結局ニューPC導入以前までの16GBメモリ体制に戻ってしまいましたw

buy_memory_01.jpg

やっぱりね、Chromeがメモリバカ食いでタブを8~10個開くと相当しんどい。具体的にはページの描画が重くなったりタブをクリックしてもページ内容が描画されるまで数秒待ってからだったりして単純なブラウジングだけでもストレスになってしまってた。あとYouTubeの動画が時々再生出来ない。これも多分メモリが足りてないからだと思う。当初は8GBでも余裕と思ってたけど自分の使い方ではそうは問屋が卸さなかったみたいだなぁ。そういった問題を回避する為にこまめにタブを閉じたりアプリを閉じたりしてブラウジング目的以外の雑事に追われるようになってしまい全然快適じゃなくなったので意を決してDDR3メモリ Elixir W3U1600HQ-4G x2 を追加で購入したというわけ。もうDDR4普及間近だろうしただでさえ円安で高騰してるってのに相変わらず下手な買い物ばかりだw

しかしChrome使ってる人は8GBで苦労してないんだろうか。もしかして自分だけ?そんなにヘビーな使い方はしてなく普通に使ってるだけなんだがなぁ…。

以前の16GB体制に戻ったといってもあの時はDDR3-1333メモリだったので転送速度が第一線より劣っていた。でも今回は1600MHzとなりようやく世間に追いついたかな。まぁベンチマークの数値でしか差が出ない速度差だろうけどね。

ASRock H97 Pro4 にDDR3メモリを2枚追加。懸念したCPUクーラー 虎徹 には干渉せずクーラーを付けたまま装着出来た。というかいい加減ATX12V延長ケーブル買えって話だなw

buy_memory_02.jpg

というわけで無事デュアルメモリとして認識。データとしてこんな感じになった。

buy_memory_03.jpg

因みにRAMディスクとして4GBを割り当てた。Chromeのキャッシュとアーカイバの解凍先にしてる。SSDだとやっぱり消耗が不安だからね。RAMディスクだとやりたい放題出来るのが快適。

ご覧のとおりタブをこれだけ開いてもまだ余裕がある。この状態でも各タブが瞬時に開けるしスクロールもカクつかない。今までの8GBならこれの半分のタブでも死に体だったw

buy_memory_05a.jpg

痛い出費だったがそれを上回る快適さを手に入れられたので万々歳。やっぱりPCで重要なのはCPUパワーよりメモリ容量だなと改めて痛感。数年後またニューPC組む時も最低メモリラインは16GBになるだろうな。いや最もその頃はDDR4に切り替わってるだろうしメモリの値段や将来のChromeやWindows10のメモリ管理如何によってまた変わるかもしれないけどね。

【Amazon.co.jp限定】シー・エフ・デー販売 デスクトップ用メモリ DDR3 PC3-12800 CL9 4GB 2枚組 ヒートシンク付 W3U1600HQ-4G/N 【フラストレーションフリーパッケージ(FFP)】【Amazon.co.jp限定】シー・エフ・デー販売 デスクトップ用メモリ DDR3 PC3-12800 CL9 4GB 2枚組 ヒートシンク付 W3U1600HQ-4G/N 【フラストレーションフリーパッケージ(FFP)】

シー・エフ・デー販売

商品詳細を見る
関連記事
  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks