またまたまたテイルズオブヴェスペリアのプレイ始めます、ってもう何度目だw 今回含めるともう5回目ぐらいかなw でも今回は今までとは違う。以前のプレイ記事のゲーム画像はデジカメでの直撮りだったけど今回はHDMIキャプチャーからの画像。だから自分が残したい・欲しいシーンがゲーム画面のまま撮れて思いのまま。一時期入れ込んでて好きなゲームだったから高画質でプレイの思い出を残したかったからね。

tov_2nd_001.jpg

プレイ日記としてはもう散々書き尽くしてるので今回はハイライトシーンのキャプチャー画像とステータスや途中経過ぐらいにしていこうと思う。さすがにもう何度もプレイしてるから書くのも煩わしいw

tov_2nd_002.jpg
tov_2nd_002b.jpg
tov_2nd_002a.jpg

やはりHDMIから直接ゲーム画面をキャプチャー出来ると捗るなぁ。以前は欲しいシーンになるといちいちコントローラー置いてカメラ構えて撮ってゲーム終わったらSDカード抜いてPCに転送していう段取りを毎回やってたんだから我ながら面倒なことよくやってたなと思うw

帝都 ザーフィアス


tov_2nd_004a.jpg

さて早速プレイしていこう。物語はザーフィアスの下町で起こった水道魔導器事件からスタート。前回のプレイは3年前ぐらいだから結構内容を忘れてるかなと思ってFF13や13-2の振り返りプレイみたいに新鮮な気持ちでプレイ出来るんじゃないか・・・ということはなく「ああいつものTOVだな」という感想w それほど前回やり込みまくったから流石に忘れっぽい自分でもよく覚えてるw だから途中でもうお腹いっぱいになって飽きたりしたら嫌だなぁと思ったけどまぁ振り返りプレイだし以前みたいにそんなにもうやり込まないからカジュアルにプレイしていけたらいいかな。

tov_2nd_004.jpg

ユーリ・ローウェル登場のシーンから。最初からユーリはユーリだな。基本最後まで成長せずあのままだった気がする。それだけ最初から芯が通っててブレない。この余裕ぶりが格好いい。厨二ともいうがw 鳥海さんの声もずっと安定して変わらないな。

tov_2nd_003.jpg

デコボココンビ、そういやこんな奴らもいたなぁ。こいつらとの戦闘チュートリアルで戦いの勘を取り戻していこう。このフィールド上で自在に動きながら術技を繰り出すのがTOVだった。ユーリはまだ蒼破刃しか覚えてないけど段々術技が増えてくると操作の割り当てやコンボの出し方に難儀してきたりするw デコとボコとの戦いは勝ち負け関係ないけどちゃんと勝たせて貰った。最後にTOVやってたあの頃からあまり腕は鈍ってないかも。

tov_2nd_005.jpg

出た―、キュモール。どうゆう奴だったは忘れたがw 小物な事は確かでそれだけの存在の奴なんだよねw

tov_2nd_006.jpg

おっさんことレイヴンも登場。竹本英史さんの飄々とした演技好きなんだよね。前回でも今でもTOVのキャラではレイヴンが一番好きだったり憧れてたりしてるかも。それは変わってないかな。

tov_2nd_007.jpg

エステリーゼ・シデス・ヒュラッセインことエステルも登場。というかエステリーゼのIME予測変換でこの長ったらしいフルネームが出てきて笑った。さすがグーグル先生有能。この後お着替えで例の格好になるのでこの姿は貴重かな。フレンとの話も出てきたがユーリとフレンが騎士団に居たのは3年前ぐらい。その頃の様子は劇場版BDで見たけどあの時から今こうして繋がってるのかと思うと今置かれてる状況が感慨深い。

tov_2nd_008.jpg

フレンの部屋であのザギが登場。こいつとユーリは因縁の関係になりこの後何度も刃を交える事になる。しかし陶山さんのイカれた演技は最高だな。そして話を聴いてないユーリw

tov_2nd_009.jpg

ザギ戦(1回目)


TOV最初の難関。初回プレイ時には相当苦労した記憶がある。初戦で勝てず止む無く敵兵を何体も倒してレベル上げてようやく勝てたような。さて今回はどうか。事前にレベルアップはせず初期レベルの5のまま。

tov_2nd_010.jpg

意外とすんなり1戦目は勝てた。ザギが攻撃して空振ったところの隙を付けば簡単だ。2戦目はエステルが加勢して回復魔術のファーストエイド使ってくれるからかなり楽になりこれで勝ったも同然。流石に2戦目だとザギの攻撃がパワーアップして術技でハメ気味にされてちょっとピンチになったりもしたけど勝利。

tov_2nd_011.jpg

リトライせず一発勝利だししかもシークレットミッションまで取れた。前回のプレイで散々やり込んだから慣れる過程がなくても手がもう覚えちゃってるんだろうかw

tov_2nd_012.jpg

そういえば小野Dこと小野大輔さんがモブ役で色々兼ねてるんだよね。TOV発売当時でももう売れっ子だったしアフレコ時でもAIRやハルヒで人気だっただろうに色々雑用をやってるw

tov_2nd_013.jpg

エステルのお着替えタイム。「覗くわけがない」・・・実際ユーリってそうゆうキャラじゃないんだよね。全く女の子に興味無さそうだからなw こうゆう役回りだとレイヴンだったりカロルなんだろうけどまぁTOVのキャラってお色気とか恋愛沙汰とか殆ど匂わせないからなぁ。面白味は欠けるけど逆に妄想の余地は大きいってところか。

tov_2nd_014.jpg

お着替えしていつものエステルスタイル。最初出てくる時のポーズは何アピールだったんだろうかw ここからエステルの長い長い冒険が始まる・・・。

tov_2nd_015.jpg

ここがTOVで唯一か、ちょっとユーリとエステルの間でドキッとするシーンは。この時ユーリはエステルの魔導器なしで術が使えるエステルの特異性に気付くことになる。その後暫くずっとみんなからそれを隠し通すんだよね。正体ばれそうになっても庇うし騎士団辞めても根は騎士だなw

tov_2nd_016.jpg

この後はレイヴンのアドバイス通り女神像から地下へ脱出。ここで暫く探索をやったのちに地上の貴族街へ抜け出す。初回プレイ時は結構上の城内で迷った気がしたけど流石に今回はここまでサクっと進んだ。プレイ時間は大体1時間15分ぐらい経ったところ。ユーリはレベル8、エステルはレベル7。所持金は3000ガルド。雑魚戦に関しては特に問題ないな。もうちょっと被ダメージ貰わず上手く立ちまわって攻撃していきたいけど元々アクション苦手なのでw

tov_2nd_017.jpg

▼2人の最初の冒険が終わり一息つくところ。このシーン好きだなぁ。
tov_2nd_018.jpg

▼ちょっくら行ってすぐ戻るどころじゃない大冒険になるとはこの時誰も知るはずなかったのであったw
tov_2nd_019.jpg

ユーリたちが結界を超えて旅に出る時下町のみんなで協力して逃してくれるシーンも好きだ。何だかんだでユーリの慕われぶりが伺えて微笑ましい。この時のエステルの笑みが雰囲気の良さを物語ってるよね。アイテムやチャリーンっていうお金の音と共にこの世界の地図も貰うけど今はザーフィアス周辺のみしか埋まってない。後々この地図埋めで相当苦労することになる筈w

tov_2nd_020.jpg
tov_2nd_021.jpg

エステリーゼ改めエステルとユーリ、ラピードの初期メンバー結成。さぁここから100時間超の冒険に出発だ。

tov_2nd_022.jpg

テイルズ オブ ヴェスペリア PlayStation3 the Bestテイルズ オブ ヴェスペリア PlayStation3 the Best
(2012/08/02)
PlayStation 3

商品詳細を見る

関連記事
  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks