ようやく終盤になりクリア目前となってきた。さ、暑くなってきたし猛チャージして進めますかな。

tog_0188x.jpg

ラムダを倒そうとするもソフィも消えてしまう。ソフィはそれが自分の使命だから消えるのは当然の一点張り。アスベルは必死に説得するもソフィは頑固だった。この2人の悲しい言い合いは見てて苦しい。自己犠牲・仲間との絆…、この辺りの展開はいかにもテイルズだなぁ。 

tog_0172.jpg

突然だがいきなりシャトルモードってのが前置きなく使えるようになった。もう少し会話の流れでシャトルモードになればいいんだけどw いわゆるRPGにおける飛空艇でありTOVのバウル。ただTOGではこの世界の上空を自由自在に飛べるわけではなくリストから行きたいところを指定して一瞬のうちに到着するというシステム。少々味気ないし面白味はないが手っ取り早いから効率はいい。これでようやく各施設間の街道をいちいち歩いていかなくて済むから助かる。 

tog_0173.jpg

マップモードで前々から思ってたんだがフィールドでの移動は左スティックなのにマップではポイントの移動が右スティックだからなんか混乱して動かしづらい。 

相変わらず噛み合わないソフィとアスベルだったがシェリアの仲介もあってようやく元の鞘に収まったみたいだ。2人とも不器用だからシェリアみたいなしっかり者がいないとダメだな。

tog_0174a.jpgtog_0174b.jpg

この世界にはソフィが知らない事がいっぱいある、それなのに知らずに死んじゃうなんて絶対ダメだ、ってのは死を思い止まらせるのにありきたりな言葉だけど今の意固地なソフィにはこうゆう明快な答えの方がいいんだろう。 

tog_0175a.jpgtog_0175b.jpg

最後の決戦前の作戦会議。こうゆうのはこれからやるぞ~という戦意高揚感があって好きなんだよね。ソフィによるとラムダは既にもう星の核に到達して融合の準備をしてるであろうという。融合が完了するまでに倒さないといけない。勝機はリチャードからラムダ本体が離れる瞬間。そして一同は星の核を目指すにあたって原素が特に集まりやすい花畑で準備をすることに。 

暫く音楽が流れてこないけど演出なのかバグなのか。テイルズのことだから判別つきづらいなw まぁでのラントのテーマ音楽だとこの場にそぐわないから敢えて無音にしてるんだろう。今は音楽が無い方が嵐の前の静けさって趣があって好ましい。 
 
なるほど、幼少期の頃に花畑にソフィが寝転がってたのは昔ラムダと戦った際に疲弊した身体を休めせて原素を吸収する為だったのか。どれほどの期間だったかわからないがアスベルらに発見されるまでよく誰からも見つからず無事だったな。そうしてソフィが吸収した原素をみんなに分け与える儀式。暖かくなる気持ちはともかくマリク教官が「あぁ…」って喘いでるように聞こえてなんかw

tog_0176.jpg

相変わらずスキットでアスベルがヒューバートにツッコんだりヒューバートがソフィを扱い難くとか言ったり場にそぐわない会話がちょくちょくある。息抜きな会話も必要だけど今はそういった時でもないような。 気にし過ぎかな。

そんなこんなで決戦前夜。TOVのオルニオンの時と同様にメンバーそれぞれ一人ずつ声を掛けていく流れ。まずはヒューバート。やはりラント領主の後釜にはアスベルを擁立しようとしてるんだな。そして相変わらずアスベルの前ではツンツンw そのあと母親ともお茶飲んだりしたけどこっちはデレ。親の前ではなんだかんだで子供だなw マリク教官からは力強く励まして貰った。 

tog_0177a.jpgtog_0177b.jpg

パスカルは…っていつの間にポアソンも来てた。工作漬けなのは相変わらず。フーリエ姉さんも来てくれたけどこっちも素直じゃないなw それに対してパスカルは言いたいことはハッキリ言うのは偉い。パスカルが「寝るね」って言ったあとに見せた振り返り際の悲しい表情…。あんな調子だけど決戦を前にしてやはり不安な気持ちがあるんだろうかな。それを得意の工作で打ち消そうとしてたのかもしれない。 

tog_0178.jpg

こうしてみるとラント家といいパスカルとフーリエ姉妹といいこういった兄弟や姉妹の絆が作品テーマのひとつなんだろうな。 

シェリアにはまさかのバリーさんのアタック!?ええっバリーさんてシェリアに告れるぐらい若かったの?w 渋い声だからてっきり妻子持ちなぐらいの年齢とばかり。更にあのレイモンも出てきてこっちも告白かよw まるでねるとんパーティーみたいな展開になってきたw テイルズって恋愛要素は殆どないかと思ってたけどそれはTOVが特殊なだけだったみたいでマイルドながらもこうして描いてくれて楽しい。――もちろん2人ともお断りされたけどレイモンの反応はともかくバリーさんのすごい落胆した表情が可哀想でw 告白じゃないって言ってたのに思い切り本気だったんじゃないかw 

tog_0179a.jpgtog_0179b.jpg

しかしレイモンはあの件でお役御免になるかと思ったけどまさかこんな面白キャラになるとはね。さっきの告白でも抜け駆けせずバリーさんに助け舟出してたり意外とナイスガイなとこもあるじゃないか。TOGではTOVのラゴウやキュモールと違ってほんと根っからの悪い奴ってのはそうそう居なかったな。

実は影でそっと見ていたアスベルも人が悪いw アスベルが幼少期の頃に言ってたソフィを一生面倒見るって話。「だから」…のあと続ける言葉は多分俺と一緒にソフィを、って言おうとしたんだろうな。すぐ引っ込めてしまいシェリアの夢を応援するところがアスベルらしいな。 

tog_0180a.jpgtog_0180b.jpg

ソフィとは風花を通じて決意を新たにした。そういえばラント邸の庭にある噴水、ちゃんと元通り直ってる。細かいとこだがこうゆう変化が嬉しい。 

というわけで遂に星の核へ向けて最終決戦だ!…と、その前に。スキットでマリク教官が準備を怠るなと檄を飛ばしてるしヒューバートはオズウェル家の宝物庫の探索を提案してきたりアスベルも気になる場所は色々寄っていこうと言ってくれてるからこの段階がサブクエタイムというわけだ。折角みんな意気揚々としてるのに世界の終わりが刻一刻と迫ってるというのにプレイヤー都合で話の腰を折ってすまんw TOVでもラスダン放り投げて延々とサブクエ消化してたっけねw ま、今回はさすがにそんなに悠長にやらずサクッと片付けていこうかな。あとここから効率を上げるために正式に攻略Wiki解禁。

tog_0181.jpg


まずは早速オズウェル家の宝物庫へ。このリッチそうなネーミングからしてお宝の匂いがぷんぷんだな。簡単な雑魚戦を経て内部へ行くとそこは金銀財宝の山が!…と思ったけどあまりめぼしいのはないなぁ。もしかして後々で必要な素材とかなのかもしれないが。イベントでオズウェルは実の息子のレイモンよりヒューバートに期待してたかもしれないって事が明らかに。ま、レイモンがあんな育ちじゃそりゃ養子も取りたくなるわなw

tog_0182a.jpgtog_0182b.jpg

中盤ぐらいにロックガガンの毛を持ってきてって依頼されたサブクエ。もうこの段階なら楽々なんじゃないかとトライしてみたが……甘かったw なにあの強さは……。倒せなくても依頼品の毛だけでも盗もうとソフィ操作でアストラルベルト連発させるも一向に盗めず。エレスポットに盗めやすい魔導書や称号もそういったのに変えたりと準備はしてるんだがなぁ。倒すどころか盗むのも厳しい。これは後々の宿題だな。

tog_0183.jpg

幼少期の頃に一悶着あったあのビアスの末路。青年期でネチネチとザギの如く粘着されるかと思ったがすっかり忘れていた。アスベルの名を聞いた途端発狂してそのままバトルへ。大した事ないかと思ったが意外と強かった。まさかライフボトル1度使うはめになるとは。少し舐めてたな。 

tog_0184a.jpgtog_0184b.jpg

幼少期にリチャードを襲ったあと多分処罰とかされてそのまま行方不明になり没落貴族になってたんだろうな。貴族階級のプライドで現実を受け入れることが出来ず頭がおかしくなったようだ。一応TOVのザギに相当するキャラかと当初は思ってたけどザギの足元にも及ばない惨めなキャラだったな。戦闘後ドロップでビアスが装備してたビアスクローってのが入手出来たけどソフィに装備させても攻撃は522まで伸びるも術攻撃やCCが大分下がるので使い道無しだな。そもそも胸くそ悪いから装備させたくないしねw

これまで各街で猫に餌を上げるってのがあって後々何かご褒美的イベントがあるんだろうなと思ったらビンゴだった。ラントの猫からねこにんの村へご招待。メルヘンチックな外見だけど会話は意味不明だったりシュールなのがテイルズらしいな。しかしねこにんやかめにんとかどうゆう発想でこんなキャラのネタ思い付いたんだろうな。TOVのうしにんやありじごくにんよりは可愛げはあるからいいけどw

tog_0185a.jpgtog_0185b.jpg

なんとアスベルは父アストンの形見の剣をかめにんに売っちゃってたとか親不孝にも程があるw しかもそれはもしかして原素で出来た幻の伝説の剣かもしれないという。きっとそれがアスベル最強の剣となるんだろう。というわけで早速そのかめにん本部へ言って話すも足元見やがったのかふっかけてきた。120000ガルドは全財産の半分にもなるから悩んじゃうよなぁ。まぁあとあともっと余裕が出来た時にでもするか。

その際にかめにんから何故かソフィへゴシックロリータな衣装を貰った。何故ここでアップのシーンを作らないんだ…。

tog_0186.jpg

未踏の砂漠にて。以前ここへ来た時は雑魚に瞬殺されたけどやっぱりまだダメだった。繭製魔物より遥かに強い。一体どうゆう生態系なんだ…。イベントではポンプギアって敵と戦うがこいつらは普通に弱かった。しかしヒューバートとパスカルって意外といいカップルになりそうなんじゃないか。マリク教官もそれを見抜いてるみたいでさすが人生経験、いや女経験が豊富な大人は違うなw

tog_0187a.jpgtog_0187b.jpg

シャトルが墜落している場所に出くわす。どことなくドラゴンボールZでブルマが北の地でナメック星の宇宙船を見つけたシーンを彷彿させられる。もしかしてソフィはこのシャトルに乗ってフォドラからラムダ討伐に派遣されたんだろうか。そして生き残りと思われるヒューマノイドがひとり。爆発するから倒さないとってのも随分乱暴だがやむを得まい。殆ど攻撃してこないような感じだから容易いけどあれ?いつの間にヒューバートひとり残して戦闘不能とか…。爆発するって言うからそれなりに準備はしてたんだがその瞬間が分からなかったよ…。まぁ何にせよ全滅せず凌いだんだからいいか。

tog_0188a.jpgtog_0188b.jpg

どうやらあのヒューマノイドはラムダの器?だったらしい。ソフィが見た事あるってのはここら辺りで戦ったことがあるからかもなぁ。 

関連記事
  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks