起動させたら238MBぐらいのアップデートがあった。これで1.03。公式サイト見ても何がどう変わったかアナウンスないなぁ。

ゼッテルのレシピ習得は本棚周りでソティーは井戸水汲んで素朴な焼き菓子はラーメル麦を買う事でレシピを習得。日常の行動が閃きに繋がるってのは合理的で面白い。ただ調合システムはいまだ分からないなぁ。色に合わせて置いていってるけど漠然とした理解。品質って数字じゃなく普通か新鮮か腐りかけか無価値とかの言葉でしか表現されないんだな。数字がなくなって明快になったけど調合品のバリエーションがなくなった感も。これはやり進めてみないと分からないけど。

sophie_0031a.jpg

アトリエ近くでメルルでも見かけたような光景。あの世界の子どもたちの遊びというと大体うに投げとかになるのかw

ハロル登場。やはりイケメン枠かと思ったがやる気のない少しダウなーな感じでやれやれ枠といったところか。時計屋の主人ということだが何か時計に関するアイテムとかあるんだろうか。

sophie_0031.jpg

パメラさんは教会の仕事の他に子どもたちのお守りとか色々あくせく働いてるらしい。この街の人はみんな働き者だな。ソフィーも見習って錬金術頑張って街の人たちが少しでも楽になれるよう頑張らなくちゃ。

ワールドマップへ出たら一気に3ヶ所も新しい採取地が開示。左スティックでマップ上をグリンと動かせるのに今さら気付く。見渡せる範囲がこの画面内でしかなく凄い狭いけどストーリーが進むにつれてどんどん広がっていくんだろう。いや今回は逆にリアルさ追求して狭い範囲のみしか行かないのかもだがw 相変わらず進んだらキャンセル出来ないので進路選択に妙な緊張感がある。あとワールドマップBGMはいいよね。他にはアトリエ内とワールドマップの曲も好きだ。戦闘曲はまだピンとこないかな。

sophie_0032.jpg

雛鳥の林で採取してたら中和剤・赤のレシピを習得。夜に赤うにを採ったのがキッカケみたいだ。しかし中和剤も今作では色々と種類があるんだな。

アトリエに戻るとソフィーが採取地でプラフタに材料の良し悪しを見極めて欲しいから一緒に冒険へ行かないかと誘ってきた。おおっ遂にあの姿になって付いてきてくれるのかと期待したら…あの本のままでかよw てっきりすぐあの姿になってくれるとばかり。まぁこれはこれで可愛いからいいんだけどねw

sophie_0033.jpg

すると思いがけない訪問者二人。この二人はニコ生やレビュー記事でもあまり見かけなかった。メクレットとアトミナは錬金術について調べてるらしい。ソフィーは二人を見てすごく不思議な感じがした、と言ってるけどもしかして流れ的にプラフタに関連するのかも。で、そのプラフタはソフィーが誤魔化す為にとっさに言った「ヘンテコな空飛ぶ本」呼ばわりにイジケちゃったw

sophie_0034.jpg

カフェに行ったらテスがいなかったけど休日に行ったらいた。曜日によっても出没地が変わるみたいだな。ウワサで250コールと少し高いのを買ってみた。なるほど期間限定の掘り出し採取を教えてくれたりもするんだな。そういやこの世界でも通貨はコールになるんだっけ。

昼だから開いてたハロルの時計店へ。ハロルは気まぐれな一匹狼系な奴っぽいな。ソフィーは銃というのを知らずハロルも以前は銃を知らなかった…この世界はかなり平和みたいだ。どうやら時計ではなく銃関連のアイテムを今後売ってくれるのかも。銃火器がこの平和な街に入ってくるのは穏やかな話じゃないけど。

ニコ生特番でしか知らないロジーさんだ。いわゆるスターシステムに組み込まれたのか? 今まで修行をしてたらしい。黄昏シリーズ未プレイだからどうゆう経緯でここに来たのか知らないけどどうやらこの流れだとこの街でお店やさん開いてくれるっぽい。冒険者だったろうにいきなり世俗っぽくなったなw 声はもちろん石川界人くんで低めの声質だから落ち着くな。

sophie_0035.jpg

ワールドマップに出ると巡礼街道の場所が五芒星形に光ってる。あとで理解したがさっきのウワサで行くべき場所を指してくれてるらしい。その前にある赤点でオスカーの日頃の行いが良いお陰らしく500コールも頂いた。

限定のアイテムをそそくさと採取してたらそれに気を取られて後ろから緑プニが猛烈にアタック。どうやら不利なエンカウントだと敵がやたら強くなるみたいでまさかのソフィーの初戦闘不能…。いやオスカーとモニカで残りを何とか倒したから全滅はしなかったけどヒヤッとする瞬間だった。戦闘不能になったソフィーは今までのシリーズ通りHP1で復活するし経験値も得られるみたいだ。お陰でレベル4に上がって新たなスキルのオーラフィールドも習得してくれた。状態異常の持続を3ターンに短縮と防御力アップしてくれるらしい。

sophie_0036.jpg

さらに東へ進み新たに開示された採取地メーベルト農場に進んでついでに赤ポイントも回収しようとしたら今回はお金じゃなくて敵っていう。しかも緑プニが3体も…。どうやらトトリみたいにワールドマップ移動でエンカウントするようになったらしい。赤点はお金や敵の他にも良し悪しあるイベントありそうだなぁ。でもドキドキ感あって悪くない。

で、ただでさえさっきの戦闘で疲弊してるってのに緑プニ3体はキツいけど手持ちのアイテムや攻撃スキルでどうにかなった。寸前で3人共レベル4に上がってくれたのがよかった。これが不幸中の幸いでトロフィーの「とほほな出来事」取得。まさにとほほだった。

sophie_0037.jpg

メーベルト農場はアーランドシリーズみたいな黄金平原やハンデル農園みたいなとこだな。麦畑があるのがいい感じかと思いきやどうにも置き物感があって微妙。黄金平原みたいにもう少し生い茂ってたら雰囲気あった。ここでは緑プニとかだが奥に洞窟があってその中に入ると…ガーゴイルみたいなお強そうなのが。準備が足りてないのでまた後にしよう。

sophie_0038.jpg

ソフィーが手に入れたい知識の大釜の話をオスカーとモニカへも。オスカーはもし手に入ったら使わせてって言うけど一体何目的だ。植物と会話できるっていうからそれ関連かな。少なくともペーターみたいなやましい事じゃなさそう。そして本屋のエリーゼにはプラフタ自体を見せてあげたけどNDK(ねえどんな気持ち?)とグサリ。さっきのヘンテコな空飛ぶ本といいここでもプラフタはぞんざいな扱いw でも本好きのエリーゼには本が一体どうゆう気持ちで読まれてるか知りたくもなるだろう。

sophie_0039.jpg

この先もプラフタを嬉しがらせる為にも本をレシピでどんどん埋めていかないとね。

sophie_0040.jpg

この間の疲弊でアイテム色々使いまくったので調合。といってもまだうに袋や山師の薬しか満足に作れないけど。調合時のUI、やっぱりソートを覚えてくれないなぁ。アーランドシリーズでは大体いつも品質ソートしてるんだが毎回調合する度に変えないといけないのが面倒くさい。

あ~、ロジーは鍛冶屋になるのか。つまりアーランドシリーズにおけるハゲルさんポジなんだな。一気に若々しくそしてフサフサになったw いずれ武器調合に向けて依頼イベントとかあるんだろう。取り敢えず現時点ではただのアイテム売りのロジーさん。一応メインキャラな筈だがいきなりお店キャラになっちゃってて何だか可笑しいw

sophie_0041.jpg

お店やさんキャラと会話する時はカメラがグッと寄るんだけどなんか違和感がある。この演出はなくてもいい気がするんだがどうなんだろうな。

ホルストさんのウワサによるとこのキルヘン・ベルの街は隣の国から移り住んで出来た街らしい。広場にある教会は街が出来た当時からのシンボルらしい。ちょっとメルルの開拓世界を彷彿とさせられるな。

その教会へ行くと子どもたちとかくれんぼ? てっきり自動で進むタイプのイベントかと思ったらこれ普通にサブクエだった。まぁ狭い街だからそんなに探すのは大変じゃなく二人まではすぐ見つかったが最後の三人目がどこにも見つからない。結局時間はサブクエ中も進んでるのでタイムリミットの夕方になってしまい終了。成否でその後の会話内容が変わるぐらいかな。もしかして成功したら報酬とかあったり交友値に変化があったりしたのかも。やり直すのも面倒だしまぁいいか。

sophie_0042.jpg

カフェへ行くとソフィーがピアノに興味津々。ピアノを上達させるイベントとかあったりするかも。でも正直ソフィーが弾いてる姿はダボッとした服装のせいか似合わないかな。夜のカフェではピアノの弾き語りで歌が流れてきた。どっちかというと女の人というよりボカロっぽい声かも。

sophie_0043.jpg

夜のカフェではお酒を出してる。お酒というとトトリでメニュー開発頼まれてイワシ入りのアンチョビア作ったの思い出すw 今回もまた何か頼まれちゃうんじゃなかろうか。

恵みの森ではあのマンドラゴラが出てきたけど特に問題にはならなかったな。

ホルストさんがカフェで仕事を斡旋してる理由。元は掲示板で冒険者同士がやり取りしてたけど多くなりすぎてきたのでホルストさんで一括管理するようになったらしい。大変だろうけど手数料頂けるからいい商売になってるんだな。今後実績積んで数こなしていけばより難しくなるけど報酬額が多い依頼が掲載されるんだろう。その為にも頑張っていかなきゃね。

sophie_0044.jpg

ソフィーのアトリエ ~不思議な本の錬金術士~
コーエーテクモゲームス (2015-11-19)
売り上げランキング: 151
関連記事
  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks