いよいよ最後のラストエピソード。決戦の地は新都アカデミアAF500年。ここからクリアに向けて一直線・・・にはならず今回は本ストーリーから逸れて脇道メインな回。

ff13-2_2nd_126.jpg

13のオーファンズ・クレイドルのビジュアルも素晴らしかったが13-2のアカデミアAF500年も好み過ぎる。こうゆう近未来で廃墟的な雰囲気はほんと好きだなぁ。

ff13-2_2nd_127.jpg

ここのチョコリーナの店で待望のモンスター成長アイテム、グレード3以上のオーブやエレメントが売ってた。これこれこれがないと手持ちの戦力が育てられない。早速銀チョコボを生命のオーブで育ててHPは8000近くに上げた。これでもう盾としては万全に近いな。今まで守ってくれてありがとう、イェニチェリ。そして不気味なクシャトリヤはさようならw

ff13-2_2nd_128.jpg

――というわけでここでUターン。ラスダン攻略とラスボス戦を前に万全にしたい&他のエリアのフラグメントを攻略していきたいのでヒストリアクロスへ戻る。

早速一番気になってたサンレス水郷AF300年で完熟大王のシネマティックアクション失敗した件を取り戻しにいった。つまりエリアのやり直し。初回プレイ時はリバースロックでエリアをやり直したことがなかったからちゃんと思惑通りやれるかどうかが不安。一応新規セーブデータ作って何かあった場合に備えた。新都アカデミアAF400年で手に入れた別離のリバースロックは既に入手済みなのでサンレス水郷AF300年でR1ボタンを押すと・・・おおっ!ドキドキものだったけど無事成功した。さながらハッチの開閉みたいなものだな。エリアに入るとやっぱりイベントとか最初からやり直しになるんだな。でもアイテムは既に取得済みになってるから探索もやり直しとかはないからありがたい。

取り敢えずここでやることはひとつ。完熟大王シネマティックパーフェクトの雪辱戦。さすがにラスダンまで進めた戦力だけあってこの前のやたら時間掛かった戦いとは打って変わったサクサクとしたバトルで楽々倒せた。えっ?ってぐらい呆気無く終わった。ついででこれまで指定された全てのシネマティックアクションを成功させたのでトロフィーの迷いなき勝利も取得。文字通りの勝利だな。

ff13-2_2nd_129.jpg

スノウとの会話の最中にライブトリガーが現れるけど前回とは違う選択肢に変わってる。どうやら2度目のライブトリガーは選択項目がひとつ増えるようだ。スノウはこのサンレス水郷にいるのは夢にライトニングが現れた為だという。セラはそれに対して「嘘なんでしょ?」図星だったのかこれにはスノウもドギマギ。スノウは優しいからセラを安心させようとしたんだね。スノウもしどろもどろになったw

ff13-2_2nd_129a.jpg

この記事書いてる今は分かったんだがリバースロックでやり直したからイベント通りまだ完熟大王は居座っているんだよね。普通ならこの後アルカキルティ大平原へ行き完熟大王を弱らせる手順を踏まないといけない。でもそれを完全に忘れてて無謀にもパワーみなぎってる完熟大王にすぐ戦いを挑んでしまったというw どうりでスノウやノエルの台詞が最初ここに来て無謀にも戦おうとした台詞のままだなとは思ったんだよね。でも気付いた時には戦いの火蓋は切られててもう遅いw

え~と・・・さっきまでの完熟大王とは別人みたいな強さなんですけどw なんだよこの強さとタフさはw 特にバイオがきつい。ひっきりなしに全体攻撃してくるから回復が間に合わない。デプロテやデシェルは容易く入るし結構チェーンも溜まりやすいんだけどでも中々ブレイクしてくれない。しかもヘイストまで掛けてくるから余計手に負えない。でもいつの間にかHPは削ってて最後は何とかHPギリギリのせめぎ合いで勝てた。終盤のこの戦力でも苦戦したんだからかなりの強敵だったんだろうな。もしかしてラスボス並かそれ以上か。さすがに時間掛かりすぎて三つ星ランク。

ff13-2_2nd_131.jpg

ヒストリアクロスに戻るとサンレス水郷AFXXX年が現れた。AF300年から未来が変わった未来。そこはプリンによるプリンの世界だった。ええ~w

ff13-2_2nd_132.jpg

セラとノエルがあの巨大プリンを倒したあとサンレス水郷はモンスターたちが自由に暮らす世界となっていた。ここから先はモーグリの語りで進行していきまるでお伽話を聞いてるかのような雰囲気に。

ff13-2_2nd_133.jpg

このプリンとキチューがセラとノエルなのかw どうやら変身してるみたいだけど一瞬こんな姿になってしまったのかと憐れむところだったよw

ff13-2_2nd_134.jpg

特性の毒入りプリンで巨大な王様プリンを倒そうと画策する2人。プリンを持ってプリンを倒すとはこのことか。なんだか童話チックでこれはこれで悪くないエンディングだったなぁ。前回記事で経験したパラドクスエンディングのとこしえの安息同様あとでフラグメント情報を見たがモーグリの提案でのあのプリンだったのかw それならもう嫌な予感しかしないなw

ff13-2_2nd_134a.jpg

セラとノエルの行動によるパラドクスが産んだ新たな歴史の物語。これがこれまで2つのパラドクスエンディング。他にもヒストリアクロスにはたくさんまだ隠されたパラドクスで繋がるエリアがあるらしい。今回のプレイではそれら全部を見て行きたいね。

死にゆく世界のゲートからビルジ遺跡AF100年へ。AF005年の時よりも魔物がじゃんじゃか増えてる世界らしい。軍もお手上げで遂に政府からパラドクス解決で報酬金が出ることに。これを知って俄然張り切るのはモーグリw 意外とがめつい奴だなw

ff13-2_2nd_135.jpg

なんて喋ってるか分からんぐらいべらんめえ調な奴や魔物がギルに見える奴や「ヒャッハー!爆発だー!」とか言ってるヤバゲな奴もいるしなるほどかなり北斗の拳チックな世界になってるw 命知らずの傭兵や物好きな学者でひしめく賞金稼ぎの楽園とビルジ遺跡は化していた。音楽がネオポーダムの時の疾走が流れてるけどアップテンポな曲調が今のこのあらくれな雰囲気に相応しい。

金チョコボを育成してキチューと交代。中盤から長らくキチューには世話になったけどこれでお役御免のお疲れさま。やっぱりファイナルファンタジーなんだから一緒に戦うならチョコボだよねw 攻撃力は1600ぐらいあってかなり頼もしい。スマッシュアッパーで打ち上げられた敵もキチューみたいにルイン連発にならずちゃんと自分も飛んで追随して戦ってくれるしね。

ff13-2_2nd_136.jpg

あるフラグメントでレイヴンって傭兵を宥めることになった。ライブトリガーが現れるけどいかにも駄目そうな選択肢を選んでも「ぶっ飛ばされたくなければ失せな!」ぐらいで特に面白い絡みがあるわけでもなさそう。「立派な武器ですね!」を選んだら「おまえらも魔物に気をつけろよ、べ、別に気遣ってるわけじゃないんだからな!」とかそんなツンデレいらんw

ff13-2_2nd_137.jpg

遂にエリクサーを手に入れた!・・・といってもLRFF13みたいにトロフィーが取れるわけでもなく特に特別なことってわけでもないんだけどね。取り敢えずの安心材料、でも多分使わないw

ff13-2_2nd_138.jpg

ビルジ遺跡AF005年のゲートからビルジ遺跡AF300年へ。これでワイルドオーパーツの残りは0。でも死にゆく世界で1つ、この後のビルジ遺跡AF300年で1つ、あとカジノの景品交換で1つゲット出来るからこの後行けるエリアが無くなることはなく問題なし。ただカジノのワイルドオーパーツは苦労するかもなぁ。まぁお金で無理やり買えばいいんだけどw

AF300年のビルジ遺跡はAF100年の頃と変わらず魔物が溢れてて傭兵たちで賑わってるところ。ただひとつ違うところは一面が真っ白な銀世界だということ。こうゆうシチュエーションのフィールドもあったんだなぁ。初回プレイ時はクリアだけした切りで他のフラグメント回収などのやり込みはやらず他の任意エリアへも行かなかったから新鮮な感動だ。

ff13-2_2nd_139.jpg

雪が積ってるだけじゃなく降ってもいるからちゃんとセラやノエルの頭に雪が付いてる。単に雪景色にしただけじゃないこうゆう細かな変化は嬉しいね。

ff13-2_2nd_140.jpg

このエリアでまさかのあのトンベリとエンカウント。トンベリは13ではえげつない登場の仕方したしミッションで地獄のような苦しみを味わったトラウマな相手だからもうドキドキものw 13-2のトンベリはお手柔らかにどうか・・・あぁ、駄目だw これは強いわw バイオが酷いし攻撃力もやたらと高い。そもそもこうゆう強敵と対戦するとは思ってないから準備不足だし最初のエンカウントは為す術もなく終わった。次はジャマーやエンハンサーの補助系で始めたけどこいつには妨害魔法は効きそうにないなぁ。せめてデプロテかデシェルが効いてくれたら望みが出るんだが。特に究極うらみ骨髄って技で攻撃されたらひとたまりもなく即終了。何度やっても防戦一方で回復一辺倒に追い込まれちゃう。これではどうしようもない。

ff13-2_2nd_141.jpg

ワイルドオーパーツをゲット出来るフラグメント、レイシーの依頼があるんだがこれがまたスクエニの開発陣のセンス大丈夫か?というようなトホホな内容だったw

ff13-2_2nd_142.jpg

一応セラはウケてるみたいだけど結構こうゆうの好きそうだよね。後ろでノエルは突っ立っててあの性格だから「理解不能。これのどこが面白いんだ?」とか言ってそうw それはともかく肝心のフラグメント報酬のワイルドオーパーツは無事ゲット。残りは1つ。

アトラスを弱体化させる制御装置前で時の迷宮イベント。パズルは消え去る床だけどクリスタルが時間経過で反復移動するタイプだから面倒極まりない。何回も道順を進んでクリスタルの移動タイミングを掴みようやくゴール。これを3ステージも・・・。まぁ無心でやっていけばいつかはゴール出来るからクリスタルの絆よりかはマシかな。パズルを解くもモグは自分の手柄だと言い張る。報奨金のことで図々しくなってるな。しかしお金を何に使いたいんだろう?単なる守銭奴なだけか?w

ff13-2_2nd_143.jpg

ビルジ遺跡AF005年では入れなかった北の場所はAF300年で入れるようになりゲートが開いていた。ここからヤシャス山AF110年へゴー。これでワイルドオーパーツはまた0。ヤシャス山AF110年ではまたあの赤い球体が現れたらしい。

緑チョコボとエンカウントして戦いクリスタル化させプリン衛生兵に代わる強力なヒーラーをゲット。とはいえ雑魚戦でもボス戦でもモンスターレイドにヒーラーを入れたロール組んだことないんだけどね。回復させるならセラかノエルにさせた方が手っ取り早いからなぁ。

ビルジ遺跡の制御装置のパスワードが揃ったけどモーグリは金!金!と浮かれるも2人は考えこんでる様子。何やら殺人事件の匂い?時の迷宮などをクリアしつつ再びヒャッハーなビルジ遺跡AF100年へ戻る。するとカラヴィンカという魔物と戦う羽目に。ヘルブラストは脅威だったが普通にブレイクしていけるしそんなに苦戦はせず勝てたな。

ff13-2_2nd_144.jpg

今回の制御装置騒動の顛末。結局どんな魔物より人間が怖い、その通りだクポー、ということらしい。で、政府からの報酬は金じゃなくちり紙10年分というw どうやってそんな大量の紙貰うんだよw 人間は酷いクポー・・・。

ff13-2_2nd_146.jpg
ff13-2_2nd_145.jpg

この後ビルジ遺跡AF005年に戻り冒険初期に請けたシルバーペタルの花の依頼を解決してビルジ遺跡の全フラグメントはコンプリートだ。

再びヤシャス山AF110年へ。まだユールの依頼が残ってる。ユールが赤い玉越しに言うには時を喰らう妖魔を狭間に閉じ込めたけどそれがこの地の時を乱してしまった。再び妖魔が現れたので倒して欲しいとのこと。

ff13-2_2nd_147.jpg

戦う相手は13でも何度か戦ったウガルルム。バイオがきついし強化魔法も嫌らしい。でもブレイクしてくれるから何とかなったな。現状戦力だとブレイクしさえすればATK×3のケルベロスで仕留められる。そうゆうわけで5つ星ランクの勝利。

ff13-2_2nd_148.jpg

ユールはありがとうの言葉を残して悲しみは消えていった・・・。

ff13-2_2nd_149.jpg

すっかり忘れてたが本ストーリー上のヤシャス山AF01X年のフラグメントが全然埋まってなかった。まずはゴルギュラ討伐。エピソード2の敵だしサクッと終わらせたいところだが全然強かった。技封じ魔法封じのダルがきつい。バイオやスロウもあるしおまけに死の宣告までしてくる。なんて奴だ。ただ死の宣告使われた時は敵のHPがあともう一息のところだったのでギリギリにはならず勝てた。エピソード2で最初に来た時に戦ってたら何も出来ずに返り討ちにあってトラウマ作るだけだっただろうなw あの当時出てくるような敵の強さじゃないわw ランクは4つ星だったけど健闘した方だろう。

ff13-2_2nd_150.jpg

3種類の流星を探すっていうレスターの依頼。最初は何のことかサッパリでどんなアイテムなのかも検討つかなかったんだけどいつの間にか2つ既にゲットしていた。それがこれだと分からず見つけていたんだなw 残る1つはどこだったかというとパドラ山峡南西にあるポッカリ空いた穴の中にあった。いやここは普通は分からんわw

ff13-2_2nd_151.jpg

フェンリルの花を依頼人に渡してこれでヤシャス山の全フラグメントはコンプリート!ビルジ遺跡、ヤシャス山ときて次はヲルバ郷といきたいところだけど・・・あそこはパズル地獄だから無理w

帝都アカデミアAF400年の地図埋めフラグメント。最初請けた時から大分埋まっただろうと思い再び訪ねることに。ただAF400年はシ骸地獄で移動が超めんどくさい!w もう~見たくないってぐらい敵が沸きまくりでうざくて仕方ない。イベントの進展如何で敵の湧き方が変わるとか出来なかったんだろうかw ようやく依頼人のところまで辿り着き地図を渡していくが意外にもビルジ遺跡が埋まってなかった。はて、どこだろ。

ff13-2_2nd_152.jpg

逸楽の宮殿ザナドゥへ行きフラグメントスキルを開放して貰う。初回プレイ時はここまで開放出来なかったからCP入手アップやイベントシーンカメラ操作とかが嬉しい。まぁカメラ操作はあとでズコーッとなるわけだけどw

ff13-2_2nd_153.jpg

カジノでスロットもやってみようとしたけどどこに台があるのか分からず迷うw 入って右のバイクみたいなところがそれだった。初回プレイ時はやってなかったから勝手が分からんw スロットは揃う時もあってそれほど難しくはないけどこれだけで沢山コイン稼ごうと思ったらかなりの長丁場になりそうだなぁ。・・・勿論脱落w

ff13-2_2nd_154.jpg

チョコボレースは初回プレイ時でもちょろっとやったことある。ほんとにちょろっとだったけど。今回はかなり強くなった金チョコボがいるので結構いいとこまで行ける筈。試しに出走させてみたが最初のコクーンクラスやモンスタークラスは勝てたけどウェポンクラスでは負けてしまった。というかチョコボレースのルールとか仕組みがいまいち理解出来てない。色々やれることがあり過ぎて何が何やら。おつむが弱いチョコボ主ですまぬw

ff13-2_2nd_155.jpg

で、結局金でワイルドオーパーツを購入しましたとさ。最初からもうこうすればいいんだよw あとカオスクリスタルは欲しいところだからギル稼ぎの事も考えていかないとなぁ。

ff13-2_2nd_156.jpg

セラとノエルはそれぞれアタッカー・ブラスターロールがレベル99になり極めた。あとは4つのロールを埋めていけばいいだけだ。得るCP量的に全ロールレベル99はストーリークリアするだけじゃなく色々やり込んでいかないと埋まらないってことだな。

ff13-2_2nd_157.jpg

ビルジ遺跡AF100年でドン・トンベリとエンカウント。こいつを仲間にすることで貰えるトロフィーがあるからトンベリは倒せなくてもせめてこいつだけはと頑張るが・・・強いw そりゃあのトンベリのドンなんだもんなw でもトンベリよりはブレイクもしてくれるから戦いやすいけどそれでもかなり苦戦。何とか三つ星ランクで倒せはしたけど当然このランクでは仲間に出来ず・・・。今のノエルとセラなら結構強い戦力かと思ってたんだけどなぁ。楽々戦えるようになるのはラスボス倒して以降になりそうか。

ff13-2_2nd_158.jpg

そうそう、新都アカデミアAF400年の地図埋め依頼。ビルジ遺跡が何故か埋まってなくて何で?と首を傾げていたがビルジ遺跡AF005年にこんなところがあったとは全く気が付かなかった。しかもこの橋に上がってもトレジャーとか何もないし進路でもないし全く行く必要がないんだよね。だから気付かない。一体何のためにあるのやら。もしかして地図埋めトラップかw まんまと策略に乗せられたかもw

ff13-2_2nd_159.jpg

アルカキルティ大平原の天候雷でエンカウントしたマレブランケ、なんかアクションがやたら格好良かったから印象に残る。13のラスダンで戦ったボス、ヴラディスラウスと似てるからそいつの派生かな。

ff13-2_2nd_160.jpg

関連記事
  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks