TOGも終わりが見え一段落してきたのでそろそろ「トトリのアトリエ Plus」をやっていこう。

totori_p (2)

新ロロナではゲーム起動直後にアイキャッチ的なイラストがあったんだけどトトリでもあった。この部分は新ロロナの時何度トライしても何故かスクショ撮れず真っ黒な画像しか残らなかったんだがトトリでは一発成功。メル先生の描くもの憂い表情のトトリが©無しに保存出来て幸せだ。

totori_p (1)

最初はOPアニメーションから。某TOGとは違って安定して…まぁしてる方かな?w 合間にステルクらしきキャラやロロナがいたのが懐かして嬉しかった。他にも見知ってるキャラも居そうだけど一瞬のカットだから分からないな。

totori_p (3)totori_p (4)

設定はBGMやSEやVOICEの音量ぐらいだけ。新ロロナは他にも色々変えられたような。SEといえばOKにした際の「ら~♪」ってのがロロナ同様で嬉しくなる。

1年目:3月1日


ではプレイスタート。冒頭から聞こえるこのおっちょこちょいぶりに激しく既視感。ここからロロナが始まっても驚かない。トトリって新ロロナの時は結構頼り甲斐のあるお姉さんって感じだったように思うけどトトリ本編の時はまだまだ新米で微笑ましい。そしてやっぱり爆発するのは伝統なんだろうw トトリの声は名塚佳織さん。ロロナの門脇舞以さんのお惚けな声も可愛いけど名塚さんのロリな可愛さも堪らんですな。

totori_p(5).jpg

そんなトトリと一緒に暮らしてるのがお姉ちゃんのツェツィ。正しくはツェツィーリアだけどツェツィって略称でもかなり言いづらくてツェツィって呼ぶ声優さんは大変そう。声はミンゴスこと今井麻美さん。ゲーム出演が多いイメージだけど自分がやったゲームでミンゴスの声を聴くのって意外と初かな?ミンゴスのツェツィはまぁ…なんというかいつものミンゴス声だよねw

totori_p(6).jpg

ここはアランヤ村というらしい。ナレとともに景色が映るけど確かに村というだけあって簡素な感じ…なのはグラフィックのせいでもあるかなw グラフィックは新ロロナより明らかに劣っていて元がPS3の割には寂しい。移植の際に劣化したのかそれとも元々がこの程度なのか。まぁPlusシリーズの第1弾だったんだしオリジナルでも旧ロロナからやっと頭身が上がった作品なんだからある程度のショボさは仕方ない。周りのグラフィックは残念だったがキャラのグラフィックは普通かな。新ロロナよりそんなに劣っては見えない。

totori_p(17).jpg

このシリーズはペアとなる野郎が出ないといけない決まりでもあるみたいでジーノってガキも登場。ロロナでいうイクセル枠だな。声は三瓶さんで最近だとTOG幼少期編でリチャードの声でお聴きしたばかりだな。…って、名塚さんと三瓶さんのコンビだと「だぁ!だぁ!だぁ!」の未夢と彷徨じゃん!書いてる今気付いたw あとは「エウレカセブン」のレントンとエウレカでもあるな。このキャスティングは偶々なのかそれともやはり狙ってなんだろうかw こうなるとジーノへの見方も変わってちょっと暖かい目で見てしまうなぁw

トトリの軽やかな動きがいいね。ジャンプするとまるで妖精さんのように飛び跳ねてくれる。新ロロナのロロナより動きは目立つかも。こうゆうモーションが良い反面偶にちょっともっさり。特に各施設に入ったあとはスムーズに動かずカクついたり。まぁこれは新ロロナでもあったからハードの性能上仕方なしか。

totori_p(7).jpg

取り敢えず近くの家へ入るがそこは酒場。どうやらこのマスターのゲラルドさんが新ロロナの武器屋ハゲルさんに相当するキャラになるんだろう。声まで似てる…って、ほんとに同じ立木さんじゃないかw トトリになったら髪がフサフサになったってそうゆうネタなんだろうかw しかしこれは敢えての同じキャスティングか、それとももしかしてハゲルさんとゲラルドさんとで血縁関係があるから…とか?あり得そうでなさそうな。単なるお遊びの狙ったキャスティング…の方がありそうだなw

totori_p(8).jpg

次にペーターって奴も登場。う~ん…こいつはなんかイヤンな感じ。人のこと言える立場じゃないが正直キモいかなぁ。しかも今後問題起こしそうな怪しい感じがしないでもない。いや見た目で人を判断するなってw まぁヘタレ呼ばわりで弄られキャラなのには親近感覚えるけどw

totori_p(9).jpg

おおっまさかパメラさんまで出てくるとは!声も谷井あすかさんのままで嬉しい。ハゲルさん・ゲラルドさんの場合と違ってパメラさんは正真正銘ロロナの時のパメラさんか。アーランドの街からこのアランヤ村に来て1年らしい。定住せず越してきた理由はなんだろう。

totori_p(10).jpg

ワールドマップから各探索地へってのは新ロロナと同様。ただシステムは違うみたいでマップ上でもなんと戦闘があるらしい。そしてLPっていう新ステータスを消費したりなど新ロロナより緊張感のある冒険になりそうだ。

totori_p(11).jpg

最初に訪れたのはニューズの森でやっぱり最初に採れる素材はニューズ。新ロロナでもニューズだったかな。懐かしい。ここで初戦闘だが…あれ?もしかしてロード長い?フィールドから戦闘パートに切り替わるまで3秒ぐらい待たされたような…。戦闘自体は新ロロナ同様の要領で戦っていけそうだ。まぁ序盤なんで特に歯応えもなく普通。LRボタンでアシストが出来るのは新ロロナ同様だった。

新ロロナ同様に杖で叩いて有利に戦えるようになるんだが敵との間合いが難しくて「ポカッ」ってするのが意外と難しい。当たり判定は新ロロナよりシビアかな。

totori_p(20).jpg

トトリではフィールドでの採取や戦闘で時間経過するって概念があるんだな。手当たり次第に採ったり戦ったりするとスケジュール状況によってはマズいことになるんだろうか。時間に追われるのは苦手だからこれは厄介な要素になりそうだなぁ。

冒険者についてのトトリの語りだが…なるほど、今回のテーマはつまり母をたずねて三千里というわけか。ロロナはアトリエの立て直しだったがあれもアストリッドに押し付けられてという軽いノリだったけどトトリは母親探しという一気に重いテーマになったなぁ。

totori_p(18).jpg

トトリの父親は健在だけどこの存在感の薄さ…実はもう…とかありそう。声の浜田賢二さんの演技のトーンが穏やかでそんな感じだしなぁ。

totori_p(12).jpg

調合の参考書を読むシーンは新ロロナでも演出としてあったけどトトリでも健在。個人的にはロロナよりトトリの読むシーンの方が可愛らしくて好み。いや太ももが少し見えるからだがw

totori_p(13).jpg

1年目:3月5日


取り敢えず最初なんでチュートリアル的にヒーリングザルブを調合。新ロロナでは見たことのない特性がちらほら。

totori_p(19).jpg

UIはやはり新ロロナより劣るけど特にストレスに感じる点は今のところなさそう。ただ字が明らかに新ロロナより小さい。目が悪い自分には苦労させられそうだ。

遂にロロナが登場!そうだった、あれでもトトリの先生なんだったなw あれから数年経ってもアバウトなのは相変わらず。どうやらあれからロロナは錬金術の伝道師となってこのアランヤ村に来てトトリを教えていたらしい。トトリもロロナと同じような性格だから馬が合ったのかも。しかしトトリにだる~な口調で「ロロナ先生~」って言わせるとか女の子だからいいものの完全にロリコン趣味入ってんなw

totori_p(14).jpg

シーンはアトリエに移動。アトリエの内装はソファーの位置や机の位置とかロロナよりこっちの方がインテリアとしては好み。ベッドに乗っかるとかはしたないことも出来ちゃうしw そしてこの段階でようやくセーブが可能になって安堵。アトリエシリーズはフリーズが怖いからねw

totori_p(15).jpg

取り敢えずここまでプレイしての感想。新ロロナより以前のシステムだから馴染めるか不安だったが今のところ問題はなさそう。ただフォントが小さいのがネックで続けてプレイしてると目が痛くなりそうだ。グラフィックもまぁ素朴な味と思えばいいかな。あとアトリエといえば音楽。今回もロロナ同様に良さそうで今のところアトリエ内のメリーゴーランドみたいな楽しい音楽や戦闘時の音楽が気に入ってる。

去年は今ぐらいの時期から数ヶ月新ロロナ漬けだったが今年はTOGもまだあるしトトリは新ロロナよりやや劣化の為モチベはそこまで上がらないだろうというわけで次からはサクサクッと手っ取り早く攻略して記事ももう少し簡略化していけたらいいな。

トトリのアトリエ Plus ~アーランドの錬金術士2~ (通常版)
ガスト (2012-11-29)
売り上げランキング: 1,104

関連記事
  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks