂いがして一体どうゆうカラクリなんだろうかw

rorona_2nd_283.jpg

街へ戻るとジオのイベント。どうやらまた王を辞める止めないでステルクとエスティさんとで揉めてるらしい。共和制を敷き多人数で国を統治するとか話が大きいけどそんな大事を独断で決めていいのかw この国の将来が心配だw でもジオみたいな聡明な指導者なら暴君にはならないだろうけどね。この話はステルクが預かったみたいで今後進展していくんだろうか?初回プレイ時では見てないイベントだから一体どうなることやら。

rorona_2nd_284.jpg

あ~・・・無限メテオール作るには世界霊魂が5つもいるのね・・・。今手持ちの世界霊魂は王国依頼の報酬で貰った低品質品1つのみ。これじゃ話にならない。というわけで仕方なく再びマキナ領域・変異で世界霊魂ゲットする為に探索する羽目に。おっとその前にボス戦準備。新たに攻撃アイテムとして風繰り車をこしらえた。これで相手の待機順を遅らせてこちらの攻撃ターンを増やすって寸法。ボス戦用にと考えてるから特性チョイスは単体によく効くでいいな。

rorona_2nd_285.jpg

世界霊魂目指して再びマキナ領域へ。2階層目からスタート出来るから今までより気分的にちょっと楽。やはり超人は攻撃力が高くてかなり苦しくなるけど何とかなった。お次は第3層で大火と大雪と巨岩の妖精3体とのボス戦。でも弱い?同じ妖精タイプの魔石の精の方が数が多い分まだ手強かったような。特にピンチらしいピンチもなく勝てた。マキナ領域初の余裕のよっちゃんw

rorona_2nd_286.jpg

ここにくると素材採取でヴェルベティスとか最高のアイテムが色々手に入るのがありがたくて仕方ない。しかも上位の特性がふんだんに付いててこれでヴェルベティス調合の際にドンケルハイト選びでそんなに悩まなくてもよさそうだな。

rorona_2nd_287.jpg

そしてお目当ての世界霊魂きたー。一級品だし特性も素晴らしいししかもいっぺんに3つも!ここを出入りしたら10個ぐらいたくさん集められそうだ。これでひとつ懸案事項が片付いた。

rorona_2nd_288.jpg

アトリエに帰還後早速ロロナ用に防具の守護者の衣装を新たに作り直した。特性のスペシャルガードでHPとMPの大幅増量、防御力ブーストで防御を上げて速度強化で早さも上げる。あと2つ特性付けたかったけど取り敢えずはこんなもんでいいかな。

rorona_2nd_289.jpg

竜の砂時計に必要なうつろふ指輪を品質96で作りさぁあとはメインの竜の砂時計。でも調合目標レベルは55で今の錬金レベルは49だからギリギリ作れるかどうかってとこ。しかもこれの調合にMPを400も使っちゃうんだよね。普通ならそこまでMP無いだろうけど今のロロナには幸いなことにさっきの守護者の衣装のMP大幅増量効果でなんと405にも達してるんだよね。これで調合成功率は半々の55%だから何とかいけそう。MP増量特性は別にこれの為に付けたわけじゃなく全くの偶々だったんだがラッキーだったな。

それではMP回復の為に睡眠を2日ぐらい取っていざ錬金開始。材料には初心者向け特性のある竜のつのをチョイス。これも偶々持ってて良かった。そして・・・。

rorona_2nd_290.jpg

やったー!無事大成功!ついでに錬金レベル50も達成してトロフィーゲットだ。

rorona_2nd_291.jpg

遂に遂に念願の竜の砂時計が手元に!しかし意外とアッサリ作れたなぁ。直前にセーブして成功するまで何度もロードし直す気マンマンだったんだがw ロロナのMPが405と高かったから一発で成功したんだろう。

これでトトリとメルルは未来に帰れて無事延長戦のメインストーリーはハッピーエンドで終わりめでたしめでたし。初回プレイ時のどうしようもない駄目ロロナと違い今回のロロナは頭良かったなw そしていきなりだが感動のお別れへ。師匠はあんな性格だから心配してないかもだけど未来のロロナ先生は気が気じゃないだろうし早く帰ってあげなきゃね。

rorona_2nd_292.jpg

・・・うおっ!まぶしっ!!・・・あれ?失敗?やっぱりロロナは駄目な娘だったのか・・・。どうやら材料ミスらしく黒ドラゴンから採った竜のつのじゃ駄目だった模様。え~貴重な竜のつのなのにw というわけでここからは真・竜の砂時計を作る展開になった。ロロナたちは暫く待ってとか情報を得てからって言ってるのにもう真・竜の砂時計の名前が出るというw これを作って晴れて2人は帰れることになるらしい。はぁ~二度手間だw

rorona_2nd_293.jpg

竜の砂時計作って次の目的が判明したところで取り敢えずはここでひとくぎり。

新・ロロナのアトリエ はじまりの物語 ~アーランドの錬金術士~新・ロロナのアトリエ はじまりの物語 ~アーランドの錬金術士~
(2013/11/21)
PlayStation Vita

商品詳細を見る

関連記事
  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks