前回はエピソード3のAをクリアしたので今回は3のBへ。ここではサンレス水郷、コロシアム、そしてアルカキルティ大平原が舞台となる。遂にアルカキルティ大平原・・・う~んやることが大幅に増えて時間掛かりそうだ。

ff13-2_2nd_043.jpg

うっかり先に逸楽の宮殿ザナドゥへ行ってしまう無駄足もあったけどひとまず時空の狭間へ。ヒストリアクロスから各エリアへ入るときナレーションで簡単な説明が入るんだけど今回ばかりはノイズ混じりで全く理解不能。この演出は最初見た時得体が知れなさ過ぎて怖かったなぁ。

ff13-2_2nd_044.jpg

ゲートとゲートを結ぶ空間、時の狭間。ここがヴァルハラかと思ったけどまだまだお姉ちゃんは遠いなとセラ。モーグリが言うにはここはヴァルハラの影にあたる存在らしい。取り敢えずゲートを超える毎にライトニングに近づける、そう思っていよう。ここは地図を入手すること以外に現段階では何も出来ないのでとっととゲートに入ってヒストリアクロスへ戻り再びビルジ遺跡でもう一方のサンレス水郷AF300年へのゲートを開くことに。

ff13-2_2nd_045.jpg

そうか、セラの時詠みの力はもうここで発現してたんだな。ノエルは勘付いてるみたいだが。サンレス水郷でのメインイベントはスノウとの再開と完熟大王とのバトル。あれからスノウも随分グレたなw

ff13-2_2nd_046.jpg

スノウを交えてのその完熟大王とのバトルだがやたら時間掛かって参った。段々ブラッドダメージも効いてきてキツくなってくるし全然倒せないし疲れる戦いだったな。初回プレイ時もかなり苦労した記憶。その後ようやくシネマティックアクションで苦しい戦いを終えられると思ったら・・・あぁぁ何てこった、最後のLスティック操作の指示が見えてなかった・・・。嘘だろ?と思ったがマジだった。信じられないミス。別に気を抜いてたわけじゃなくいつも通りビクビクしながら画面の指示に従って操作していたんだが何故か最後の指示だけ見えてなかった。気付いた時にはノエルたちが攻撃ミスしてズッコケてたという・・・。

ff13-2_2nd_047.jpg

あまりにショックでその後のスノウとの会話がてんで頭に入ってこないw ノエルはスノウの無鉄砲ぶりに引くことも知れと激怒。セラはスノウを婚約者と紹介するも「意外。こんなやつでも婚約出来るんだな」的にバカにして完全に2人は犬猿の仲。ここからセラを取り合う三角関係へ(違 スノウはノエルの事悪く思ってなくて良い奴だと思ってるみたいだがまぁお調子者なスノウと生真面目なノエルは性格からして合わないだろうかな。

ff13-2_2nd_048a.jpg

それにしてもシネマティックアクションにガックリきてもう・・・。こうゆう時はロードしてやり直せればいいんだがこのゲームはオートセーブな上にシステムがそうゆうことが出来るようにはなってないんだよね。やり直したければリバースロックというアイテムで一旦ゲートを閉じてまたエリアをやり直せばいいらしいけどちょっと面倒。リバースロックも何でもいいってわけじゃなくそれぞれエリアに対応したリバースロックじゃないといけないみたいだし。取り敢えずこの問題は棚上げにしておくわけだが暫くは精神的に落ち着かないな。ま、たかだかトロフィーなんだから諦めてもいいんだけどね。別にトロコンしたいわけじゃないしw

ここでライブトリガー。スノウが一緒なら何だって出来る!「今すぐプリンを倒そう!」いやいやさっきコテンパンにされて逃げてきたところだろうw

ff13-2_2nd_048.jpg

オーパーツを入手。ここは蔦で軽くターザン出来るから楽しいところだ。

ff13-2_2nd_049.jpg

サンレス水郷のクリスタルには今もヴァニラとファングがいる。ここは2人に思いを込めて「歌でも唄うか」。ま、スノウの歌だと悪い夢でも見て目覚めが悪くなりそうだw

ff13-2_2nd_050.jpg

ここでモーグリキャッチャーならぬモーグリ投げのシステムが解禁されるんだがこの過程がひどいw 手の届かないトレジャーをモーグリ投げて取ろうとするスノウもスノウだがそれに「名案」って同意するノエル、あまつさえセラも「助けて~」って叫ぶモーグリに「よろしくね!」ってスルーしたりとみんなひどすぎるw このモーグリの扱いの雑っぷりはLRFF13でのライトニングのダイナミック救出に通じるものがあるなw

モーグリがトレジャー取ってきて「ナイス!」ってみんな言ってるけど明らかに投げる時にイヤがってるしそのあとも怒ってるんだよなぁw

ff13-2_2nd_051.jpg

闘争のオーパーツ入手。ノエルのいた未来では遊園地はなくて存在自体も知らないらしい。でもってヴァニラやファングらパルス組も知らないとのこと。そう言う意味ではノエルとは気が合うのかも。

ff13-2_2nd_052.jpg

ヒストリアクロスには選ばれたもの以外は入れないらしい。スノウは当然お留守番。セラに無茶しないでね、と宥められるけどそれでも無茶するのがスノウなんだよなぁ。

ff13-2_2nd_053.jpg

次は年代不明というコロシアムのエリアへ。テンプレ的な「何者だ」というノイズ混じりな声。コロシアムという名前だから喧騒に包まれていそうなイメージだがここは暗く静まり虚無的で恐ろしいところだ。

ff13-2_2nd_054.jpg

というか字幕無し設定だと何言ってるか分かりづらいな。「立ち去れ」「今はその時ではない」というよくあるお決まりの台詞しか覚えてない。ノエルはスノウに苛立っていたのはかつての自分に重ねてしまったからという。勝手に去っていった人々。そこで取り残されたノエル。そうゆうノエルの暗い未来。

ff13-2_2nd_055.jpg

次は13での面倒臭さが鮮明に記憶に残ってるアルカキルティ大平原年代不明へ。例のマハーバラ坑道の音楽が流れてきてああここは13の世界だなと実感。といっても天候といい地形のスケール感といい結構13のアルカキルティ大平原とは一変してるからあまり再びやって来たという感慨はなく新しいフィールドに来たという印象。

ff13-2_2nd_056.jpg

集落で色々な仕事を請け負うことが出来るようになる。オープンワールド系によくあるシステムだけど実際はやれることはそう多くなく自由度もそんなにはない。その手のは大の苦手だから助かるけどね。

モコモコ羊を3匹捕まえるミッションにちょっと一苦労。羊たちが逃げるからイラつく。そりぁ動物だから当たり前なんだけどw その間にこの時点ではやたら強いヴイーヴルという敵とエンカウントして全滅してしまうしw アルカキルティ大平原は13からほんと苦手だなぁ。

ff13-2_2nd_057.jpg

アルカキルティ大平原で今起こっている嵐の原因は大量のプリンを丸呑みしているモンスターのせいでパラドクスが起こっているからだという。この事についてライブトリガー、「モグはどう思う?」やはりモンスターのことはモグに聞くのが一番。答えは「美味しいものは丸呑みせずよく噛んで食べる!」うん、よく出来ました。じゃなくてw,そのモンスターからサンレス水郷のあのプリンに食料が供給されているらしい。元を断つ必要があるわけだ。

ff13-2_2nd_058.jpg

今更気づいたけど13からの音楽の流用が結構多い。LRFF13も確かに流用が多かった印象だったけど13-2は新規曲がもっと多いのかと思ってた。ま、それだけ場面転換や違うシーンが多いってことだろう。因みにアルカキルティ大平原では晴れの日は新規曲の悠久の大平原だけど雨天時はサンレス水郷、雷はChoose to Fight、曇は遺棄領域ヴァイルピークスといった具合。

パラドクスの原因の敵はマルドゥークという奴なんだがこれがまた苦戦してしまった。

ff13-2_2nd_059.jpg

開幕からいきなり攻撃力高すぎてピンチ!勇戦の凱歌で回復しつつ攻撃、回復も間に合わず攻撃も火力不足、だから戦闘が長引いてしまいブラッドダメージも蓄積・・・で、詰むという最悪のパターンでジ・エンド。2戦目は開幕のメガトンブレイクを凌ぐためにDDDのグレートウォールで開始。その後はエンハンサーで味方を強化しつつ勇戦の凱歌で回復していきラッシュアサルト、トライディザスターでブレイクを狙いブレイクしたらラッシュアサルト。都度勇戦の凱歌やアイテムのポーションでこまめに回復をしてまたメガトンブレイク使ってきたらグレートウォールで耐える、というのを繰り返して何とかようやくの勝利。ランクは1つ星で惨めな結果だが・・・。今回はシネマティックアクションがなかったので泣きを見ずに済んだなw

ff13-2_2nd_060.jpg

元凶を倒したので急ぎスノウのところへ。セラは例え時代が離れていてもスノウを絶対信じられるという。でもノエルは以前側にいたけどすぐ離れられてしまったという過去があった。でも運命は変えられるという希望を持って立ち向かうことに。

ff13-2_2nd_061.jpg

サンレス水郷AF300年へ戻らないといけないんだがアルカキルティ大平原はだだっ広いので探索やモンスターハントなどやることは山ほどある。取り敢えずストーリーを進めるのはひとやすみにして暫くは狩りだな。スノウには悪いけどw 最も本音は完熟大王のシネマティックアクション失敗で戻るテンションが沸かないってのもあるがw

大平原でモーグリをどんどん投げつけていってアイテムを取らせていく。ほんと姉妹揃って扱いがひどいw

ff13-2_2nd_062.jpg

それにしても初回プレイの時はあまり気にしてなかったけど諸星すみれちゃんがモーグリの声を演じてるってことは録音ブースの中で懸命に「クポポポー!」って叫んでるのかと想像すると可愛くて仕方ないw モーグリが声出す度に幸せになってるよw

マルドゥークとのバトルでもアルカキルティ大平原での雑魚戦でも痛感するがお供のモンスター、特にブラスター要員がどうにも役不足。ガルキマセラも悪くはないんだが早いとこもっと強い奴をなんとかしなければな。アルカキルティ大平原の曇り空でハント出来るらしいダウンプアが性能いいけどレアみたいで中々仲間に出来ないんだよなぁ。初回プレイ時も散々捕まえるのに粘った。とか考えてるうちに早くもエンカウント。容姿をすっかり忘れてたがそういえばボム系の丸っこい敵だったな。この系統は13のマハーバラ坑道で初回プレイ時に散々苦しまされた苦々しさがまだ脳裏に残ってるからちょっと怯むw もっともこの前の振り返りプレイでは軽く倒せたけどね。

ff13-2_2nd_063.jpg

青チョコボとバトルしてたら途中でいきなりチョコボダッシュで逃げていった・・・そんなのありなのかw しかし・・・う~ん、バトルでリトライすることが多くなってきてる・・・。この大平原で色々やるにはまだ2人やモンスターの能力が色々と足りてないみたい。仕方ないのでCP稼ぎにサンレス水郷で完熟大王を倒しに行くか。

ff13-2_2nd_064.jpg

サンレス水郷AF300年に再び到着。予想通りスノウが馬鹿やってるから急ぎ加勢に行く。下の画像でのセラの腰回りのポージングがエロくてイイ。フェチ的な視点ですまないw

ff13-2_2nd_065.jpg

ええっ、よわっw 供給源を断つとこうも弱体化してしまうのか。これなら一気にブレイクさせていく戦法の方がよかったなぁ。1戦目がボロボロだったから警戒し過ぎた。悔しいが三つ星ランクだ。

ff13-2_2nd_066.jpg

スノウは独断を詫びてノエルも理解を示し2人は仲良くなれたみたい。それぞれ仲間の為、大事な人の為に。

ff13-2_2nd_067.jpg

そしてサンレス水郷でのパラドクスが解消したから時間の矛盾が産んだスノウは元の世界へ戻ることになる。時間を変えるとういうことはこうゆう事。守りたい人がいるから力を得るためにルシになったスノウ。自分を捨ててまでも。ノエルもその気持ちはを理解。セラは無茶をするスノウを今度は自分が守るという。今は離れてても必ず辿り着くから。ノエルもその時まで一緒に、と。

ff13-2_2nd_068.jpg
ff13-2_2nd_069.jpg

次に訪れるべきエリアは再びあの時空の狭間。ペタリと座りこむセラが可愛いな。

ff13-2_2nd_070.jpg

ライトのこと、ユールのこと、パラドックスを解消するとノエルの時代はどうなるか。もしかしてノエルは消えるかも。それでもいい。悲しみを消す為なら。

今回もアイテムを回収するぐらいしかここでやることはないのでとっとと時空の歪みへ。ここでまたアルカキルティ大平原へ戻る。どうしてもダウンプアを仲間にしたいから寄り道w まず戦力補強としてブラスターのガルキマセラに変わりアタッカーをメインで使うことにした。ノーマルチョコボを成長させてガルキマセラよりは少し戦力アップ。そのお陰かようやくダウンプアを捕まえられた。が、悲しいことに成長アイテムがないという・・・。エレメントシリーズを使いたいんだがチョコリーナの店でも売ってないし・・・。今はまだダウンプアを成長させられるアイテムは手に入れるのは無理そうだなぁ。先のストーリーを進めて手に入るってとこか。それまでは死蔵することになりこれでは何の為に必死にダウンプア捕まえたのか分からんw

ff13-2_2nd_071.jpg

やはりブラスターは要るし仕方ないのでガルキマセラを成長させて何とか戦力化させた。レベルは30まで上げてこれだとHPは2500ぐらいになるんで真っ先に倒れる打たれ弱さはある程度解消した筈。

サボテンダーのテレポ石碑は5つとも触れてCP稼いだ。これで集落で他のフラグメント依頼も請けられるようになったけどちょっと敵の強さがなぁ。特に雷雨の時の敵は数段上のレベルで歯が立たない。一応勝てるけどしんど過ぎる。これはもう少し本筋を進めて能力アップしてからの方が得策みたいだ。アルカキルティ大平原へ別れを告げて次の目的地の新都アカデミアへ。いやその前にまたまた寄り道で逸楽の宮殿ザナドゥへ。

ff13-2_2nd_072.jpg

今のところフラグメントはあまり解決していないんでスキル取得は2つのみ。ここのエリアでは他にスロットやチョコボレースとかやれるけどまぁ後々にでも。とか言ってるとまた初回プレイ時同様にやらなくなるパターンw

ff13-2_2nd_074.jpg

どうでもいいけど受付のお姉さんの腰回りの衣装エロいなw モーグリはというと遊びに行ってしまったらしい。普段モーグリ投げでこき使って酷い目に合わせてるからこうゆう時に遊ばせてストレス解消させてあげないとねw

ff13-2_2nd_073.jpg

ファイナルファンタジーXIII-2ファイナルファンタジーXIII-2
(2011/12/15)
PlayStation 3

商品詳細を見る

関連記事
  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks