遂に念願のPS4を買ってしまったよ。

buy_ps4_001.jpg

近所のEDIONで36,698円で購入。寸前までブラックにするかグレイシャーホワイトにするか迷ったけどやっぱりPS3と同じくホワイト系にした。ブラックも精悍で格好いいんだけどうちの部屋はホコリっぽいから積もったら気になっちゃうからね。それにしても外箱のコンパクトさに驚いた。厚みはPS3の外箱の半分ぐらいだろうか。

PS3では発泡スチロールみたいなガッシリした緩衝材にガードされてたけどPS4ではダンボールだけ。少しでもコストダウンする為なんだろう。ただ精密機器でありHDDもあるわけだから不安ではある。

buy_ps4_002.jpg

PS4本体とのご対面だがグレイシャーホワイトと言いつつパールホワイトとそう変わらない印象で普通にホワイトだな。白は日光とかで黄ばんだりするかもだが実際パールホワイトのPS3を4年ぐらい使い続けて見た目ほとんど黄ばまなかったので特に心配することはないかな。触り心地はどの面もザラザラしてる。全面のSONYとPS4のロゴが凹加工してあるのがお洒落。他は特筆すべき点はないかな。USB端子は背面にも欲しいところだが…。

buy_ps4_003.jpg

PS3はいかにもゲーム機って見た目だったがPS4はスタイリッシュなデザインがとてもクール。これぞSONY製品って感がある。2台並べて比べたいところだがPS3は数週間前にPS4の購入資金の一部に消えてしまいましたw

コントローラーのDUALSHOCK4はPS3のDUALSHOCK3と大体同じ形状だけど少し重みが増したからよりグリップ感が出て握り心地が良好。アナログスティックはDS3より低めになって動かしやすくなったかな。目新しいシェア・オプションボタンの位置はまだ探りなれないか。目玉のタッチパッドは黒でスルスルした材質なので傷がついたら目立ちそうだ。

buy_ps4_004.jpg

電源状態を表すランプはよりお洒落になった。DS4では無駄な消費電力になってしまうが。

buy_ps4_005.jpg

正面から右側は多分CPU部分だからかやはり熱持つみたいで天板に触れると熱い。後面も温い風が絶えず吹いてる。ある意味暖房器具。スタンバイモードにしたら最初こそ熱の持ち加減は同じだけど数十分したら熱は殆ど感じられなくなった。スタンバイでも同じならちょっと困るから安心した。とはいえPS3同様に熱対策にはちゃんと気を配らないといけないな。

ゲームはフリープレイで頂いた「KILLZONE SHADOW FALL」をちょっとプレイしてみた。このシリーズは確かPS3版の3を体験版でやった記憶があるようでないような。ドローンを使えるようになったとこまで進めたが普通に面白い。パッドでFPSも悪くないものだ。グラフィックに関しては以前PCでCrysis2とかBF3をやってたので感動することもなくまぁこのぐらいは普通だなレベル。WikiによるとGPUはRadeon HD7850相当らしく自分もそれ使ってたのでなるほどな確かにそんな感じだ。

▼FPS特有のトイレノルマ。
killzone (4)

それにしても主人公の声ってあの杉田さんなんだなぁ。てっきり石川界人くんかと思ってやっぱ声が杉田さんに似てるよなぁって思ってたよw

あとPS4で一番気になってたのはシェア機能。といっても動画じゃなくスクリーンショット。Vitaだと連続して撮ろうとしたら何故か8秒ぐらい待たないと次のが撮れないのが不満だった。PS4でもやはり間髪入れず連続して撮る事は出来なかったんだが待ち時間がVitaより半分以下ぐらいでこれならストレスなく撮れそうだ。あとはその画像をどうやってPCへ送るかだが現状Twitter経由かUSBメモリ経由で画像を取り出すしかない。USBメモリだとオリジナル画像となり劣化なく取り出せるんだがいちいち抜き差しが面倒くさい。Twitterだと画像の保存作業が必要とはいえ物理作業がない分少し楽。でも画像サイズは1920x1080のフルHDから1024x576へ落とされてしまう。サイズもとある画像だと5.93MBから1.69MBになり軽くなった分当然画質は落ちてるわけでよくよく見ると鮮明さが損なわれて劣化してる。

▼左がオリジナル、右がTwitter画像。
killzone (5)_usbkillzone (5)_t
(FC2ブログのアップローダー制限で2MB以上アップできないのでオリジナル画像の方はやむなく再保存で対処した)

VitaみたいにWi-FiでPCに送る事が出来ればいいんだけど対応してくれないかな~。



さてこのままキルゾーンをやるわけはなく大本命のソフトがあるわけなんです。自分をPS4購入に走らせた罪深いソフトがねw そのソフトは既にAmazonで購入済みだけどまだ未到着なんでまた次回に。

関連記事
  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks