7月1日!バカンスだー!あまりにもエスティさんが前回のバカンスに未練タラタラなのでロロナが遂に見兼ねてお誘いw 追加された延長戦で実現するなんて余程ユーザーから要望があったんだろうかw

rorona_2nd_330.jpg

ただネーベル湖畔へのバカンスには10日ぐらい日数掛かってしまうらしい。でももう一番重要な真・竜の砂時計は出来てある意味延長戦の目的は達成したようなものだし今はロスタイム期間みたいなもので残りのやるべきことは何とか達成出来るだろうと踏んでバカンスに行くを選択。というか行かないという選択肢は全くないんだけどねw 行ってる間のエスティさん不在の受付業務ってもしかしたタントリスなんだろうかw?

なるほど2人だけじゃなくてトトリとメルルも一緒なんだな。むしろその2人の方がメインなんじゃないかw そしてちゃんと2人の分の水着を用意してあげてるアストリッド有能。抜かりないな。トトリはこれはもしかしてスク水だろうか?w あの世界にスク水とかあるのかは分からんけどそんな感じに見える。でも胸は・・・小さめかなw メルルはひらひらの可愛らしいビキニ。黄色似合ってるな。胸は程よいサイズといったところ。エスティさんはさすが大人のセクシーさだけど画面の下が見切れてるのが残念!ロロナは安定してる。この表情もすごくいいな。

rorona_2nd_331.jpg

アトリエに帰宅したら嬉しいことに新しいコスチュームセットが貰えた。早速お着替え。2人共中々可愛い感じになったな。相変わらず女の子に肌色多めで戦いをさせる鬼畜ぶりw

rorona_2nd_332.jpg

というわけでバカンス気分はお終い。ここからは再び戦いに明け暮れよう。というか今思うと既にこの状況がもう冒険者エンドみたいなものだなw

まずは戦闘補助の装備品アクセ、神速自在帯を作った。疾風の動きですばやさを上げて高速行動により確立で行動順を早めることが出来るという。ほんとは音速の動きにしたかったけど速度強化特性でカバー出来るだろう。

rorona_2nd_333.jpg

エリキシル剤も作り直した。多用する回復アイテムだけに使用回数は多くあって欲しいからね。おばけサイズ特性にして1個のアイテムで12回も使えるようにした。勿論戦闘不能回復の霊花の生命力と自動使用の活きがいい付き。

rorona_2nd_334.jpg

メテオール以外にも高火力な攻撃アイテムが欲しいので浄化の炉も作った。物理ダメージ系だから相手を選ばないし特大特性で回数アップ、破壊者の祝福とランクで強化の特性で威力もアップだ。

rorona_2nd_335.jpg

というわけで深淵の古塔、第4層目から突入。雑魚戦はスルーして階段を登りつけた先でボスのブラッドエレメントとバトル開始!・・・が!ないわ~・・・5000近くも回復するとかふざけてるのかw しかも3連続4連続攻撃してくるのは当たり前だしもうどうしろとw でも闇の癒しによる回復量は最初の5000が最大であとは少なくなっていき戦いの終盤はあまり回復しなくなったから勝機が見えた。

rorona_2nd_338.jpg

最後はやっぱりトトリの必殺技「ちむレンジャーG」で〆。ほんと何故かトトリで終わるパターンが多いというw

rorona_2nd_337.jpg

浄化の炉は初めて使ったけど炸裂シーンが格好良くて痺れる。まるで核攻撃みたいだ。さすが上級の攻撃アイテムだけあるな。まぁ炸裂シーンがちょっと長いのが玉に瑕だがw

rorona_2nd_336.jpg

見つけるの苦労したが踊り場から駆け落ちたところの宝箱で参考書の天からの呼び声をゲット。これで最強の攻撃アイテムのヒンメルシュテルンと天球儀を作れるようになるらしい。また調合の試行錯誤で悩んでしまうなw

rorona_2nd_339.jpg

深淵の古塔は次の階層の悪魔階へ進んでこれで全ての採取地を踏破した。あとはこの層にいるオーツェンカイザーを倒せばいいだけ。ただこいつは相当強いらしく作中最強みたいだからもっと準備してからじゃないとなぁ。というか悪魔階へ入ってから取れる2階層目の宝箱を取るのに一度ミスってもう一度悪魔階に入り直したという。一日無駄にしてしまったw まぁあと4ヶ月もあるからもう日数のロスは気にしなくてもいいかな。

rorona_2nd_340.jpg

深淵の古塔踏破で王国依頼が1件埋まったのでまたまたまた7つの星の杖をゲット。でも即解体するw 何と言っても特性でコスト枠プラス100の器の言葉があるからね。しかも最高級品の品質120のハルモニウムだし調合に一役買ってくれそうだ。

rorona_2nd_341.jpg

採取で特性が良いヴェルベティスが色々手に入ったので防具の守護者の衣装を新調。メンタルガードとHP大増量でHPとMP大幅アップ、攻撃と防御も速度も大幅アップ。かなり高性能な防具が作れた。これを今まで防御に不安があったトトリに装備させた。

rorona_2nd_342.jpg

天からの呼び声のレシピで作れる天球儀を早速作る。ランクボーナスと破壊者の祝福で攻撃力アップさせておばけサイズで個数を増やし在庫処分品で安くする。これはかなり期待できそうな攻撃アイテムになったんじゃなかろうか。

rorona_2nd_343.jpg

それなりに準備が整ったのでいよいよ深淵の古塔のラスボス、オーツェンカイザーに挑む。というか既に目の前に行く前からちら見してるんだけどw 今までにないデカさでちょっと戦う前から戦々恐々。

rorona_2nd_344.jpg

というか・・・うっかり神速自在帯を装備させるのを忘れてエンカウントしちゃったw これでは何のために作ったのやら・・・。新たな戦力の天球儀を早速使ったけど弱っ!期待はずれもいいとこじゃないか・・・。ナントカの秘薬でトトリとメルルがHP1で踏ん張るも次の敵の攻撃でロロナだけが踏ん張りギリギリの戦い。ここで敵のHPをどれだけ削れたか見てみたが・・・えぇマジか・・・全然減ってない・・・。どうゆうことだってばよ・・・。Wiki見るとこいつは1ターン毎にHPがなんと30000も回復してしまうらしい・・・。3000なら分かるが30000?!ブラッドエレメントの5000近い回復でさえ絶望したのにそんなのありかよぉ~・・・。

rorona_2nd_345.jpg

このまま戦い続けても拉致があかないので一旦終了させてロードし直し今度こそ神速自在帯を装備して再トライ。でもこの神速自在帯って意味あるのかな?なんか普段の戦いとあまり変化ないような。それだけオーツェンカイザーの素早さが高くていくらこっちが早くしても効果が薄まってるってことなんだろうか。そして2度目のこの戦いでも火力が足りず敵の回復力に追い付けない。またしても轟沈。もうどうしろと・・・。

rorona_2nd_346.jpg

敵にターンを回して回復させない為にやはり行動順は最重要だろうということでアイテムの風繰り車を使いまくれるように作り直し。おばけサイズにして使える数を増やしさらに破壊者の祝福も付けて攻撃力を高めた。これでメルルはスキルの風繰り車に頼らずともアイテムの風繰り車を乱発出来る筈。

rorona_2nd_347.jpg

あと無限メテオール。30000もの回復量に対抗するには3人の火力だけじゃ足りない。タイム型の攻撃アイテムがやはり欲しい。まずは素のメテオールを品質120で作れるようにする為に賢者の石を作り直した。特性も破壊神の祝福やランク強化など有用そうなのを付けれたな。

rorona_2nd_348.jpg

あぁそうだ。オーツェンカイザーばかりに気を取られててまだマキナ領域・変異を全てクリアしてない事忘れてたw まずは第4層にいるツインマスクズ戦。なんか妖怪みたいな風貌の敵で一体どういった戦いになるのかと思ったけど意外と大したことなかったな。確かに攻撃は厳しいけどそれまでのボス程ってわけでもなく十分余裕で耐えれる。まぁブラッドエレメントやオーツェンカイザーが反則的に強すぎたw こちらの攻撃は風繰り車多用でとにかく敵にターンをなるべく渡さない戦法をとり終始優位に攻撃していけた。もしかして神速自在帯の効果も今回は感じれたかも。最後はロロナの必殺技の不思議なレシピで華麗に〆。

rorona_2nd_350.jpg

ツインマスクズからのドロップで全知全能の指輪ってのを手に入れた。最初アクセサリかと思ったらこれアストリッドの最強武器だ。全知全能とはさすがアストリッドらしい大胆なネーミングw パワーヒッターという攻撃力アップの特性が気になるけどもう今更アストリッドは使わないかなぁ。まぁあとで解体だw

rorona_2nd_351.jpg

次の最深層へ進んでこれでマキナ領域・変異は全踏破したことになる。つまり先の深淵の古塔と合わせてもうこの世界でロロナが踏み込んでない場所は存在しないというわけ。年端もいかない少女だけどそんな途方も無い事をしでかすんだからさすがアーランド最強の怪力娘なだけはあるw

rorona_2nd_352.jpg

万全を期する為にここで一旦アトリエに帰還。出発前に作った賢者の石を宝石カテゴリの材料に使って待望の品質120クラスで???が降ってくる特性のメテオールをようやく作れた。無限メテオールは材料として素のメテオールを3つ必要とするので武器屋で量販店登録。それから量産する為には1週間ぐらい待たないといけないからじれったい。

rorona_2nd_353.jpg

マキナ領域踏破したので延長戦の王国依頼はほぼ埋まったことになる。ほぼというのはあと1個、品質100以上の金の調合があるんだけどこれはもう出来たも同然だからね。初回プレイ時は半分も埋まらなかった王国依頼だけど2周目のお陰とはいえ嬉しいものだ。まぁ報酬はもう大したものはもうないからありがたみはあまりないけどw 引き換え件も900枚ぐらいあるけど交換したいものはしてるので使い道ないからなぁ。

rorona_2nd_354.jpg

天からの呼び声レシピで天球儀作ったけどあまり大した威力じゃなかった。ならもうひとつのヒンメルシュテルンはどうだ、というわけでこの前の高品質メテオールを材料に使い品質120の主特性惑星落としという何やら凄まじそうな威力の攻撃アイテムを作ってみた。もちろん特性はおばけサイズだし威力アップ系の特性も色々付けた。でも見た目大したことなさそうw

rorona_2nd_355.jpg

いざマキナ領域・変異の最深層へ。ここではデーモンロードという名前からしてラスボス感漂う敵と戦うことになるが・・・いきなり舞台がモノクロになって一体何事?!

rorona_2nd_356.jpg

アドバンススキルでクリティカルしてるのに与えるダメージ1とかふざけてるのかw これはジリ貧な戦いになるな・・・。

rorona_2nd_357.jpg

こいつはWikiによると同じ攻撃をすればするほどその攻撃に耐性が付くらしい。だから色々な攻撃をしていかないといけない。メテオールに天球儀や浄化の炉や各種スキルの総動員。初めて実戦で使ったヒンメルシュテルンはまぁまぁかな。というのもこいつは特殊な敵だからアイテムの威力がどうなのかいまいち判別付かないw しかし今更理解したけど特性の活きがいいとかはロロナ基準なんだな。いくらメルルやトトリがHP減ってもロロナが余裕だとエリキシル剤もナントカの秘薬も自動使用してくれないということか。これならHP50%以下で自動使用のやる気マンマン特性の方が有用だったかなぁ。とか色々考えてるうちにようやくデーモンロードを倒せた。いやぁほんと疲れる戦いだった。

rorona_2nd_358.jpg

これでトロフィーの魔の眷属の君主をゲット。取得時のタイミングでスクショ撮り損ねたのは残念だったが・・・。あと残すトロフィーはオーツェンカイザーを倒しての深き海の帝王だけだな。

rorona_2nd_359.jpg

・・・いや、まだ一個あった、お金持ちエンドのトロフィーだw これが一番難関。というのもあともう1周やらないと取れないから面倒くさいw

新・ロロナのアトリエ はじまりの物語 ~アーランドの錬金術士~新・ロロナのアトリエ はじまりの物語 ~アーランドの錬金術士~
(2013/11/21)
PlayStation Vita

商品詳細を見る

関連記事
  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks