好きなキャラがたくさん出てるけどこうゆうのはすぐ飽きるだろうな。

今思い返すとよくあんな3DCGで楽しめてたなぁと。やっぱゲームは映像じゃなくプレイ自体の面白さなのかな。ま、今出すなら少なくともFF15相当のCGレベルじゃないとね。

こうして作品の成否について真髄に受け止めてくれるのはいいね。センスのいいメーカーだから頑張って欲しいところ。

やたらVR推進してるけどあれが受入れられてヒットするかまだ未知数なのに方向性見誤らなければいいけど。Vita関連は当面大きな動きはなさそうでがっくり。

「青木瑠璃子さんと遊ぶ ゼルダの伝説 トライフォース3銃士」ってのをニコ生で見たけどゼルダ知らないけどやっぱマルチは楽しそう。後半うっかり事故りまくりなとこは笑った。ゲーム画面見てるとどことなくLBP思い出したなぁ。




meruru_p_0223ax.jpg

2年目:8月12日


前回アールズ国有鉱山でフラム依頼クリアした後そのままバーサーカー討伐の為に旧開台地へ。あれ?目当てのバーサーカーは一体だけ?これなら天険の峠でのバーサーカー戦の方がよっぽどしんどかったな。毒たるリスもトトリ先生なら一撃で倒せるまでになった。ここでメルルちゃんはレベル32、トトリ先生は33へ。

2年目:8月19日


アールズへ帰還。職人通りでジオがボーッと立ってる。これはもしや登用待ちかな?と思ったら単に道を見ていただけらしい。道を行き交う人々でその国がどんなところが分かる…つまりは人間観察だな。ジオ曰くアールズはまだまだ頼りなく人々は素朴で優しいがそれだけだという。でも無限の可能性がある。今大きな一歩を踏み出したばかり。つまりはそれがメルルちゃんの開拓事業ってわけだな。アーランドも昔はアールズみたいな何もない国だったらしい。ジオも昔はメルルちゃんみたいな開拓をやってたんだろうか。不安がるメルルちゃんに納得のいく努力、君の信じるやり方で国を導いていけばいいとアドバイス。さらにメルルちゃんがいなくなった何十年か先まで見据えて指南するのはさすがは元国王なだけある。そして大塚明夫さんだからこその威厳だな。こうゆうふうに先々ゲームではプレイ出来ない未来まで話が及ぶとなんだか感慨深いというか世界観が広がっていいね。

meruru_p_0200.jpg

2年目:8月25日


三日月湖畔で島魚討伐。トトリ先生が30ぐらいダメージ喰らってしまうものの特に危なげなく終了。

meruru_p_0201.jpg

2年目:8月29日


更に北上して新地開拓先の「湿原木道」へ。カクタスうさぎを狩りつつエスティさんがレベル35に上がって遂に必殺技のラブリーシャドウ習得。ネーミングがエスティさん(40)に似つかわしくないんだがw

meruru_p_0202.jpg

2年目:9月1日


ここまできたら行けるところまで行っちゃおうってなわけで北東にある「源流の森」へ。トトリで苦戦させられた温帯ペンギンが出てきたけどメルルでは特になんてことはなく。メルルちゃんはレベル33へ。

meruru_p_0203.jpg

クリア後また「???」な採取地が東に出現してきた。今までの流れからしてこれは一旦進んでルーフェスに聞きに行こうフラグ立てないと入れないので二日間無駄になるのは惜しいが???へ進む。

2年目:9月4日


そこは綺麗な水が流れてる森のようだ。予想通りルーフェスに聞く展開なのでここでアールズへ戻ろう。

meruru_p_0204.jpg

2年目:9月14日


エスティさんがロロナちゃんの若返りを羨んできたけどまぁ40ならそうだろうなぁ。でもメルルちゃんに若返りの薬作れと強要するのは必死過ぎだw 若返りへの為ならどんな手を使ってでもという執着心が40だけに危機迫るものがあるw 婚期逃すと人間こう醜くなるのか…恐ろしや…。

meruru_p_0205.jpg

ルーフェスにこないだ行けなかった採取地は「クエレの森」という場所だと教えてもらった。飲水にも転用出来る良質の水があるそうで…でも大雨だと洪水になってしまう問題の地。そうゆうわけで新たな開拓依頼はクエレの森の治水事業となった。ここを何とか開拓出来れば良質な水がアールズに引けるというわけで生活に欠かせない水だけにこれまた重要だな。

meruru_p_0206.jpg

ついでにポストに届いてたお手紙。またアールズ鉱山で幽霊退治しないといけないのかと思ったらモルゲン錬金灯ってのを調合して届ける事になるらしい。幽霊を寄せつけないための灯りだな。

ふぅ~、まだハンデル農園の農耕器具も手付かずだしトロンプ高原の風車も手付かずだというのにやらないといけないこと山積だ…。トトリの頃はもっとマイペースにのんびりやってたような気がするけどメルルはなんか早くなんとかしなきゃという感じになるのはやはり国の行末が掛かってるからだろうか。

とりあえず土属性攻撃用に地球儀を作る。品質は50程度だが特性の破壊力増加を合成してとても痛いに出来たのでかなり使える筈。これでメルルちゃんの錬金術レベルは21になった。ようやくってとこか。

2年目:9月16日


恒例のフアナさんの新聞が発行されてた。当然のように最近の一大ニュースのロロナちゃんが写真付きでトップの見出し。この号はバカ売れしそうだw ジーノとミミがやってきたニュースはテンプレ記事でざっくりな扱いw カラフルうにジュース、なんでカラフル?と思ったら…あれだと黒と赤だけだからカラフルではないようなw

meruru_p_0207.jpg

さてまずはトロンプ高原の課題から片付けよう。風車の土台用の魔法の石材は以前ハルト砦で作ったし今回も楽々。Bランク以上が1つだけ作ればいいからね。あとで気付いたけどこれほむたちに品質優先で作らせれば更に効率よかったなぁ。次は布カテゴリを5つなんだが特性で丈夫ながいるんだよね。これはアードラの羽でしか付けられない。ならほむたちに取りに行かせばいいんだが図鑑見る限り今のところ戦闘後のドロップでしか入手出来ないのがなぁ。手持ちのアードラの羽は足りてないけど取り敢えずクロースを2枚作っておいた。

2年目:9月25日


ハルト砦でロック鳥を狩りまくってアードラの羽を何とか調達。これでようやく布カテゴリのクロースが5枚揃った。品質は50前後だしCランクだけど特性の条件満たしてるから大丈夫な筈。それではレッツトロンプ高原。

2年目:10月5日


トリンプ高原はさすが高原だけあって見晴らしがいい。さぁここでエルダーグリフォンとのボス戦だ。って心の準備してねぇw ま、今までの流れから大体察してたが。

meruru_p_0208.jpg

さすがに攻撃力が高くてやばいやばい。20~30はダメージ喰らってしまう。特にクレイブスタンプって全体攻撃がきつい。トトリ先生は戦闘不能になるかとヒヤッとしたが多分パッシブスキルのお陰でHP1で耐えてくれた。その後防戦気味になりそうなところを何とか踏み止まれたのはヒーリングザルブより回復量が倍以上違う妙薬ドラッヘンを幾つか持っていったからでほんと助かったな。最後はメルルちゃんのドナーストーンからのアシストアタックで〆。

meruru_p_0209.jpg

その後すぐエンカウントしたフレスヴェルグとヤクトウォルフで全滅するかと焦った。雑魚なのにまさかの窮地に陥るとは。メルルちゃんはレベル34、エスティさんは36、トトリ先生は35に上がって必殺技のちむコールエンド習得。エンドというネーミングからしてトトリ先生最強の技っぽい。必殺技といえばさっきのエルダーグリフォン戦でエスティさんの必殺技「ラブリーシャドウ」発動段階にならなかったなぁ。

修羅場はまだまだ続いて回復薬が尽きたから敵から逃げまくり。崖の上にいた依頼人にようやくたどり着いて文字通り命からがら風車の依頼2件完遂。今回もまた15日ぐらいしてまた来ないと次のイベントに進めない。

meruru_p_0210.jpg

2年目:10月21日


アールズへ戻るとライアスが訪ねてきた。そこでメルルちゃんからキノコ尽くしのごちそう。でもライアスは昔メルルちゃんに無理やり毒キノコ食わせられそれがトラウマになってキノコがダメになったらしいってそれあかんでしょw でも今回は大丈夫って言ってるけどやっぱりまた倒れた。もしかしてキノコアレルギーなんじゃ?というかこれもライアスの運の悪さの現れってとこか。

meruru_p_0211.jpg

ポストに届いてたお手紙は湿原高原での討伐とあとはいつもの王宮依頼だな。早速執務室へ行くと…あれ?ケイナが随分急いでる。どうやら水をこぼしちゃって慌てたらしいけどルーフェス曰く最近様子が変らしい。ルーフェスでさえ気付く原因ってなんだ。ケイナに話を聴くと自分はメイド失格って…。もしや最近エスティさんばかり冒険に連れて行ってケイナはずっとお留守番だから拗ねてるのではw なるほど、物語上はメルルちゃんがお城を出たきりで中々戻らない事になってるから寂しいんだな。心配のあまりどうにかなってしまいそう…なんだかヤンデレっぽいんだがw もしかしてこのイベントが二人の交友値に影響与えたかなと思ってあとで確認したら63で特に問題なさ気か。

meruru_p_0212.jpg

そんなケイナは相変わらず働き者でお城で壊れてそうな箇所をチェックしてるみたいだ。相当ガタが来ててオンボロなこのアールズ城。さすがに新築するってわけにもいかないので修理しながら大切に使っていくんだな。それに感銘受けてメルルちゃんも協力するぞ~…でもメルルちゃんこの手の工作は大の不器用みたいで以前手と釘を交互に打ったことあるらしいw だからここもケイナにおまかせだな。普通のお世話仕事の他に大工仕事まで出来るんだからほんと有能すぎるメイドさんだ。あ、でもうっかり蝶番壊してしまって肝心なところでポンコツだったw 壊れた戸を直せる人…まぁ間違いなくハゲルさんしかいないだろうな。これはお使いイベントかなと思ったけどそうゆうわけでもなかった。

meruru_p_0213.jpg

さてまずはルーフェスに報告して国のランクアップだ。「ちっぽけな伯爵さまの街」から「辺境の伯爵さまの街」へ。ちっぽけと辺境もあんまり代わり映えしないけどねw ただ嬉しいことにこのランクで遂にLPがワールドマップで移動したら回復してくれるようになった!取り敢えずこれで今まで度々あったいつの間にかLP枯渇で戦闘がしんどいという状況にはならないだろう。あとはHPとMPの回復だな。ランクアップでしてくれるか知らないけどw

meruru_p_0214.jpg

次の施設発展は何にしよう。リスト見たらブティックや工場区とか新規の施設が増えてるし200ポイントもあるしで迷うがアカデミーは訓練所と違ってまだ拡張してないのでアカデミー・拡張にした。

パメラさんとこへ入ると…アストリッドさんがパメラさんというか谷井あすかさんのモノマネしてたw 雰囲気は凄い似てて改めて田中敦子さん上手いし器用だなぁ。調合した品が何故店売りされてるかという自分もトトリで感じた疑問。答えはちむちゃんを使って量産してただけでしたっていう。うん知ってたw ちむちゃんはアストリッドのもの、だから出来た調合品を使うお売るも全て自分の自由…なんだかジャイアン理論みたいだw で、これは何のイベントだったんだ。

ハゲルさんところへ行くとメルルちゃんがさっきの蝶番修理の件で相談。さすがハゲルさんというわけであっという間に直った。ちむちゃんらも協力してたんだな。ハゲルさん、あれで見た目と違って意外と仕事が繊細で細かい。裁縫も趣味だからねw ケイナも見た目で判断出来ないってさり気にひどいw ま、武器屋は武器だけ売るのが仕事じゃないってことだな。こうして外から人が来たお陰でより住みやすくなり住みやすくなればまた人が増えていく…良い国造りの好循環だ。

再びハゲルさんところへ行くと…そろそろ頃合い?あ~以前炉のアップグレードイベントあるかもしれないと書いたけどやはりそうきたか。火力の強化と炉の機能をアップさせることになるらしい。それでより強い装備が作れるようになるのか他にも何か付加機能があるのか楽しみだ。

アトリエから出てポストにある手紙回収しようとしたら外でちむちゃんやほむちゃんたちが何やら相談事。人口増加に伴う仕事や求人やら色々アールズの今後を憂いてるみたいだ。あんなちっさい娘や忠実な娘たちに国の行末を心配されてしまうとはw そんな事もつゆ知らず見た目可愛いのに真剣な表情のギャップで萌えてるメルルちゃんは呑気だw

meruru_p_0215.jpg

アトリエに戻るとまたジオが訪ねてきた。しかしトトリ先生とジオの絡みってトトリでは見た事ないから何か変だなw 錬金術は楽しい、でも楽しいだけじゃダメでちゃんと王族の責務も果たさないといけない、それが父親との約束。その為にもさらにもっともっと錬金術の勉強に励みたい、とメルルちゃん頑張り屋さんだ。そんなメルルちゃんを目の当たりにして元王族のジオは罰が悪いw

溜まってる仕事、どれから手を付けようか迷うが近場のアールズ国有鉱山の開拓依頼からはじめるか。まずモルゲン錬金灯調合。まずは軽量化特性付きのガラス玉から作らないといけないから面倒。でも2個だけあればいいからまぁ楽な方か。

2年目:11月5日


早速モルゲン錬金灯を携えてアールズ国有鉱山へ行き無事依頼は完遂。

meruru_p_0216.jpg

2年目:11月15日


ロロナちゃんがまたまたお絵かきでレシピ作ってくれたようだ。そして国の為に頑張るメルルちゃんの為にロロナちゃんからの教えはめいぶつ…名物を作れと。なるほどアールズはキノコがよく採れて美味しいんだからそれを名産にして観光資源にするわけだな。さすがロロナちゃん賢い。だからレシピの参考書名は名物アイデア帳なのか。ただキノコの寝床ってのはちょっとイヤだw

meruru_p_0217.jpg

いつもの街探訪。アトリエ外でうに投げしていざこざ起こしてた子供たちは仲良くなれたみたいかな。

フアナさんがまた変なキノコ見つけてきたみたいでついにメルルちゃんがおこ。ほんとキノコの事になるとなんでこう執着するんだw 将来は国を治める傍らで王立キノコ研究所所長になってキノコの研究に勤しんでそうだ。さながらキノコ姫という二つ名も付いたりして。というか激昂したら中の人の地が出てきてるぞw

meruru_p_0218.jpg

2年目:11月18日


開拓依頼で必要な猛獣避けの「混沌発信機」を調合。ネーミングもヤバいが見た目もおぞましいなw 調合の難易度はむずかしいだっただけにロードは1回し直したけど1回で済んだともいう。

meruru_p_0219.jpg

2年目:11月20日


これも開拓依頼で治水に使う「防人の砂ぶくろ」用の材料「タール液」調合。5つ分必要だし他にも布も5つ必要だしでここからまだ過程が長い。

メルルちゃんが錬金術してる側ではケイナがお掃除してた。へ~、ケイナはメルルちゃんが実際錬金術してるとこ見るの初めてなんだな。興味示してるケイナにメルルちゃんから「錬金術やってみない?」とお誘い。まぁあんなメルルちゃんにも出来てるんだからよりずーっとしっかりしてるケイナなら朝飯前でメルルちゃんなんかすぐ抜いちゃいそうだ。

meruru_p_0220.jpg

謙遜するケイナだが将来はメルルちゃんと2人でアトリエを切り盛り…と言われちゃったらそりゃちょろいもんよw でも実際錬金術やらせたらあのケイナでも失敗続き。メルルちゃんの教え方が悪いというより錬金術は生まれ持った素質で左右されるんだろうか。錬金術なんかしなくても今まで通りのサポートで十分。それが2人のアトリエのかたち。尽くしてくれるケイナの為にももっと頑張らないとな。

meruru_p_0221.jpg

2年目:11月22日


大地の力特性が欲しいのでシュテルメタルをいくつか調合。

そしたら地震!?と思ったらなんだメルルちゃんが爆発させた音か…。いや違うw エント?森が動いてる音?この地にはエントの森という昔から勝手に動く森があって年に何度か動いてるらしい。ほぉ~面白い現象だな。実際その目で見てみたら悪魔みたいな顔の形状をしててあれは魔物とかの類いでは?w ルーフェスがエントについて報告にやって来たがメルルちゃんはエント探検隊とか言って行く気満々。エントの森内部はかなり危険…つまりは採取地ということか。ルーフェスの踏み入れるなよ~腕に覚えがないのなら近づくなよ~がフリにしか聞こえないw で、勿論メルルちゃんは曲解して腕に覚えがあるんだからと張り切るわけで。これで採取地の「エントの森」が開示。別に隠しダンジョン的なものではないんだな。

meruru_p_0222.jpg

次の施設発展は市場・拡張にした。これでまだたくさん要るインゴットが武器屋に並んでくれたりフアナさんところに欲しい材料が並んでくれたりしないかな。

アトリエにライアスが来たとなればやはりまたキノコネタか…と思ったら今度はまともな料理。これなら楽しく食べられそうだな~と思ったらひとつだけ激辛なのが入っててロシアンルーレットになってるらしいw トトリ先生もいるのになんでこうなった…。もちろん運のないライアスは一発目でビンゴw おまけに2発目もヒット。というか辛子だけのフライって殺す気満々だろw 一体楽しくご飯とは何だったのか…。

meruru_p_0223.jpg
関連記事
  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks