10年ぐらい使ってた扇風機は壊れ気味になってたので去年でさようなら。今年は新しい扇風機に買い替えた。買ったのは東芝「F-ALS60(リビング扇 F-ALS60 商品情報:家電製品 Toshiba Living Doors)」。買うまではどれにするか散々悩んだが7枚羽&自然の風を再現したランダム風ってのに惹かれたし比較的安かったのでこれに決めた。

buy_senpuki_11.jpg

外箱は思ったより小さい。最近の扇風機はほんとコンパクトに仕舞い込めるね。

buy_senpuki_01.jpg
buy_senpuki_02.jpg

今の組み立て型扇風機と一緒の構成だな。他に付属品は説明書やリモコンなど。

buy_senpuki_03.jpg

組み立てはドライバー要らずで差し込んだりねじ込んだりと猿でも出来る明快さ。下の画像は裏面。スタンドと本体を栓で留める他に2ヶ所ロック出来る機構があって安全。

buy_senpuki_04.jpg

こちらが目玉の7枚羽。7枚だとムラがない滑らかな風が吹くらしい。

buy_senpuki_05.jpg

そうして数分で完成。真ん中のACって書かれてる部分は「AC moterfan 60」って書いてある。その上から保護フィルムが貼り付けられてるけどテカるから鬱陶しいので剥がしちゃった。

buy_senpuki_07.jpg

立ってると手が届きにくい台座部分じゃなく上のモーター部分にリモコンホルダー付けられるのがよく考えられてて嬉しい。

buy_senpuki_08.jpg

最近の扇風機はファンガード部分がまっ平らなのが主流みたいだ。余計な出っ張りがなくてシンプルですっきりしてて良い。

buy_senpuki_06.jpg

台座部分のコントロールパネル。普段はリモコンだけで事足りるから基本的には使うことはないかな。タイマーは入と切があって切は1・2・4時間間隔でオフに出来て、入は2・4・6時間間隔でオンに出来る。もう1段階欲しかったかな。

buy_senpuki_09.jpg

モードのお知らせインジケータの灯りはこんな具合。分かりやすいよう夜での撮影。ランダムだと真ん中にある強弱モード部分の灯りは点滅を繰り返すようになってる。

buy_senpuki_10.jpg

さて数週間使ってみての感想。
  • 動かした時の音は普通。静かでもないしうるさくもないし普通。
  • モード変更時は必ず「ピッ」という音がするけどこれはそんなにうるさくなくて程よい音量と音。起動させた時とふわり風とランダム風オフ時だけは「ピリリリ」って鳴る。こちらも可愛らしい音でうるさくない。音だけでもどのモードか分かる親切設計。
  • ランダム風は決まったリズムではなくある程度不規則な周期で変化があってふわり風だとほんとにそよ風が吹いてるような感覚がある。
  • 風力が中でも今まで使ってた扇風機の強に匹敵するぐらい結構風量はある。
  • 7枚羽のお陰か、長時間風に当たり続けても疲れたり痛くならない。
  • 入タイマーは当然作動中には設定出来ず。また切タイマーをオンにすると設定出来るようにもなる。入で6時間後ってのは絶妙だが出来れば7時間後とかも欲しかった。
  • 左右・上下の向きはカチカチッという感じがなくて動かしづらい。可動部は若干不安定で頼りない。
  • 気のせいか今までの扇風機と比べて埃がファンガード部分に溜まりにくい。
  • カラーリングが真っ白なので見た目の清涼感もある。
  • ずっと見てても見飽きないシンプルなデザインの良さがある。
  • リモコンのボタン配置が使いづらい。慣れの問題かもしれないがやはり設計がユーザーフレンドリーじゃない感じがある。
  • 最後に使用したモードを覚えてくれててランダム風で切っても次起動させたらランダム風になる。

こんなところだろうか。

F-ALS60-W 東芝 リビング扇 リモコン付
東芝
売り上げランキング: 8,893


満足する点もあれば不満な点もあったりと最高!というわけではないけどトータルで過不足なくバランスのとれた良い扇風機だと思う。あとの問題は耐久性かな。天下の東芝製なんで期待したいところだがただでさえ自室は暑さで過酷な環境になるから今のヤワな最新扇風機が果たして耐えられるかどうか。
関連記事
  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks