今回で遂に13-2本編クリア!8月16日から始めたから大体一ヶ月ぐらい。初回プレイ時は2ヶ月ぐらい掛かってたけど流石に2度目プレイはちゃっちゃと終わった。というわけでまずは前回からのフラグメント解決の続きから。

アルカキルティ大平原の南にあるゲートからヴァイルビークスAF200年へ。ヴァイルビークスというと13でのあのドコドコドコドコというリズミカルな音楽と荒れ果てた廃墟なフィールドのイメージ。13-2で時代が進んでもやはり廃墟な場所らしいが何やらライトニングが原因での災いが起きてるらしい。

ff13-2_2nd_161a.jpg

ここではパラドクスに巻き込まれて遭難したブリッツ隊を探すことになった。正体不明の黒い影の前で頑張ってる隊員、魔物がいるからここを離れるわけにはいかない俺が食い止める、という勇敢ぶり。でもここは俺たちが私たちが代わって魔物を討伐しよう。

ff13-2_2nd_161.jpg

新都アカデミアAF4XX年のゲートから今度はヴァイルビークスAF010年へ。これでワイルドオーパーツはどこの世にも無くなりもう現存する全てのゲートを開いたことになる。もうこれ以上行けるエリアはなくなったかと思うと所詮は閉じたゲームの世界ってことを感じてしまい感慨深くなるな。

ff13-2_2nd_162.jpg

このエリアもビルジ遺跡AF300年同様に雪景色。廃墟と雪って結構似合うよね。侘び寂びを感じる。敵と戦ったあとセラとノエルのライトニング評。お姉ちゃんにはお姉ちゃんのやり方があるし私たちには私たちなりのやり方がある。それを信じていこう。

ff13-2_2nd_163.jpg

AF010年にこの地で時空の歪みが見つかりプリッツ隊が派遣された。でもパラドクスに巻き込まれて隊員がバラバラになり先の200年に行ってしまった隊員もいた。その原因は200年にもいた正体不明の黒い影。その正体はライトニングの忘れ形見でもあるあのオーディンだったという。

ff13-2_2nd_164.jpg

さすがに強いけどチェーンゲージは溜まり易いし状態異常も仕掛けてこないから戦いやすい。一気にブレイクまで持って行って倒した。でもこれでも4つ星ランクだから実はそんなに強くはない相手だったかな?

ff13-2_2nd_165.jpg

ブリッツ隊の隊長はライトニングを知っててファロン軍曹の妹に助けられるとはと驚いていた。ポーダムの警備隊に所属していたから知ってたのか。あの部隊の隊長というとうえだゆうじさん声のキャラが思い浮かぶけど声が違うから別の人かな。あれからライトニング一行がしたことを理解して頑張りを分かってくれた人たちもいたんだな。いわばドラゴンボールにおける天下一武道会の審判のおっちゃんみたいな存在か。まさかこんなところで励まされるとはなぁ。

ff13-2_2nd_168.jpg

ヴァルハラの混沌がこのオーディンを創り出していたらしい。するとAF200年で現れた黒い影もこれが原因で出現したって事か。でももうエネルギー源は断ったから今なら勝てるかも。ひとりで頑張って影を抑えているあの隊員を助けにいこう。

急ぎその黒い影の元へ駆け付ける為に途中の敵もある程度スルーしていったらモグから「ライト様なら~」って文句言われちゃったw 自分たちにはどこまでやれるか自分の力を信じていこう。

ff13-2_2nd_166.jpg

道中あのドレッドノートと戦った。なんか13やLRFF13のドレッドノートと比べると一回り小さくなったような?やはり今回もブレイクさせれたら軽々スマッシュアッパーで打ち上げて安々と倒せるのは同様。チョコボにすら手玉に取られるのは哀れだw ついでに仲間にも出来たけどこいつの攻撃スタイルからいって重々し過ぎて使え無さそうw

ff13-2_2nd_171.jpg

再びオーディン・ダスクとの戦闘。攻撃は激しいが今回も一気にブレイクさせてそのまま倒した。戦闘タイムは1分、5つ星ランクの圧勝だったな。そしてオーディン・ダスクが仲間になった。ライトを知ってるオーディンから2人の力が認められたっとこか。

ff13-2_2nd_167.jpg

ライトが言うにはこのブリッツ隊の6人は古い馴染み。誰かの記憶に残っていれば自分の存在は無にはならない。セラが忘れずにいてくれたらいつか帰れるんだろうか・・・。今回セラとライトは時空を超えて通じあったな。

ff13-2_2nd_169.jpg

ブリッツ隊の残った隊員に報告しに行こうと帰る途中なんとあのサッズをあろうことかモーグリハントで見つけたw ヴァイルビークスという場所だとライトの道連れになりそして喧嘩別れした因縁の地になるな。今は妙な世界に迷い込んでひとりで博打売ってるらしい。どうゆうことだろう?この後サッズとまた会えるのは確かラスボス戦のイベントだったように思う。初回プレイ時はその時いきなりのサッズの登場で面食らったけど今回はそうゆうことはなさそうだが別の疑問が残ってしまったw

ff13-2_2nd_170.jpg

ノエルはサッズを知らないが大体の関係を察した。苦しみを乗り越えられたからこその本当の仲間なのかもしれないな。

ブリッツ隊は全員無事に元の時代へ。ライトニングの捜索がんばれよとの言葉を残して。この後モーグリハントでライトニングを発見するけどでも当の本人はヴァルハラにいるから実際にはここにはおらずセラたちも見えない。同じ運命を背負った仲間、一人じゃない、でもヴァルハラには誰もいない、時空を隔てているけどかつての仲間たちは心の支えになる、セラに会いたい・・・いつかまた一緒に笑いたい・・・。この願いは伝わるだろうか、というライトニングの想いにセラは伝わるよ!と力強く答えた。こんな言われ方したら絶対ライトニングに合わせなくちゃな。

ff13-2_2nd_172.jpg

これでヴァイルビークスでのパラドクスは全て解消してやることはなくなった。さてどうするか。他のやり込みやフラグメントの回収をやってもいいけどラスダンの新都アカデミアAF500年をラスボス直前まで攻略しておこう。現状の戦力でラスダンの敵と渡り合えるかどうかも試したいところだしね。

三次元的に動く床が面倒なラスダンだけどまぁ時の迷宮みたいな嫌らしいパズル地獄じゃないだけマシ。今のセラたちの力で敵とは十分戦える。ただ先制エンカウントがしづらいな。何度も不意打ち喰らってちょっとイラッとくる。少し進むとイベントを経てパコ・アメシストとパコ・ルブライトとのボス戦。こいつには5つ星ランクでのトロフィーが掛かってるから気合入れて戦いに臨む。ま、取れなかったらリバースロックでまたやり直せばいいだけなんだけど面倒なんで一発で決めたい。

ff13-2_2nd_173.jpg

戦ってる最中に思い出した。こいつらはどちらかを先に倒すと暫くしたら分裂して復活するんだった。最初それすっかり忘れてて要領を得ない戦い方してしまいロスタイム。でも分裂するメッセージが出た直後に何とかギリギリで倒しきれた。敵の攻撃は苛烈だけどブレイクさせやすいから倒しやすかったな。

ff13-2_2nd_174.jpg

ラスダン終盤のところであのベヒーモス零式とエンカウント・・・グランベヒーモスが雑魚化してたしこいつも楽々かなぁと高をくくって戦い挑んだら・・・あかん、これは勝てないわ・・・。立ち上がり後の攻撃力があまりにも酷すぎる。何度かやり直してみたけどちょっと無理っぽい・・・。幸いなことにベヒーモス零式はとある決まったポイントでしかエンカウントしないからそこではひたすら逃げるw もう怖い怖いw

ff13-2_2nd_175.jpg

パラドクスが解消して時空の歪みが消えたらチョコリーナとも会えなくなる・・・でもLRFF13で散々会うんだけどねw またその時まで暫しのお別れだ。

ff13-2_2nd_176.jpg

ゴール地点にあるテレポ石碑を有効化させて一旦スタート地点に戻りトレジャー回収へ。その際に13でも戦って記憶が鮮明なあの2匹と再会。いや会いたくもないけどw まぁそんなに強くはなく普通に楽に勝てた。

ff13-2_2nd_177.jpg

偶にこうゆう感じでお宝目指して落っこちたりする。反重力ジャンプスキルがあるとはいえ怖すぎないかこれw

ff13-2_2nd_178.jpg

金チョコボを成長させたいのでちからのクリスタル求めてラスダンを一旦離れる。行き先はアルカキルティ大平原西。雷時でしか敵がちからのクリスタル落とさないらしいけどこの天候の敵はマジで強すぎ。倒すのに骨が折れる。特にちからのクリスタルを落とすフォモールの攻撃力が高くてやってられない。おまけにブラッドダメージ喰らいまくりで防戦一方。幸いチェーンゲージが溜まるのが早くてすぐブレイクしてくれるけど1度のブレイクで倒せるんだったら苦労はしないんだよねぇ。そこから苦労するからフォーモールはかなり嫌過ぎる敵。

ff13-2_2nd_180.jpg

フォモールだけ倒していきたいんだけどマレブランケとかいうこれまた面倒くさい奴の方が多くエンカウントするから困る。フォモールと比べると遥かに倒しやすいけどこいつの技で1撃死する危険が高いんだよね。繰り出す時のシーンはかなり格好いいから困るw

ff13-2_2nd_179.jpg

新都アカデミアAF500年のベヒーモス零式は何とか倒した。なんか倒さないままってのは気持ちが悪いからね。といっても独力じゃ拉致があかないので攻略に頼ったけどw ブラッド連発していけば何てことない敵だったんだなぁ。でもうっかり盾役の銀チョコボをシンクロドライブさせてしまいミスで零式を立ち上がらせて一気に窮地に追い込まれちゃったけど零式の残りHPが僅かだったんで事なきを得た。ほんと気を抜いたら一瞬でやられてしまうぐらいの超強敵でラスボスより強いんだろうか。13のフンババとかLRFF13のアパンダとか可愛いもんだ。

ff13-2_2nd_181.jpg

零式倒しても周りのシュレディンガーのデプロテ攻勢がうざくてかなわない。こんな奴らと零式をガチの正攻法で相手してたらほんとひとたまりもないよなぁ。そうゆうわけで戦闘に時間掛け過ぎて無印ランクで仲間にも出来ず・・・。うんまぁいいよ、こんなおっとろしい奴仲間にしたくないw

ff13-2_2nd_182.jpg

さてどうするか、もうクリアに向かってもいいんだけどラスボス勝利で5つ星ランク取るトロフィーがあるんだよね。それを一発で成功させる為に万全を期しておきたいのでもっとクリスタリウムを成長させておこう。

というわけでアルカキルティ大平原でフラグメントのひとつ、オチュー退治へ。オチューというと13の淘汰の断層ミッションで上位種のネオチューにコテンパンにされたあの悪夢が蘇るわけだが果たして今作のオチューはどうか。因みに初回プレイ時には当然アルカキルティ大平原の大物退治はやってないからまさに今回初見勝負。

ff13-2_2nd_183.jpg

あれ?弱い?アグラ牧野で会った時のあの強さはどこへやら。まぁあの時もさほど苦労せず倒したけど。それにしても強い強いと言われてた割には一方的に攻撃していけたなぁ。一応状態異常もしてきたけど対して痛手にはならず。オチュー倒したあとは残りのコチューも倒して終わり。呆気無い。目標タイムの半分で勝てたからかなり良い感じだったんだろう。

ff13-2_2nd_184.jpg
ff13-2_2nd_185.jpg

次に退治するのはインヴィンシブル。この名前は13では雑魚でしかなかったという印象しかないなw 大平原の南でガタガタといきり立ってるけど見るからに弱そう。

ff13-2_2nd_186.jpg

いざ戦ったらやっぱり弱かった。13の時同様チェーンゲージがすぐ溜まってブレイクしてくれるのですぐ打ち上げられてしまう。これなら銀チョコボのディフェンダー用意しなくてもアタッカー×3のケルベロスで一度のブレイクで倒しきれてたかもなぁ。雑魚だったけどお陰で良い武器が手に入ったからありがたいカモだったなw

ff13-2_2nd_187.jpg
ff13-2_2nd_188.jpg

こうなったらもう止まらない。ついでにロングイも退治しちゃおう。

ff13-2_2nd_189.jpg

とはいえ13での経験からいって相当厳しい戦いを強いられそうだ・・・。取り敢えずこいつは転覆させないと話にならないからまずはジャマーを掛けつつ脚から攻撃。ロングイのアルテマ攻撃でノエルがHP0になり怯むもすぐ立て直す。足踏み攻撃もしてくるがこれのタイミングが掴めず中々グレートウォールで防げない。ただ意外とチェーンゲージは溜まりやすく結構みるみるうちにHPは減っていく感じ。ここでイケそうと確信。片足が終わったらもう一方の脚も同じように攻撃。両足倒すと崩れ落ちてくれるからもうこうなったこっちのもの。ジャマーでデプロテ、デシェル、ウィーク、バイオが入ったら更に勝ったも同然だ。大物にしては最後は呆気無く終わったな。自分でも安々と倒せたんだから13の時より相当弱体化してると思う。

ff13-2_2nd_190.jpg

目標タイムが15分に対して今回6分なんだから相当善戦したんだろう。が、これだけ戦績良いのにドロップアイテムは無しとかひどいw

ff13-2_2nd_191.jpg

最後にアルカキルティ大平原に残る大物・・・その名はヨミ。なんかもう名前からして禍々しくてヤバげ。

ff13-2_2nd_192.jpg

どんな容姿をした敵なのか全く想像つかなかったけど何てことはないよくある飛行タイプのシ骸だった。でも案外そんなに強くはない?ガードで完全防御になるけどその隙に回復したりエンハンサーで強化出来る時間が出来るから逆にやりやすい。ブレイクはしなかったがバイオも効くしそのお陰でガシガシとHPを減らせていけた。またこちらは一度も誰もHP0になって倒れることなかったな。作中最強とか聞いてたけどなんか拍子抜け。これなら攻撃が重かったロングイの方がよっぽど恐ろしかったなぁ。

ff13-2_2nd_193.jpg

当然5つ星ランク。目標タイムは15分で今回は6分!あっという間の圧勝だったな。そしてインヴィンシブル、オチュー、ロングイ、ヨミのアルカキルティ大平原四天王全員倒したのでトロフィー見敵必殺を取得。しかも全て5つ星勝利ってのが嬉しいじゃないか。

ff13-2_2nd_194.jpg

その後チョコボに乗る直前で雑魚のマレブランケとエンカウントしたんだがこいつの方が倒すのに手間掛かったっていうw 集落に戻り依頼人のティポに話しかけたら「あんたらならやると思ってたよ」というお決まりの台詞のみで味気ないw

これでアルカキルティ大平原のフラグメントは全部回収出来た!強い敵揃いだから絶対無理だろうなと諦めていたけど意外とやれるもんだなぁ。ま、討伐フラグメントのみだしクリスタリウムさえ上げていけばいつかは達成出来るから誰でもいけるけどね。

ff13-2_2nd_195.jpg

というわけでクリスタリウムはセラとノエル、それぞれ5つのロールをレベル99にして極めた。2人共残るロールはヒーラーのみであともうひと踏ん張りでトロフィー。

ff13-2_2nd_196.jpg

気が済んだしあとやれるフラグメントといったらヲルバ郷の悪夢のパズルのみなのでもうとっととラスボス倒してクリアしちゃおう。ここまでクリスタリウム成長させたらかなり楽々倒せちゃうんじゃないかな、と甘く見積もるw

カイアス1戦目はバハムート・カオスが相手。う~む、弱い。注意するのはメガフレアのみだ。銀チョコボ入れずケルベロスで攻めていけばもっと短期で終わったな。

ff13-2_2nd_197.jpg

次はカイアスがセラに時詠みの事実を告げてセラに狙い撃つ2戦目。ここからカイアスとの直接対決だがやはり弱い。スクリーンショット撮る間もないぐらい呆気無く終わった。今回もゴリ押していけるレベル。カイアスは状態異常仕掛けてくるがエスナではなく万能薬で解除していった。こっちの方が早い。

ff13-2_2nd_198.jpg

その間にもホープの新しい箱舟は発進していく。ノエルとセラと別れてそれぞれの戦いへ。

ff13-2_2nd_199.jpg

舞台はヴァルハラに変わってのカイアス・バラッド3戦目。カイアスの能力強化がうざいがデスペルで解除せずとももうゴリ押し。こちらの能力強化はダウンプアのシンクロドライブ任せというw

ff13-2_2nd_200.jpg

4戦目はカイアスが相手ではなくバハムート・ウィローとの最終決戦。思い出した、こいつは初回プレイ時に散々手を焼いたんだった。確かメガフレアに耐え切れず5、6回ぐらいはリスタートしてようやく倒せたんだったかな。ん~流石に今回は今までみたいにサクサクッとはいきそうにないか・・・。

ff13-2_2nd_201.jpg

まず左右のドラゴンを倒して本体を叩くという定石戦法のみ通じる相手。困ったことに戦いに適したパラダイムがないんだよね。ラッシュアサルトが欲しいのにケルベロスしかないからセラが片方攻撃してたらノエルはもう片方攻撃するという効率の悪さ。自分はてっきりカイアスとの一戦ごとに自由時間があると思っててその時にパラダイムを都度変えていけばいいと思ってたからなぁ。ラストまでシームレスに戦いが続くとは思ってもなく・・・。何とかあともう少しのとこまでいったけどウィローのギガフレアが炸裂でジ・エンド・・・。親切にもギガフレア前にカウント表示してくれるんだけどそれまでに回復とグレートウォールへのパラダイム切り替えが間に合わなかった。敵のHPがあともう少しだからもうこのまま一気に倒せると甘くみてしまったな。不覚・・・。

ff13-2_2nd_202.jpg

ありがたいことにリスタート後はメニュー画面で自由に出来る時間があった。まぁ13からボス戦時のリトライはそうゆう作りだけどね。早速パラダイムをさっきの戦いを踏まえて適切に変えていく。取り敢えずこんなものだろうか。

ff13-2_2nd_203.jpg

今回ばラッシュアサルトでお供のドラゴンをサクッと倒していける。状態異常解除はエスナじゃなく万能薬万歳。万能薬もそうだがパラダイム切り替えるロスタイムを考えたらアイテムでコマ目に回復していった方が早い。またまたギガフレアのカウントに対してパラダイムの切り替えがギリギリだったというか間に合わなかったけど幸いにも今回は僅かなHPで踏ん張った。これで勝機を掴んだな。あとはもう倒すまであっという間だ。

ff13-2_2nd_204.jpg

5つ星ランク取れるかどうか気が気じゃなかったけど無事めでたく5つ星!これでトロフィーもゲットだ。目標タイム11分に対して7分だから意外と余裕あったかな。かなり焦りながらボタン押していったんだがw 因みに初回プレイ時はなんと!戦闘時間24分も掛かってしまい当然ランクに星付かずという体たらくっぷりw ほんと何やってたんだろうねw

ff13-2_2nd_205.jpg

戦いの〆はカイアスを倒すか救うかの全てはシネマティックアクションに掛かってる・・・といってもどっちを選んでも結果は同じ。初回プレイ時は倒さなかったけど今回は倒すを選んだんだが何も変わらずなんだか拍子抜け。もう少し内容が変わってくれば面白いんだけどね。

ff13-2_2nd_206.jpg

さぁ新しい未来を始めよう。カイアスを不本意にも倒してしまったがヴァルハラでの幕引きはそんなに後味の悪いものではなかった。むしろライトニングにこれから会える、ヴァニラやファングも救えるという希望に満ちていた。

ff13-2_2nd_207.jpg
ff13-2_2nd_208.jpg

コクーンは崩れ落ち代わりにホープの新しい箱舟、ブーニベルゼが飛び立つ。ここで気付いたがなるほどLRFF13のブーニベルゼの名前は13-2でも出てきたんだな。

ff13-2_2nd_209.jpg

それにしても13やLRFF13同様にやはり終盤のシーンは3DCGのクオリティが一段上がってくるな。リアリスティックで美麗な映像に開発陣の最後の底力を見る思い。

ff13-2_2nd_210.jpg
ff13-2_2nd_211.jpg

ノエルはしきりにセラに未来が見えてないか心配するが・・・どうやら大丈夫のよう。新しい希望に向かって晴れやかだ・・・。

ff13-2_2nd_212.jpg
ff13-2_2nd_213.jpg

こうして今セラとノエルの2人の旅はここに終わる・・・。

でも・・・未来が変わって歴史も変わった。だから新しい未来が生まれる・・・つまりその未来がセラには見えてしまう・・・。時詠みの巫女の悲劇の運命は今ここに・・・。

ff13-2_2nd_214.jpg

カイアスが死んだから女神エトロも死ぬ・・・。ノエルがエトロ自身を殺したことになる・・・。女神を失いヴァルハラの混沌が開放されてしまった・・・。歴史を歪め過去も変えてしまう力が・・・。

ff13-2_2nd_215.jpg

そうゆうわけでここからLRFF13のストーリーに繋がっていくというわけみたいだ。相変わらず全部理解はしていないけど今回改めてもう一度ストーリーをおさらい出来たことで次に2周目をやるLRFF13への理解もより深まることだろう・・・多分w

ff13-2_2nd_216.jpg

エンディングクレジットで改めてキャストを確認したらやはりヒストリアクロスのナレーションは根谷美智子さんだった。声が似てるなぁと思ってて前から気になってたんだよね。他は役名無しのモブで有名どころだと佐藤拓也さんや森訓久さんがいた。

ff13-2_2nd_217.jpg

前回の初回プレイでいまいち面白く感じなかったのは何だったんだろうと思うぐらい今回の振り返りプレイは楽しかった。やっぱり13から続けてやったのがよかったのかLRFF13でみんなこの後どうなるか知ってるからよかったのか。何にせよゲームは楽しまなくちゃ意味ないんで嫌なパズルをとっとと回避したのも良かったのかもしれないなw

さて次回からはあともう少しやらないといけない事を片付けていきますよと。何かというとパラドクスエンディング。これらを全部見なきゃ終われないよね。

アルティメット ヒッツ ファイナルファンタジーXIII-2アルティメット ヒッツ ファイナルファンタジーXIII-2
(2013/07/18)
PlayStation 3

商品詳細を見る

関連記事
  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks