ストーリーもクリアしたし今回からは少しやり込んでやっていこう。初回プレイ時は本編が終わったらテンションダウンでそれ以降二度とやらなかったからねw 今回こそは色々見届けたり達成感を味わっていきたい。

ラスボス倒してのセラとノエルの最終ステータスはこんな感じ。ノエルのHPは1万超えまであと5だw プレイ時間はいつの間にか40時間に達していた。初回プレイ時はたった25時間だったんだよね。HPも5千超えなかった。ほんと流すだけの適当プレイしてたんだなぁw

ff13-2_2nd_218.jpg

前回見たエンディングは衝撃的で面白くはあったが後味は悪かった。では他のパラドクスエンディングはどうなってるのか見ていこう。実は既にもう2つはエンディングを見てるんだよね。サンレス水郷での「プリンをもってプリンを制す」とネオ・ポーダムでの「とこしえの安息」。どちらも本編に負けず劣らず後味の悪いバッドエンドみたいなものだったがw でも個人的にはプリンはありといえばありかな。

巨兵たちの大戦


まず最初に見ていくパラドクスエンディングは序盤に訪れたビルジ遺跡AF005年から。リバースロックでエリアを閉じてやり直し。イベントとかはまた見る必要があるので煩わしいけど理解を深めたいのでSKIPせず見ていく。ビルジ遺跡で最初に出てくるボスのパラドクス・アルファ、こいつとまた戦うことになるわけだが僅か8秒で終わったw まぁ殆どイベント戦みたいなものなんだけどね。

ff13-2_2nd_219.jpg

本来ならこの後セラとノエルは捕まってアリサと会うことになるわけだが既にフラグメントは回収済みなこともあってすぐに自由行動が出来るようになってた。あとはもうこのままアトラスを倒しに行けばいいだけ。ライブトリガーも2度目の選択肢に変わってるな。

アトラスとは例の装置で弱体化させずにそのままガチで戦うことになるが意外とダメージ喰らってしまい焦る。金チョコボが倒されてしまうが最後はケルベロスのロールでゴリ押し。ラスボスやアルカキルティ大平原の四天王を倒した戦力だから余裕かなとちょっと見くびってた。油断大敵。でも目標タイム9分に対して2分だからタイムの上では十分圧倒してたな。

ff13-2_2nd_220.jpg

過去が変われば未来も変わる。ビルジ遺跡のアトラスをパラドクス解消せず倒してしまうとアルカキルティ大平原XXX年が影響を受けてしまうようだ。ヒストリアクロスでのあら筋からしてもうヤヴァイ展開になってるとしか思えないw

ff13-2_2nd_221.jpg

ユールのナレーションで語られる人と人との戦いが巨人同士の大戦へ変貌した時代。つまりは進撃の巨(ry 2人はここでそんな巨人相手に戦っていた。セラは全ての巨人たちを倒すというノエルに付き合うことになり共に滅びの運命に立ち向かう。でもコクーンが落ちるまで2人に残された時間は少ない・・・。少し希望は残されてるけどそれでもモヤモヤが残るエンディングだったな。

ff13-2_2nd_222.jpg

最後のシーン、巨人に突き刺さった2人の武器だろうか?それがここにあるってことは2人の生死はどうなっただろうかと想像が広がるな。

ff13-2_2nd_223.jpg

オートクリップといういわゆるゲーム内Wikipediaでこのフラグメントの情報を見てみた。アトラスは人の手で造られたファルシから人間を守る為・・・なるほどなぁ。もしかしてホープがアカデミアAF4XX年で言ってたパラドクス兵器ってのはアトラスの事だったんだろうか。

ff13-2_2nd_223a.jpg

償いの夢路


次はヲルバ郷AF200年でカイアスと戦おう。フラグメントスキルからグランドクロスをON。こうすることで新たな歴史の可能性に挑戦出来るようになるわけだ。グランドクロスはいつ発動するのかと思ってたけど戦闘開始時のタイミングなんだな。カイアス戦だがさっきのアトラスと比べ攻撃力は大したことない。銀チョコボで余裕で受け止めきれる。2人は殆どかすり傷さえ負っていないんじゃないか。カイアスは能力強化したり一度HP再生するけど全く怖くない。前回は一度負けたんだけどさすがに今の2人にはこの戦いで負けの文字はない。というわけで楽々の3分勝利。「カオスの力が及ばないだと!?」という断末魔の叫びを残してカイアスは倒れていった。

ff13-2_2nd_224.jpg

そして歴史が変わったヲルバ郷AFXXX年へ。

ff13-2_2nd_225.jpg

シ骸だけが彷徨う廃墟と化しているヲルバ郷。セラの耳に誰かの声が聞こえる・・・これはヴァニラの声だ。ヲルバ郷だからヴァニラとファングに関係するエンディングになるわけか。ここでひとりクリスタルになったヴァニラ。セラは言う、いつかファングをここに連れてくるからね、と。償いの時へ向かって世界の終わりの始まりの日へ。

ff13-2_2nd_226.jpg

フラグメントの情報からしてもしかしてこのパラドクスエンディングからFF13の話に繋がるんだろうか?あの物語はここから始まった・・・ってのも感慨深くていいな。次に繋がる実のあるエンディングで中々良かった。

ff13-2_2nd_227.jpg

魂のレプリカ


次はアガスティアタワーAF200年でホープを叱らずにデミ・ファルシを倒そう。こいつはその当時戦ってもすぐブレイクしてくれる弱いボスという印象しかないから今回も容易いはず。ただエレベーターで最上階へ行けるようになるまで順序よくもう一度攻略していかないといけないから面倒だ。てっきりアガスティアタワーに着いたらエレベーターで直通とばかりw でもフラグメントは回収済みなのでそれに沿ったイベント展開になってるから退屈ってわけでもない。アクセスキーもご覧のとおりで手間が省けていい。

ff13-2_2nd_228.jpg

タワーに現れたカイアスとユールの目的は一体?というライブトリガーをもう一度。「もしかして偽物?」確かにアカデミアAF400年で見たカイアスは少し怪しかったからな。もうひとつライブトリガー。カイアスではない敵の正体は誰か?「意外な犯人・・・それは!」・・・セラが答える前からノエルに即却下されたw 犯人はモグって意外過ぎておかしいだろw

ff13-2_2nd_229.jpg

途中で戦うことになるベヒーモスはもう立ち上がる前に倒せるようになったな。イベントはこなさないといけないが道中出てくる部屋回転パズルはやらなくていいから助かる。サクッと最上階へ進むことが出来てデミ・ファルシとの再戦。左右の腕はあっという間に倒し本体も即効でブレイク。そのブレイク中に余裕で倒しきれた。一度大ダメージ喰らうポカやったけどw

ff13-2_2nd_230.jpg

歴史が書き換わったのでアガスティアタワーAFXXX年へ。仮想空間の戦闘で人造ファルシを倒したセラとノエル。一見パラドクスは解消し人工知能による偽りの世界は消滅したかにみえた。が、静寂の中でセラたちを見つめる視線とは・・・。あら筋からしてちょっとSFホラーチック。

ff13-2_2nd_231.jpg

2人のファルシへの勝利は幻影だった?ファルシ本体はデータに隠されたらしい。そして2人は人工知能にこの空間で実験体として扱われる・・これは予想外なキツい未来だな。データになっちゃったモーグリが悲しい。人間とは常に心にパラドクスを抱えた存在か・・・。

ff13-2_2nd_232.jpg

このエンディングはアカデミアAF400年のあの殺伐としたシ骸世界へ繋がるらしい。タワーに幽閉されたセラとノエルは自我が目覚めそうだったがその後の運命はどうなるのだろう・・・。

ff13-2_2nd_233.jpg

ふたりの門出


次は新都アカデミアAF4XXX年でグラビトンコアをアリサに渡す直前からやり直しだ。こうして会話をもう一度見ていくとストーリーの理解が深まってくるな。そりゃ同じ台詞を短い期間中に二度聞いてればいくら頭の弱い僕でもw ホープとのライブトリガーで2度目の新たな選択肢は「もしコクーンが落ちたら」。まともに落ちたら天変地異でいくら努力しようとも被害は0にならない。その為に今作ってるコクーンで人々を安全な場所へ避難させるという。そしてアリサにコアを全部渡した。お礼のオーパーツをアリサから受け取るか否か。本来なら普通に受け取るけど今回は受け取らないを選ぶ。

ff13-2_2nd_234.jpg

「ふたりの門出」というエンディング名からいってホープとアリサが何故かめでたく結ばれるんじゃないかと思ってたけどw、まさかのスノウ登場。どうやらこのオーパーツは罠でアリサはカイアスと取引して悪巧みを働いていたらしい。いやぁ最初の印象通りのキャラになったなw そういえば本編でもオーパーツ受け取ってノエルとセラがゲートを通ったあとアリサは不敵な笑みを浮かべてたけどこれと関係するんだろうか?

ff13-2_2nd_235.jpg
ff13-2_2nd_236.jpg

しかしまさかまたホープとスノウの絡みというか言い合いが見れるとは嬉しい。ホープは成長して大人になったのにこうゆう子供っぽいとこは変わらないなw カイアスは歴史を書き換えていき宣戦布告してきた、ホープはこの後テロで殺されるという。ノエルはそのテロからホープを守りそしてスノウは未来でカイアスを殺しにいく事に。まずは世界を巡り13個あるクリスタルを集める冒険に出発だ!

ff13-2_2nd_237.jpg

クリスタルを巡る新たな新しい物語、誰も知らない新しい未来、まるで新しいゲームが始まるかのようですごいワクワクする。スノウ主役でセラをヒロインにしたゲームがあってもいいんじゃないかという開発陣の願望でもあるんだろうかw でもこの2人がメインのゲームだと明るい雰囲気にはなりそうだがドタバタした騒がしさになりそうだなw 夢と希望に満ちたエンディングでこれは今までのパラドクスエンディングの中で最高に楽しく嬉しい内容だったなぁ。いやぁこれはほんと良かった。本編もこうゆう終わり方でも面白かったかもしれないw

ff13-2_2nd_238.jpg

世界の終わりの空


次のパラドクスエンディングでも再び新都アカデミアAF4XX年をリバースロックで閉じてやり直し。さすがに3度目にもなるとまどろっこしいのでイベントは適時SKIP。アリサからのオーパーツは今度はちゃんと受け取る。今回はアリサは悪巧みしてこなかったなw 本編と同じくゲートから時空の狭間へ。ここもまたセラとユールとのイベントをやり直すがライブトリガーで新しい台詞が色々聞けることもあってか面倒くさい感じはあまりなかった。

ff13-2_2nd_242.jpg

カイアス戦の前にセラのクリスタリウムを成長させて一気に全ロールを極めさせた。13では結局全ロール極められなかったから今回出来て嬉しい。まぁそれぞれのロールが適切にレベルアップ出来てるかどうか微妙なとこだけどね。攻撃や魔法の数値が一般的なプレイより下だったりね。

ff13-2_2nd_243.jpg

2度目のセラひとりのカイアス戦。初戦は楽々勝てたが今回はグランドクロス発動でガチで戦うことになるから果たしてどうなるか。ブラッド連発しつつカイアスが能力強化したらデスペルで解除しまたブラッド連発という流れ。ブラッドでカイアスの基本HPを最小まで減らすとこまではいくんだけどそこから倒しにいけない。何故か2度も全滅してしまったという・・・。火力が足りてないのかと思ったがセラはもうパラメータマックスでこれ以上成長出来ないし金チョコボも成長アイテムがクリスタル系に移ってるので直前にあるチョコリーナの店では買えない・・・。仕方ないのであまりやりたくなかったがちからじゃなくて万能のクリスタルで金チョコボを成長させた。丁度鎧通しのアビリティを得られたのはよかった。これのお陰か分からないが次の戦いでようやく勝てた。まさかここまで苦戦するとはなぁ。でも目標タイム15分で戦闘タイムが7分なんだからそう悪くはなかったんだろう。

ff13-2_2nd_244.jpg

パラドクスエンディング発動でネオ・ポーダムXXX年へ。時が正しくある為に必要だったカイアスを倒してしまい時はさらに壊れてねじ曲がってしまった。セラはどの歴史にも繋がらずやがて消え行く場所ネオ・ポーダムXXX年にひとり取り残された・・・。

ff13-2_2nd_245.jpg

カイアスを倒すことは正しい方法じゃなかった、でも希望を捨てず出口を探そう。女神が呆れるぐらい前向きに歩こう。セラだけじゃなくここにはノエルもモーグリもそしてユールもいる。この4人で暮らしていくしかない。時詠みの力を失いもう時は見えなくなったユール。でもセラは諦めずゲートを探す。負けずに歩いて行く、輝きが戻るまで。――そしてある時、空から隕石が落ちてきて・・・。

ff13-2_2nd_246.jpg

フラグメント情報にはずっと前向きな想いがこもっていた。とこしえの安息の違うパターンってとこかな。あの4人は新しい扉をくぐりまた旅を続けられただろうか。カイアスのいないねじ曲がった新しい未来へ・・・。

ff13-2_2nd_247.jpg

混沌を継ぐもの


そしていよいよ最後のパラドクスエンディングへ。セラ同様に事前にノエルの全ロールもレベル99にして極めさせた。

ff13-2_2nd_248a.jpg

今回のエンディングはエピソード5をほぼ全部やり直さないといけないから掛かる時間が今までで一番長い。SKIPがあるとはいえこれは結構面倒くさい。さすがに同じイベントを三度も四度もはねw グランドクロスOFFでのセラ・カイアス戦では戦闘タイム33秒で瞬殺。セラが圧倒したのにやっぱりカイアスに眠らされちゃうんだよねぇw

ff13-2_2nd_248.jpg

本編の流れ通りにネオ・ポーダム年代不明へ。やっぱり面倒くさいんだが新しいライブトリガー会話が見られるんだからいい気分転換にはなる。でもここのライブトリガーではそんなにコミカルなのは選べないみたいでもう一回やらないと駄目か。

ff13-2_2nd_249.jpg

ライトニングの誘いもサクッとスルーして死にゆく世界AF700年へ。また真っ暗な世界を右往左往しつつイベントを進めてようやくカイアスとノエルとのグランドクロス発動のガチバトル開始。といってもこの時点のカイアスはまだ旅立つ前なのでセラの時より大分弱い。今回もブラッド連発戦法だけどそんなに大怪我することなく戦えたな。一度復活するのを忘れてて一瞬怯んだけど全滅することなく一発勝利。

ff13-2_2nd_250.jpg

「カオスの力が敗れるだと・・・。」というありがちな捨て台詞を吐き戦闘は終わり5つ星ランクの勝利となった。でも目標タイム9分に対して7分掛かったから結構ギリギリだったなぁ。

ff13-2_2nd_251.jpg

同じ死にゆく世界AFXXX年でのパラドクスエンディングへ。カイアスは待ち続けていた。自分を倒すことが出来る同じ種族の人間を。そしてノエルには自分の力を継ぐのではなく自分を超えていくことを望んだ。

ff13-2_2nd_252.jpg

ノエルはカイアスに代わる成約者になりカイアスの過去を見た。数千の敵から巫女を守り抜いた壮絶な過去を。ただひとつユールの幸福を願って。その為に女神エトロからは望まぬ永遠も貰い受けた。カイアスはノエルに希みを託していた。これからはノエルがカイアスの代わりになれと。ここからノエルの終わらない悪夢が始まる。ユールをそしてセラを救えるのだろうか。不死となった人は苦しみを永遠に味わう。新たな絶望、永遠の孤独を・・・。

ff13-2_2nd_253.jpg

押し付けられたノエルにとっては勝手な話だがユールやセラだけでなくカイアスをも救うというノエルはいつでも前向きだ。

ff13-2_2nd_254.jpg




これでやっと全パラドクスエンディングは見終えた。どのエンディングも余韻があって良くも悪くも印象に残る後味だったなぁ。ひとつぐらい王道を征くありがちなハッピーエンドがあってもいいかなとは思うがこのユーザーの期待を裏切るへそ曲がりっぷりがFF13シリーズなのかもしれないw

トロフィーの多元世界の幻視者もゲットだ・・・ってあれ?駄目?やっぱりこのトロフィーは全フラグメント回収していかないといけないか・・・。そりゃシークレットエンディングも見る為には全フラグメントコンプの必要あるからそうなるよなぁ。う~んパラドクスエンディングを全部見たという証明が欲しかったところだが仕方ない。次を頑張ろう・・・。

ff13-2_2nd_255.jpg

関連記事
  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks